いい旅館訪問記 旅館マニアによる高級旅館のおすすめブログ

東京在住の旅館マニアが、口コミ・ランキングに頼らない現地情報を紹介するブログ。 「その旅館が好きなら、この旅館もおすすめ」というリンクも紹介中。 住まいから関東の温泉宿が中心になると思います。

雑誌『自遊人』の再生プロジェクト、信州松本の浅間温泉 松本十帖 に行ってきました。
松本十帖_20
松本十帖は、2022年7月にグランドオープンしての訪問です。

松本十帖_2
新宿駅から特急あずさで2時間半、松本駅に到着です。

松本十帖_4
松本駅からの送迎はないので、松本駅お城口から、浅間温泉行きの路線バスに乗ります。

松本十帖_5
路線バスで30分、浅間温泉バス停に到着です。
寂れた温泉街という佇まいの浅間温泉中央通り。

松本十帖_6
チェックインは、浅間温泉バス停から徒歩1分、松本十帖レセプション「おやきと、コーヒー」で。
ホテルとは徒歩3分の違う場所にあります。
浅間温泉の「エリアイノベーション」を目指す松本十帖は、宿泊客が温泉街を回遊するように、あえて施設を点在させています。

松本十帖_7
宿泊部屋に入れるのは15時からですが、チェックインは13時からOK。
2階に案内され、ウェルカムサービス。

松本十帖_8
ウェルカムサービスは、おやきとコーヒー。
信州名物おやきは、つぶあんか野沢菜。

松本十帖_9
信州らしく野沢菜を選びました。

松本十帖_12
チェックインでは、予約内容の確認と、夕食・朝食の時間を決めます。
松本十帖のルームキーは、QRコードでした。

松本十帖_14
レセプション「おやきと、コーヒー」を出て、トコトコと徒歩3分。
松本十帖「松本本箱」に到着です。

松本十帖_20
松本十帖は、『自遊人』が古い旅館を引き継いでリノベーション。躯体はそのままです。

松本十帖_22
大きなのれんの玄関を入り、

松本十帖_45
松本本箱のロゴが、プロジェクター投影でくるくる回っているところを進むと、

松本十帖_23
小さめのフロントロビーに、正面にはダイニングです。

松本十帖_24
早めの到着でしたので、宿泊部屋への入室はまだ。

松本十帖_25
15時まで、ブックストア「松本本箱」で過ごします。
宿泊者は、チェックインから利用OKですが、ルームキーは15時からのみ有効。
フロントで入場券を発行してもらい、ゲートにQRコードをかざして入場します。

松本十帖_26
たくさんの本がディスプレイされているさまは、オシャレな本屋そのもの。
全て購入もできる商品です。

松本十帖_28
こちらは、「こども本箱」。大浴場をリノベーションした、
絵本を中心とした子供用の空間。
迷路風に棚が配置されているのも、子供心をくすぐります。

松本十帖_29
元大浴場の蛇口もそのまま。

松本十帖_30
浴槽は、ボールプールになっていました。

松本十帖_27
階段のまわりにも本だらけ。

松本十帖_93
一人で没頭したいときは、おこもり空間へ。

松本十帖_32
松本本箱のシンボル、「オトナ本箱」。
本棚が天井の鏡に反射して、本に囲まれたような気分になる空間です。
元大浴場の浴槽に、ヨギボーが散らされていて、寝っ転がって本が読めます。

松本十帖_33
さて、15時になりましたので、宿泊部屋に向かいます。
フロントに人もおらず、特に案内もなく、勝手にエレベーターを進みます。

松本十帖_86
4階へ。
宿泊フロアの廊下にも本棚。
ブックストア「松本本箱」の本は、購入しないと部屋に持ち込みができませんが、
廊下にある本は、自由に部屋に持ち込んで読むことが可能です。

松本十帖_87
廊下は、躯体そのまま配管むき出し、薄暗いちょっと閉塞感のある空間です。

松本十帖_49
本日の部屋は、42号室。松本本箱 露天風呂付きスタンダードツイン。
QRコードを読み取らせると、カチッと鍵が開いた音がしました。

松本十帖_50
じゅうたんにツインベッドとリビングチェア、
躯体むき出しの壁。
これは旅館ではないですね。もはやデザイナーズホテルですね。

松本十帖_52
部屋を反対から。

松本十帖_53
客室内にも本棚。

松本十帖_58
魚沼産のおかき。里山十帖で置いてあったのと同じです。
クッキーも。

松本十帖_55
コーヒーマシン。

松本十帖_57
松本十帖で特徴的なのは、タンブラーが用意されていること。何と持ち帰りできるのです。
1階ロビーのコーヒーマシンと、各フロアのウォーターサーバーが利用できます。

松本十帖_66
冷蔵庫には、ピーチジュース、ぶとうジュース、キャロットジュース。
無料サービスです。

松本十帖_80
歯ブラシは、竹製の里山十帖と異なり、普通のプラスチック製。

松本十帖_72
タオルは里山十帖と同じ、自遊人オリジナルタオルです。

松本十帖_59
おもしろいのは、風呂桶。
「小柳之湯」に、タオルを入れて向かうために用意されています。

松本十帖_60
壁と一体化しているこちらは、

松本十帖_61
お手洗いと、

松本十帖_62
シャワーブース。

松本十帖_63
部屋の露天風呂。
景色は、遠くに丘陵、その先には北アルプスの山々。
手前にはマンションがありますが、外からの目線が気になる方は、木戸を閉める形になります。

松本十帖_64
露天風呂は、ずっとチョロチョロと温泉が流れています。

松本十帖_68
浴衣と、

松本十帖_69
丹前。
館内は夕食会場ダイニングを含めて、浴衣でOKです。

松本十帖_67
バスローブもありました。

松本十帖_70
フロントへの連絡は、タブレット。今どき。
フロント営業時間は、9時~22時。時間外は携帯へ、というのも、
従業員の労働環境改善のためでしょうか。現代の経営姿勢です。

松本十帖_71
部屋の中では、ホテルスリッパ。部屋の外へは、雪駄です

松本十帖_75
松本十帖の特徴として、部屋を出た各フロアの廊下には、
「お勝手バー」が設置されています。
読書のおともとして、おやつや飲み物が用意されています。

松本十帖_88
お茶、キャラメルにクッキー。

松本十帖_79
ドリンクは、ぶとうジュース、ピーチジュース、りんごジュース。

松本十帖_78
冷凍庫には、おとなり山梨県のシャトレーゼのアイスがありました。

松本十帖_74
浴衣やタオルの替えも、廊下に設置されています。
カミソリやくしなどのアメニティは、ここから自分で取ります。

松本十帖_81
1階ロビーには、コーヒーマシン。
部屋にあったタンブラーを利用します。

松本十帖_73
それでは、風呂桶にタオルを入れて、小柳之湯に向かいます。

松本十帖_18
小柳之湯は、松本本箱と小柳に挟まれた場所にあります。

松本十帖_48
入口には、ルームキーのQRコードをかざして。
これ優秀で、15時以前は反応せず、15時を過ぎた瞬間に開くようになりました。
機械としては当然なのですが、これによって時間になったら鍵を開けにくるスタッフ運用が不要になります。
宿泊部屋に入るときも感じましたが、松本十帖は、システムで効率化を行い、
スタッフが極少化されているようです。うやうやしいおもてなしも無しです。

松本十帖_47
小柳之湯は、3~4人はいれば一杯。
でも、松本十帖は、露天風呂付き部屋が中心のためか、ほとんど他の客とは会いませんでした。

松本十帖_16
そのまま、松本十帖の各施設をたずねてみました。

松本十帖_17
松本十帖「小柳」。
松本十帖「松本本箱」のすぐ隣の建物です。
松本十帖は、買い取った旅館がもともと2棟であり、
それぞれの建物を、「松本十帖」「小柳」として再生したそうです。

松本十帖_34
松本十帖の看板。

松本十帖_165
松本十帖の宿泊は、「松本本箱」と「小柳」で違っていて、
「松本本箱」は、基本的に子連れ宿泊不可となっています。

松本十帖の宿泊

松本本箱小柳
子連れ 基本不可(2階のみ可※) キッズウェルカム
夕朝食 三六五+二(367)ALPS TABLE
 ※子連れの場合、夕食はALPS TABLEになります。

松本十帖_36

小柳の1階にあるのが、浅間温泉商店。
お土産ショップです。

松本十帖_35
その一角に、アルプスベーカリー。
その場で焼き上げたパンが売られています。
松本十帖の明日の朝食にも、出てくるのだとか。朝食が楽しみです。

松本十帖_82
敷地内には、施設がもう一つ、「信州醗酵研究所」。

松本十帖_91
蔵を改装した施設のようで、ハードサイダー(シードル)が醸造されています。
夕食時に注文できるそうなので、後で飲んでみましょう、

松本十帖_39
敷地を一歩出て、レトロな建物がある小道を上っていけば、

松本十帖_41
松本十帖のもう一つの施設、「Cafe哲学と甘いもの。」
昭和の古民家をリノベーションした、哲学書が置いてあるブックカフェです。

松本十帖_42
BGMもなく、静寂を旨とするカフェです。

松本十帖_43
名物は、カスタードプリン。固いプリンでした。


さて、そうしているうちに夕食の時間になりました。
夕食は、17:30~、19:45~の二部制。
松本十帖_95
夕食会食は、グリルダイニング「三六五+二」(367/さんろくなな)です。

松本十帖_101
キッチンには薪火がたかれており、
ダイニングには、薪火のにおいがこびりついています。
服ににおいがつくので、浴衣で来てくださいと言われるのも納得。

松本十帖_96
今日の席はカウンター。
BGMは、アジアのリゾートホテルのダイニングのような、イケイケな音楽。
Googleの鼻歌検索をしたら、DJ OKAWARI「Perfect Blue」(ピアノジャズとヒップホップ)という曲でした。あとは、トム・ミッシュ「Lost in Paris」(R&B)。
スタッフは、ベンチャー企業にいそうな女性が、デニムのエプロンを着けて。

松本十帖_98
グリルダイニング「三六五+二」(367/さんろくなな)の説明。
365日の信州の風土に、文化と歴史を+2。
日本一長い川、千曲川(信濃川)の総延長367kmも表しています。

松本十帖_99
メニューは、素材だけの表記になっていて、
どんな品が出るのか分からないようになっています。

松本十帖_103
ドリンクメニューは、ワインのペアリングを筆頭に、自家製のシードルまで。
松本十帖 三六七 ドリンクメニュー1/2

松本十帖_104
松本十帖 三六七 ドリンクメニュー2/2

松本十帖_111
飲み物は、シードルにしました。

松本十帖_112
りんごのシードル。
濃いのを想像していたら、さらっとした飲みごたえ。
底の方は、おりがある感じで濃いめでした。

松本十帖_102
白樺 森の花実

タルト生地とクリームの上に、南高梅のシロップ漬け、ニセアカシアなど。
甘いタルトに対して、白樺の樹液は無味でした。

松本十帖_105
高原舞茸 からまつ

ふたを開けるとふわっと煙がたちのぼります。
からまつの枝で瞬間燻製されており、強い燻りの香り。
まいたけのコロッケです。

松本十帖_106
松本平 野菜

先に、サラダの皿が出てきて、

松本十帖_107
ここに、トマト水から作った泡がかけられます。

松本十帖_108
サラダ(松本平 野菜)のできあがり。

松本十帖_110
スイートコーン

甘ーいコーンスープ。コーンの粒はシャキシャキです。

松本十帖_113
佐久 鯉

鯉といえば川魚なので甘露煮が定番ですが、ここでは生の押し寿司。
きれいな水で育てたそうで、全然くさみはありません。
厚みがあり、嚙みごたえのある白身魚でした。

松本十帖_114
人参 安曇野らんらん

葉っぱは揚げて、にんじんから作ったペーストと、シードルのソースで。

松本十帖_115
佐渡 真河豚 甘夏 鰯

真河豚、松本十帖特製のアンチョビ。
甘夏を、カラスミのようなアクセントに。

松本十帖_116
千曲川は、新潟に入り信濃川と名を変え、日本海に流れ出た先が佐渡。
というわけで、佐渡のフグが、367の仲間入り。

淡白なフグの身に、甘夏が良いアクセント。

松本十帖_117
メインの前にヨモギ焼き蒸しパン。蒸しあげたものを、炭火ならぬ薪火で。
とってもヨモギの味。

松本十帖_118
白樺若牛 おかひじき 黒にんにく

松本十帖_119
白樺若牛の薪火焼き。
うまみのある赤身肉でした。

松本十帖_120
蕎麦 真田丸

信州地鶏"真田丸"の出汁スープのそば。ラーメンみたいです。
優しい出汁に、バジルのような香りがアクセント。

松本十帖_121


松本産の桃を使ったコンポート。

松本十帖_123
ハーブティー 小菓子

松本十帖_122
小菓子は、
パイナップルのコンフィチュールを挟み込んだココナッツのマカロンと、
オレンジの風味をきかせたヘーゼルナッツショコラ。

以上で夕食は終わりですが、
食後にスタッフから「印象に残ったお皿はございましたか?」と聞かれます。
全ての客が聞かれていました。ある店のヒーローインタビューみたいで小っ恥ずかしいです。

松本十帖 松本本箱「三六五+二」の夕食は、
河豚、生で食べれる鯉といった、食材は良いものを使っていて、
和を起点とした創作洋食という感じです。
オシャレなカジュアルレストランの雰囲気でした。

松本十帖_133
夕食後は、「本箱Bar」へ。
バーといっても、松本本箱のフロントがそのままお酒を販売する場所になります。
フロントスタッフがそのままBar営業。スタッフは、ベンチャー勤務風の若者と地元のおばちゃん。

松本十帖_134
日本酒を一杯。

飲み終えたら、「ブックストア松本本箱の奥にも、フリーのお酒が用意されていますよ」と、声を掛けられ、向かってみました。

松本十帖_129
17時以降のブックストア松本本箱は、宿泊者専用。ゲートも開放されています。

松本十帖_136
オトナ本箱 BAR TIME(19:00~22:00)。
オトナ本箱の入口の前に、フリーのお酒コーナーが設置されていました。
ブランデー、梅酒、ゆず酒、焼酎に甘酒。おつまみに甘めのポップコーン。
22時まで置いてあるようです。

松本十帖_137
オトナ本箱は、夜はライトダウンされて、BGMもヒーリング系になっていました。
22時になると、明るさは元に戻りBGMもジャズに。一旦の解散時間なのでしょう。

ブックストア松本本箱は、夜通しオープン。22時を過ぎてもまだまだ客がいました。
文学少女が大人になったような壮年女性多し。
彼女らにとっては、本屋に泊まるという夢を叶えてくれる場所なのでしょう。

松本十帖_139
ブックストア松本本箱を後にして、夜の「松本本箱」の玄関。

松本十帖_128
部屋にもどり、夜景を見ながらの露天風呂。

松本十帖_140
ベッドにもぐりこみます。おやすみなさい。


翌朝。
松本十帖_144
快晴の朝。
部屋の露天風呂での朝風呂から北アルプスを望みます。

松本十帖_145
朝食時間は、7時半~9時半の30分刻みでチェックイン時に選択します。
この日は、一番早い7時半にしました。

朝食会食は、三六五+二(367/さんろくなな)。夕食と同じくです。
BGMは、外資系ホテルのような明るいBGM。

松本十帖_146
今朝の席はこちら。

松本十帖_150
松本十帖 松本本箱「三六五+二」の朝食お品書き。

松本十帖_151
「朝のリフレッシュ」

無添加ジュース
大久保醸造の味噌 自家製グラノーラ
八ヶ岳高原ヨーグルト コンフィチュール
人参ジュースは、フルーツが入っているかと思うくらい甘い。

松本十帖_153
「松本平の野菜プレート」

ピクルス、トマト煮込み、ジャガイモグラタン状、キャロットラテ人参のサラダ、茄子のグリル。

松本十帖_154
じゃがいもは、薄切りにして、間にバターを塗り、重ねてミルフィーユ状にしてありました。
丁寧な仕事しています。

松本十帖_155
「野菜を味わう」

夏野菜を使った、ガスパチョ。
冷製のスープです。

松本十帖_156
「アルプスベーカリーより」

アルプスベーカリーでも売っていた、焼き立ての自家製パン。

松本十帖_157
「安曇野放牧豚」

ソーセージ、コンポーネ。
安曇野豚ソーセージのグリル、自家製ザワークラウト、トマト。

松本十帖_159
「パンのおかわりいかがですか」と言われて、
全種類おかわりしてみました。

松本十帖_152
ハーブティー/コーヒー/紅茶

紅茶をお願いしました。

松本十帖_92
朝食後は、チェックアウトの11時まで、ブックストア松本本箱でゆっくりと。

松本十帖_94
1泊2日で全ての本を読み切ることは出来ませんが、
本と出会う久しぶりの機会となりました。
街の本屋がなくなってきて、こういう機会が貴重になりつつあります。

松本十帖_160
11時にフロントでチェックアウト。
フロントスタッフは1人で、ビジネスホテルのように並んで待ちます。

松本十帖_164
送迎を待つ間、外からの松本十帖を一枚。

松本十帖_167
レセプション「Cafeおやきと、コーヒー」まで送迎してもらい、

松本十帖_168
浅間温泉バス停から、松本駅への帰路に向かいました。
バス停正面の丘の上に顔を出している黒い建物が松本十帖でした。

松本十帖
デザイナーズホテルです。リノベーション型の。旅館ではないと思いましょう。
グレードは、里山十帖と比べると少しカジュアルです。
客層は、文学少女が大人になったような壮年女性多し。彼女らにとっては、本屋に泊まるという夢を叶えてくれる場所なのでしょう。
あえて古い躯体を残した部分もあり、スタッフも至れり尽くせりの旅館ではありません。
松本十帖というプロジェクトの、ストーリーを含めて泊まりに行く場所。おのずと客を選ぶ施設です。

★「松本十帖」(信州/浅間温泉)
★「松本十帖」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「箱根本箱」(箱根/強羅温泉)
 「里山十帖」(新潟/大沢山温泉)
 「おとぎの宿米屋」(東北/須賀川温泉)
 「星のや東京」(東京/大手町温泉)
 「明神館」(信州/扉温泉)

松本十帖
料金・基本情報はこちら ▶ 松本十帖


旅館・ホテルランキング

数年ぶりに、伊豆修善寺の最高級旅館、あさば に行ってきました。
あさば_95
空間、サービス、料理が最高で、日本一の旅館。久々の滞在を楽しみにしての訪問です。
施設詳細は、前回「あさば」(伊豆/修善寺温泉)参照。
今回は、食事を中心に紹介します。

あさば_30
修善寺駅からタクシーで7分。
あさばに到着です。

あさば_28
風になびく青のれん。変わらず最上級の空間です。

あさば_34
玄関を入れば、スタッフが何人も出てきて、さっと荷物を取ってくれます。

あさば_42
名前を伝えると、フロントも寄らず、そのまますっと部屋に案内されます。
階段を上がり、2階に案内されます。

あさば_9
本日の部屋はこちら。2階おひとま。

あさば_5
本間と、

あさば_3
窓からは能舞台を正面に。

あさば_1
仲居さんが、お茶を用意してくれます。

あさば_2
お着きの菓子は、麩まんじゅう。
もちもちしっとりの逸品です。

あさば_10
浴衣は、仲居さんが支度をしてくれて。

あさば_11
冷蔵庫。

あさば_6
水回り。

あさば_7
アメニティは、あさばオリジナル。

あさば_8
お手洗い。

あさば_90
さて、大浴場へ。
温泉は、まずは野天風呂へ。

あさば_87
池に面する野天風呂は、深めで広々。

あさば_89
タオル、バスタオルは完備。
バスタオルは、なんと温蔵庫に温められての用意です。
こんな旅館、ほかに見たことありません。

あさば_37
野天風呂の隣は、内風呂の入り口。

あさば_39
内風呂も洗練された空間。

あさば_38
こちらも、タオルバスタオルがぴっちりと用意されています。

あさば_36
湯上りには、ミネラルウォーター。
開けっ放しの窓からの風を感じながらひと息。

あさば_35
あさばの館内は、窓が開けっ放しの開放的な空間なのに、虫やゴミは見当たらない、
洗練された空間です。
廊下も開放的ですが、外の喧騒とは無縁です。

あさば_15
能舞台を望むロビーは、美しい空間。

あさば_16
夏らしい、氷柱につるをまとわせたオブジェがありました。

あさば_17
バルコニーに出れば、能舞台を目の前に、ゆったりと過ごすことができます。
滝の音も心地よい。

あさば_20
あさばのサロンは、改修されて2022年にリニューアルオープン。

あさば_25
白を基調とした、芸術的な空間です。

あさば_22
コーヒーや冷茶、ロータスビスケットが置いてありました。

あさば_24
サロンのソファからの景色は、洗練そのものです。

あさば_19
あさばのショップは、品のある工芸品が中心です。
土産菓子は置いていません。

あさば_99
唯一、手土産向きなのは、あさばの焼印が押された温泉饅頭。
20時までに注文して、翌日の受け取りです。


さて、夕食の時間となりました。
あさばの夕食は、部屋食。
仲居さんが来て、食事の支度をしていきます。
あさば_43
はい、最初のセットで、期待値が高まります。

あさば_45
お品書きを開いて。

あさば_46
食前酒は、修善寺の地酒、萬耀(ばんよう)。

あさば_13
ちなみに、あさばのドリンクメニューは、旅館の格式通りのラインナップ。

あさば_12
シャンパン、ワインが多いラインナップでした。

あさば_48
アメーラトマト含ませ
もろこしかきあげ
    すり流し

とうもろこしのかき揚げは、あさばの定番の先付で美味。
もろこしのすり流しは、深く濃厚です。

あさば_49
続いて、お椀で出てきたのが、

あさば_50
すっぽん冬瓜椀

いつもなら、仲居さんが鍋を持ってきて提供するあさば名物のすっぽんですが、
今は、お椀での登場です。

あさば_51
鯵 夏野菜あえ
鰹 炙り 烏賊墨塩

かつおのたたきに合わせるのは、たまねぎ。ねぎではないところがミソ。

あさば_53
続いて、鮎の炭火焼がきました。
緑の濃い蓼酢といっしょに。

あさば_54
鮎 炭火焼

小ぶりな鮎が2匹。
小ぶりなおかげで、小骨も全く感じない、食べやすい鮎です。

あさば_55
毛蟹 新もずく 生姜酢

あさば_56
続いての陶器は、

あさば_57
ひすい豆 唐墨 飯むし

「穴子黒米寿司」の代わりの、小さいご飯もの。
なんと、あさば名物の「穴子黒米寿司」は、今はやめてしまっているそうです。無念。。

あさば_58
天城軍鶏 炭火焼
 甘長とうがらし

あさば_63
続いて、お釜が到着しました。

あさば_61
仲居さんによそってもらって。

あさば_62
あゆごはん

味噌汁、漬物とともに。

あさば_64
甘味

甘味の一つ目は、メロン、くずきり、ブランマンジェからのチョイスで、
ブランマンジェを選びました。

あさば_65
甘味の二つ目、
アイスクリーム 新茶・はちみつ。

あさばの夕食は、相変わらず最高でした。
奇をてらわない正統な和食でありながら、一品一品がうれしい。
満足感のある夕食です。
なお、名物の「吸い鍋」と「穴子黒米寿司」は、今はやめてしまっているそうです。ぐすん。
世の中が落ち着いて、復活することを期待しています。

あさば_71
夜は、貸切風呂へ。
貸切風呂は、空いていれば自由に入ることができます。

あさば_70
もちろん、タオル、バスタオル完備で、
いつ入っても整頓されています。

あさば_69
一人には十分すぎる広さの浴槽で、ゆったり入ることができます。

あさば_68
湯上りには、サロンでお茶を一杯。
あんどんが浮かべられた池と、ライトアップされた能舞台。

池に落ちる滝は、人工のようで、21時ころに流れが止まりました。
滝の音がなくなると、蛙の声が主役に。自然を感じました。

部屋に戻れば、布団が敷かれており、早々に就寝しました。


翌朝。
新聞は、日経と朝日が届きました。
朝食は、8時、8時半、9時からの選択。
仲居さんが部屋食の支度をしていきます。
あさば_72
朝食の席ができました。

あさば_76
食事もそろいました。
初めに、サラダから。

あさば_77
茄子の胡麻煮。

あさば_78
味噌汁。

あさば_79
くえの昆布〆め。

あさば_74
用意された七輪では、

あさば_82
揚げ湯葉。七輪にのせてあぶって。

あさば_80
ごはんには、

あさば_81
おかかとわさび。白米にのせて、しょうゆをかけていただきます。

あさば_83
続いてお椀で届いたのは、

あさば_84
出汁巻き玉子。
ほかほかで、出汁でしっとりふわふわ。
置いておくと、玉子が出汁を吸っていく感じです。

あさば_85
伊豆の名物、干物。

あさば_86
シャインマスカット、スイカジュース。

あさばの朝食は、旅館らしい和食です。
手抜きない良い仕事をしています。
七輪であぶったり、おかかをのせたりと、動きがあって楽しさもありました。

あさば_33
精算は、部屋にて。
チェックアウト時には、先に部屋に荷物を取りに来てくれます。

あさば_96
配車されたタクシーへ乗り込み、
大勢のスタッフに見送られて、あさばを後にしました。

あさば
相変わらず最高の旅館でした。
何年たっても変わらない、洗練された施設、上質なサービス、一流の料理。
その一流の維持に、どのくらいの労力をかけていることでしょう。
修善寺あさば、日本一の旅館です。

★「あさば」(伊豆/修善寺温泉)ブログ
 施設詳細は、前回「あさば」(伊豆/修善寺温泉)参照。
★「あさば」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「御宿かわせみ」(東北/飯坂温泉)
 「西村屋本館」(関西/城崎温泉)

あさば
料金・基本情報はこちら ▶ あさば


旅館・ホテルランキング

↑このページのトップヘ