いい旅館訪問記 旅館マニアによる高級旅館のおすすめブログ

東京在住の旅館マニアが、口コミ・ランキングに頼らない現地情報を紹介するブログ。 「その旅館が好きなら、この旅館もおすすめ」というリンクも紹介中。 住まいから関東の温泉宿が中心になると思います。

伊豆高原にある 大室の杜 玉翠 に行ってきました。

大室の杜玉翠_155
客室わずか9室、全室に源泉掛け流し露天風呂付きの小さな高級旅館です。
奈良偲の里 玉翠 と同じ経営で、2018年開業。


大室の杜 玉翠 アクセス

大室の杜玉翠_1
東京駅から特急踊り子で2時間。

大室の杜玉翠_3
伊豆高原駅に到着です。

大室の杜玉翠_4
伊豆高原駅からは、事前に予約していた宿の送迎です。
送迎は、14:20~17:00の間で20分間隔の運行。

大室の杜玉翠_5
改札口に案内人が見当たらないので、ロータリーに行ってみたら送迎車がちょうど到着しました。
送迎車に乗り込み約8分。

大室の杜玉翠_156
大室の杜玉翠に到着です。

大室の杜玉翠_158
伊豆高原は、伊豆急が開発した別荘地。傾斜地が切り開かれています。
大室の杜玉翠も、伊豆高原の別荘地内にあります。
元は企業の保養所であった建物なのだそう。三菱系の会社だったとか。

大室の杜玉翠_59
袴姿のスタッフに迎えられ、玄関を入ると、

大室の杜玉翠_46
正面に相模湾を望むラウンジ。ピアノのBGMです。

大室の杜玉翠_7
相模湾に向かったカウンターに案内されて、チェックインとなります。

大室の杜玉翠_6
ウェルカムの抹茶とお菓子。
お菓子は、伊豆の菓子舗 間瀬 の逢初。
さつま芋のあんを小豆あんで包んだ菓子です。


大室の杜 玉翠 客室

大室の杜玉翠_45
さて、部屋に案内されます。
女性には色浴衣のサービスがあるようです。

大室の杜玉翠_43
ロビーは2階にあたり、階段を下りて1階へ。
廊下の狭さは、元保養所の建物であることを感じさせます。
廊下もロビーと同じピアノのBGM。

大室の杜玉翠_8
本日の部屋、常盤102。源泉掛け流し露天風呂オーシャンビュー特別室。

大室の杜玉翠_9
踏込から。

大室の杜玉翠_33
部屋内は、裸足でOKですが、使い捨てのスリッパの用意もありました。

大室の杜玉翠_11
ベッド&リビングルーム。

大室の杜玉翠_12
ソファーとベッド。
マッサージチェアがありました。

大室の杜玉翠_14
デッキテラス。
正面には伊豆大島。

大室の杜玉翠_13
テレビと、

大室の杜玉翠_16
セキュリティボックス。

大室の杜玉翠_15
和室8畳。

大室の杜玉翠_17
作務衣などはクローゼットに。

大室の杜玉翠_18
作務衣に浴衣。バスローブも。

大室の杜玉翠_31
お手洗い。

大室の杜玉翠_24
水回り。

大室の杜玉翠_25
小物のアメニティ。

大室の杜玉翠_26
ポンプ型のアメニティ類。

大室の杜玉翠_118
こちらは玉翠オリジナルのアメニティyumoribito。

大室の杜玉翠_27
タオル、バスタオルはたくさん常備。

大室の杜玉翠_28
シャワールームの先に、

大室の杜玉翠_29
露天風呂です。

大室の杜玉翠_30
障子は、外からの目隠しです。

大室の杜玉翠_39
外は、別荘地の建物。

大室の杜玉翠_40
障子は全部閉じることもできます。

大室の杜玉翠_41
お湯に入ってみたら、目線の正面に伊豆大島でした。

大室の杜玉翠_30
大室の杜玉翠には、大浴場はないので、部屋で温泉を堪能する形になります。
宿のこだわりで、源泉掛け流し。循環は全くしていません。


大室の杜玉翠_19
部屋には、ネスプレッソマシンと、ミネラルウォーターと氷。

大室の杜玉翠_20
冷蔵庫。

大室の杜玉翠_21
冷蔵庫は通常、有料ですが、
直接予約特典で冷蔵庫の飲み物が全部無料。

大室の杜玉翠_64
地ビール4本、ニューサマーサイダー、富士ミネラルウォータースパークリング、ニューサマーオレンジジュース2本、黒烏龍茶、ミネラルウォーター2本。
直接予約で、これらが全部無料になります。

大室の杜玉翠_23
グラス。

大室の杜玉翠_22
さて、ミネラルウォーターの横に、
玉翠オリジナルハーブティーチケット「クロモジブレンド」というものがあったので、ラウンジに向かってみます。

大室の杜玉翠_42
鍵を手に取り、

大室の杜玉翠_32
部屋からはスリッパで出ます。

大室の杜 玉翠 館内施設

大室の杜玉翠_34
大室の杜 玉翠 館内図。
全9部屋の旅館は、パブリック空間もコンパクト。

大室の杜玉翠_47
ラウンジのカウンターで。

大室の杜玉翠_65
ラウンジで、クロモジブレンド。
クセの強いハーブティーでした。

大室の杜玉翠_48
館内には、ラウンジに売店。

大室の杜玉翠_63
ウェルカムの菓子で出てきた、逢初も置いてありました。

大室の杜玉翠_50
そして、書斎があります。

大室の杜玉翠_51
書斎には、レコードがあります。

大室の杜玉翠_53
レコード盤を引っ張り出してきて、

大室の杜玉翠_54
いまとなっては貴重な、レコードをかけるという体験をしてみました。

大室の杜玉翠_111
書斎とラウンジでは、ドリンクサービスがあります。
コーヒー、紅茶、ハーブティーがフリー。

大室の杜玉翠_56
フロントに声をかけて注文すると持ってきてくれます。紅茶を一杯。

大室の杜玉翠_57
エステルーム。

大室の杜玉翠_58
玄関で下駄を借りて屋外に出てみます。

大室の杜玉翠_61
玄関の対面には、テラス。

大室の杜玉翠_60
テラスの暖炉。暖炉は利用はされていませんが、
喫煙スペースとなっていました。

大室の杜玉翠_62
大室の杜 玉翠は、12歳以上のみ宿泊可、小学生は不可のため、静かな宿です。
宿の周辺は、ぽつぽつと別荘が点在していて、観光地ではありません。

大室の杜 玉翠 夕食

さて、夕食の時間となりました。
大室の杜 玉翠 の夕食時間は、18時か18時半から。18時にしました。
大室の杜玉翠_112
夕食会場は、個室料亭「いずみ」
入口で部屋番号を伝えて。
スリッパを脱いで、畳敷きにあがります。
畳敷きでは。スタッフ総出でお出迎え。

大室の杜玉翠_68
本日の個室はこちら。

大室の杜玉翠_85
障子戸が閉まるちゃんとした個室です。

大室の杜玉翠_86
個室には呼び出しボタン。

大室の杜玉翠_69
最初のセット。

大室の杜玉翠_89
お品書き。

大室の杜玉翠_84
日本酒は、静岡の地酒、磯自慢にしました。

大室の杜玉翠_76
食前酒 山桃酒サワー

大室の杜玉翠_77
先附 数の子と天盛黒豆

大室の杜玉翠_70
大室の杜 玉翠 の名物、湯けむりの演出。
噴湯盛り~紡~

「すぐ終わってしまいますから、よかったら写真を構えてください」と言われて。

大室の杜玉翠_71
大室の杜玉翠_72
大室の杜玉翠_73
大室の杜玉翠_74
大室の杜玉翠_75
湯けむりの演出でした。

前菜の品は小さい器で。
大室の杜玉翠_79
 胡麻豆腐

大室の杜玉翠_80
 鰻けんちん焼き
 牛タン八丁煮
 長芋雲丹焼き

大室の杜玉翠_82
こちらの蓋付きの器は、

大室の杜玉翠_83
 焼茶碗蒸し
 松笠柿

大室の杜玉翠_79
 湯葉がのって菊花とキャビア添え

大室の杜玉翠_81
 すじこのたまり醤油漬け
 鰻の焼き茶碗蒸し
 干し柿の松笠型

大室の杜玉翠_87
続いてお椀が到着。

大室の杜玉翠_88
先椀 金目鯛の黄身寄せ 清汁仕立て

出汁が濃くて美味しいです。

大室の杜玉翠_90
続いて、お造りが届きました。

大室の杜玉翠_91
御造里 五種盛り
 小姿魚 伊勢海老 鮑
 季節の地魚 天城本山葵

イサキ、鮪、メダイ昆布〆
天城の山葵、下田の天然塩。

伊勢海老や鮑と、高級食材がちょっとずつ。
魚の頭や海老の殻は、器に使い回し。

大室の杜玉翠_97
煮物 金目鯛の姿煮

下田の金目鯛が大皿で到着。
敷盆と見比べると、どのくらい大きいかが分かると思います。

大室の杜玉翠_98
身がしっかりとした金目鯛をもりもりいただきます。

大室の杜玉翠_100
温物 牛三種食べ比べ~溶岩焼き~

大室の杜玉翠_99
静岡牛のリブロース・サーロイン、国産牛のサーロイン

大室の杜玉翠_101
溶岩プレートで焼いていただきます。

大室の杜玉翠_102
止肴 蛸叩き〆 黄身酢

大室の杜玉翠_103
最後にご飯が到着。

大室の杜玉翠_104
食事 丸十と茸の炊き込み御飯
   赤出汁 香の物

食事はここまで。
大室の杜玉翠_105
ここで、明日の朝食の干物のチョイス。

スタッフが魚の実物が持ってきて、4種類から選びます。
金目鯛、さより、えぼ鯛、あじ の中からチョイス。

大室の杜玉翠_106
最後にデザート。

大室の杜玉翠_107
水菓子 季節のフルーツ
    パンナコッタ
メロン、パパイヤ、マスカット、イチゴ

大室の杜玉翠の夕食、金目鯛の姿煮が一尾丸々でてくるのが目玉。
お腹いっぱいになりました。

大室の杜 玉翠 夜の過ごし方

大室の杜玉翠_113
大室の杜玉翠の夜の過ごし方は、
ラウンジがBARになります。14:30~21:00/7:00~10:30

コーヒー、紅茶が無料で用意されているほか、お酒も注文可能。
紅茶を一杯いただきました。

ラウンジには、スタッフが常駐しているわけでもなく、他の客も来ず。みなさん部屋でゆっくり過ごされるのでしょう。

大室の杜玉翠_37
部屋へのルームサービスのお酒も充実していました。

大室の杜玉翠_108
部屋には、夜のお菓子が届いていました。
ニューサマーピールが入っていました。

大室の杜玉翠_109
夕食後には、部屋の露天風呂でもう一風呂。
露天風呂からの景色は、海の暗闇の先に伊豆大島の夜景。

大室の杜玉翠_116
そして、星がきれいでした。
写真には写りませんでしたが、見上げた範囲で百は星が見えました。

大室の杜玉翠_67
寝る前には、マッサージチェアでリラックス。

大室の杜玉翠_114
ベッドにもぐりこみ、おやすみなさい。

大室の杜 玉翠 朝食

翌朝。
大室の杜玉翠_119
伊豆大島からの日の出です。

大室の杜玉翠_120
朝風呂も、部屋の露天風呂なので楽チンです。起きて1分で温泉。

さて朝食です。
大室の杜玉翠_121
大室の杜 玉翠 の朝食時間は、8時・8時半から。8時からにしました。
朝食会場は、夕食と同じ個室料亭「いずみ」。

大室の杜玉翠_154
朝日が入って、明るい食事処です。

大室の杜玉翠_123
個室は夕食と同じ席。

大室の杜玉翠_125
帰りの案内はこちら。

大室の杜玉翠_122
最初のセット。

大室の杜玉翠_145
ジュース。

大室の杜玉翠_146
ヨーグルト。

大室の杜玉翠_140
サラダは、3種類の付け合わせとともに。

大室の杜玉翠_141
サラダ。

大室の杜玉翠_139
朝食の刺身は、マグロ、メダイ昆布〆。

ラインナップは夕食と同じでした。

大室の杜玉翠_150
焼き海苔、香の物。

大室の杜玉翠_147
七色昆布のふりかけ

大室の杜玉翠_126
温かい料理が届いて。

大室の杜玉翠_132
最後にタジン鍋の到着。

大室の杜玉翠_133
蓋を取ってもらい、

大室の杜玉翠_134
タジン鍋の中身は、温野菜。

大室の杜玉翠_135
全部の料理がそろいました。

大室の杜玉翠_137
温かい料理、信田巻きと、

大室の杜玉翠_143
信田巻きと、伊勢海老の味噌汁。

大室の杜玉翠_144
伊勢海老の味噌汁。

大室の杜玉翠_142
干物。
昨日選んだ金目鯛です。完全に冷えていました。

大室の杜玉翠_152
ごはんはおひつで。

大室の杜玉翠_153
デザート。

大室の杜玉翠_49
朝食後には、フロントに向かい、先に精算をしました。

大室の杜玉翠_159
ついでに、ロビーで紅茶を一杯いただきます。

大室の杜玉翠_163
チェックアウトは11時。
ぎりぎりまで部屋でゆっくりしてから、送迎で伊豆高原駅まで送ってもらいました。
伊豆高原駅から伊豆急の乗り込み、東京への帰路につきました。


大室の杜 玉翠 まとめ

全室源泉掛け流し露天風呂付き。
スタッフの姿を見る時間少なく、スタッフとの会話はほぼ皆無。
パブリック空間の施設もほとんどありません。
部屋の露天風呂を堪能して、部屋に籠る宿です。

★大室の杜 玉翠(伊豆/伊豆高原温泉)
★大室の杜 玉翠 が好きなら、この旅館もおすすめ
 「奈良偲の里 玉翠」(伊豆/熱川温泉)
 「みちのく庵」(東北/鎌先温泉)
 「游泉志だて」(東北/志戸平温泉)

大室の杜 玉翠
料金・基本情報はこちら ▶ 大室の杜 玉翠


旅館・ホテルランキング

信州上田の秘湯、鹿教湯(かけゆ)温泉 三水館 に行ってきました。
三水館_81
全7室。リピーターが多く予約が取りづらい、知る人ぞ知る人気宿です。野菜中心の家庭田舎料理を求めての訪問です。


三水館 アクセス


三水館_1
東京駅からは、北陸新幹線で1時間半。

三水館_2
上田駅に到着です。

三水館_10
上田駅からは、路線バスで向かいます。
鹿教湯温泉までは所要70分。土日祝のみ急行運行の上田松本直行バスがあり所要40分。

三水館_68
鹿教湯温泉に到着です。
鹿教湯温泉は、上田と松本の中間地点。三才山峠の手前にあります。
湯治場の流れをくむ昔ながらの温泉地、十数軒の旅館がある山間の温泉です。

三水館_11
三水館は、鹿教湯温泉の温泉街から少し離れた場所にあります。

三水館_12
三水館の建物が見えてきました。


三水館_15
三水館に到着です。

三水館_17
普段は木々に隠れて表から建物が見えないそうですが、冬は木々の葉が落ちて見通せます。
アプローチを一段ずつ上がっていきます。

三水館_19
玄関は障子戸です。
古民家の本館は、木曽福島と松本から移築してきたのだそう。

三水館_63
障子戸を開けると、広い土間。

三水館_21
奥からスタッフが出てきて、土間のフロントで、チェックイン。
宿帳に記入します。

三水館_58
そのまま部屋への案内。上がりかまちで靴を預けて、裸足で進みます。


三水館 客室

三水館_84
本館の客室は2階、階段を上ります。
家族でやっているような小さな宿ですので、腰の曲がったおばあちゃんの先導。
荷物は自分で持って上がります。

三水館_22
2階は吹き抜けになっていて、囲むように廊下と部屋が配置されています。

三水館_44
三水館の部屋タイプは4種類、全7部屋。

・蔵(くら):唯一の離れ。本館1階から渡り廊下でつながっています。
・山入(やまいり):洋室。リビングとベッドルーム。
・休石(やすみいし):和洋室。和室とベッドルーム。
・和室:長沢、渋田見、三十坂、細尾の4室

三水館_23
階段を上がって、一番手前が、
本日の部屋、休石(やすみいし)。和洋室。

三水館_24
扉を開いて、

三水館_25
靴箱の上には、試験管に挿す生け花。
おしゃれな感じです。

三水館_26
和室10畳。

三水館_28
床の間には生け花。

三水館_176
スポットライトの照明が、部屋にスタイリッシュな印象を加えています。

三水館_29
和室を反対から。

三水館_42
窓からの景色は、山の斜面ですが、
木枠の窓からの紅葉は、絵画のようです。

三水館_31
廊下を挟んで、

三水館_32
洋室ベッドルーム。

三水館_34
ベッドに加えて、ソファが2脚配置されています。

三水館_35
水屋には、部屋菓子が置いてありました。

三水館_37
部屋菓子は、温泉饅頭とタルトです。

三水館_85
冷蔵庫。有料です。ビールとジンジャーエール。
その他の飲物も、リクエストすれば持ってきてくれます。

三水館_38
洗面台。

三水館_40
お手洗い。

三水館_41
クローゼットには、浴衣、丹前。タオル、バスタオル。金庫。
タオル、バスタオルは、大浴場に持参です。

アメニティは、プラスチック類の削減の取り組みで、歯ブラシ、ヘアブラシ、ひげそりはありません。フロントに申し出ると、もらうことはできます。

三水館_27
建物は古民家なので、部屋は古いかもと思っていましたが、
手入れは行き届いていて、きれいな部屋です。

三水館_43
さて、鍵を手に取り、

三水館_175
温泉に向かいます。


三水館 温泉

三水館_87
温泉は1階。屋外の渡り廊下でつながっています。

三水館_88
雪駄を履いて向かいます。

三水館_89
温泉は、2022年にリニューアル。新しい設備です。

チェックインは14時からですが、温泉は14時半から。
翌日の10時半まで、23:00~23:20の清掃点検を除き夜通し入ることができます。
夜8時に男女入れ替え。

三水館_49
脱衣場。

三水館_50
内湯。

三水館_51
洗い場。

三水館_52
露天風呂。

部屋数が少ない旅館ですので、温泉はほぼ常に独り占めです。

男女入れ替え後の温泉は、翌朝にて。


三水館 館内施設

三水館_54
湯上がりスペースは、ロビー。
板の間ですが、床暖房です。
館内では、スタッフはほとんど見かけません。

三水館_102
ロビーの片隅には書籍。
そして猫のおもちゃ。

三水館_48
館内には、いたるところに、
木工作家、井崎正治の作品。彫刻だけでなく、家具も同氏の作品とのこと。

三水館_46
隠れたスペースにも井崎正治の作品。

三水館_59
雪駄を借りて、外に出てみます。


三水館 鹿教湯温泉街

>三水館_67
三水館から鹿教湯温泉の中心までは徒歩10分。途中から坂を上る形になります。

三水館_72
鹿教湯温泉観光は、文殊堂が中心。
鹿に身を変えて猟師に温泉を教えたという、鹿教湯温泉由来の文殊菩薩が祀られています。

三水館_73
その隣には薬師堂があり、

三水館_75
文殊堂、薬師堂に行くためには、
五台橋を渡ります。

三水館_77
鹿教湯温泉の新しい名所は、さいとう菓子工房。
鹿教湯温泉で一番大きい旅館、斎藤ホテル経営の新店舗です。

三水館_78
さいとう菓子工房は、ショーケースに洋菓子が並ぶお店。

三水館_79
名物はアップルパイ。
スティックタイプで食べ歩きに好適。出来立てあつあつでした。

三水館_95
さて、三水館に戻れば、煙突からかまどの煙が立ち上っていました。
夕食の料理が楽しみです。


三水館 猫

三水館_82
玄関に戻り、入口の障子戸を開けようとしたら、

三水館_55
横の障子に穴があけてあることに気付きました。

理由は、後になって目にすることになりました。
三水館_90
三水館_91
三水館_92
三水館_93
三水館_94
猫の通り道ですね。
聞いたら、穴を開けておかないと、爪で破いてしまうのだとか。

三水館_172
うん、やられている形跡。障子に猫の爪痕もありました。

三水館には、
予約時に「館内に猫がおります為、予めご留意ください。」の表記があるとおり、
猫がいます。
たま、こごみ、はち、きじお、そのほか野良。

三水館_137
ストーブに火が入れば、その周りでごろごろ。

三水館_138
間合いを詰めると、すすっと離れていくのが猫らしい。
写真の中に、実は2匹います。

三水館_139
ストーブ裏の特等席に陣取って、伸びて寝てました。

三水館_103
捕まって客を出迎えの猫。たま。

三水館_146
三水館_147
三水館_148
寝転がっている猫。たま。

三水館_200
おもちゃにつられて出てきてくれた猫。きじお。

三水館_140
三水館_141
三水館_142
顔を洗っている猫。はち。

夜は、三水館の隣にあるオーナーの自宅に猫も一緒に帰っていくそうです。

三水館_98
三水館の猫好きは、表示にも。
屋外には、ネコ飛び出し注意の看板。公道ではなく三水館の敷地内に設置です。


三水館 夕食

さて、夕食となりました。
夕食会場は、お食事処。
夕食時間は、18時から。全ての客が同じ時間に一斉スタートです。
だからこそ、出来たての料理が出てきます。

部屋に内線が掛かってくるとのことで待っていたら、5分前に内線が鳴りました。
階段を降りて向かいます。
お食事処の前にスタッフが立っていて、名前を聞いて席に案内していきます。
三水館_105
リニューアルされたお食事処は、テーブルが4つ。

三水館_106
夕食会場は、お食事処の他に、個室が3つ。
お食事処の横と、

三水館_161
階段下から入る場所に2つ。

三水館_162
階段下の個室その1。

三水館_163
階段下の個室その2。

三水館_164
1日1組だけ受入可の子ども連れは、個室に案内されていました。

三水館_104
本日の席はこちら。
足元は床暖房です。

三水館_107
最初のセット。
お食事処は、BGMのない静寂の空間、客の食器の音だけが響きます。
そのため、各テーブル、少しひそひそ話のトーンでの会話でした。

三水館_119
三水館 ドリンクメニュー

スタッフの出入りも最低限で、ドリンクをたくさん売るつもりもないのか、
グラスが空いてもこちらが言わない限り次を聞いてきません。
ま、こちらも気楽でいられるのですが。

三水館_118
箸置き。天然の小枝です。

三水館_109
食事は、お品書きはありません。口頭で品名だけ紹介されます。

先付けの皿は、
三水館_113
さくらしめじのソテー

三水館_112
さつまいものきんとん

三水館_117
みどり大根を芯にした出汁巻き玉子

三水館_114
ムキタケ

三水館_116
わかさぎのマリネ

三水館_115
大根の葉っぱ 干して炒り煮に
シナノユキマスの卵

三水館_120
続いて蓋付の茶碗が届きました。

三水館_121
むかごのいいむし

熱々の御飯に、味を強く感じるのに、後味さらっと。自然の味付けです。

三水館_122
かぼちゃ豆腐のジュレ掛け

三水館_125
続いて、土鍋に火が入ります。

ネギ鍋 松本一本ネギ 飯山のみゆき豚

三水館_127
土鍋で煮て、できあがり。

三水館_128
ネギは、そばのようにずるずると食らいつきます。くせなくやわらかくて甘いです。
みゆき豚は、やわらくておいしい。
出汁は田舎風、自然な優しい味です。

三水館_129
サラダ。

三水館_130
里芋の揚げ煮のみぞれがけ、パプリカ

揚げられていて心地良い口当たり。
里芋のごろっとした粗野さは、出汁といっしょに口に流し込むとちょうど良い塩梅に。

三水館_131
岩魚の塩焼き。

ほんとうに熱々。
やわらかくて、頭からガブリといけます。はらわたは抜いてありました。
身はしっかりで食べ応えあり。

三水館_132
金糸瓜と林檎と柿の土佐酢漬け

りんごの主張が強い土佐酢漬けです。

三水館_133
ごはんはおひつで到着。

三水館_134
ごぼうのごはん。

三水館_135
ごはんは自分でよそって、いただきます。
香の物とお茶も到着。

三水館_136
デザートはロビーでとの説明でしたので、移動します。
夜のロビー。

三水館_143
デザートは、
かぼちゃプリンと林檎とキウイのシャーベット。

三水館の夕食は、ほっとする田舎料理でした。豪華とは違います。
でも、食事空間、器、盛り付けから、洗練さを感じます。
そして自然と野菜中心で滋味深く、心は豊かになります。
食事の提供はゆっくり、ゆっくりと。量は多くありませんが、最後の品が出て食べれば2時間のコースでした。

三水館_144
部屋に戻ると、
夕食の間にスタッフが入って部屋整頓がされていました。
和室はターンダウンサービスとでも言いましょうか。床の間のみスポットライトがされていました。

三水館_145
洋室のベッドにもぐりこみ、就寝。おやすみなさい。


三水館 翌朝

翌朝。
三水館_173
快晴の初冬の朝です。

三水館_157
まずは朝風呂から。
温泉は、夜8時に男女入れ替え。朝は、奥側の温泉でした。

三水館_151
脱衣場。

三水館_152
内風呂。

三水館_153
洗い場。

三水館_154
露天風呂。円形で、中央からお湯が湧き上がる形。
他の客とはほぼ会わないので一人占めできるのですが、
入ってみると、中央の円柱のために足が伸ばせず。ちょこんと膝を曲げて入浴。

三水館_156
寒い朝に、湯気が立ち上る露天風呂です。

三水館_170
三水館を外から見れば、煙突から立ち上るかまどのけむり。今日の朝食は何かな。


三水館 朝食

三水館_165
朝食は8時半から。全ての客が一斉スタートです。

1階に下りてみると、時間になっても準備中の気配。ロビーのテーブルに客が溜まっていきます。
それでも見知らぬ客同士が猫の話題などでゆっくりと時間潰し。これが三水館の過ごし方。

2~3分遅れで、準備ができたとの声かかり。
昨日と同じ席です、と言われてみなさん自分で席に向かいます。

三水館_177
日が射し込む明るい空間。

三水館_178
料理は、ごはんのおひつまで全部先付け。

三水館_183
最後に、味噌汁とお茶が届きました。
あとはスタッフのサーブは無いので、自分でやります。

三水館_186
玄米ごはんを自分でよそいます。

三水館_188
三水館の朝食がそろいました。
シンプルながら美しい和食です。

三水館_187
朝食の箸置きは猫でした。

三水館_189
塩鮭

三水館_191
切り干し大根

三水館_192
牛蒡と蒟蒻

三水館_180
おひたし

三水館_190
温泉卵

三水館_193
漬物

三水館_194
味噌汁

三水館_195
りんご、なし、柿

三水館_197
食後のコーヒーは、ロビーでセルフサービスです。

三水館_198
食後の一杯をロビーでゆっくり。


三水館 チェックアウトから上田観光

三水館_83
三水館のお土産の陳列はこれだけです。
醤油と味噌。信州の田舎らしさ。
あとは、温泉まんじゅうが前日までの注文で可能です。

三水館_201
チェックアウトは10:30。
三水館の精算は現金のみです。クレジットカードは利用できません。

三水館_171
フロントには、部屋の料金表と先行3ヶ月のカレンダーが置いてありました。
帰りに次の予約をする方が多いようで、
既に半分以上の日が満室の斜線が引かれていました。
電話でのご予約は6ヶ月前、予約フォームからのご予約は3ヶ月前からです。

三水館_167
障子戸の玄関で見送られて、三水館をあとにします。

三水館_202
三水館から徒歩5分の鹿教湯橋バス停から、上田駅への路線バスに乗りました。

三水館_4
上田の乗換時間で向かいたいのは、北国街道柳町。
上田駅から徒歩15分、レンタサイクルだと5分です。

三水館_5
北国街道柳町には、信州亀齢(きれい)の岡崎酒造があります。

三水館_6
今では人気で入手困難になっている信州亀齢が販売されています。1人1本まで。

三水館_7
蔵元限定の信州亀齢。

三水館_8
隣にはルヴァン信州上田店。
天然酵母パンのパイオニアのお店。渋谷区富ヶ谷の有名店ですが、
店主の出身地、上田にも出店されました。

三水館_204
上田駅に戻ります。

三水館_206
上田駅から北陸新幹線で東京への帰路につきました。


三水館 まとめ

洗練された民宿、洗練された山小屋とでも形容しましょうか。自然体で心豊かな気持ちになります。
信州の自然の中に没入して、山の野菜を食べに行く。
いたせりつくせりのサービスを求めてはいけません。
食事の時間は固定、アメニティは無い、猫はいる。
こちらが三水館に合わせる。でも、施設も食事も洗練されているので、不快になる瞬間はありませんでした。
この洗練さに対してリーズナブル。家族で行くのに適しています。リピーターが多くて予約が取りづらいのも納得です。

★「三水館」(信州/鹿教湯温泉) ブログ
★「三水館」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「岩の湯」(信州/仙仁温泉)
 「里山十帖」(新潟/大沢山温泉)
 「山荘無量塔」(九州/由布院温泉)
 「山みず木」(九州/黒川温泉)

三水館
料金・基本情報はこちら ▶ 三水館


旅館・ホテルランキング

↑このページのトップヘ