いい旅館訪問記 旅館マニアによる高級旅館のおすすめ

東京在住の旅館マニアが、口コミ・ランキングに頼らない現地情報を紹介するブログ。 「その旅館が好きなら、この旅館もおすすめ」というリンクも紹介中。 住まいから関東が中心になると思います。

箱根に新しく出来た 金谷リゾート箱根(KANAYA RESORT HAKONE) に行ってきました。
金谷リゾート箱根_0088
鬼怒川金谷ホテルの金谷リゾートの新施設とあって、期待大での訪問です。

金谷リゾート箱根_0024
箱根登山鉄道の強羅駅から、金谷リゾート箱根の送迎にて向かいます。
設定は30分ごと。事前予約制で、箱根湯本駅の乗り換えの際に電話をすれば来てくれます。

金谷リゾート箱根_0094
指定された場所で待っていると、隣に同じ目的地らしい客がもう一人。
混乗かな、と思っていたら、来たのはアルファード2台。
混乗ではなく、それぞれ専用車でのお迎えでした。
洋装のホテルスタッフに案内され、乗車します。

金谷リゾート箱根_0095
強羅駅から10分程で、金谷リゾート箱根に到着。


金谷リゾート箱根_0090
玄関で待っていたスタッフに、すっと荷物を持ってもらい、進みます。

金谷リゾート箱根_0087
ホテルの看板。KANAYA RESORT HAKONE。

金谷リゾート箱根_0098
L字型の入口を進み、

金谷リゾート箱根_0100
フロントを通り抜け、

金谷リゾート箱根_0103
ラウンジに案内されます。

金谷リゾート箱根_0032
ラウンジは、夜はバーとしても営業している空間で、
ここで、ウェルカムドリンクが提供されます。

金谷リゾート箱根_0033
和スイーツの玉水晶と、緑茶をベースにしたハーブティー。
もう、最高級という期待値が高まります。

金谷リゾート箱根_0104
ウェルカムドリンクを飲み終えると、部屋に案内されます。

金谷リゾート箱根は、
もともとは宮家の久邇宮の別邸で、前は郵政省のものとなっていたものを、
金谷リゾートが買い取り、2017年に改築オープンしたものなのだそうです。

金谷リゾート箱根_0105
建屋はそのままでの改築のため、
確かに、廊下の天井の高さなどは、往時の面影があります。
廊下のレンガは、そのままに利用しているとのこと。

しかし、部屋の内部は、完全にその背景を感じさせないくらい新しく作られています。

金谷リゾート箱根_0106
だんだんと廊下も改装の空間になり、

金谷リゾート箱根_0107
2階に上がると、完全に新しいホテルのような空間。

金谷リゾート箱根_0054
本日の部屋、202。デラックスルーム。

金谷リゾート箱根_0055
入口を入り、スリッパに履き替えて進みます。

金谷リゾート箱根_0056
エントランスから、

金谷リゾート箱根_0057
リビングルーム。

金谷リゾート箱根_0111
窓からの景色は、林の先に山々です。

金谷リゾート箱根_0058
リビングルームのベッド。

金谷リゾート箱根_0059
テレビと、スピーカー。

金谷リゾート箱根_0067
水回り。

金谷リゾート箱根_0068
アメニティはロクシタンです。

金谷リゾート箱根_0069
歯ブラシなどは、木箱の中に収められています。
金谷ホテルのマーク入りの包装。

金谷リゾート箱根_0070
シャワーブースの先には、

金谷リゾート箱根_0071
温泉露天風呂とバルコニー。
金谷リゾート箱根には、大浴場は無いので、
温泉は部屋の露天風呂で楽しみ形となります。

金谷リゾート箱根_0073
お手洗い。

金谷リゾート箱根_0074
クローゼットには、バスローブと、

金谷リゾート箱根_0075
パジャマが用意されています。
浴衣はありません。

金谷リゾート箱根_0076
ナンバー式の金庫もあります。

金谷リゾート箱根_0060
部屋に用意されている飲物は、

金谷リゾート箱根_0061
冷蔵庫の飲物は、インクルーシブでフリードリンク。
ビール、烏龍茶、炭酸水、洋なしジュースに加えて、
シャンパンのナポレオン ハーフも、無料で置いてありました。
さすが金谷リゾートのラインナップです。

金谷リゾート箱根_0062
そしてなんと、部屋に専用のワインセラーも用意されていました。

金谷リゾート箱根_0066
ワインセラーの中は有料ですが、
高級なワインがラインナップされています。

金谷リゾート箱根_0065
お茶、コーヒーも各種用意されています。
以前は、時間に合わせた5種類の緑茶ティーバックが用意されていたらしいのですが、
今はやめてしまったそうです。

金谷リゾート箱根_0063
引き出しに収められていた、おしゃれな茶器と。

金谷リゾート箱根_0064
グラス各種もしっかりと用意されています。

金谷リゾート箱根_0079
テーブルには、金谷リゾートオリジナルのフィナンシェショコラ。

金谷リゾート箱根_0078
ルームキーは、カードキーでした。
以前は、スマートフォンをルームキーとしていたらしいのですが、
客に浸透せず、止めて、普通のカードキーにしたとのことです。

金谷リゾート箱根_0112
早速、部屋の露天風呂に入ってみます。
仙石原温泉は濁り湯で、なめると少しすっぱくて、鉄の味がします。

金谷リゾート箱根_0123
部屋の露天風呂なので、過ごし方は自由。
冷蔵庫のビールを一杯を飲みながら、ゆっくりと入浴を楽しみます。

金谷リゾート箱根_0109
少し他の部屋も見学させてもらいました。

金谷リゾート箱根_0046
【和スーペリア(Wa Suite)】210号室。

金谷リゾート箱根_0050
【和スーペリア】足元は畳風、入り口はふすま、という点が和風です。

金谷リゾート箱根_0051
【和スーペリア】シャワーブース。

金谷リゾート箱根_0047
【和スーペリア】温泉露天風呂。
山の斜面側を向いた、見上げる景色です。

金谷リゾート箱根_0034
【グランドテラススイート(Grand Terrace Suite)】105号室。
リビング&ダイニング。

金谷リゾート箱根_0037
【グランドテラススイート】リビングのソファーは窓向きの配置。

金谷リゾート箱根_0038
【グランドテラススイート】ダイニングも広々。

金谷リゾート箱根_0035
【グランドテラススイート】バルコニーからの景色は、箱根の山なみが広がります。

金谷リゾート箱根_0039
【グランドテラススイート】ベッドルームは独立した空間。

金谷リゾート箱根_0040
【グランドテラススイート】シャワーブース。

金谷リゾート箱根_0041
【グランドテラススイート】お手洗い。

金谷リゾート箱根_0043
【グランドテラススイート】温泉露天風呂。


金谷リゾート箱根の部屋数は、全14部屋。
ほとんど全てが違う部屋タイプで、グレードの順番は、
スイート > デラックス > スーペリア > スタンダード となっています。

金谷リゾート箱根_0193
金谷リゾート箱根には、お土産の売店はありません。
廊下に小さくサンプル展示がありますが、

金谷リゾート箱根_0085
基本的には、部屋の案内を見て、フロントに注文する形になります。

金谷リゾート箱根_0097
外の散策にも出てみました。

金谷リゾート箱根_0189
金谷リゾート箱根の外観。

金谷リゾート箱根_0093
林の中を、数分の散策ができる遊歩道が整備されています。

金谷リゾート箱根_0092
自然の中のソファー席も点在させられています。
新緑や紅葉の季節には、抜群の場所だと思います。

金谷リゾート箱根_0157
さて、夕食の時間となったので、
フロント横の階段を下り、

金谷リゾート箱根_0158
地下1階のダイニングに進みます。

金谷リゾート箱根_0160
ダイニング 西洋膳所JOHN KANAYA。

金谷リゾート箱根_0159
ガブリエル・ロワールのグラスアート。

金谷リゾート箱根_0125
中は、シティホテルの高級レストラン並みのダイニングです。

金谷リゾート箱根のドレスコードを確認したところ、スタッフ曰く、
スマートカジュアルとしているが、そのままのお洋服で大丈夫です、との案内でした。

実際のところ、ワイシャツにジャケットとまでかっちりした格好の方は少なかったですが、
さすがにスニーカーは避けて、持参した靴に履き替えて向かいました。
夏でもTシャツ1枚などは避けたいところです。

宿のスタッフは、客の服装など気にも止めていない様子でしたが。
金谷リゾート箱根は、鬼怒川金谷ホテルと違い、浴衣はないので洋服で食事に向かう形です。

金谷リゾート箱根_0135
ソファー席と、窓際のテーブル席があり、スタッフから「席は選び放題です」との案内。
窓際も良かったのですが外は真っ暗でしたので、ソファー席と選んで着席。

子どもの声が遠くから聞こえたので、子ども連れのファミリーは個室を利用しているようです。

以前は、箸はお土産に持ち帰りとなっていたそうですが、今は止めたそうです。

金谷リゾート箱根_0138
おしぼり。

金谷リゾート箱根_0146
キャンドルに火が入れられます。
ダイニングのBGMは、オペラクラシック。

金谷リゾート箱根_0136
お品書きは、シンプルな書きぶり。
あえて内容が分からないようにして、次はどのようなものか、
スタッフとの会話を楽しむようにという演出なのだそうです。

金谷リゾート箱根_0128
ドリンクのラインナップは、都内の高級レストラン並み。
ソムリエが常駐しており、多種多様なワインが用意されています。
ドリンクメニュー1/5。

金谷リゾート箱根_0129
ドリンクメニュー2/5。

金谷リゾート箱根_0131
ドリンクメニュー3/5。

金谷リゾート箱根_0132
ドリンクメニュー4/5。

金谷リゾート箱根_0133
ドリンクメニュー5/5。

金谷リゾート箱根_0134
ドリンクは、コース料理に合わせてソムリエがワインをセレクトという、
3Types(5,000円)でお願いをしてみました。

ソムリエによる、説明付き。

金谷リゾート箱根_0141
一つ目は、シャンパン ナポレオン。

ソムリエ「シャンパンは、時間がっても料理に合う。
冷たい状態でなくなるとふくよかさが増し、気が抜けていくと、上質な白ワインに変わる。
ちょうど料理の温度も上がりソースが加わってくるので、シャンパンと合う。
シャンパンとスパーリングワインは、例えるならビールと発泡酒の違いで、温度が上がってもバランスが崩れない。」

金谷リゾート箱根_0137
最初のテーブルセットは金色のお皿。
お皿に、小さな穴があるのは、理由があります。

金谷リゾート箱根_0139
Champignon de Paris 薫りの息吹を感じて
最初の一品は、金谷ホテルのスペシャリテである、金谷玉子。
鬼怒川金谷ホテルでは和食なので、茶碗蒸し風ですが、
金谷リゾート箱根では、スープ仕立ての玉子になっています。

金谷リゾート箱根_0140
金谷玉子に合わせるのは、
静岡の長谷川農産のマッシュルームを"ものすごい量"使った、
コンソメスープ。

金谷リゾート箱根_0142
パンは、都内のベーカリー、シニフィアンシニフィエ。
そのままでも美味しいですが、料理のソースと合わせるとこれまた絶品。

金谷リゾート箱根_0143
2杯目は、ロワール 2018 サンセール レ ロング ファン。
ソムリエ「ミネラル感があるが、酸味のバランスと伸びがすばらしい。
酸味が酸っぱすぎず、魚介を引き立てるさわやかさ。」

金谷リゾート箱根_0144
Algue 冷波に揺られて海中踊る
金目鯛のづけ、浅く漬けた後にトリュフオイルで味も香りも引き締めたもの。
ソースは海苔。
海草に見立てたのが、アンディーブのサラダ、カラスミ和え。

金谷リゾート箱根_0148
3杯目はソムリエからのサービス。リースリング。
ソムリエ「フォアグラのポアレに、トップクラスに相性の良い、アルガスのセリー産。
絶妙な甘さを残した辛口。そのバランスが、フォアグラの甘さをより引き立てる。」

金谷リゾート箱根_0149
Foir Gras 冬の木漏れ日に抱かれながら
フォアグラのポアレです。フランスの上質な鴨を使用していて、臭みが全くありません。

ちりめんキャベツとの間には、ラングスティーヌと根セロリを合わせたラグー。
ソースはパセリ。軽く湯がいてエキスだけ抽出、葉を使っていないので、いやな苦みが無い上品なソースです。

金谷リゾート箱根_0150
Trubot 海底に白い光が差し込む
ヒラメのヴァプール(低温蒸し)、水分を含んだふんわりとした食感。
蕪も水分を残しながら焼き上げており、噛むとふんわりと蕪の甘みが広がります。
上からユズを振り回し、焦がしバターとエシャレット。ケッパーのソースと一緒に。

金谷リゾート箱根_0151
4杯目は、クローズ エルミタージュ ヤン シャーブ 2018。
ソムリエ「スパイシー、鉄分の固さを感じるが(フルボディ)、渋みはおだやか。」

金谷リゾート箱根_0152
続いての肉料理に向けて、ナイフが用意されます。
ナイフスタンドは、オリジナルの箱根寄木細工。

金谷リゾート箱根_0153
Challandais シャランの霜天~心暖の冬~
鴨肉。血抜きをしていないので、噛むごとに味わい深い旨味。しかし、雑味はありません。

ポータベラマッシュルームと栗が、付け合わせ。
ソースは、鴨の出汁とポルチーニ、バニラビーンズで作ったソース。

金谷リゾート箱根_0154
Sapin 冬木の雫、零れ落ちて
木のリキュールを使ったソルベ。

金谷リゾート箱根_0155
Fraise 白雪と紅い葉の絨毯
苺のミルフィーユ。

中には、ホワイトチョコレートのムース。
ざくざくと倒して、バルサミコ酢のソースに付けて食べます。


JOHN KANAYA 高貴な余韻に満たされて
食後のコーヒーは、部屋に届けますとのことで、
コーヒーか紅茶を聞かれました。

金谷リゾート箱根_0156
ダイニングは、洗練された良い空間。
スタッフは、よく見ています。
もう監視されているような、それでいて視線を感じさせないように遠巻きに。

食事は、文句なしの高級内容です。
スタッフのサービスレベルとあわせて、
この宿に泊まれてよかった、と心から思わせるディナーでした。

金谷リゾート箱根_0161
部屋に戻ると数分後に、ドアをノックする音。
フロントスタッフが、紅茶と箱を持ってきてくれました。

金谷リゾート箱根_0162
JOHN KANAYA 高貴な余韻に満たされて
箱を開けると、金谷リゾート名物、チョコ―レート。
ガレットショコラ、はちみつしょうが、オリーブ、カシュー、黒豆抹茶。

こうして、夕食後に金谷ホテル名物を提供するのは、鬼怒川金谷ホテルと一緒です。
おもてなしサービスとしても満足度を高め、お土産の販促としても有効と思います。

金谷リゾート箱根_0082
そして、部屋の案内に書いてあったのですが、
22時まで「おやすみ前の軽食」の注文ができます。
軽食は、無料(インクルーシブ)のサービスです。

金谷リゾート箱根_0163
フロントに内線で依頼すると、10分ほどで、届きました。

金谷リゾート箱根_0164
あたたかいとろろ蕎麦。

金谷リゾート箱根_0166
じっくり煮込んだミネストローネ。
具がたっぷりで、まるでペンネ入りのように満足感あり。

金谷リゾート箱根_0167
おつまみ盛り合わせ。
(キャビア、クラッカー、チーズ2種、生ハム、サラミ)

金谷リゾート箱根_0168
夜食を食べたあとは、部屋の露天風呂で、もうひと風呂して、

金谷リゾート箱根_0110
ベッドにもぐりこみ、就寝しました。
おやすみなさい。

金谷リゾート箱根_0169
翌朝。
快晴の箱根の山々です。

金谷リゾート箱根_0171
部屋には、新聞が届いていました。

金谷リゾート箱根_0170
部屋の温泉露天風呂で、朝風呂を。

金谷リゾート箱根_0172
朝食も、地下1階ダイニング、西洋膳所JOHN KANAYA。
夕食と同じソファー席に案内されます。

金谷リゾート箱根_0174
朝の光が差し込むダイニングです。
ダイニングの朝は、ヒーリングと琴のBGM。

金谷リゾート箱根_0173
テーブルセット。
朝食は、洋食か和食のチョイスになっていますが、今回は和食を選びました。

金谷リゾート箱根_0176
朝のジュースとして、トマト、マンゴーパッション、ブラッドオレンジの用意がありました。
最初は、トマトジュースを選びました。

金谷リゾート箱根_0175
お目覚めのハーブティー。
緑茶をベースに、オレンジフラワーとラベンダーをブレンド。

スタッフは、これを注ぎに席に来ることをきっかけにして、
テーブルをよく観察しています。

金谷リゾート箱根_0177
先付けは、温野菜。
豆乳のあんかけと、中に湯葉を仕込んでありました。
ソースは、青じそのソース。

金谷リゾート箱根_0178
飲物2杯目、ブラッドオレンジジュース。

金谷リゾート箱根_0179
料理が運ばれてきました。
相州牛の山椒風味の時雨煮、鮭の西京焼き、厚焼玉子
まぐろのづけトリュフ風味付け、茶碗蒸しフォアグラ入り、なます
小田原籠清のかまぼこ、なすの煮浸し、白身魚エビのすり身

少しずつの料理を、おしゃれに盛り付けされています。

金谷リゾート箱根_0182
ごはんは、山形産つや姫。

金谷リゾート箱根_0180
紅塗りのお椀で、

金谷リゾート箱根_0181
味噌汁の提供です。

金谷リゾート箱根_0183
デザート。
フルーツに、白ワインを使ったジュレを添えて。

金谷リゾート箱根_0184
最後に、紅茶。

金谷リゾート箱根_0187
朝食も、スタッフは夕食と同じソムリエが対応。
サービルレベルは、洗練そのものでした。

金谷リゾート箱根_0192
食後は、早々にフロントでチェックアウトしました。

このフロントもしっかりしており、よく客の様子を観察しています。
常にスタッフがいて、客の足音がすると、すくっと立ち上がり、
要件を聞きますという姿勢をしていました。

金谷リゾート箱根_0191
快晴の空の下、送迎のアルファードに乗り込み、強羅駅に向かいました。

金谷リゾート箱根_0194
強羅駅の送迎の発着場。
行きの待ち合わせ場所もこちらになります。

金谷リゾート箱根_0195
送迎の待ち合わせ場所は、強羅駅の正面ではありません。
ロープウェイ下をくぐる地下道の先が、送迎の発着場です。

金谷リゾート箱根_0199
強羅駅から、箱根登山鉄道に乗り込み帰路につきました。


金谷リゾート箱根
洗練された高級宿です。

サービスも申し分なく、設備も最新。
冷蔵庫の飲物、夜食もインクルーシブで無料。
食事は高級そのものであり、ソムリエのワインの合わせ方も絶品。
滞在中ずっと、満足した気分で過ごしていました。

金谷リゾート箱根は、ホテル的洗練サービス、部屋はベッドの洋室、
そして、浴衣無しで食事は洋服でという点から、旅館ではなく、ホテルであると言えます。
その点が、同じ金谷ホテルでも、旅館である鬼怒川金谷ホテルとの違いです。
いずれにしても、両方とも満足度は最上級です。

★「金谷リゾート箱根(KANAYA RESORT HAKONE)」(箱根/仙石原温泉) ブログ
★「金谷リゾート箱根」が好きなら、この旅館もおすすめ
 THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原(箱根/仙石原温泉)
 THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海(伊豆/熱海温泉)
 THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田(信州/軽井沢)


旅館・ホテルランキング

秋田県の 田沢湖温泉 花心亭しらはま に行ってきました。
花心亭しらはま_0377
冬の北東北3泊4日旅行の3日目です。

花心亭しらはま_0313
前日の 繋温泉 四季亭 から続き、この日は雫石駅からの出発です。

花心亭しらはま_0314
秋田新幹線こまちに乗り40分。
田沢湖駅を一度通り過ぎて、角館駅へ。

花心亭しらはま_0315
角館駅からは、1kmほど歩くと、

花心亭しらはま_0321
みちのくの小京都といわれる、趣のある武家屋敷が残っています。

入場できる武家屋敷は、青柳家と石黒家が有名です。

花心亭しらはま_0322
角館歴史村青柳家は、

花心亭しらはま_0324
公開されている敷地が広く、

花心亭しらはま_0326
甲冑や刀剣などの展示品も多くあります。

花心亭しらはま_0331
武家屋敷石黒家は、

花心亭しらはま_0332
実際に座敷に上がることができ、ガイドによる5分程度の説明があります。


青柳家と石黒家のどちらがおすすめ?違いは?という点では、
青柳家=敷地が広く、甲冑刀剣の展示物が多く、とりあえずの入場におすすめ。
石黒家=ガイドによる説明があり、実際に座敷に上がることができ、詳しく体感したいときにおすすめです。

昼食は、東京にも名前が轟いているラーメン店へ。
花心亭しらはま_0316
自家製麺伊藤。
東京にも同名店がありますが、角館のこちらが本店。
東京の各店は、親族が経営されているそうです。

花心亭しらはま_0318
角館駅からは、武家屋敷とは反対方向に1kmほど離れた場所にありますが、
店内は満席。
表には、東京のナンバーの車も駐車しており、わざわざ角館に食べに来ているようです。

花心亭しらはま_0319
肉そば780円。
ごわごわした麺は、口に入れると風味も強く、食べ応えがあります。

聞くところによると、東京の各店とは使っている麺が違うのだそうです。
(神田店のみにある、限定麺(+100円)が同じ麺だとか)

花心亭しらはま_0343
角館駅に戻り、再び秋田新幹線に乗り、

花心亭しらはま_0483
こまち1駅15分で、田沢湖駅に到着です。

花心亭しらはま_0346
改札で送迎スタッフとミートして、

花心亭しらはま_0347
花心亭しらはまの予約制の送迎に乗り込み、10分。

花心亭しらはま_0375
花心亭しらはま に到着です。

花心亭しらはま_0383
アプローチを進み、

花心亭しらはま_0399
玄関を入ると、
女将が三つ指ついてお出迎えです。

花心亭しらはま_0388
靴を脱いで、畳敷きの館内を裸足で進みます。

花心亭しらはま_0425
そのままエレベーターへと案内され、

花心亭しらはま_0370
5階へ。
鳥のさえずりのBGMの廊下を進み、

花心亭しらはま_0349
本日の部屋、515。
スタンダード和室(14畳+専用ダイニングルーム)。

花心亭しらはま_0350
踏込から、

花心亭しらはま_0351
和室14畳。

花心亭しらはま_0353
和室を反対から。

花心亭しらはま_0352
景色は、窓の外に身を乗り出して、右手側に田沢湖。
パーシャルレイクビューといったところでしょうか。

花心亭しらはま_0354
床の間の花はきれいに、

花心亭しらはま_0366
ライトアップがされています。

花心亭しらはま_0358
水回りと内風呂。

花心亭しらはま_0359
お手洗い。

花心亭しらはま_0361
冷蔵庫は空です。

花心亭しらはま_0410
案内の冊子が、漆塗り風だったり、

花心亭しらはま_0367
用意されている便箋と宿名のペンがしっかりしていたり、

花心亭しらはま_0355
内線が木の電話だったりと、
おしゃれさを感じます。

花心亭しらはま_0368
客室のほか、部屋から廊下をはさんで向かい側に、
専用のダイニングルームがあります。
食事は、ここでの提供になります。

花心亭しらはま_0348
宿帳は部屋で記入。
お茶は、仲居さんが抹茶での提供です。
お茶菓子は、宿オリジナルの和菓子と、秋田銘菓もろこし。

花心亭しらはま_0365
浴衣は各サイズが用意されており、

花心亭しらはま_0364
タオル、バスタオルは持参形式。

花心亭しらはま_0412
鍵を手に取り、大浴場に向かいます。

花心亭しらはま_0390
大浴場は1階。
男女入れ替えは無しです。

花心亭しらはま_0391
脱衣場。
ここも、鳥のさえずりBGMが流れていました。

花心亭しらはま_0393
内風呂。

花心亭しらはま_0394
洗い場。

花心亭しらはま_0395
露天風呂。

花心亭しらはま_0423
貸切家族風呂は、空いていたら入れるの無予約制。
ホワイトボードに、予定時刻を記入します。

花心亭しらはま_0420
中は、脱衣場に、

花心亭しらはま_0421
座敷がついており、子供連れに人気なのだとか。

花心亭しらはま_0422
貸切家族風呂。

花心亭しらはま_0389
ロビーラウンジには、

花心亭しらはま_0404
ライブラリーコーナーもあります。

花心亭しらはま_0372
館内には、宴会場もあり、

花心亭しらはま_0371
125畳の広さ。

花心亭しらはま_0374
また、カラオケルームもあります。
小さい旅館ですが、宴会も対応可能な旅館です。

花心亭しらはま_0382
少し外にも出てみます。
花心亭しらはま からは、すぐ横が田沢湖で、

花心亭しらはま_0379
ちょうど日没に近い時間で、田沢湖の向こうに夕日がきれいでした。



さて部屋に戻り、早々と夕食の時間となりました。
部屋に仲居さんのお出迎えのノックの音。
花心亭しらはま_0426
和装の仲居さんに、専用ダイニングルームに案内されます。

花心亭しらはま_0427
専用ダイニングルームは、テレビまである、くつろげる空間です。

花心亭しらはま_0447
空間は狭くなく、食事の進み具合をしっかりと覗けるようになっています。
廊下の鳥のさえずりBGMも流れ込んできます。

花心亭しらはま_0430
照明は薄暗くなっていました。バーの様な暗さですが、これが実は、
食事のあらが目立たなくなって、美味しそうに見えるので、良い効果かもしれません。

花心亭しらはま_0428
最初のセット。
薄暗さが、なかなか良さそうに見せます。

花心亭しらはま_0432
お品書きが無いと思いきや、この箸袋が、

花心亭しらはま_0433
開くと、おしながきになっていました。

花心亭しらはま_0431
飲物は、地ビール、田沢湖ビールで始めます。
ラベルは、アマビエ仕様。2020年に疫病退散のご利益ありの妖怪と有名になりましたね。

花心亭しらはま_0434
食前酒 自家製珈琲豆酒

本当にコーヒー味の濃いお酒。砂糖多めのコーヒーに似ていました。

花心亭しらはま_0435
通し 板谷貝サワークリーム添え

花心亭しらはま_0436
珍味 とろろ海鼠

花心亭しらはま_0442
前菜 岩魚飯寿し 男鹿の黒藻
   蕗味噌ディップ エシャレット
   スモークサーモン チコリ
   帆立つぶ貝燻製串

花心亭しらはま_0450
続いて、運ばれてきたお椀は、

花心亭しらはま_0451
御椀 巻湯葉 魚素麺
魚素麺が旨味のある麺と言うのが珍しくて美味しい。出汁も効いて旨いです。

花心亭しらはま_0443
造り 旬魚彩々 盛込み

平目、牡丹海老、トロサーモンでした。

花心亭しらはま_0414
続いての飲物はと、ドリンクメニューを見てみると、比較的リーズナブルな品揃え。
ドリンクメニュー1/4。

花心亭しらはま_0416
ドリンクメニュー2/4。

花心亭しらはま_0417
梅酒の種類が多いです。女将のセレクトでしょうか。
ドリンクメニュー3/4。

花心亭しらはま_0418
ドリンクメニュー4/4。

花心亭しらはま_0454
飲物は、秋田の地酒、雪の茅舎 にすすみました。
おしゃれな提供の仕方です。

花心亭しらはま_0452
蓋物は、器まで熱々での提供。

花心亭しらはま_0453
蓋物 京芋そぼろ煮

花心亭しらはま_0455
焼肴は、なぜかフイルムに包まれての提供。

花心亭しらはま_0456
焼肴 鰈素焼き

花心亭しらはま_0458
台物 秋田錦牛陶板焼き

A5ランクの秋田錦和牛。コンロに火が入ります。

花心亭しらはま_0459
焼き上がりを自家製ごまダレにつけて。
脂がとろけるように柔らかい、とても美味しい肉でした。

花心亭しらはま_0462
追加の飲物は、梅酒 梅まんさく をソーダ割りで。

花心亭しらはま_0460
鍋 比内地鶏入りきりたんぽ鍋

比内地鶏と、卵はきんかんが入っていました。

花心亭しらはま_0463
最後の御飯は、

花心亭しらはま_0464
食事 山菜炊込み御飯
   自家製お漬物
   本日のお味噌汁

なめこの味噌汁、山菜おこわという山の幸。

花心亭しらはま_0465
水菓子 季節の果物

ぶとうとみかん、シャーベットでした。

夕食は、専用ダイニングルームであることもあり、居心地がいいです。
料理も美味しい。決して最高級ではないはずなのに、
とても満足した気持ちにさせられます。
仲居さんも慣れてるベテラン。
ちょうど食事がすすんだタイミングで、次の料理が出て来ました。

花心亭しらはま_0466
部屋に戻れば、夕食中に布団が敷かれていました。

花心亭しらはま_0469
替えの浴衣も用意されていました。
案内が木札に筆文字というのも、いいですね。

早々に就寝。おやすみなさい。



花心亭しらはま_0479
翌朝。
山の天気らしい曇り空です。

朝食は7時にしていましたが、
ちょうど部屋をノックする音。準備ができたようです。

花心亭しらはま_0470
朝食も、専用ダイニングにて。

花心亭しらはま_0472
茶碗蒸しと御飯味噌汁が出てきて、
全部そろいました。

花心亭しらはま_0473
蓋を開けて、朝食全部。
秋田名物いぶりがっこもありました。

右手の封筒には、
花心亭しらはま_0474
海苔が入っていました。

花心亭しらはま_0475
ヤマメは、炙っていただきます。

花心亭しらはま_0476
ごはんは、ジャーでの提供。

花心亭しらはま_0478
もちろん、全部頂きました。

食後は、早々に支度を整え、
花心亭しらはま_0401
お土産処で、秋田土産を調達して、

花心亭しらはま_0400
食後は早々にフロントでチェックアウト。

花心亭しらはま_0482
田沢湖駅まで送迎してもらい、

花心亭しらはま_0487
東京行きの秋田新幹線こまちで帰路につきました。


花心亭しらはま
居心地のいい和旅館です。
設備も食事もサービスも、ちょうど心地よい塩梅になっています。

仲居さんも慣れてるベテラン。
付かず離れず、良いタイミングで次が出てきます。
料理も美味しい。決して最高級ではないはずに、
とても満足した気持ちにさせられます。

こういった旅館は、目が行き届いている経営者がいるはずです。
きっと、女将がしっかりしているのでしょう。


★「花心亭しらはま」(東北/田沢湖温泉) ブログ
★「花心亭しらはま」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「おとぎの宿米屋」(東北/須賀川温泉)
 「奈良偲の里 玉翠」(伊豆/熱川温泉)
 「松濤館」(伊豆/三津温泉)
 「ホテル洲の崎 風の抄」(房総/たてやま温泉郷)
 「庄川温泉風流味道座敷ゆめつづり」(北陸/庄川温泉)


旅館・ホテルランキング

↑このページのトップヘ