いい旅館訪問記 旅館マニアによる高級旅館のおすすめ

東京在住の旅館マニアが、口コミ・ランキングに頼らない現地情報を紹介するブログ。 「その旅館が好きなら、この旅館もおすすめ」というリンクも紹介中。 住まいから関東が中心になると思います。

群馬県の 草津温泉 望雲 に行ってきました。
草津温泉望雲_0099
雪の降りはじめの季節、にっぽんの温泉100選で18年連続1位の草津温泉への訪問です。

草津温泉望雲_0020
上野駅から特急草津に乗り込みます

草津温泉望雲_0023
上野駅から約2時間20分で終点、長野原草津口駅に到着です。
7両編成の6-7割乗車という、多くの人数がぞろぞろと下車します。

草津温泉望雲_0024
長野原草津口駅からは、JRバスの急行草津温泉行きに乗り換えます。

草津温泉望雲_0025
乗客が多く、満員で乗れないのでは、と心配していましたが、
駅前には7台のバスが待機しており、
乗り込み終えたら、1台ずつ定刻を待たずに発車のスタイル。
乗客がいなくなるまで臨時便を出すそうで、乗れないという心配はなさそうです。

草津温泉望雲_0027
長野原草津口駅から約20分、草津温泉バスターミナルに到着。

草津温泉望雲_0028
草津温泉バスターミナルから坂道を3,4分下ったところが、
草津の中心地、湯畑です。

草津温泉望雲_0032
湯畑は、写真を撮る観光客がたくさん。

草津温泉望雲_0037
昼食は、湯畑から通りを少し入ったところにある、
湯川テラスにて。

草津温泉望雲_0038
湯川テラスは、老舗旅館の奈良屋が2020年にオープンさせた姉妹館。
泊まれるレストラン&カフェということで、2室の温泉付客室とあるそうです。

草津温泉望雲_0045
ここで頂いたのが、
上州牛といくらのぜいたくひつまぶし(3,000円税別)。

草津温泉望雲_0046
お椀によそって、薬味と出汁をかけて、掻き込んで頂きます。
草津温泉には珍しい、ゆったりとできるカフェ空間でした。

草津温泉望雲_0033
湯畑から西の河原通りに入り、

草津温泉望雲_0047
途中、分岐する坂を上っていくと、

草津温泉望雲_0048
望雲の看板がお出迎えです。

草津温泉望雲_0101
坂を上りきって、建物が姿を表しました。

草津温泉望雲_0099
草津温泉 望雲 に到着です。

草津温泉望雲_0095
玄関を入って靴を脱ぎ、
フロントで宿帳に記入してチェックイン。

草津温泉望雲_0094
ロビーラウンジで少し待ち、

草津温泉望雲_0091
部屋に案内されます。

草津温泉望雲_0092
本館を進み、

草津温泉望雲_0093
新館である松雲庵を進みます。

草津温泉望雲_0171
部屋の前の廊下と、障子を挟んで吹き抜け空間となっており、
廊下特有の閉塞感が無いような構造になっています。

草津温泉望雲_0049
本日の部屋はこちら。
松雲庵客室12.5畳+6畳。1階 泉水4。

草津温泉望雲_0050
踏込から、

草津温泉望雲_0051
和室12.5畳。

草津温泉望雲_0052
和室を反対から。
入口のふすまが2つあるのは、
左側は、部屋食のときにスタッフが出入りする入口です。

草津温泉望雲_0053
広縁と、その先にテラス。

草津温泉望雲_0055
1階のみテラスがありますが、景色はありません。

草津温泉望雲_0054
冷蔵庫には、ぐんまちゃんマークの尾瀬のおいしい水。

草津温泉望雲_0056
水回りと、

草津温泉望雲_0057
お手洗い。

草津温泉望雲_0058
内風呂。

草津温泉望雲_0059
浴衣と、外出用のコート。
バスタオルは大浴場に持参です。

草津温泉望雲_0071
お茶菓子は、田島屋のくるみ味噌餡饅頭です。

ちなみに、他の部屋タイプを見させてもらったところ、
草津温泉望雲_0060
【雲松庵露天風呂付客室】
部屋のサイズと設備は、雲松庵客室と同じで、

草津温泉望雲_0062
【雲松庵露天風呂付客室】には、露天風呂があるのみが違いです。
露天風呂からは、景色は無く、

草津温泉望雲_0102
外から見ると、この辺りに立地しています。

草津温泉望雲_0068
【本館和室】踏込から、

草津温泉望雲_0066
【本館和室】10畳。

草津温泉望雲_0067
【本館和室】水回り。

新館雲松庵と本館の違いは、
建物の古さによる差があります。
水回りは雲松庵増築のタイミングでリニューアルされているので同設備です。

雲松庵と本館では、料理内容も違うようで、
高級旅館を求めるなら、雲松庵なのだそうです。
実際、JTBや一休.comでは、雲松庵のみを取扱しています。

草津温泉望雲_0105
建物を外から見ると、
雲松庵は、ガラス張りの現代風建築。

草津温泉望雲_0106
本館は、昔ながらの和旅館風建築になっています。

草津温泉望雲_0072
では、部屋に戻り、
鍵とバスタオルを手に取り、

草津温泉望雲_0073
大浴場へと向かいます。

草津温泉望雲_0074
エレベーターを利用して、

草津温泉望雲_0076
2階へと上がります。

草津温泉望雲_0090
吹き抜け横の廊下を進み、

草津温泉望雲_0078
大浴場。西の湯と、万代の湯。
源泉の異なる2つの湯を楽しむことができます。

草津温泉望雲_0081
西の湯 脱衣場。

草津温泉望雲_0080
タオルは完備。

草津温泉望雲_0082
西の湯 内風呂と、

草津温泉望雲_0083
西の湯 露天風呂。
草津温泉西の河原露天風呂と同じ源泉なので、透明の湯。
しかし、強酸性なので、舐めると酸っぱい温泉です。

草津温泉望雲_0087
万代の湯 脱衣場。

草津温泉望雲_0088
こちらも、タオルは完備。

草津温泉望雲_0085
万代の湯 内風呂と、

草津温泉望雲_0089
万代の湯 露天風呂。
本白根山の奥深く源泉で、湯畑のように、硫黄の臭いが強い温泉です。
入ると肌がピリピリと感じる強酸性。
殺菌・抗炎症作用に優れているそうです。

草津温泉望雲_0064
風呂上がりには、雲松庵3階にある談話室へ。

草津温泉望雲_0065
コーヒーを飲みながら、読書にふけることができます。


あっという間に、夕食時間の18時となり、部屋に戻ります。
草津温泉望雲_0118
夕食は部屋食。
準備が進められて、最初のセットが完了。

草津温泉望雲_0119
お品書き。

草津温泉望雲_0120
食前酒 ~女将のおすすめ~ 華ぷらむ

草津温泉望雲_0121
先付 鮑共肝和え
   鮟肝時雨煮
   鱈白子ぽん酢

草津温泉望雲_0131
飲み物は、群馬の地ビール KAWABA ではじめます。

草津温泉望雲_0122
竹筒の器の中には、

草津温泉望雲_0123
御造里 車海老 平目
    ギンヒカリ 帆立貝

草津温泉望雲_0125
続いて、蓋付きの器で提供されたのは、

草津温泉望雲_0126
煮物 海老芋含め煮
   鰤つみれ 下仁田葱

草津温泉望雲_0124
追加の飲物は、望雲オリジナル冷酒を。
酒蔵は、群馬県吉岡町の柴崎酒造です。

草津温泉望雲_0127
続いて、杉板焼が来ました。
こういう形での提供は、感じがいいですね。

草津温泉望雲_0128
焼物 サーモン杉板焼 炭牛蒡
   赤城鶏柚庵焼

草津温泉望雲_0129
鍋物 すき鍋
    和牛 上州もち豚
コンロに火が入り、

草津温泉望雲_0132
火が通った和牛から、溶き卵につけて頂きます。

草津温泉望雲_0133
強肴 鰆と牡蠣の霙餡

草津温泉望雲_0134
最後に、御飯の到着。

草津温泉望雲_0135
御 飯 白飯(信州産コシヒカリ五郎兵衛米)
留め椀 清汁仕立
香の物 三種盛り

草津温泉望雲_0136
水菓子 苺 メロン
    金時芋プリン

夕食は、ちょうどいい塩梅。
食事内容は、宿全体の印象とマッチしているレベルの高級感。
飛び抜けてはいないけれども、工夫を感じて過不足ない印象です。

草津温泉望雲_0137
食後は、温泉街に散策に出てみます。

草津温泉望雲_0147
玄関で借りる外履きは、
滑るからと、下駄でも雪駄でもなく、スノーブーツでした。

草津温泉望雲_0138
望雲の坂を下りて、湯畑に向かいます。

草津温泉望雲_0139
湯畑はライトアップされており、
周囲の土産店やラーメン屋もオープンしていて、人も多め。

草津温泉望雲_0142
見渡すと、草津温泉の客は意外にも、若い人が多いように感じました。

草津温泉望雲_0143
立ち寄ったのは、湯畑の横にある熱乃湯。

草津温泉望雲_0144
ここでは、温泉らくご というものが開催されていました。

草津温泉望雲_0145
日中は湯もみショーで使われる施設も、夜は遊休資産。
そこに、落語家を呼んで、20時から毎日公演をしているとのことです。

落語45分・1,000円。温泉滞在の珍しい楽しみ方として良いですね。

草津温泉望雲_0149
落語を聞いた後は、部屋に戻り、
早々に、望雲のマークのシーツにくるまれた布団にもぐり込みます。

草津温泉望雲_0150
おやすみなさい。



草津温泉望雲_0151
翌朝。
雪の降る朝です。

草津温泉望雲_0161
7時半の朝食は、内線でお呼びします、とのことでしたので待っていると、
7-8分くらい前に掛かってきました。

草津温泉望雲_0173
朝食は、個室お食事処「雪嶺」に出向きます。

草津温泉望雲_0158
昔の宴会場を改装した食事処は、左右に個室があり、

草津温泉望雲_0152
今朝の席はこちら。

草津温泉望雲_0153
デザイン照明が照らす、余裕を感じる空間です。

草津温泉望雲_0154
朝食のセットは完了済。さすが、内線呼び出し方式。
温かいものはは温かく、冷たいものは冷たく。
コンロのおでんも、グツグツと煮たっています。
内線呼び出し方式も、食事をベストの瞬間で用意できるので、よい手段かもしれませんね。

草津温泉望雲_0155
ふたを開けて、頂きます。

草津温泉望雲_0156
ご飯は、ジャーのようなおひつでの提供。

草津温泉望雲_0157
もちろん、全部いただきました。

草津温泉望雲_0160
食後は、朝風呂へ。
大浴場は、夜間に男女入れ替えとなっており、
朝は、遊山の湯。

草津温泉望雲_0178
遊山の湯 脱衣場。

草津温泉望雲_0180
遊山の湯 内風呂。
左が万代鉱源泉、右が西の河原源泉と、両方の源泉を楽しめます。

草津温泉望雲_0179
遊山の湯 洗い場。

草津温泉望雲_0181
遊山の湯 露天風呂は、西の河原源泉です。

草津温泉望雲_0109
チェックアウト前には、お土産を。
お土産は、望雲のフロント横のお土産処で調達もできますが、

草津温泉望雲_0165
草津温泉土産におすすめは、望雲の坂を下ったところにある、

草津温泉望雲_0166
松むら饅頭。

草津温泉望雲_0110
草津の温泉饅頭で、ここが一番美味しいと思っています。

草津温泉望雲_0111
少し粒を残したこしあんは、饅頭を割っても千切れないほどのしっとりさ。
皮までしっとりで、口どけなめらか。饅頭特有ののどに詰まる感じが全くありません。
賞味期限が4日と短いことも納得の品質です。

草津温泉望雲_0170
望雲に戻り、フロントでチェックアウト。

10時ギリギリまで滞在する客が多いように見受けられました。
やはり、草津温泉は泉質が日本随一なので、何度も温泉に入りたくなるのでしょう。

草津温泉望雲_0168
玄関にずらっと並べられた靴から探し出し、

草津温泉望雲_0162
送迎でバスターミナルまで送ってもらいます。

草津温泉望雲_0182
草津温泉バスターミナルからは、
再びJRバスに乗り込み20分余り。

草津温泉望雲_0184
長野原草津口駅から東京への帰路につきました。


草津温泉 望雲
機能的で、掃除もすみずみまで行き届いていて、
洗練ではないけれど、快適な滞在のできる宿です。

草津温泉は、温泉としては日本一と言えますが、意外にも高級旅館は少なめ。
そのなかで、草津温泉望雲は、おすすめと言えます。

望雲には、雲松庵と本館がありますが、
高級旅館を求めるなら、雲松庵を予約しましょう。

雲松庵と本館の違いは、建物の古さによる差があるほか、
雲松庵と本館では、料理内容も違うようで、
実際、JTBや一休.comでは、雲松庵のみを取扱しています。


★「草津温泉 望雲」(群馬/草津温泉) ブログ
 「草津温泉 望雲」が好きなら、この宿もおすすめ
 「お宿玉樹」(群馬/伊香保温泉)
 「四季の宿みちのく庵」(東北/鎌先温泉)
 「庄川温泉風流味道座敷ゆめつづり」(北陸/庄川温泉)


旅館・ホテルランキング

北海道の 支笏湖第一寶亭留 翠山亭 に行って来ました。
支笏湖第一寶亭留翠山亭_0281
第一寶亭留グループに連泊する、2泊3日の北海道旅行の2日目です。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0225
フラノ寶亭留から続き、この日は富良野駅からのスタート。
富良野駅から根室本線で約1時間。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0231
滝川駅で特急カムイに乗り換え、50分あまり。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0235
札幌駅に到着です。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0236
昼食は、駅ビル群の一つである札幌エスタの10階にある、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0237
ラーメン共和国へ。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0239
入り口すぐにある店、吉山商店で、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0240
焙煎ごまみそラーメン850円。
札幌ラーメンらしい味噌ラーメン、黄色いちぢれ麺のラーメンでした。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0245
札幌駅から、快速エアポートに乗り、30分。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0248
千歳駅に到着です。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0249
千歳駅からは、1日1便 14時発の宿送迎に乗り込みます。

林間の道を飛ばして30分。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0281
支笏湖第一寶亭留 翠山亭に到着です。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0285
掲げられた翠山亭の看板がお出迎え。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0284
玄関を入り、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0364
小さなイステーブルの帳場の前を通り抜け、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0297
ロビーにて、チェックイン。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0250
宿帳に記入します。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0251
お茶菓子に、和三盆のおひがし の提供。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0365
ここで、食事時間の確認と、各種案内、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0366
滞在の楽しみ方の案内書面を渡されます。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0270
それでは、部屋に案内されます。
階段を一つ上り、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0253
本日の部屋、211。
デラックスツインルーム。

廊下はヒーリングミュージックのBGMが流れていました。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0254
ドアを開けて、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0255
洋室。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0256
洋室を反対から。バスルームが丸見えです。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0257
窓からの景色は、林の先に支笏湖です。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0260
バスルームと水回り、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0261
お手洗い。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0262
館内着は、作務衣と、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0266
羽織。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0258
部屋にも茶菓子が置いてあり、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0312
翠山亭のきんつば。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0264
コーヒーメーカーも用意されています。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0263
冷蔵庫には、コーヒーメーカー用のミネラルウォーター。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0323
では、鍵を手に取り、大浴場に向かいます。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0271
地下1階の大浴場は、男女入れ替えなし。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0272
脱衣場。
床暖房が入っています。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0278
洗面台。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0273
内風呂と、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0277
洗い場。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0276
サウナもあります。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0275
露天風呂は、支笏湖側の林に向いており、石風呂と、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0274
寝湯がありました。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0267
風呂上がりには、2階サロンで一休み。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0268
サロンには、コーヒーやお茶と、書物が用意されています。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0393
外にも出てみます。
玄関で雪駄を借りて。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0282
宿の敷地を出ると、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0288
支笏湖温泉街。
駐車場を挟んで、右は鶴雅リゾート水の謌、左は鶴雅別荘碧の座。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0292
湖畔の林まで出ると、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0291
湖畔の林に、支笏湖温泉第一寶亭留の部屋が面していることがわかります。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0289
支笏湖のマップはこちら。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0293
支笏湖畔。
支笏湖は想像以上に広い湖でした。雲の影響もありますが、対岸がほとんど見えません。
左側には、山の辺でしょうか。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0313
山の天気は変わりやすく、
夕暮れに再び湖畔に行くと、対岸がみえるようになっていました。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0314
翠山亭に戻り、1階ラウンジ へ。
17時からは、コーヒーが用意されます。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0315
コーヒーメーカーと玄米茶、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0322
そして、自家製水ゼリーのサービス。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0318
水ゼリーは、黒蜜、きなこを掛けることでくず餅風ですが、
確かにゼリーの甘さがありました。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0324


そうこうしているうちに、すっかり暗くなり、
夕食の時間となりました。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0325
夕食は、地下1階 苔庵(たいあん)。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0326
苔庵は、さまざまなタイプの席が用意されており、
カウンター席のエリアと、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0327
個室食事処のエリアがありました。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0328
個室食事処の形も、さまざまのタイプになっており、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0329
案内された個室食事処はこちら。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0330
2~3人用の小さな個室です。
BGMは、ジャズ風のピアノ。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0351
扉の横の隙間から、しっかりと食事の進み具合の様子をうかがってくれていました。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0332
最初のセット。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0333
お品書き。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0335
スタッフは、旅館らしく和服の仲居さんスタイル。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0336
最初の飲物は、サッポロクラシック生ではじめます。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0340
先付け 柿・花びら茸ぜりー寄せ
    白和えきゃびあのせ

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0337
前菜は、漆箱に木蓋での提供。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0339
前菜 湯葉 銀杏松葉 鮭とば白子和え
   いちじく天婦羅・胡麻酢 烏賊紅葉
   かます柚香きのこ巻き 栗甘露

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0349
お造里 市場より 芽妻一式 山葵
牡丹海老とズワイガニ、ツブ貝、ブリ、マグロ。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0350
お品書き外の、調理長からの一品。
倶知安産のジャガイモ540。540日間土に寝かしたもので甘い芋。
バター醤油ソースが味濃く、じゃかいもにマッチしていました。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0352
続いて、蓋付きの器で出てきたのは、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0353
煮物 蕪含め煮 菊花餡掛け

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0354
次の飲み物は、飲み比べ利き酒3種セットを、北海道の地酒で注文しました。
国士無双DRY、まる田に、鰊御殿が品切れで代わりに千歳鶴の大吟醸が来ました。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0342
飲み物は、ベーシックなものから、日本人各種、ワイン各種と種類が豊富です。
ドリンクメニュー1/7

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0343
ドリンクメニュー2/7

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0344
ドリンクメニュー3/7

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0345
ドリンクメニュー4/7

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0346
ドリンクメニュー5/7

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0347
ドリンクメニュー6/7

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0348
ドリンクメニュー7/7

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0355
揚げ物 北寄利休変わり揚げ
    あおさ入り旨出汁
黒胡麻と揚げられた北寄貝は、さくさくして美味しい。
出汁も旨く、無作法ながら飲み干してしまいました。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0356
酢の物 帆立炙り 蛇腹胡瓜 酢取り茗荷
    ぽん酢じゅれ掛け

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0357
強肴 びほろ黒牛ろーす 焼野菜
   赤わいんそーす
到着した瞬間から、肉とブラックペッパーの香りが広がり、嬉しくなります。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0358
最後のご飯は、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0359
食事 自社ぶれんど米
   ゆめぴりか ふっくりんご
味噌汁 香の物 豆鉢

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0360
食後本日の一品

夕食は、美味しい会席料理でした。
高級な食事で、満足度も高いです。
仲居さんも丁寧なサービス対応でした。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0361
デザートと一緒に、夜食にと、いなり寿司を頂きました。
部屋に持ち帰り食べることとします。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0370
夕食後は、貸切露天風呂へ。

有料、予約制の貸切露天風呂は、
昔の客室をリニューアルした空間のようです。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0371
ドアを開けると、リビングスペースと、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0372
洗い場と、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0373
檜の露天風呂になっています。

方角は湖と反対側で、眺望はありません。
露天風呂付ツインルームも、
同じ広さの空間、同じ形の露天風呂、同じ向きであるとのことです。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0374
冷蔵庫には、風呂上がり用のラムネが用意されていました。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0375
なつかしの味、ラムネを一本いただきます。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0386
風呂上がりには、
2階サロンで、本を読みながら一休みして。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0379
21時にOPENする、1階レイクバーへ。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0381
シックでオシャレなバー空間です。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0382
頂いたのは、支笏湖ハイボールと、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0383
キウイの果実酒。

レイクバーの飲物代は、宿泊プランにインクルーシブでした。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0387
部屋に戻り、夜食のいなり寿司をさっと食べて、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0388
ベットにもぐり込みました。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0389
おやすみなさい。



支笏湖第一寶亭留翠山亭_0391
翌朝。
晴れた山の朝です。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0394
湖畔に歩いて出てみると、対岸の山が顔を出していました。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0401
朝食に向かいます。
朝食は、草庵(そうあん)。
苔庵と同じ入り口から、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0403
階段を上ります。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0405
部屋番号を伝えて、席に案内されます。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0409
ドリンクは、カウンターからセルフで取るスタイル。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0410
牛乳、トマトジュースとグリーンスムージーに、フルーツがありました。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0408
料理が運ばれてきました。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0411
料理は朝食らしい和食。量も多いです。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0412
生卵と紙カップ納豆は、高級旅館としては蛇足の感がありますが。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0419
焼き物は、大きな火鉢とともにセット。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0416
魚は、ひめますと、半身のひめほっけ。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0415
ご飯はおひつでの提供で、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0417
もちろん全部頂きました。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0420
朝食後は、1階ラウンジへ。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0421
朝には、水出し珈琲と、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0424
9時からは、焼き立てのパンの提供があります。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0423
支笏湖ビューで、水出し珈琲を飲みながら、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0425
焼き立てのクロワッサン、チョコデニッシュを頂きました。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0426
宿の送迎は11時発千歳駅行きがありますが、
この日は、少し早めの飛行機を予約していたため、路線バスで帰ることにしました。

フロントでチェックアウト。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0427
支笏湖バス停へは歩いても3分ですが、送迎車で送ってくれました。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0428
支笏湖温泉の中心街は、旅館といくつかの土産店がある小さな街でした。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0430
支笏湖バス停から新千歳空港行きの路線バスに乗り、

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0431
1時間弱で、新千歳空港に到着。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0432
新千歳空港では、名物「コーンぱん」を入手に向かいます。
美瑛選果 新千歳空港店。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0434
2階のここにあります。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0438
入手困難の、コーンぱん。
この日は並ばず・待たずに入手することができました。

甘い香りが箱からあふれ出しています。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0440
コーンぱん開封。小ぶりのやわらかいパンが5個入り。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0442
中には、コーンがぎっしり。
噛むとコーンの甘みが口のなかに広がります。
しっとりしたパンなので、乾燥しないうちに早めの賞味が吉。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0441
JALサクララウンジで、ビールと一緒に昼食としました。

支笏湖第一寶亭留翠山亭_0443
JAL便に乗り込み、羽田空港への帰路につきました。


支笏湖第一寶亭留 翠山亭
いい宿です。門構えや料理、サービススタッフは旅館で、
宿泊部屋はリゾートホテル、といったところでしょうか。

滞在中のシーンごとに、コーヒー、お菓子や焼きたてパン、バーのサービスが用意されており、
滞在を楽しむ、という感にさせられます。
しかも、大型旅館ではないので、騒がしくもありません。
食事も美味しい。

同じ第一寶亭留グループでは、フラノ寶亭留の方が1ランク上ではあります。料理やオールインクルーシブの内容など。
ですが、旅館というものを求めるなら、支笏湖第一寶亭留 翠山亭がマッチしています。

★支笏湖第一寶亭留 翠山亭(北海道/支笏湖温泉) ブログ
★支笏湖第一寶亭留 翠山亭が好きなら、この旅館もおすすめ
 「竹泉荘 Mt.Zao Onsen Resort & Spa」(東北/遠刈田温泉)
 「明神館」(信州/扉温泉)
 「藤井荘」(信州/山田温泉)


旅館・ホテルランキング

↑このページのトップヘ