いい旅館訪問記 旅館マニアによる高級旅館のおすすめブログ

東京在住の旅館マニアが、口コミ・ランキングに頼らない現地情報を紹介するブログ。 「その旅館が好きなら、この旅館もおすすめ」というリンクも紹介中。 住まいから関東の温泉宿が中心になると思います。

栃木県の 鬼怒川温泉 山楽 に行ってきました。
鬼怒川山楽_0085
鬼怒川山楽は、全室が74㎡以上という贅沢な設備の旅館です。

鬼怒川山楽_0020
東京からは、北千住駅より東武特急で約2時間。

鬼怒川山楽_0026
鬼怒川温泉駅に到着です。
到着前に宿に電話をして、送迎をお願いしました。
改札前には、お迎えの宿のスタッフはおらず、

鬼怒川山楽_0027
ロータリーのはじに、鬼怒川山楽のスーツ姿のスタッフを発見。
送迎車に乗り込みます。

鬼怒川山楽_0080
2分ほどで、鬼怒川山楽に到着。

鬼怒川山楽_0109
仲居さんに案内されて、玄関を入ります。

鬼怒川山楽_0076
自動ドアを通り、

鬼怒川山楽_0074
鬼怒川山楽のシンボルであるエントランスを進みます。

鬼怒川山楽_0072
フロントにてチェックイン。

鬼怒川山楽_0028
はじめに、ロビーに案内されます。
館内にはオルゴールのBGM。

鬼怒川山楽_0029
ここで、干菓子と抹茶の提供。
サービススタッフは、典型的な着物の中居さん。
若いスタッフが中心の様です。

鬼怒川山楽_0087
女性には、おしゃれ浴衣&はんてんの無料レンタルがあります。

鬼怒川山楽_0069
それでは部屋に案内されます。
ロビー階(3階)から、エレベーターに乗り込み、

鬼怒川山楽_0056
最上階の11階へ。

鬼怒川山楽_0054
廊下を進み、

鬼怒川山楽_0053
本日の部屋、1102。
和室 本間10畳+前室6畳+次の間6畳 74㎡。

鬼怒川山楽_0032
踏込から、

鬼怒川山楽_0033
前室。

鬼怒川山楽_0034
本間10畳。

鬼怒川山楽_0048
部屋でも、煎茶と菓子が提供されます。

鬼怒川山楽_0035
本間を反対から。
輪島塗の家具が洗練さを感じさせます。

鬼怒川山楽_0036
隣は、次の間6畳。
あらかじめ布団が敷かれていました。

鬼怒川山楽_0051
縁側からの景色は、鬼怒川と鬼怒川温泉街。

鬼怒川山楽_0045
冷蔵庫は空で、インスタントコーヒーの用意。

鬼怒川山楽_0037
水回りと内風呂。

鬼怒川山楽_0043
お手洗い。

鬼怒川山楽_0046
それでは、浴衣に着替えて、

鬼怒川山楽_0049
鍵を手に取り、大浴場に向かいます。

鬼怒川山楽_0066
大浴場は1階。

鬼怒川山楽_0065
男女の入れ替えは無しです。

鬼怒川山楽_0058
脱衣場。
タオル、バスタオル完備。

鬼怒川山楽_0060
内風呂。

鬼怒川山楽_0064
洗い場。

鬼怒川山楽_0061
サウナもあります。

鬼怒川山楽_0062
露天風呂は、鬼怒川ビュー。

鬼怒川山楽_0115
湯上がりには、ワンドリンクのサービスがあります。
普段は、1階大浴場前の湯上がり処での提供ですが、

鬼怒川山楽_0107
コロナ対策で、いまは3階ロビーでの提供。

鬼怒川山楽_0106
ドリンクは、ビール・ゆずジュース・ウーロン茶から選べます。
ビールを、お茶請けとともに頂きました。

鬼怒川山楽_0090
2階のコーヒーラウンジでは、
午後と朝に、セルフサービスでコーヒー紅茶の用意。

鬼怒川山楽_0089
紅茶を一杯頂きました。

鬼怒川山楽_0113
館内は大型・中型旅館らしく、88畳の宴会場と、

鬼怒川山楽_0104
二次会処としてのバー&カラオケがあります。

鬼怒川山楽_0075
外に散策するときは、玄関で下駄に履き替えます。

鬼怒川山楽_0077
鬼怒川山楽のレンタサイクル。
玄関に置いてある自転車は、空いていれば自由に借りることができます。


ちなみに、鬼怒川山楽の他の部屋タイプは、
鬼怒川山楽_0100
【和洋室】広さは和室と同じ74㎡。洋室空間と、

鬼怒川山楽_0101
【和洋室】和室空間。
鬼怒川山楽は、和室=11~7階、和洋室=6,5階になっています。

鬼怒川山楽_0121
【貴賓室】本間15畳+次の間10畳+前室6畳+眺望檜風呂 130㎡。

鬼怒川山楽_0092
【貴賓室】本間15畳。

鬼怒川山楽_0094
【貴賓室】次の間10畳。

鬼怒川山楽_0097
【貴賓室】水回り。

鬼怒川山楽_0095
【貴賓室】貴賓室は、眺望檜風呂(沸かし湯)がある他は、
部屋数が多くて広いだけで、設備グレードは基本的に和室と同じです。

鬼怒川温泉山楽の部屋タイプは、
 和室 本間10畳+前室6畳+次の間6畳 74㎡
 和洋室 洋間ツイン+和室8畳 74㎡
 貴賓室 本間15畳+次の間10畳+前室6畳+眺望露天風呂 130㎡
 ロイヤルスイート 洋間×2 130㎡
の4タイプと、部屋タイプは少なくシンプルです。


さて、夕食の時間となりました。
鬼怒川山楽_0110
夕食会場は、お食事処 桜燻楽(おぐら) の場合もありますが、
今日は部屋食での提供でした。

鬼怒川山楽_0125
最初の料理がセットされます。

鬼怒川山楽_0128
お品書き。

鬼怒川山楽_0126
飲物はビールで始めます。
おしゃれな陶器のグラスでの提供です。

鬼怒川山楽_0116
鬼怒川山楽のドリンクメニュー1/6。

鬼怒川山楽_0117
ドリンクメニュー2/6。

鬼怒川山楽_0118
ドリンクメニュー3/6。

鬼怒川山楽_0119
ドリンクメニュー4/6。

鬼怒川山楽_0120
ドリンクメニュー5/6。

鬼怒川山楽_0129
食前酒

鬼怒川山楽_0130
前菜 胡麻ういろう
   芹浸し
   鳥チーズ
   穴子寿司
   烏賊塩辛
   むかご石垣

中型大型高級旅館らしい前菜です。

鬼怒川山楽_0131
碗 桜海老土瓶蒸し

椀ではなく、石へんの碗。火にかけた土瓶蒸しでの提供。

鬼怒川山楽_0133
煮立った土瓶には、桜海老が舞います。

鬼怒川山楽_0134
続いて竹筒で出てきたのは、

鬼怒川山楽_0135
差味 三種盛り
   本鮪 鮃 他あしらい一式

山あいの鬼怒川温泉でありながら、みずみずしい刺身の提供です。

鬼怒川山楽_0136
台物 栃木産牛陶板焼
    丸十 白美人 ブロッコリー

鬼怒川山楽_0137
白美人とは、那須で取れる、市場に出回らない貴重なネギ。
肉はやわらかくてうまうま。

鬼怒川山楽_0139
蓋物 百合根万頭
    蟹あんかけ

鬼怒川山楽_0140
あたたかい百合根万頭に添えられているのは、
炭蓮根。鉄と一緒に煮込むことで酸化させた黒いレンコンです。

鬼怒川山楽_0142
続いて、台に載せられて提供されたのが、

鬼怒川山楽_0143
焼物 鰆金山寺味噌

鬼怒川山楽_0144
留肴 鮟鱇竜田揚物
   海老唐揚
   若芽麺

あんこうは、鬼怒川温泉のある栃木県の隣、茨城県が名産地。
竜田揚げが美味しいです。

鬼怒川山楽_0145
最後は、お食事。

鬼怒川山楽_0146
留椀 赤出汁
食事 白飯 香の物 飯の供

鬼怒川山楽_0147
御飯は、一人前の釜炊きでの提供。

鬼怒川山楽_0148
もちろん、残さず頂きました。

鬼怒川山楽_0149
水菓子旬の果実と甘味

鬼怒川山楽の夕食は、大型・中型高級旅館らしい食事内容でした。
品数も多く、美味しくて満足です。

鬼怒川山楽_0153
夕食後は、もみほぐし処で足つぼマッサージ。

鬼怒川山楽_0150
部屋に戻れば、そのまま布団にもぐりこみました。

鬼怒川山楽_0152
おやすみなさい。


翌朝。
鬼怒川山楽_0154
曇り空の鬼怒川温泉街です。
部屋には、ドアの下を通して、朝日新聞が届いていました。

鬼怒川山楽_0166
朝食も部屋食です。
指定した時間の少し前に、中居さんが準備に来て、セッティング完了。

鬼怒川山楽_0167
長芋を摺り下ろして揚げた、黄金揚げ。焼鮭。

鬼怒川山楽_0168
籠には、サラダ、玉子焼き、納豆、なめたけ。

少し華やかさのある、旅館の朝食らしい和食でした。

鬼怒川山楽_0179
朝食後には、
2階コーヒーラウンジで、鬼怒川温泉ふれあい橋をみながら、
オレンジジュースを一杯頂きました。

鬼怒川山楽_0086
3階ロビー横にある、お土産処 苑楽 にてお土産を調達し、

鬼怒川山楽_0178
フロントでチェックアウト。

鬼怒川山楽_0176
鬼怒川温泉駅まで送迎してもらいました。

鬼怒川山楽_0180
鬼怒川温泉からは、復活した東武の蒸気機関車、SL大樹に乗りました。

鬼怒川山楽_0186
鬼怒川温泉駅前の転車台は観光スポット。

鬼怒川山楽_0188
入線したSLが、半周まわって方向転換します。

鬼怒川山楽_0190
鬼怒川温泉駅のホームからSL大樹に乗り込みます。
3両の客車は、定員約200席。

鬼怒川山楽_0204
SL大樹は、35分ほどで終点下今市駅に到着。
下今市駅からは、東武特急けごんで、東京への帰路につきました。


鬼怒川温泉 山楽
快適な中型高級旅館です。
フロントスタッフはスーツ、中居さんは着物で、
昔ながらの旅館のようなサービスが行き届いていて、
食事も大型・中型高級旅館らしい内容。
どの層にも好まれやすい旅館です。

鬼怒川山楽の経営は、ケン・コーポレーション。
那須温泉 山楽 も経営が一緒なので、一度行ってみたいと思いました。


★「鬼怒川温泉 山楽」(栃木/鬼怒川温泉) ブログ

信州、蓼科高原の中央にある、静かな林の中に佇む小さな旅館、たてしな藍に行ってきました。
たてしな藍_0086

たてしな藍_0039
新宿駅からは特急あずさで2時間、茅野駅に到着。
茅野駅から路線バスで約30分、

たてしな藍_0041
滝見平バス停で下車します。来た道を戻る形で徒歩3分、

たてしな藍_0042
たてしな藍 に到着です。

たてしな藍_0108
のれんのかかった門をくぐると、

たてしな藍_0089
林の中の石段が続きます。

たてしな藍_0044
石段の先から、小走りで袴姿のスタッフが迎えに出て来ました。
名前を名乗り、案内されます。

たてしな藍_0090
数寄屋造りの建物を入ると、

たてしな藍_0094
中はスタイリッシュな大理石敷きの空間。

たてしな藍_0106
香の香りがただよっており、高級さを感じさせます。

たてしな藍_0097
ヒーリングBGMの流れるロビーにて、

たてしな藍_0095
窓辺の席に案内されます。

たてしな藍_0045
ここで、宿帳の記入と、

たてしな藍_0046
たてしな藍オリジナルの水菓子 やわら黒豆 の提供。

たてしな藍_0104
ロビーの片隅には、香炉がありました。

たてしな藍_0076
では、部屋に案内されます。
本館の廊下を進み、

たてしな藍_0075
新館に入ります。
新館の廊下は琴のBGM。

たてしな藍_0048
本日の部屋はこちら。弥生。
NAタイプ【新館】 和室12.5畳+6畳+掘り炬燵+内風呂+露天風呂。

たてしな藍_0049
扉を開けて、

たてしな藍_0050
踏込を進むと、

たてしな藍_0051
和室12.5畳。

たてしな藍_0052
和室を反対から。

たてしな藍_0061
座布団も藍染めです。

たてしな藍_0062
案内冊子も藍色の表紙。

たてしな藍_0063
部屋のお菓子は、安納芋の甘納豆。
芋で甘納豆、しかもキューブ状とは変わった一品。

たてしな藍_0053
ソファーのある6畳の空間は、露天風呂に接しており、

たてしな藍_0054
脱衣空間には、バスローブ、バスタオル。

たてしな藍_0055
露天風呂。
石造りのちゃんとした露天風呂です。

たてしな藍_0056
ソファーも用意されており、ゆっくりすることができます。

たてしな藍_0057
冷蔵庫は、有料ビールのみ。

たてしな藍_0058
グラスにかけてある布も、藍染め。

たてしな藍_0059
インスタントコーヒーの用意がありました。

たてしな藍_0060
湯呑み、急須まで藍色。

たてしな藍_0066
着替えスペースもあり、

たてしな藍_0067
浴衣、作務衣、羽織、タオル、バスタオル。
浴衣も羽織も藍染めです。
館内は、浴衣でも作務衣でもOK。

たてしな藍_0068
水回りと内風呂。

たてしな藍_0069
アメニティ。

たてしな藍_0071
お手洗い。

たてしな藍_0072
それでは、鍵を手に取り、

たてしな藍_0073
雪駄を履いて大浴場に向かいます。

たてしな藍_0077
大浴場。
夕食中に男女入れ替え制。

たてしな藍_0078
脱衣場。

たてしな藍_0079
内風呂。

たてしな藍_0080
露天風呂。
源泉は、近くの芹ヶ沢温泉の引湯で、弱アルカリ性の単純泉です。

たてしな藍_0100
風呂上がりには、
15時半~17時半に、ところてんのサービス。

たてしな藍_0099
お茶の用意もあります。

たてしな藍_0101
信州茅野は、寒天の名産地です。

たてしな藍_0098
ロビーのソファーに座って、頂きました。

たてしな藍_0096
ロビーの隣には、土産処。

たてしな藍_0084
藍染めを中心としたラインナップです。


たてしな藍_0064
館内も少し見させてもらいました。
たてしな藍の平面図。
有料の貸切露天風呂もあります。

たてしな藍_0119
【本館 Aタイプ】和洋室8畳+6畳+5畳。

たてしな藍_0112
【本館 Aタイプ】踏込から。

たてしな藍_0113
【本館 Aタイプ】和洋室。

たてしな藍_0116
【本館 Aタイプ】水回り。

たてしな藍_0118
【本館 Aタイプ】内風呂。

たてしな藍の宿泊部屋のグレードとしては、
【本館 Dタイプ】露天付き >【新館 各タイプ】 >【本館 A~Cタイプ】
とのことです。

たてしな藍_0127
宴会場もあります。
3スパンを繋げると、40名ほどが入る広さです。

たてしな藍_0091
個室食事処 山味庵(やまみあん)は、
外からも入れる形になっています。
前日までの予約制ですが、宿泊者以外も昼食のみ・夕食のみの利用ができます。

たてしな藍_0087
玄関への石段脇に置かれている長腰掛け。
林の中に、藍色が映えます。

たてしな藍_0088
藍染工房。
宿泊者のみが、翌朝チェックアウト後に体験することができます。

あちこちに藍染めが用いられており、宿名にもなっている藍。
たてしな藍は、約40年前に、
愛知の鉄工所に営んでいた主人が一念発起して、商売をたたんで旅館を開業。
そのときの大女将が、藍染めが趣味であったことから、コンセプトの真ん中に置いたとのことです。


たてしな藍_0178
さて、夕食の時間となりました。
会場は、個室食事処 山味庵。

たてしな藍_0132
のれんをくぐり、個室に案内されます。

たてしな藍_0135
本日の個室はこちら。
クラシックBGMの流れる空間です。

たてしな藍_0136
堀ごたつの広い空間で、足元は床暖房。

たてしな藍_0137
スポットライトと、

たてしな藍_0140
あんどんに照らされた明るい空間です。

個室食事処ですが、夕食中にわざわざ女将があいさつに回ってきてくれました。
昔ながらのおもてなしを残した旅館です。
スタッフは、おとなしい感じの地元のおばちゃんと若者が中心。

たてしな藍_0147
呼び出しボタンがありますが。。

たてしな藍_0138
テーブルセット。

たてしな藍_0141
はじめに、紫蘇茶から。

たてしな藍_0154
お品書き。

たてしな藍_0160
たてしな藍は、ドリンクメニューも藍色の表紙。

たてしな藍_0161
ドリンクメニュー1/3。

たてしな藍_0162
ドリンクメニュー2/3。

たてしな藍_0163
ドリンクメニュー3/3。

たてしな藍_0145
お酒は、信州諏訪の名酒、真澄ではじめます。

たてしな藍_0142
食前酒 オリジナルカクテル

たてしな藍_0143
小鉢 春の香り木の芽和え 筍 独活 烏賊
    木の芽味噌 アスパラ西京漬け 桜チーズ

たてしな藍_0144
旬菜 幼鮎塩焼き 蒟蒻有馬煮 タラの芽寿司
    小芋蕗味噌田楽 胡麻豆腐 べっこう庵

大型高級旅館で出そうな一般的な先付です。

たてしな藍_0155
続いてのお椀は、

たてしな藍_0156
御椀 桜茶巾花餅掛け 清汁仕立

旨み控え目かつキレが無いという、不思議な汁物です。

たてしな藍_0157
造里 アルプスサーモン昆布〆 刺身蒟蒻 妻一式

しょうゆは、かつおたまりと豆味噌。

たてしな藍_0164
台の物 特選牛のワイン蒸し焼き

たてしな藍_0165
熱した石が敷かれており、
その場でワインが投入され、じゅっと湯気が上がります。

たてしな藍_0166
ポン酢とともに提供されます。

たてしな藍_0169
蒸し焼きでの提供ですが、肉はぬるいという不思議。

たてしな藍_0170
焼き物 川鱒照焼き 蓮根西京焼き 桜庵 あしらい

あしらいは、よもぎタピオカ寄せ、菜花のおひたし。

たてしな藍_0172
合肴 山里の芽吹き盛込み

山菜の盛り合わせ。セロリ、行者にんにく、ブロッコリー、ふきのとう、
マイクロトマト、うるい、こしあぶら、紅芯大根。もろみ味噌と酢味噌で。
茹で野菜が中心で、食べきるのが大変なくらい山盛り。
しゃきしゃきのスティック野菜か、山菜の天ぷらだとより食べやすいと思いました。

たてしな藍_0173
朱塗りの椀で出てきたのは、

たてしな藍_0174
炊合せ 長芋海老射込み 銀庵 巻湯葉 京蕗 桜麩

たてしな藍_0175
最後に食事の提供。
ほうじ茶の急須も織部焼。陶器にこだわりを感じますが、
開業した主人が鉄工所時代からの古陶器コレクションをもてなしに用いていたこともあり、
その流れて陶器にはこだわっているのだとか。

たてしな藍_0176
御飯 竹の子御飯
止椀 信州味噌仕立て
香の物 三種盛り

たてしな藍_0177
水菓子 わらび餅 生果実

食事は、普通と思いました。
器は良いものが使われていて、料理の見栄えは鮮やか。
一方、口に入れた瞬間の感動は無いかな。
山菜を中心として、揚げ物が無いので、ヘルシーな料理といえます。

たてしな藍_0179
個室食事処 山味(やまみ)庵を後にして、
食後には、再び大浴場へ。

たてしな藍_0180
夕食の間に、男女入れ替えになっていました。

たてしな藍_0181
脱衣場。

たてしな藍_0182
内風呂。

たてしな藍_0183
露天風呂。

たてしな藍_0184
風呂上がりには、
20~21時にロビーにて開催される「音と光の夕べ」へ。

たてしな藍_0185
J-POPのジャズアレンジのBGMに、刻々と変わっていく色のライトアップ。

たてしな藍_0186
グラスワイン又はグレープフルーツジュースを1杯サービス。
赤ワインを頂きました。

たてしな藍_0187
部屋に戻れば、
布団とともに、冷蔵庫に夜食を用意とのメッセージ。

たてしな藍_0188
蕎麦寿司。
酢飯の代わりに蕎麦が使われている巻き寿司でした。
そばと玉子焼きとかんぴょう、意外にマッチします。
夜食にはヘルシーで丁度良いです。

たてしな藍_0193
部屋の露天風呂で、もう一風呂。

たてしな藍_0189
藍染めの布団にもぐりこみ、

たてしな藍_0192
就寝、おやすみなさい。


翌朝。
たてしな藍_0195
起きてすぐに、部屋の露天風呂へ。

たてしな藍_0196
快晴の青空です。

たてしな藍_0199
温泉にざんぶりと。
湯舟の傍らに植えられている小さな楓が、身を隠すようで、落ち着きを与えます。

たてしな藍_0200
朝食も会場は、個室食事処 山味庵。
今朝の席は、昨日と変わってこちら。
朝のクラシックBGMが流れています。

たてしな藍_0201
最初のセット。

たてしな藍_0207
朝食の紹介。

たてしな藍_0202
焼魚がついて、揃いました。

たてしな藍_0203
たてしな藍の朝食の名物は、蕎麦の実粥。
付け合わせが進むくらい、蕎麦の香りが強いです。

たてしな藍_0204
きのこのたくさん入った味噌汁は、その場で温められます。

たてしな藍_0205
魚はマスの一夜干し。
北アルプスの伏流水で育った信州安曇野産。

たてしな藍_0206
信州の漬物、野沢菜。

たてしな藍_0209
朝食後は、ロビーでコーヒー、紅茶、又は山味庵で抹茶をサービス。
抹茶をお願いしました。

たてしな藍_0211
干菓子は、信州小布施の落雁。

たてしな藍_0212
女将の手で茶が点てられます。

たてしな藍_0214
抹茶を一杯。

たてしな藍_0085
朝食後には、散策に出ました。
近隣には、横谷峡(よこやきょう)という渓谷があります。

たてしな藍_0216
たてしな藍の石段を進み、外に出ます。

たてしな藍_0223
たてしな藍の周囲は別荘地。別荘の建物が点在しています。
舗装された道を15分ほど上っていくと、

たてしな藍_0220
最後は山道の階段を下りて、

たてしな藍_0219
横谷峡の乙女滝。
うっすらと虹がかかっています。
マイナスイオンをたっぷりと浴びました。

たてしな藍_0083
宿に戻り、支度をして、フロントでチェックアウト。

たてしな藍_0217
たてしな藍を後にし、

たてしな藍_0222
滝見平バス停から茅野駅に向かいました。

たてしな藍_0224
茅野駅からは、駅近くを少し観光。
茅野駅から徒歩10分で、木落し公園。
ここでは、数え7年に一度行われる御柱祭で、諏訪大社上社の木落しが行われます。

たてしな藍_0226
上に登れば、御柱を後ろから支える追掛け綱の固定柱。
追掛け綱を切断することで、木落しが始まります。

たてしな藍_0227
木落し坂の上からは諏訪の景色が一望。
遠くには北アルプスまで見ることができました。

たてしな藍_0236
茅野駅から特急あずさで東京への帰路。

たてしな藍_0240
進行方向左側(A席側)では、木落し公園の車窓でした。


たてしな藍
蓼科高原の別荘地のなかにあり、林に囲まれる他は何もない宿。
何もないからこそ、宿の滞在をゆっくり楽しむことができます。
滞在がメインなので、露天風呂付の部屋にすることがおすすめ。

また、何もないからこそ、湯上がりのところてん、夕食後の「音と光の夕べ」、
夜食の蕎麦寿司、朝食後の抹茶と、藍染工房。
滞在中のイベント作りに工夫されています。

食事は普通、ヘルシーという感じ。
やはり滞在を楽しむ旅館です。


★たてしな藍(信州/蓼科温泉) ブログ
★たてしな藍 が好きなら、この旅館もおすすめ
 「奈良偲の里 玉翠」(伊豆/熱川温泉)
 「ABBA RESORTS IZU 坐漁荘」(伊豆/伊豆高原)


旅館・ホテルランキング

↑このページのトップヘ