いい旅館訪問記 旅館マニアによる高級旅館のおすすめ

東京在住の旅館マニアが、口コミ・ランキングに頼らない現地情報を紹介するブログ。 「その旅館が好きなら、この旅館もおすすめ」というリンクも紹介中。 住まいから関東が中心になると思います。

2014年07月

西伊豆 三津浜 にある高級旅館「松濤館」に行ってきました。

松濤館_0607


中伊豆の伊豆長岡駅から送迎バスにて15分。
峠を越えて、西伊豆の海が見えてきたら、三津(みと)に到着です。
松濤館_0609
好きなタイプの中規模高級旅館です。

松濤館_0606
ロビー周りも落ち着いていて好きです。ここでウェルカムドリンクをいただき、

松濤館_0576
今日の部屋は 松色

松濤館_0611
廊下の足元にも高級感があります。

松濤館_0577
踏込を入ると

松濤館_0578
和室12畳

松濤館_0575
お茶請けは、松濤館オリジナルの温泉饅頭と、珍しいコーヒーゼリー
温泉饅頭は、もちもちしていて美味しい。

松濤館_0581
水回りチェック

松濤館_0580
洗面所

松濤館_0579
お手洗い

松濤館_0612
早速、廊下を通り、大浴場へ


松濤館_0615
脱衣所

松濤館_0614
愛鷹の湯 大浴場
温泉は大仁から持ってきているようです。

松濤館_0616
露天風呂

松濤館_0617
露天風呂は、港ビュー。雲が晴れていれば、山の合間に 富士山が見えるとのこと。


さて、早速の夕食です。こちらもお部屋食。
松濤館_0619

松濤館_0618
お品書きも、筆書きで気合が入っています。


松濤館_0620
彩りが豊かです。什器もこだわりを感じ、和食らしからぬ清涼感。

松濤館_0621
お吸いもの まるでミネストローネのよう。黒い椀に映えます。 バケット添え。

松濤館_0622
お差味
上の飾りは、大根のくりぬき?

松濤館_0623
帆立海老油焼 牛肉ステーキ
品のあるメインです。

松濤館_0624
和とんもち豚しゃぶしゃぶ

松濤館_0625
鯵春巻
カラッとしており、揚げ物ながら軽く頂けます。

松濤館_0626
新生姜ごはん 赤出汁 香のもの

松濤館_0627
季節の水菓子
枇杷とキウイです。最後にさっぱり頂きます。

夕食のボリュームは少し物足りない感もありましたが、
さすが、料理を前面に出している旅館、品のある美味しい和食でした。

この日は、部屋にて整体を依頼。
専任の整体師の方で、気持ち良いくらいにボキボキとやって頂きました。

そのまま就寝。
旅館の隣が、三津シーパラダイスのため、
海沿いからアシカ?の鳴き声が聞こえました。


翌朝、まずは大浴場へ
松濤館_0630
男女入れ替えのため、翌日は、富士の湯

松濤館_0631
露天風呂
やはり富士山が見えるはずの場所です

松濤館_0632
檜の桶に、檜のいす 趣あります

部屋に戻って朝食へ
松濤館_0633
これぞ、The旅館の和食です。
とてもボリューミー。

松濤館_0634
アサリの味噌汁は、大きなお椀に

松濤館_0635
伊豆名物の干物

松濤館_0636
最後は、スイカでさっぱり

チェックアウトの前に、旅館マニアとして、館内を見させて頂きました。
部屋は、3~5階が、ほぼ同じのつくりとなっており、下の一文字が同じ部屋が、ほぼ同じタイプ。
松濤館_0584
「花」の部屋 和洋室
和室と洋ベッドの2間です。露天風呂付き
松濤館_0585


松濤館_0587
「見」の部屋 和室 露天風呂付です
松濤館_0588


松濤館_0591
「月」の部屋
露天風呂ではありませんが、角部屋で最も富士山が見えやすいです。

松濤館_0595
「音」のみ、眺望で富士山方面が見えません。


24室だけの小さな旅館です。
ちょっとした人数の団体で、貸切ができてしまいますね。ご招待にお勧めです。
クラブカラオケ設備もあります。
松濤館_0604


経営は、松濤館だけの独立となっており、
数年前に経営が立ち行かなくなった際に、顧客の一人が購入し、今の女将さんが切り盛りしているとのこと。
ぜひ、いい和旅館を守り続けて頂きたいですね。

まわりは小さな漁港ですから、静か。
ゆっくりと滞在して、美味しい料理を食べたいときは、おすすめの旅館です。

伊豆蓮台寺温泉にある清流荘に行ってきました。
清流荘_0475
ここは、ルレ・エ・シャトー加盟の日本1号店(いまは非加盟)ということもあり、
一度宿泊をしてみたかった宿です。

ギネス世界記録という巨大な石燈籠。
笠間産の自然石で、高さ5.8m、重量は43トンとのことです。

清流荘_0474
老舗感のただよう入り口外観

清流荘_0476
明るい玄関を入り、

清流荘_0468
ラウンジでチェックイン
使われている材木も黒くなっており、レトロ感が強いです。

清流荘_0471
廊下を通り

清流荘_0470
今日の部屋 本館「松風」

清流荘_0469
部屋の中。
全体的に暗く、壁も畳も古い感が否めません。

清流荘_0473
水回り。設備含めて古さを感じさせます。

正直、期待していた分、
部屋設備には、あれ、っと感があります。
調度品は安い印象、浴衣は1枚のみ(帯短い)で、
コスト管理徹底している印象もあります。

清流荘_0472
お茶菓子は、ぐり茶しぐれ。

休憩もそこそこに、
早々に、ほかの館内も見させてもらいました。

清流荘_0438
西館【睡蓮】。和室。
本館同様、古さは否めません。

清流荘_0442
本館【葦切】。和室次の間付+露天風呂。
客間はやはり古いです。

清流荘_0441
内風呂はきれいな石造り。外に露天風呂がついています。

清流荘_0449
北斗館【柿田】。貴賓室露天風呂付。
北斗館になると、最近の高級旅館風のたたずまいとなります。
清流荘_0450
ベッドルーム。
清流荘_0448
石造りの露天風呂。

清流荘_0452
北斗館【不尽】。特別室。
清流荘_0453
清流荘_0454
本間と二の間。

清流荘_0457
東館【八雲】。和洋室露天風呂付。
東館もきれいですね。
清流荘_0459

清流荘_0460
半露天風呂。


清流荘_0456
東館と北斗館の間にあるエレベーター前。

写真の通り、建物による部屋の差は大きいと感じました。

○本館・西館 :古い建物旅館に近い。水回りも古い。
○北斗館・東館:リニューアルにより、現代の和モダン風の旅館と同等。

もし、今後予約する方は、「北斗館・東館」にすることをおすすめします。
今回は、本館でちょっと残念ですが、仕方ありません。

そのほかの施設
清流荘_0444
DVDシアター兼会議室。

清流荘_0445
宴会場 祥雲閣

清流荘_0467
Bar「ポーハタン」
二次会などに利用されます。
レトロ感の強い雰囲気のあるバーです。


では、滞在に戻ります。
清流荘_0446
清流荘には、25メートルプールがあります。
レンタル水着を利用して、がっつり泳ぎました。
周りは子供連れが2-3件。浮き輪で浮いているのを横目に、
一人で500mほど泳いでいたら、怪奇の目で見られました。

清流荘_0447
プールの横に、大浴場がありました。
プールで一汗かいたのち、ゆっくりと入浴です。

つぎは夕食。
清流荘_0465
ダイニング「醍醐」

清流荘_0466
電気つける前ですが、醍醐の内部

清流荘_0527
リニューアルされた、明るい食事処。

BlogPaint
御献立

清流荘_0526
食前酒 アロエ酒
前菜  蒸し雲丹 養老寄せ 姫さざえ 海老
     鮎山椒煮 合鴨ワイン蒸し
     もろこし 枝豆 無花果

清流荘_0528
御椀 すずき焼霜 順才 青柚子 はす芋

清流荘_0529
造里 伊豆の鮮魚五点盛り
いさきの作りは、あぶってあります。

清流荘_0530
焼物 伊勢海老天城焼
     山桃 谷中

清流荘_0531
煮物 金目鯛揚煮おろし
     椎茸 すだれ麩 あしたば
東の伊豆では、名物の金目の煮付けをよく見ますが、
揚煮おろしは初めてです。

清流荘_0532
台の物 鮑おどり蒸し
       バター レモン
固形燃料のコンロで、
清流荘_0533
レモンを絞って頂きました。

清流荘_0534
揚物 鱧新丈東寺揚げ
     甘長唐辛子 小茄子 ライムレモン 素塩

清流荘_0535
食事   桜海老ちりめん御飯
香の物 三種盛り
留椀   赤出汁

清流荘_0536

デザート 季節の果物
この日は、スイカ、パイナップル、ぶどうでした。

夕食は、美味しく、静かな空間でした。
部屋のあれっと感を、補って余りある満足感。

皿の彩り。
煮物の器が温められている。造里が乾いていない。つまりつくりたて。
大型旅館でない利点ですね。

夜は早めに就寝。
ちなみにフロントは、22~8時まで不在、警備携帯へとなっています。
人的コスト削減も徹底しています。


翌朝。早めに起きて散策へ。
宿作成のマップが置いてありました。
宿の横にあるなんでもない川「稲生沢川」を軸に、散策マップを作り、
各ポイント(映画ロケ地、なまこ壁など)に意味づけをしています。
散策体験を創出するのは、周囲環境に恵まれないときの戦術ですね。周りには温泉街もなにもないところです。

宿に戻って朝食。
清流荘_0537
金目題の開きをはじめとした、和食らしい朝食です。

チェックアウトは11時。ぎりぎりまでゆっくりして出発しました。

清流荘
宿泊部屋は、建物を選ぶべき。(おすすめできない古い部屋と、充分な新しい部屋がある)
食事は満足感高い。
部屋数は少なく、スタッフもあまり多くない。洗練というよりは親切。

上記観点から、伊豆長岡の正平荘に似ているかな、と思います。

ここ数年のうちに、経営が、個人経営から、埼玉の運輸会社に変わったとのことです。
変わらず良い旅館のままで、いてほしいものです。

★「清流荘」(伊豆/蓮台寺温泉) ブログ
★「清流荘」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「正平荘」(伊豆/伊豆長岡温泉)
 「仙郷楼」(箱根/仙石原温泉)


旅館・ホテルランキング

↑このページのトップヘ