山梨の山奥にある、
西山温泉 慶雲館に行ってきました。
慶雲館_0409

新宿からあずさで1時間半で甲府へ、
甲府からワイドビューふじかわで1時間で身延へ到着です。
慶雲館_0370
宿の送迎バスまで時間があるので、
身延山に行こうと思います。

慶雲館_0373
身延駅からバスで12分、身延山の門前町へ到着です。

慶雲館_0371
バス停から門前町を抜け、

慶雲館_0374
身延山の山門に到着です。
ここから急な階段を登って行きます。

慶雲館_0375
登り切った上からの写真。
結構、体力が必要です。

慶雲館_0376
身延山の本堂。

慶雲館_0377
裏には、無料の斜行エレベーターがあります。

慶雲館_0378
体力に自信のない方は、駐車場横から出ているこちらで登りましょう。

さて、身延駅に戻り、
慶雲館_0379
慶雲館の送迎バスに乗り込みます。

山間の川沿いの道を約1時間、
慶雲館_0404
西山温泉 慶雲館に到着です。
本当に山奥、何もない道沿いに、
突然現れる、現代風の高級旅館の建物です。

慶雲館_0410
エントランスで靴を脱ぎ、

慶雲館_0411
ロビーへの案内。

慶雲館_0382
深山幽谷といった土地にあります。

慶雲館_0380
ウェルカムドリンクの柚子ジュース。
グラスに氷でからりと頂きます。

慶雲館_0381
台帳記入。
バインダーというのは如何なものでしょうか。

さて、部屋に案内されます。
慶雲館_0393
今日の部屋は、くすのき。

慶雲館_0392
踏込を進みます。


慶雲館_0383
源泉掛け流し総檜内風呂付特別客室。12畳+6畳+広縁。
谷に面した、みどりが目に入る明るい部屋です。

慶雲館_0384
広縁。

慶雲館_0388
早川の流れと、山のみどりが映えます。

慶雲館_0385
お茶菓子。

慶雲館_0389
水周り。

慶雲館_0390
内風呂の檜風呂。

慶雲館_0391
お手洗い。

慶雲館_0394
冷蔵庫など。

慶雲館_0396
浴衣に着替えて、大浴場に向かいます。

慶雲館_0400
大浴場 桧香の湯。
バスタオル完備。

慶雲館_0399
脱衣所。

慶雲館_0397
総檜の大浴場。眼前に早川渓谷を望みます。

慶雲館_0398
洗い場。

慶雲館_0402
湯上り処。

慶雲館_0403
最下階には、渓谷の近くとなる、白鳳の湯があります。

入浴後、付近を散策します。
慶雲館_0407
糸魚川ー静岡構造線断層(フォッサマグナ)が、
すぐそこにあるようです。

慶雲館_0405
案内の方面に進めば、
昔ながらの吊り橋がありました。

慶雲館_0406
吊り橋から慶雲館を見ます。

続いて、夕食に進みます。
慶雲館_0412
エレベーターを降りて、

慶雲館_0413
慶雲の間へ。

慶雲館_0417
宴会場にて、食事処に設置されています。

BlogPaint
お品書き。

慶雲館_0415
食前酒 かりん酒

慶雲館_0418
先付け 蓬豆腐 銀餡

慶雲館_0419
前菜
蕎麦蒸し 紫芋菖蒲見立て 稚鮎素揚げ 天豆生春巻き こごみ 独活 黄身酢

慶雲館_0420
吸い物
甲州地鶏つみれ玉地寄せ すまし仕立て

慶雲館_0421
造り
茜鱒重ね造り 五月鱒 身延湯葉色々 妻色々

慶雲館_0422
温物
トマト釜牛筋射込み パプリカ ミニアスパラ 蕪

慶雲館_0424
しのぎ
どんぐり麺

慶雲館_0423
焼物
山女魚幽庵焼き 胡桃土佐和え

慶雲館_0425
名物
甲州牛の溶岩焼 特選甲州黒毛和牛(A5)
付け野菜 焼タレ胡麻風味 塩 胡椒

慶雲館_0426
止め椀 赤出し汁 宝刀 あみ茸 浅葱
香の物 べったら漬け ワインらっきょう きゅうり漬け
御飯 蓮根御飯

慶雲館_0427
デザート 抹茶のプリン 茹で小豆

夕食も終わり、
館内にも近隣にもラーメン屋もないので、もう少し何かほしいと思いながら、
部屋に戻ったところ、

慶雲館_0428
部屋に、芋が用意されていました。

再度、大浴場に向かいます。
慶雲館_0429
男女が入れ替わった、石風の湯。

慶雲館_0431
石風の湯の脱衣所。

慶雲館_0430
望渓の湯。

大浴場に入った後、部屋に戻りすぐに就寝。

翌朝。
慶雲館_0432
貸切風呂に向かいました。

慶雲館_0433
貸切野天風呂 瀬音。
予約はありません、空いていれば入れる形です。

慶雲館_0434
川に近い、石造りの温泉です。


慶雲館_0435
貸切野天風呂 川音。

慶雲館_0436
同様に、川の音が心地よいです。

慶雲館_0437
早川が眼前です。

続いて、朝食。
慶雲館_0439
和朝食です。

慶雲館_0440

朝食後、館内の見学をさせてもらいました。
慶雲館_0443
数寄屋造り月見台付客室。

慶雲館_0444
月見台から、川のせせらぎが聞こえます。

慶雲館_0445
標準客室。

西山温泉は本当に山奥。
山間の川沿いの、人家の全くない道を進んでいくと、
突然現れる、現代風の建物。
都会の喧騒から離れ、深山幽谷で静かにゆっくり過ごしたいときにいい宿です。

食事は、十分に高級ですが、普通の物の延長線上です。

びっくりするようなサービスはありませんが、
この山奥で、高級のサービスレベルを維持していることは、
相当な努力を費やしていることと思います。

★「慶雲館」(山梨/西山温泉) ブログ
★「慶雲館」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「藤井荘」(信州/山田温泉)


旅館・ホテルランキング