静岡県袋井にある高級旅館 葛城北の丸 に行ってきました。

DSC_0029

2002年サッカーW杯に日本代表の合宿先になり話題となったように、
丘の上の森に立地し、周囲から隔絶された、異世界のような空間です。

葛城北の丸_2185
到着は暗い夜となり、ロビーを通り、

葛城北の丸_2183
サッカー日本代表のサインが展示される廊下を通り、

葛城北の丸_2214
宿泊部屋に到着です。本日は藤殿のなかの 藤十八番。

葛城北の丸_2172
部屋は、ベッドのある洋室です。
室内の雰囲気は、障子戸などを含めて和風調。
外は暗くなってしまっていましたが、庭に面した景色のいい部屋です。

DSC_0005
お茶の提供はありませんが、
お茶菓子と、抹茶ラテ・コーヒーが用意されています。

葛城北の丸_2217
浴衣でなく、甚平が用意されています。

葛城北の丸_2173
お風呂場と水周り。きれいですね。


DSC_0002
冷蔵庫。

続いて、他の棟も見学させてもらいました。
葛城北の丸_2176
萩殿。
棟に入ると、パブリックの囲炉裏空間があります。
棟貸切にすれば、二次会などに利用できるそうです。

葛城北の丸_2177
萩 三十二番

葛城北の丸_2178
萩殿は和室です。

葛城北の丸_2180
水周りとお手洗い。

葛城北の丸_2182
お風呂。

1488551087154
こちらは、葵殿。洋室です。

1488551114692
水周りとお手洗い。

1488551128653
お風呂。

葛城北の丸_2167
宴会場 桐殿。

葛城北の丸_2169
畳にイスの宴会場です。

見学を終え、夕食に進みます。
葛城北の丸_2211
食事は、こちら 椿の間にて。

葛城北の丸_2210
梁のしっかりとした棟のなかの、
おしゃれなダイニング空間です。

葛城北の丸_2198
着席。
席にスポットライトが当たっています。

BlogPaint
お献立。

葛城北の丸_2200
梅酒から。

葛城北の丸_2201
前菜 巻き海苔の艶煮
    奥山雉の松風
    銀杏串、南瓜豆腐
    むかご真薯、菊花和え

こういう漆塗りの器は、和食の雰囲気がそそられて好きです。

葛城北の丸_2202
洋菜 豚肉パテ・ド・カンパーニュ

お皿に対して、中央に寄っている感じ。

葛城北の丸_2203
造り 鰹 目鯛 勘八 盛り合わせ

海も近い土地ですので、みずみずしい魚が出てきます。

葛城北の丸_2204
汁物 茸のカプチーノ仕立て

甘くない、茸のスープです。

葛城北の丸_2205
蓋物 鰆の丹波蒸し

葛城北の丸_2206
焼物 国産牛黒毛種背肉の熟成赤ワイン醤油掛け

慎ましい分量で。

葛城北の丸_2207
食事 秋の実りの炊き込み御飯
    二の汁 香の物

葛城北の丸_2208
甘味 北の丸冷菓
    珈琲

和食のお品書きでしたが、
内容は、洋食コースのエッセンスが強い内容でした。

もちろん全体的に高級感がありますが、
器・食事ともに、期待値が高い分、期待値ほどの驚きはないかな、と思います。
一品一品軽めの提供で、量は少なめ。

ご満足頂ける及第点ではあると思います。

続いて、大浴場へ。
DSC_0006
メインの 湯蔵。

DSC_0007
引き戸を入り、

DSC_0008
脱衣所。タオル・バスタオル完備。

DSC_0009
水周り。

DSC_0010
内風呂。
よく写真に出ているものですね。
なお、葛城北の丸は、温泉でなく 沸かし湯 です。

DSC_0012
露天風呂。

DSC_0013
次に、湯屋。

DSC_0015
内風呂。
一番最初にできた大浴場と思われます。
こちらにはサウナあり。

入浴後は、床に就きました。
葛城北の丸は、丘の上にありますので、遊びに行くにも、近隣には何もなく、
夜は眠るのみです。


翌朝、起きてまずは朝風呂へ。
DSC_0016
湯殿。
夜のうちに男女入れ替えです。

DSC_0017
内風呂。
奥に露天風呂。

続いて、朝食に行きます。
DSC_0018
場所は夕食と同じ 椿の間。
バイキングスタイルです。軽めのものから、

DSC_0019
軽めのものまで、、、
ラインナップは、ゴルフ場の朝食レストラン、というイメージに近いです。

このあたり、葛城GCと経営が一緒の雰囲気がでていますね。
実際、ゴルフで来ている方も多く、ここで朝食をすまされ、隣のゴルフ場に進むようです。

DSC_0020
朝は、椿の間 の前の庭がきれいに見渡せます。

それでは、チェックアウトです。
DSC_0028
玄関。
しっかりとした木材の梁の建物です。

現在も経営はヤマハですが、もともとはヤマハの迎賓館として造られたとのこと。
ヤマハの楽器を作る際の「木を観る目」という強みを生かして、
良い木材を手に入れ、造られた建物であるとのことです。

DSC_0029
バスも送迎もありませんので、
タクシーで、掛川駅に向かいます。

DSC_0083
途中、掛川城に立ち寄りました。
こちらは天守閣。復元ですが、木造天守閣です。

DSC_0084
掛川城御殿。

DSC_0086
二の丸茶室では、

DSC_0085
本格的な、抹茶を頂けます。

DSC_0087
帰り際に立ち寄ったのがこちら、うな助。

DSC_0088
静岡の名物、うなぎを頂きました。

葛城北の丸、丘の上の森の中にあり、また施設も立派で、
静かに過ごせる良い宿です。

周囲に観光施設も多くなく、また、名門ゴルフ場併設のため、
やはり、ゴルフをプレーする方が泊まる宿かな、と思います。

企業の招待などで使うには、最適の宿ですね。

★「葛城北の丸」(静岡/袋井) ブログ
★「葛城北の丸」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「川奈ホテル」(伊豆/川奈)


旅館・ホテルランキング