東京からふらりと温泉に行きたくなり、
湯河原温泉の白雲荘に行ってきました。
白雲荘_3521

東海道線にて東京から約1時間半。
白雲荘_3519
湯河原駅に到着です。
ここから、タクシーで10分ほどで、

白雲荘_3521
白雲荘に到着です。

白雲荘_3576
フロントロビーから、

白雲荘_3575
ロビーラウンジへ進み、

白雲荘_3522
窓辺の席に案内されます。

白雲荘_3523
目の前は、新緑の中に、川のせせらぎが聞こえます。

白雲荘_3524
宿帳に記入して。
箱根寄木細工の台とペンで配慮を感じますね。

白雲荘_3526
煎茶とお菓子を頂きます。
お菓子は、湯河原の高級旅館御用達の「小梅堂」。きび餅。

白雲荘_3578
部屋に案内される前に、
ロビーにて 色浴衣を選びます。
男性も選ぶ形は珍しいですね。

白雲荘_3574
本日の部屋は、3階の みどり。

白雲荘_3560
踏込を入ると、

白雲荘_3561
一般客室の和室10畳です。

畳も青なら、天井も青です。
畳は普通に、いぐさがいいですね。これは部屋がちょっと暗く感じます。

白雲荘_3566
水周り。

白雲荘_3564
洗面台も古め。

白雲荘_3563
お手洗い。

白雲荘_3570
お茶菓子は、ごま餅。
普通のものです。

白雲荘_3567
お茶の提供サービスはありませんが、
エスプレッソマシーンがありました。
コーヒーだけでなく、初めて煎茶のパックを見ました。

白雲荘_3568
冷蔵庫は、水とお茶と、富士山サイダー。
いずれも、無料とのこと。

白雲荘_3572
翌日の朝食の、玉子料理と、干物の選択の用紙が置いてありました。
A4用紙に質の悪い印刷というのはいまいちですね。

白雲荘_3573
では、先ほど選んだ浴衣と、羽織を着て、
大浴場に向かいます。

白雲荘_3579
大浴場 さぬきの湯。

白雲荘_3581
脱衣場。

白雲荘_3580
バスタオル、タオル常備です。

白雲荘_3582
内風呂と、

白雲荘_3583
洗い場。

白雲荘_3584
露天風呂。
山林の中にあり、木々に囲まれています。
隣の小川の音を聞きながら。


風呂上り後の時間を利用して、
館内を見学させてもらいました。
白雲荘_3527
Gタイプ 漱石。
一番グレードの高い部屋です。
【露天風呂付き離れ】
10畳+次の間6畳+フローリングサウナ/温泉かけ流し露天風呂/内風呂/独立シャワールーム付。

白雲荘_3528
踏込から、

白雲荘_3529
本間10畳+次の間6畳。

白雲荘_3534
本間10畳。

白雲荘_3530
温泉かけ流し露天風呂。

白雲荘_3531
露天風呂横の、テラス空間。
風を感じるオープンエアーです。
奥には、専用のサウナ。

白雲荘_3533
窓際のリビング空間。

白雲荘_3532
露天風呂前の水回り。

白雲荘_3536
もう一つの、水回り。

白雲荘_3535
内風呂もあります。

白雲荘_3537
お手洗い。
同じ形のお手洗いが2つあります。

白雲荘_3539
続いて、Dタイプ 万葉。
【露天風呂付き離れ】
8畳+広縁 温泉かけ流し露天風呂/独立シャワールーム付。

白雲荘_3540
踏込から、

白雲荘_3547
8畳+広縁。

白雲荘_3541
テラス空間から、

白雲荘_3542
露天風呂。

白雲荘_3543
水回りと、

白雲荘_3544
シャワーブース。

白雲荘_3545
お手洗い。

白雲荘_3552
最後に、紫陽花。

【本館露天風呂付き】
10畳+次の間4畳半
温泉かけ流し露天風呂/内風呂/シャワー+洗い場

白雲荘_3551
本間10畳+次の間4畳半。

白雲荘_3550
水回りの奥に、

白雲荘_3548
露天風呂。
風が強い時などに閉められよう、
横スライドの窓が取り付けられています。

白雲荘_3549
お手洗い。

白雲荘_3553
食事場所は、こちら、
ダイニング千渓。

白雲荘_3554
モダンな作りで、

白雲荘_3555
窓から、小川と山林を臨む形になっています。

白雲荘_3556
千渓の奥の方には、半個室的な空間も。

白雲荘_3557
食事場所には、ほかにも個室「鈴風」があり、

白雲荘_3558
障子を挟んで、

白雲荘_3559
外せば、ある程度の人数が入れる個室になるとのことです。

私の食事は、ダイニング千渓 での用意です。
白雲荘_3585
最初のセットです。
私の席は、端っこの方のくぼんだ物置スペースのようなところであって、
そこに席を設置する、サービスに対する感覚が残念に感じました。

白雲荘_3623
座席は、スポットライトでの照明で、雰囲気を演出されていました。

白雲荘_3586
お品書き。

白雲荘_3587
食前酒 自家製山桃酒

白雲荘_3588
先付 海鮮寄せ 青海苔餡かけ

白雲荘_3589
白雲荘_3590
前菜 茗荷寿司 地魚 万願寺浸し 稚鮎あられ揚げ
    豆栄螺煮 鶏ウスター煮 食用ホウズキ

白雲荘_3591
吸物 鮎魚女 蓴菜 小メロン 木の芽

白雲荘_3592
凌ぎ 茶蕎麦 長芋 天山葵

白雲荘_3593
造り 盛り合わせ
真ん中の醤油は、カワハギの肝醤油。これでカワハギを食べると美味い。
みずみずしい魚で、伊豆天城に近いからか、わさびのままでの提供がいいですね。

白雲荘_3594
台の物 海鮮宝楽焼き 旬野菜
土鍋は焼かれたままの状態で提供されます。ジュ―、と。
中身は、金目鯛の切り身と、

白雲荘_3595
伊勢海老の半身。

白雲荘_3596
蓋物 冬瓜 牛肉巻 蓮芋 彩り野菜

白雲荘_3597
〆肴 旬の物
食事 桜海老釜飯 魚沼産コシヒカリ
止椀 赤出し
香の物 漬物盛り合わせ

白雲荘_3598
ご飯は、釜のままで、提供されました。
桜海老の香り高く、釜の中すべて平らげてしまいました。

白雲荘_3599
デザートは、隣のラウンジに席移動を促され、

白雲荘_3602
甘味 シフォンケーキ
普通のシフォンケーキです。
席を移動してまで、となると、どんなデザートだろうと期待値も上がるのですが、
そういう意味のあるものではありませんでした。


食後は、事前に予約していた、貸切露天風呂へ。
白雲荘_3604
玄関を出てすぐ隣の別棟になります。

白雲荘_3605
広い湯上り空間と、

白雲荘_3606
広い風呂。
完全に建屋で囲まれていますので、窓からの半露天といったところでしょうか。
川が近いので、ごーという水の音を聞きながらの入浴です。

白雲荘_3607
洗い場があります。

白雲荘_3608
水回り。

白雲荘_3609
ビールのミニ缶が一人1本用意されています。

専有できる露天風呂の空間としては、
とても広いのではないでしょうか。
40分間・無料となっています。

白雲荘_3610
露天風呂から、再び玄関に戻ります。

白雲荘_3611
フロントに、ミシュランガイド2015の掲載記念楯を発見。
私も、今回、白雲荘を選んだ理由が、ミシュランとアピールされていたからです。
しかし、このミシュラン掲載という意味は、正しく把握しなければなりません。
詳しくは、後述を参照ください。

そのまま、部屋に戻り、この日は就寝しました。


翌朝。
白雲荘_3612
先ずは朝風呂から。
大浴場さぬきの湯は、夜間に男女入れ替えとなります。

白雲荘_3614
脱衣場。

白雲荘_3615
内風呂に進みます。

白雲荘_3616
内風呂。

白雲荘_3617
洗い場。

白雲荘_3618
露天風呂。
やはり小川の音がさわやかです。

白雲荘_3613
ヤクルトが2本まで自由、と用意されています。

朝風呂の後は、朝食に向かいます。
白雲荘_3621
会場は、夕食と同じ、ダイニング千渓。
朝はちゃんとダイニング空間内の席での用意でした。

ミカンジュース、サラダに、
白雲荘_3622
先付の料理。
和旅館らしい和食ですね。

白雲荘_3625
前日に選択した、
玉子料理:玉子焼き、干物:金目鯛。
そして、ご飯・味噌汁です。
ご飯は、土鍋での提供。

白雲荘_3626
デザートは、ヨーグルトとフルーツ。

夕食も朝食もですが、和食の内容のこだわりに対して、
デザートだけ、普通のもの、となっています。

朝食後は、すぐにチェックアウト。
湯河原駅まで送ってもらい、東京に舞い戻りました。


湯河原温泉 白雲荘
施設全体は、和旅館のベースから、和モダンへ変えているのだと思います。
ロビーラウンジや食事会場は、新しい雰囲気。一方、廊下や大浴場はまだ手つかずです。

宿泊部屋は、ちゃんと選ばなければなりません。
離れ露天風呂付きの部屋は、快適に過ごせると思います。本館露天風呂付きも何とか。
本館は古さを感じ、更に、色畳は暗い印象とあいまって、おすすめは難しいかと。
但し、このあたりは、今後のリニューアルで、いぐさの畳に換わって改善していくでしょう。

サービスは、家庭的を狙うのでなく、洗練を目指しているのだと思いますが、
まだまだこれからに期待です。

施設とサービスから感じるのは、おそらく個人経営から、外部の別法人に経営がかわったんだろうなと。
いろいろなテコ入れの最中なのだろうなと。

食事には期待して訪問しました。
印象に残る工夫もあり、充分に美味しかったのですが、
食事を目的に訪問、というレベルは期待しすぎです。

ミシュランガイド2015への掲載宿となっていますが、この表現にはからくりがあります。
実は、ミシュランには「食事」で掲載されたのではありません。
快適度での認定ですが、認定されたのは湯河原だけでも11件もあるので、精度は低いかと。
ミシュランに「食事」で掲載された唯一の湯河原の旅館は、「石葉」です。

離れ露天風呂付きの部屋「漱石」に泊まり、貸切露天風呂も利用し、
食事を楽しめば、満足する宿だと思います。
ミシュランを前面に出すアピールは、客層とのマッチングを誤っているので、もったいないと感じました。

★「白雲荘」(箱根/湯河原温泉) ブログ
★「白雲荘」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「正平荘」(伊豆/伊豆長岡温泉)
 「清流荘」(伊豆/蓮台寺温泉)
 「仙郷楼」(箱根/仙石原温泉)


旅館・ホテルランキング