いい旅館訪問記 旅館マニアによる高級旅館のおすすめ

東京在住の旅館マニアが、口コミ・ランキングに頼らない現地情報を紹介するブログ。 「その旅館が好きなら、この旅館もおすすめ」というリンクも紹介中。 住まいから関東が中心になると思います。

2019年10月

南伊豆の下田温泉、ロケ地に選ばれるほど砂浜が美しいといわれる、入田浜にある、
浜辺の宿 濤亭 に行ってきました。
濤亭_0219


濤亭_0158
前日は、奈良偲の里 玉翠 に宿泊しており、
熱川温泉駅から、伊豆急にて、伊豆急下田駅に向かいます。

濤亭_0163
次の駅の片瀬白田駅から、伊豆稲取駅の間は、
海が最もきれいに見える区間です。
この日も、伊豆大島をはじめ、伊豆七島が一望できました。

濤亭_0164
伊豆熱川駅から約30分で、伊豆急下田駅に到着です。

濤亭_0165
改札は、下田関所を模した作りになっていました。

濤亭_0166
駅前からは、寝姿山への下田ロープウェイや、

濤亭_0167
南伊豆各地への路線バスが、多く出発している、南伊豆のターミナルです。

まずは、下田の観光を。
濤亭_0168
駅から徒歩10分、道の駅開国下田みなと。
ここは、最近の下田名物である、下田バーガーがあります。

濤亭_0170
1階の端にある店が、カフェ&バーガーRa-maru(ラーマル)。

濤亭_0171
早速注文して出てきたのが、下田バーガーです。
バーガー単品で1,100円という値段ですが、名物ということで。

金目鯛のフライが入ったバーガーです。
甘辛いタレが効いて、食欲をそそります。食べ進めると、金目鯛がふわっと香ります。

濤亭_0175
道の駅開国下田みなとと隣接して、
下田港内遊覧船である、黒船の乗船もありました。

濤亭_0172
道の駅開国下田みなとの対岸は、
下田城址である丘があります。
その付け根が、ペリー艦隊が上陸した場所なのだとか。
そこまで、港沿いを歩いていきます。

濤亭_0176
約20分ほどで、ペリー上陸記念公園にあるペリー艦隊来航記念碑に到着。
ペリーの胸像が設置されています。

濤亭_0177
ここの横から下田公園に上る入り口に、
下田城址の碑があります。
ここから上が下田公園ですが、この日は台風による倒木の影響で、閉鎖されていました。

濤亭_0178
下田公園の反対側の麓からは、ペリーロードが延びています。

濤亭_0179
小川沿いの石畳と柳が情緒あるペリーロードは散策ポイント。
長さはそれほどなく、300mほどで、終点の了仙寺に着いてしまいます。

濤亭_0180
了仙寺。
日本で最初に開港された下田において、
下田条約締結の地として、ペリーゆかりの寺となっています。

濤亭_0181
境内には、黒船ミュージアムが設置されています。
展示品は10分程度で見れるものですが、上映の映像が1時間以上となっています。

この了仙寺から伊豆急下田駅へは、徒歩約15分です。
濤亭_0182
駅までの道中、もう一つの下田名物に立ち寄りました。
御菓子司平井・平井製菓で購入ができる、

濤亭_0183
下田名物、ハリスさんの牛乳あんパン。
想像より小ぶりだったので、サイズ比較のために100円玉を置いてみました。

濤亭_0185
中身は、ソフトバターとこしあんです。
やわらかい小ぶりなパンなので、食べ歩きの軽食には適しているかと。

軽食をとりつつ、伊豆急下田駅に戻り、
濤亭_0186
伊豆急下田駅から、宿の送迎車に乗り込みます。

濤亭_0226
車で約10分、入田浜へ、

濤亭_0220
浜辺の宿 濤亭 に到着です。

濤亭_0219
玄関の階段を上り、

濤亭_0187
上がり框で靴からスリッパに履き替え進みます。
チェックインは、正面のフロントで立ちながら宿帳に記入。
そのまま、部屋に案内されます。

濤亭_0207
エレベーターに乗り、

濤亭_0206
3階へ。

濤亭_0205
廊下をわずかに進み、

濤亭_0204
本日の部屋、潮路。
スタンダードルーム 和室11.5畳+広縁。

濤亭_0188
踏込から、

濤亭_0189
和室11.5畳。

濤亭_0190
和室を反対側から。

濤亭_0191
広縁の先は、すぐ海が広がっています。

濤亭_0192
広縁からの海の景色。左側。

濤亭_0193
広縁からの海の景色。右側。


濤亭_0194
鏡台と、となりに、

濤亭_0195
浴衣と、タオル・バスタオル。


濤亭_0196
水回りと内風呂。

濤亭_0199
冷蔵庫は、課金式のドリンクが入っているものと、

濤亭_0200
空の冷蔵庫があります。

濤亭_0227
では、鍵を手に取り、砂浜に出てみようと思います。

濤亭_0208
大浴場の横にある裏口から、サンダルに履き替えて、外に出ます。

濤亭_0223
宿の真ん前が、入田浜の砂浜です。
きれいな砂浜なので、裸足で歩いて心地よいです。

濤亭_0222
この時期も、サーフィンがぽつぽつ行われています。

濤亭_0221
それでも、海水浴シーズンは終わり、静かな砂浜です。

濤亭_0225
入田浜から見た、濤亭。
先の台風で、岸は削り取られ、まだ漂流物が残っているとのこと。

濤亭_0218
宿の裏口に戻り、用意されているシャワーで足を洗います。
この設備があることからも、夏は海水浴の家族連れが客層になるとのこと。
静かに宿の滞在を楽しみたい場合は、このような秋以降のシーズンが適切ですね。

濤亭_0208
そのまま、大浴場に進みます。

濤亭_0209
本日の男性は、檜大浴場。

濤亭_0211
脱衣場。
タオル・バスタオルは用意が無いので、部屋から持参です。

濤亭_0212
こちらは、内風呂のみです。
窓からは、外からの目隠しの先は、海です。

海に面する立地ながら、温泉にしょっぱさはありません。

濤亭_0213
洗い場。

濤亭_0210
湯上り場には、水が用意されています。

濤亭_0215
1階には、有料のドリンク提供のあるラウンジと、

濤亭_0214
売店があります。

濤亭_0216
海が真ん前の玄関。
スタッフが羽織姿の旅館って、番頭さんという感じで、
昔ながらを感じさせて良いですよね。

濤亭_0228
部屋に戻ったら、ちょうど、お部屋係の方が来てくれました。
お茶菓子は、女将手作りのところてんの黒蜜きなこ掛け。

濤亭_0229
最初から部屋置きのえびせんべいと一緒に頂きます。


そうこうしているうちに、夕食の時間となりました。
夕食は、部屋食での提供です。
濤亭_0230
最初のセット。
The・旅館の夕食、といった趣きです。

濤亭_0231
御献立。

濤亭_0232
食前酒 女将自家製 梅酒

濤亭_0234
先付 季節の珍味
酢の物 季節の魚介類

濤亭_0233
前菜 季節の前菜

濤亭_0238
鍋物 濤亭名物 地鯵たたき鍋
        地鯵つみれ 打葱 若布 生麩

濤亭_0236
向付盛込み 伊勢海老の姿造り 地魚盛り合わせ つま一式
伊勢海老の殻は、明日の朝の味噌汁になるのだとか。

濤亭_0237
煮物 地物金目鯛の煮つけ 季節の野菜 針生姜

濤亭_0239
揚げ物 地魚の変り揚げ 季節野菜の天ぷら 付け塩

濤亭_0240
止椀 赤味噌仕立
香の物 季節の野菜
御飯 若布和え
ご飯はまぜご飯の素か? 香の物は典型的なツンとした味がします。

濤亭_0241
水菓子 自家製シャーベット

夕食は、The・旅館の食事といった感じで、
地鯵のたたき、伊勢海老の刺身、金目鯛の煮付けと、
伊豆の海の幸はふんだんに使われているのですが、
印象には残らないかな、と。
安定的な、旅館の食事、といったところです。

そういえば、夕食中に女将があいさつに来てくれましたが、
そういった旅館も、随分見なくなったなあ、と改めて認識しました。


濤亭_0242
夜食として置いて行ってくれたのは、踊子物語。

濤亭_0243
食後に、布団を敷いてもらい、

濤亭_0244
おやすみなさい。


濤亭_0245
翌朝。
部屋からは、入田浜に昇る朝日を正面に望みます。
この海の景色が、濤亭の一番のセールスポイントですね。

濤亭_0246
気分よく、朝風呂に大浴場へ。
差し込む朝日がまぶしいです。

濤亭_0247
夜のうちに、男女入れ替えとなっており、
こちらの脱衣場。

濤亭_0248
内風呂は、同じく檜大浴場。
右手から、海に昇る朝日が差し込みます。

濤亭_0249
こちらには、伊豆石岩露天風呂があります。
海とは反対側ですので、景色はありません。

濤亭_0250
風呂上がりには、少し外の散策へ。
正面玄関から、入田浜を望みます。
朝日の光が美しく映えます。

濤亭_0251
入田浜の朝。
人がひとりもいない静かな浜に、秋のいわし雲。

濤亭_0252
少しずつ昇っていく朝日が、雲に至ります。

濤亭_0253
部屋に戻ったら、布団が上げられ、
朝食の準備が始まっていました。
準備の間に、煎茶と、梅干しが提供されます。

濤亭_0254
部屋食の朝食。
これはまた、典型的な和旅館の朝食です。
伊豆の干物と、昨晩の伊勢海老の殻を入れた味噌汁。
柿とぶどうがそのままで提供されるのも、
演出が何もない、スタンダードな旅館の朝食。

濤亭_0261
朝食を食べながら、席からの眺め。
浜辺の宿の、一番良いところです。

濤亭_0256
ご飯は、小さめのお櫃でおかわりも用意されます。

濤亭_0262
もちろん、まるごと頂きました。
ごちそうさまでした。

朝食が済んだら、片付けも来ぬままに、
一番早い送迎に乗り込むため、チェックアウト。

濤亭_0268
送迎車で10分。
伊豆急下田駅に送ってもらいました。

電車までの時間は、駅の土産屋を見つつ、
濤亭_0266
もうひとつの下田名物、キンメコロッケを調達しました。
金目の身はわずかですが、むしろジャガイモがおいしいコロッケでした。

濤亭_0269
乗り込む電車も到着し、改札へ。

濤亭_0270
スーパービュー踊り子号に乗り込み、東京へ帰りました。


浜辺の宿 濤亭
The・古典的な和旅館といったところでしょうか。
時代に合わせる工夫も何もない。だが、その変わらなさがいいという層はいる。
建物も昔の高級旅館。
羽織姿の番頭さんに、部屋係のベテラン中居さん。不慣れな若いスタッフはおらず、
どっしりとしたお任せできるサービスであることは間違いありません。
女将が部屋にあいさつに来て、というのも、古典的な安心感があります。

食事も至って普通。チープではないことは間違いない。
一方、工夫や意思が無いというか、料理人の顔が見えない。
伊豆だからこれ出しておけばいいんでしょ、という感じ。他の旅館でも同じ食事が出そうな。
でも、想定通りの旅館の和食が出る、という安心感も、一方ではあります。

昔ながらを踏襲するという旅館も、少なくなっているという意味では、
その旅館を求める層を、がっちり捕まえておくというのは、
13室の小さな旅館の経営としてはあり、なのかもしれません。

まして、海でゆっくりぼーっとするための宿だから。
入田浜の立地と、いつまでも変わらない旅館、ということが、濤亭の魅力です。

★「浜辺の宿 濤亭」(伊豆/下田温泉) ブログ
★「浜辺の宿 濤亭」が好きなら、この宿もおすすめ
 「今井荘」(伊豆/今井浜温泉)


旅館・ホテルランキング

伊豆の熱川温泉にある、奈良偲の里 玉翠 に行ってきました。
奈良偲の里玉翠_0134

奈良偲の里玉翠_0020
伊豆へは、特急踊り子が運行されていますが、東京駅13時半発が最終便です。
この日は、午後の出発となりましたので、品川駅から東海道新幹線に乗ります。

奈良偲の里玉翠_0021
こだまで約40分、熱海駅に着いたら、在来線に乗り換えです。
伊東線から伊豆急に直通する各駅停車に乗り込みます。

奈良偲の里玉翠_0022
約1時間で、伊豆熱川駅に到着です。

奈良偲の里玉翠_0024
駅では、送迎車が迎えに来てくれました。
スタッフは、野袴と言うんですかね、時代劇の旅装束のような格好です。

奈良偲の里玉翠_0025
車に乗り込むと、おしぼりが提供されます。

熱川温泉の温泉街は、伊豆熱川駅から海辺へと下に広がっていますが、
車は、山の方へ進みます。
田舎の民家や果樹園の中を通り、約5分。

奈良偲の里玉翠_0026
宿に到着です。
駐車場から、門を通り、宿の庭園を進みます。

奈良偲の里玉翠_0027
夕暮れが近い空の下に、宿が見えてきました。

奈良偲の里玉翠_0031
玄関。
薄暗いなかの玄関の灯りが、よい佇まいを演出しています。

奈良偲の里玉翠_0032
玄関を入り、

奈良偲の里玉翠_0033
上がり框で、靴を脱ぎます。
到着時には、女性スタッフが3,4人、三つ指立ててお出迎えをしてくれました。

奈良偲の里玉翠_0034
畳の先はフローリング空間になっており、
ここからスリッパが用意されています。

奈良偲の里玉翠_0035
ロビーの席に案内され、宿帳の記入と、

奈良偲の里玉翠_0036
抹茶とお茶菓子が提供されます。
玉翠と押印された懐紙と、黒文字楊枝を添えて提供される、あんこ菓子です。
洗練された雰囲気を演出しています。

BlogPaint
お茶菓子自体は、伊豆土産でよく見る、菓子舗間瀬の伊豆逢初。
決して高級品でないのですが、
袋そのままで無造作に部屋置きする旅館と、
懐紙と黒文字楊枝を添えて提供する旅館では、印象が大きく違いますね。

奈良偲の里玉翠_0030
ここで鍵が渡されます、部屋に案内されます。

奈良偲の里玉翠_0081
建物は二階建てで、一階をすすみます。

奈良偲の里玉翠_0082
廊下の角ごとに、ちょっとした調度品と花が活けてあります。

奈良偲の里玉翠_0063
階段を上り、

奈良偲の里玉翠_0038
すぐにあるのが、こちら、
202飛鳥。
半露天風呂付和モダンスイートCタイプ です。

奈良偲の里玉翠_0039
踏込を進み、

奈良偲の里玉翠_0040
一間と幅の広い廊下の先に、

奈良偲の里玉翠_0042
ソファーの置かれた和室10畳にベッドルーム、半露天風呂の部屋です。

奈良偲の里玉翠_0051
部屋を反対側から。

奈良偲の里玉翠_0048
テーブルの案内もろもろ。
ラウンジで頂ける珈琲券が用意されています。
券が、パウチ加工なのは少し安っぽいですが。

奈良偲の里玉翠_0138
ちなみに、館内マップはこんな感じです。

奈良偲の里玉翠_0041
ベランダ側の窓は、茶室のにじり口のごとく、
高さが低くなっています。

奈良偲の里玉翠_0044
こちらがベランダ。
宿の玄関・庭園に面しているので、
外から部屋の中が見えないように、窓の高さを低くされているのでしょう。

奈良偲の里玉翠_0046
灯りが用意されているベランダです。

奈良偲の里玉翠_0047
こちらがベランダからの景色。
熱川温泉と言いますが、ここは温泉街からは遠く離れた、奥熱川。
山あいの静かな場所にあります。

奈良偲の里玉翠_0049
ベッドルーム。

奈良偲の里玉翠_0052
冷蔵庫は、ミネラルウォーターのみ無料。

奈良偲の里玉翠_0053
エスプレッソマシーンも用意されています。

奈良偲の里玉翠_0058
水回り。

奈良偲の里玉翠_0057
お手洗い。清潔です。

奈良偲の里玉翠_0059
半露天風呂に向かう洗い場と、

奈良偲の里玉翠_0060
半露天風呂です。
奥は、ベランダにつながっています。

奈良偲の里玉翠_0050
部屋には、浴衣と作務衣が用意されていますが、
浴衣に着替えます。

奈良偲の里玉翠_0061
部屋を出て、大浴場に向かいます。

奈良偲の里玉翠_0064
大浴場。
左手が男性大浴場です。

奈良偲の里玉翠_0109
入り口前には、ハーブティーが用意されています。
当日は間に合いませんでしたが、
17時までは、ロビーラウンジで、シャーベットのサービスがあるのだとか。

奈良偲の里玉翠_0065
脱衣場。

奈良偲の里玉翠_0067
タオル・バスタオル完備です。

奈良偲の里玉翠_0068
内風呂と洗い場。

奈良偲の里玉翠_0069
露天風呂。

奈良偲の里玉翠_0070
岩風呂と、

奈良偲の里玉翠_0071
檜風呂です。
竹林の先には、沢があるようで、
小さい滝の音が心地よく感じます。

奈良偲の里玉翠_0073
温泉は、もう一つ。
チェックインの際に予約した、貸切露天風呂に向かいます。
フロントで、案内をお願いします。

奈良偲の里玉翠_0074
玄関から屋外に出て、宿の庭園を少し下ります。

奈良偲の里玉翠_0075
貸切露天風呂 帯解。

奈良偲の里玉翠_0076
脱衣場。
タオルのみ、用意されています。

奈良偲の里玉翠_0077
貸切の露天風呂。
こちらも、竹林の奥が沢となっており、
小さな滝の音をBGMに、リラックスの50分間です。

奈良偲の里玉翠_0079
風呂上がりは、ロビーラウンジで麦茶を頂きます。

奈良偲の里玉翠_0080
ロビーラウンジの横には、売店があります。
一般的な伊豆の土産が置いてあります。

奈良偲の里玉翠_0106
女性には、色浴衣が選べるサービスがあるようです。


そうこうしている間に夕食の時間となりました。
奈良偲の里玉翠_0084
夕食はこちら。
個室料亭「佳頁楽」。

奈良偲の里玉翠_0105
のれんで区切られた個室風空間です。

奈良偲の里玉翠_0085
今日の席はこちらです。

奈良偲の里玉翠_0086
最初のセット。
黒盆と先付の器が高級感を醸し出しており、期待が高まります。

奈良偲の里玉翠_0087
御献立。

奈良偲の里玉翠_0094
呼び出しボタンがあるのが蛇足。
席の構造上、声が通るので、利用することはありませんでした。
演出上、撤去すればいいのに。

奈良偲の里玉翠_0088
食前酒 梅酒ソーダ

奈良偲の里玉翠_0089
先付 蟹菊花和え
   蟹 しめじ 三つ葉 菊 いくら

奈良偲の里玉翠_0090
前菜 柳鰈風干し 毬栗真丈
   サンマ燻製 南京岩石
   みのり稲穂 いちじくレモン煮
   柿白和え ザクロ 栗渋皮煮
前菜といいながら、大きな台に載せられてドカンと出てきます。
すごく、贅沢感が演出されています。
木の葉や、笹の装飾もとても良いですが、
敷物として、キラキラしたビニールがあるのは余計かと。

奈良偲の里玉翠_0091
土瓶蒸し 松茸 鳥つみれ 青銀杏 三つ葉
     木の葉人参 すだち

奈良偲の里玉翠_0093
秋の味覚、松茸の香りに、すだちを少し搾って頂きます。

奈良偲の里玉翠_0095
次は、鳥獣戯画のお皿とともに、こちらもドカンと大きな氷鉢で出てきたのが、

奈良偲の里玉翠_0096
御造里氷鉢 伊勢海老 鮑 鮪
      地魚 伊豆本山葵 妻色々
この氷鉢の大きさには圧倒されます。
山葵が丸々一本であるのもgood。丸かじりで頂きました。

伊勢海老も鮑もと、高級食材のオンパレードですが、量は少量。
一尾の殻を、器と利用ているのでしょう。

奈良偲の里玉翠_0097
煮物 菊花ゆり根まんじゅう 薩摩芋紅葉
   海老 スナップエンドウ 紅葉麩

奈良偲の里玉翠_0098
次は、メインのしゃぶしゃぶの準備がされます。

奈良偲の里玉翠_0099
温物 金目鯛しゃぶしゃぶ 水菜 笹葱
   椎茸 舞茸 人参 特製ポン酢

奈良偲の里玉翠_0100
金目鯛をさっと、湯に通します。
また、このだし汁がおいしいんです。ずるずると飲んでしまいました。

奈良偲の里玉翠_0101
止肴 サーモン博多押し 打胡瓜
   がり生姜 浸し菊 花蓮根
   イクラ 敷黄身酢

奈良偲の里玉翠_0102
食事 栗ご飯
止椀 赤出し 巻麩 豆富 三つ葉
香物 四点盛り
こういう、木の敷物で提供されると、高級さが増しますね。磨かれ切ってはいませんが。

奈良偲の里玉翠_0103
水菓子 紫芋ムース
    白玉ぜんざい

夕食は、おなか一杯。品数は多めです。
但し、量でかせいでいるわけでなく、質もいいものです。
そういえば、揚げ物が一つもなかったので、ヘルシーとも言えます。
満腹満足です。

奈良偲の里玉翠_0107
部屋に戻ると、
小さな夜食が用意されていました。
ニューサマーオレンジのピールを使用した砂糖菓子。
満腹の夜食にちょうど良いものでした。
案内はパウチで使いまわしです。

奈良偲の里玉翠_0119
夜は、ベランダで少し、リラックスタイム。

奈良偲の里玉翠_0115
宿の庭園は、足下の灯りが、静かな宿を演出しています。
左手の竹林の先は沢のようで、小さな滝の音がずっとこだましています。

奈良偲の里玉翠_0118
夜空。
写真にはしっかりと写りませんでしたが、
周りに建物も少ない山間のため、星がよく見えます。
数百の星が肉眼で見え、流れ星も2つ遭遇することができました。

さて、床に入る前に、
奈良偲の里玉翠_0062
廊下に用意されている、アロマオイルお借りしに行きます。

奈良偲の里玉翠_0110
ベッドルームの枕元には、アロマポットが用意されており、
ここに、アロマオイルを数滴入れます。
ほのかなオレンジの香がベッドルームに広がります。

奈良偲の里玉翠_0111
部屋に用意されているバスローブに着替え、

奈良偲の里玉翠_0108
おやすみなさい。


翌朝。
奈良偲の里玉翠_0142
秋のいわし雲がたなびく、晴れた日です。

奈良偲の里玉翠_0121
まずは、部屋の半露天風呂で、朝風呂を。
そのままベランダに出たいところですが、

奈良偲の里玉翠_0122
これより先は浴衣を着用してお進みください、の案内表示。
確かに、ベランダは、庭園から丸見えですからね。

風呂上がりには、朝の散策に出かけました。
奈良偲の里玉翠_0123
下駄を借りて、玄関を出ます。

奈良偲の里玉翠_0124
宿の庭園から見る、宿泊部屋。
中央に見えるのが、202飛鳥です。

奈良偲の里玉翠_0125
宿の敷地内の、竹林の小路へ。

奈良偲の里玉翠_0127
歩いて2,3分の長さですが、
途中、休憩スペースがあり、
沢の音を聞きながら、ゆっくりと過ごすことができます。

奈良偲の里玉翠_0130
一度、玄関前に戻り、
今度は、宿の敷地外に出てみます。

奈良偲の里玉翠_0139
宿の案内では、徒歩45分の大回り散策コースが紹介されていました。

奈良偲の里玉翠_0131
道中は、民家や別荘マンションなどがありつつ、
軽トラがポツポツと通るような、ごくごく普通の田舎の風景です。

奈良偲の里玉翠_0132
足湯のある公園もありました。

奈良偲の里玉翠_0133
戻ってきて、玉翠の外観。

部屋に戻り、朝食に向かいます。
奈良偲の里玉翠_0144
朝食は、夕食と同じ個室料亭。

奈良偲の里玉翠_0145
始めに、スタッフが来て、
新鮮野菜をサーブしてくれます。

あらかじめセットされていれば、何でもないトマトとキュウリですが、
サーブの演出で、少し特別感を感じさせられます。

奈良偲の里玉翠_0150
ところてんも、自分でにゅっと絞り出します。

奈良偲の里玉翠_0154
更に、タジン鍋と、
奈良偲の里玉翠_0155
干物が提供され、

奈良偲の里玉翠_0153
朝食のセットが整いました。
一つ一つは、旅館の一般的な和食ですが、
ポンと置いてあるのでなく、演出を加えてあることで、
何んとなしに、良い印象が残る朝食でした。

奈良偲の里玉翠_0073
朝食後は、部屋で準備を整え、チェックアウト。
インカムで、館内スタッフ全員に、202号室精算終了、と共有していたオペレーションは、
伝わっている感を担保できる、小さな宿ならではの強み作りとして、とても良いことと思いました。

送迎の車で、駅に向かいます。
奈良偲の里玉翠_0156
送迎の車に乗り込むときに、お土産を渡されました。
ビニール袋に入れた、温泉玉子一つ。旅の軽食として。
そういえば、朝の散策の時に、駐車場横に温泉玉子作り場がありました。


奈良偲の里玉翠_0157
送迎先の伊豆熱川駅。
駅前は、湯けむりの立つ、温泉街の風情がある空間です。

奈良偲の里玉翠_0158
駅から海側に広がる熱川温泉街を横目に、
伊豆急の下り、伊豆急下田行きに乗り込み、
次の目的地、下田温泉、浜辺の宿 濤亭 に向かいました。

奈良偲の里 玉翠
高級の中でも、更に一歩上を目指している感じがしました。
到着時に三つ指立てて迎えたり、食事の時に個室料亭の前ではスタッフが整列していたり、
教育を行き届かせようという、経営の意思を感じます。
最高級には至っていませんが、手元に用意できるもので、工夫で演出しているように感じました。
到着時のお茶菓子も普通のものを、懐紙・黒文字楊枝で演出し、
夕食は、伊勢海老・鮑も少量ながら、一尾の殻で大きく見せ、
朝食も内容は一般的であるものを、野菜のサーブや、自分でところてんを絞り出させたり、
というのは、良い旅館であるという印象付けに大いに役立っています。
一方、その手元に用意できるもの感と、案内にパウチを使うという再利用感覚、夕食の木の敷物の磨きが足りなかったり、洗い物が楽になるようにとビニールの敷物があったりという、経済性が見えてしまうのが、最高級とはならない所以かと。

最高級を期待されると厳しいですが、高級を想定していたら、その想定を超えてくる、満足度の高い宿です。
静かな立地に、新しい建物ですから、ストレスなく、ゆっくりと過ごすのに適しています。

★「奈良偲の里 玉翠」(伊豆/熱川温泉) ブログ
★「奈良偲の里 玉翠」が好きなら、この宿もおすすめ
 「御宿かわせみ」(東北/飯坂温泉)
 「游泉志だて」(東北/志戸平温泉)


旅館・ホテルランキング

↑このページのトップヘ