大河ドラマ『麒麟がくる』の舞台で盛り上がる岐阜県。
その飛騨にある 下呂温泉 水明館 に行ってきました。
水明館_0078
下呂温泉は、林羅山の詩文集において、日本三名泉として、草津・有馬と並び称させる温泉です。

水明館_0021
東京駅から東海道新幹線で出発します。

水明館_0022
1時間半余りで名古屋駅に到着。

水明館_0023
東海道本線に乗り換えて、約20分。

水明館_0027
岐阜駅に到着です。地方都市としては大きい駅。
駅前ロータリーには、黄金の信長像。

水明館_0024
いたるところに大河ドラマ館のバナーがはためいていて、
街全体でのアピールがすごいです。

水明館_0030
そのアピールに従って、大河ドラマ館のある岐阜公園に向かいます。
岐阜駅からは路線バスで。
多くの路線が通る区間にあるので、数分に1本のペースでバスが来ます。

水明館_0031
バスに乗って約15分。岐阜公園歴史博物館前バス停に到着です。
麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館 のある岐阜市歴史博物館。
2階が大河ドラマ館になっています。

水明館_0033
例年の大河ドラマ館は、ドラマで利用された衣装やセットなどの展示だけで、
刀剣や書状などの史料の展示はないのですが、
1階の岐阜市歴史博物館にもそのまま入れるので、史料の展示も見ることができ補完されていました。
来客はパラパラ。それに対するドラマ館の案内スタッフの多いこと。
大河ドラマ特需を想定した配置が、新型コロナで客足鈍った現在では過剰の様子。
仮設の出店も、閑散としていました。

水明館_0035
岐阜公園は金華山、つまり岐阜城跡なので山麓には信長居館跡もあるのですが、

水明館_0034
板垣退助の銅像もありました。
かの有名な「板垣死すとも自由は死せず」の由来となった岐阜事件は、
かつてこの場所にあった、神道中教院が舞台であったとのこと。

水明館_0036
山麓から、金華山ロープウェーで山頂に向かいます。

水明館_0038
小さめのロープウェー。3分程度の空中散歩です。

水明館_0039
山頂駅からも、天守閣へは、山道の徒歩でした。
途中でようやく見えてきた天守閣。

水明館_0040
天守閣まで山頂駅から徒歩7分程度ですが、
夏の山道。汗が噴き出ました。

水明館_0041
天守閣はコンクリートの城型博物館ながら、山の上からの景色は一望。
西向き。昔の城下町と長良川、鷺山城を望みます。

水明館_0042
北向き。長良川が天然の濠となっています。

水明館_0043
東向き。山が連なっている方角ですが、金華山(稲葉山)が一番高く、
先が見渡せます。ここに本丸が置かれるわけですね。

水明館_0044
南向き。右前方が岐阜駅方面。
4階建ての天守閣は、滞在10分余りといったところでした。

水明館_0045
天守閣の近くにある岐阜城資料館。
1部屋の展示空間で滞在は5分程度です。

水明館_0049
再び山道を下り、山頂駅からロープウェーで下りました。
往路に山麓駅で、岐阜城盛り上げ隊の武将がうちわを配っていましたが、
山頂に上がってから理由がよくわかりました。夏の山道行軍に大変助かりました。

水明館_0054
岐阜城天守閣とロープウェーの全景を山麓から見ます。
徒歩でも40分ほどで山頂まで行けるらしいのですが、夏には厳しいですね。

水明館_0055
帰りのバスに乗り込みます。

水明館_0056
岐阜駅までは乗らず、途中の柳ケ瀬バス停で下車。
『柳ケ瀬ブルース』という昔の歌もありますが、岐阜の中心繁華街です。
地方都市らしい、アーケード街。

水明館_0062
このアーケードの先にあるのが、岐阜の有名ラーメン店。
中華そば 丸デブ総本店。

水明館_0059
大正六年創業の老舗中華そば店です。

水明館_0061
中華そば。

わかりにくいのですが、小さめの器(箸との比較でみてください)に、
黒めの透き通ったツユ。細くて白い、少し粉っぽいストレート麺。
食べた印象としては、ラーメンというより、ひやむぎに近いと感じました。
するっと軽く完食できる中華そばです。

水明館_0064
柳ケ瀬から岐阜駅までは1kmくらいなので徒歩で移動しました。
写真は、岐阜駅前の黄金の織田信長像。

水明館_0066
岐阜駅から下呂にむけて、特急ひだに乗り込みます。

水明館_0068
途中、鵜沼駅手前では遠く丘の上に、国宝犬山城を望み、

水明館_0072
だんだんと、渓谷沿いの景色となっていきます。

高山本線一番の景勝地、飛水峡。
特急ひだではビューポイントで、自動放送の観光案内が日本語・英語で入ります。
観光客、特にインバウンド需要が多いことがうかがえます。
水明館_0073
岐阜駅から約1時間15分。下呂駅に到着です。

水明館_0075
駅では、各旅館の送迎スタッフの持ち看板が勢ぞろい。

駅舎の後ろから頭を出している建物が、目的地の水明館です。
水明館_0074
水明館の送迎バスに乗り込みます。

水明館_0076
送迎バスで、わずか1分ほど。
水明館に到着です。

水明館_0079
ロビーに入ります。
ザ・大型旅館のおもむき。

水明館_0080
フロントにてチェックイン手続き。宿帳に記入。
部屋の案内まで、ロビーで待ちます。

水明館_0081
ロビー横のラウンジの先は、

水明館_0082
日本庭園の景色です。

水明館_0115
それでは、部屋に案内されます。
ロビーのある棟の飛泉閣から、吹き抜けのエスカレーターを上がり、

水明館_0114
臨川閣の棟に入ります。
雰囲気が一段高級な空間になります。


水明館_0113
臨川閣のエレベーターに乗り込みます。

水明館_0112
エレベーターで、7階へ。

水明館_0083
7階に到着。

水明館_0084
本日の部屋、751。
臨川閣和室12.5畳+バルコニー。

水明館_0085
踏込から、

水明館_0086
和室12.5畳。

水明館_0089
部屋を反対側から。

水明館_0087
部屋の生け花。

水明館_0091
広縁からの景色は、

水明館_0146
飛騨川をはさんで、下呂温泉街。
眼下には、館内施設のプールも見えます。

水明館_0092
広縁の横には、小さなバルコニー空間。
下呂駅ビューです。

水明館_0094
水回り。

水明館_0095
内風呂は、檜風呂。お湯は温泉です。

水明館_0097
お手洗い。

水明館_0099
金庫と、

水明館_0098
浴衣に羽織。

水明館_0164
タオルは部屋から持参。
バスタオルは大浴場に用意があります。

水明館_0093
冷蔵庫の中には、フリーのミネラルウォーターが用意されていました。

水明館_0101
お茶菓子は、

水明館_0103
一般的な土産菓子です。水まんじゅうは、冷蔵庫に用意されていました。

水明館_0147
各種の案内は、鍵と一緒に渡される案内カードにて。

水明館_0100
ルームキーは、こんな感じです。


他の棟の部屋も見させてもらいました。
水明館_0134
最初は、山水閣。

水明館_0138
山水閣のエレベーター。

水明館_0122
【山水閣】廊下。

水明館_0121
【山水閣 和室】。

水明館_0116
【山水閣 和室】踏込から、

水明館_0117
【山水閣 和室】和室10畳。

水明館_0118
【山水閣 和室】水回り。

水明館_0119
【山水閣 和室】内風呂。

水明館_0141
続いて、飛泉閣。
エレベーターから。

水明館_0123
【飛泉閣 和洋室】和室部分。

水明館_0124
【飛泉閣 和洋室】洋室部分。

水明館_0125
【飛泉閣 和洋室】水回り。

水明館_0126
【飛泉閣 和洋室】内風呂。

水明館_0128
飛泉閣の廊下。

水明館では、山水閣と飛泉閣が同グレード、臨川閣が上位グレードになっていますが、
山水閣と飛泉閣は、高級と言う運用はされていません。
高級旅館を求める場合は、臨川閣、もしくは離れ青巒荘を指定しましょう。

水明館_0131
大きな宴会場もあり、

水明館_0129
春秋の間500畳。
ほか、1080㎡の洋宴会場である朝陽の間があります。

水明館_0132
能舞台付きの宴会場もあります。

水明館_0133
この会場では、本物の能楽も行われているそうです。

水明館_0137
レストランの種類には特徴があり、
温泉旅館にも関わらず、和食のほか中華レストランもあり、

水明館_0139
欧風レストランもあります。

水明館_0144
また、今夜の夕食会場であるダイニング、
そして部屋食という、夕食会場に5パターンもあるのが水明館の特徴です。

また、大きなクラブ空間やカラオケルームもあり、全方位対応の大型旅館です。

大浴場も、3カ所あり、
水明館_0136
山水閣1階のぼたん風呂と、唯一の露天風呂である野天風呂「龍神の湯」。

水明館_0142
飛泉閣9階の展望大浴場。

水明館_0145
臨川閣3階の下留の湯。

大浴場のグレード感も、棟に比例しており、
おすすめは、臨川閣3階の下留の湯です。

水明館_0148
風呂上がりには、下呂温泉街に散策に向かいました。
外の出る際は、玄関横で下駄を借ります。

水明館_0149
水明館の横にある橋で、飛騨川を渡ります。

水明館_0152
渡った先からの水明館の全景。
左から、臨川閣・飛泉閣・山水閣。
離れ青巒荘は、臨川閣のさらに左側にあります。

水明館_0153
下呂温泉街の入り口。
川沿いに、柳と散策用の歩道が整備されています。

水明館_0154
川沿いにも、いくつかの飲食店があります。

水明館_0157
しかし、従来の下呂温泉街は、川沿いでなく、
川に対して直角方向に道が延びています。

水明館_0158
こちらには、日本三名泉発祥の碑があったり、

水明館_0163
足湯があったり、

水明館_0160
飲食店があったり。
下呂プリンというお店のマスコットはカエル。きっと音の響きからでしょう。

水明館_0159
顔ハメ看板などもありました。
看板にも書いてある通り、下呂温泉はもともと湯之島と呼ばれており、
林羅山も、日本三名泉を草津・有馬・湯島 と記していたとのことです。

水明館_0155
ところで、温泉街の辻々には、
このようなもの設置されており、そこからBGMが流されていました。
閑散としているときでも、安心感を演出するためでしょうか。

さて、水明館に戻れば、夕食の時間となりました。
水明館_0166
今日の夕食会場は、ダイニング常磐です。

水明館_0168
朝食にも利用されるダイニング空間のレストランです。

水明館_0167
席はこちら。
日本庭園に面した窓辺の席。

水明館_0170
最初のセット。

水明館_0171
御献立。
下に説明文付きです。

水明館_0172
飲物は、下呂の地酒 飛切り ではじめます。

水明館_0175
前菜 三味豆富 クコの実
   蛇の目花丸胡瓜 蒸し雲丹
   山葵 美味出汁ジュレ

   穴子小袖寿司 太刀魚利久焼き
   蛇籠玉蜀黍 丸十檸檬煮
   枝豆カステラと海老松葉刺し
   山海月梅肉和え 酢取茗荷

   蛸柔か煮 小芋土佐煮
   南京旨煮 蓮根 針人参
   スナップエンドウ 木の芽

水明館_0176
椀替り 青竹に鶏つくね
    笹打ち葱 冬瓜 青便菜
    蕎麦素麺 柚子胡椒卸し

水明館_0177
ぐつぐつと煮込んで鍋をいただきます。

水明館_0178
造里 鯛 縞鯵 焼き霜帆立 レモン
   薬味剣(貝割れ 茗荷 大葉)
   花穂紫蘇 ラディッシュ 山葵
刺身は、乾いている感じです。

水明館_0179
焼肴 地天子の朴葉味噌焼き
   椎茸 占地 舞茸 青唐 白髪葱
   骨煎餅

水明館_0180
続いて、ダイニングキッチンから運ばれてきたのが、
強肴 和牛ロースステーキ
   和風おろしソース
   ポムデュセス パプリカ クレソン

水明館_0181
御飯 飛騨こしひかり
汁  赤出汁
   厚揚げ 榎茸 三つ葉
香の物 根菜漬 胡瓜

水明館_0182
水物 桃とライチのゼリー
   プチケーキ

ザ・大型旅館の食事、という感じです。
前菜や造里の乾き具合や、席のコンロで加熱するメニューが多いことから、
多客を対応できるように、一気に作り置いている感じがします。
一方、ロースステーキは焼き立てで、ダイニングレストランの特徴を生かしたものではないでしょうか。

水明館_0183
食後は、お酒をもう一杯求めて、
バー マローネ へ。

水明館_0184
シティホテルのバーのような、シックな空間。

水明館_0186
バーテンがいるので、フルーツを使ったカクテルをリクエストしました。

水明館_0185
マローネスペシャルカクテル。
さらりとした飲み口でした。

水明館_0187
バーの後は、小腹が空いたので、
中華レストラン 龍遊里 へ。

水明館_0190
ここは、ディナーが終わると、
ミッドナイト営業として、夜食処になっています。

水明館_0191
名物と案内された、
飛騨納豆喰豚坦々麺 をいただきました。


夕食、バーから夜食まで満喫して、おなか一杯になりましたので、
部屋に戻り就寝。


翌朝。
水明館_0192
山には朝もやがかかりながら、晴れた日となりました。

水明館_0193
早々に朝食に向かいます。
朝食の会場も、ダイニングレストラン常磐。

水明館_0194
朝食はバイキングです。
取り分けされた小鉢を、思いつくままに手に取ります。

水明館_0196
和食のカウンターコーナーや、

水明館_0198
目の前でコックが調理するフレンチトーストなどの洋食コーナー、

水明館_0195
デザートコーナーを含めて、種類は多彩。

水明館_0201
ほぼ全種類を取って、モリモリの朝食になりました。
種類の多いバイキングは、大型旅館での楽しみの一つですね。

水明館_0202
窓辺の席を陣取り、食事を頂きました。

水明館_0203
食後は、フロントでチェックアウト。

水明館_0206
下呂駅まで送迎車も出ていますが、

水明館_0205
駅まですぐ近くなので、歩いて水明館を後にしました。

水明館_0207
水明館から徒歩3分。
下呂駅から、次の目的地高山へと向かいました。

水明館
何でもそろう大型旅館です。
食事も大型旅館的ですが、楽しく滞在できます。

一方、高級旅館と言えるとすれば、臨川閣、そして離れ青巒荘のみ。
山水閣と飛泉閣はリーズナブルな旅館と心得ましょう。

★「水明館」(東海/下呂温泉) ブログ
★「水明館」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「鐘山苑」(山梨/富士山温泉)
 「稲取銀水荘」(伊豆/稲取温泉)
 「堂ヶ島ニュー銀水」(伊豆/堂ヶ島温泉)
 「福一」(群馬/伊香保温泉)
 「鴨川館」(房総/鴨川温泉)
 「翔峰」(長野/美ヶ原温泉)
 「白玉の湯華鳳」(新潟/月岡温泉)
 「佐勘」(東北/秋保温泉)
 「古窯」(東北/かみのやま温泉)
 「ホテル九重」(静岡/舘山寺温泉)
 「ホテル花水木」(東海/長島温泉)
 「賢島宝生苑」(東海/伊勢志摩)
 「加賀屋」(北陸/和倉温泉)
 「有馬グランドホテル」(関西/有馬温泉)
 「佳翠苑皆美」(中部/玉造温泉)
 「大谷山荘」(中国/長門湯本温泉)
 「指宿白水館」(九州/指宿温泉)


旅館・ホテルランキング