北海道の高級宿、フラノ寶亭留(ホテル)に行って来ました。
フラノ寶亭留_0070
北海道の高級宿グループの、第一寶亭留グループである、
フラノ寶亭留と支笏湖第一寶亭留 翠山亭への2泊3日の北海道旅行です。

フラノ寶亭留_0026
朝日が出始めた羽田空港からJAL便に乗り込みます。

フラノ寶亭留_0027
雪が積もり始めた北海道へ。

フラノ寶亭留_0028
約1時間半で、旭川空港に到着です。

フラノ寶亭留_0030
旭川空港からは、1日1便だけ運行される、
10時発の旭山動物園行きバスに乗り込みます。

フラノ寶亭留_0031
ダイヤでは所要35分ですが、
道の混雑がなかったからか20分で着いてしまいました。

フラノ寶亭留_0036
旭山動物園10:30の開場まで待ち、入場します。

フラノ寶亭留_0037
広い園内に、展示館が点在する旭山動物園には、

フラノ寶亭留_0038
ペンギンや、

フラノ寶亭留_0045
アザラシ、

フラノ寶亭留_0050
ホッキョクグマ、

フラノ寶亭留_0053
レッサーパンダなど。かわいい。

旭山動物園は、行動や生活を見せる「行動展示」で有名になった動物園。
企業再生の事例としても知られますね。

フラノ寶亭留_0055
旭山動物園からは、バスで旭川駅に向かいます。

フラノ寶亭留_0062
旭山動物園から40分で旭川駅に到着。

フラノ寶亭留_0060
昼食は、旭川駅から歩いて5分の、らぅめん青葉へ。
戦前から続く旭川ラーメンの老舗です。

フラノ寶亭留_0059
正油ラーメン。
旭川ラーメンの典型といえる、しょうゆのダブルスープに低加水麺でした。

フラノ寶亭留_0063
旭川駅に戻り、富良野線に乗り込みます。

フラノ寶亭留_0064
旭川駅から1時間10分、富良野駅に到着です。

フラノ寶亭留_0066
駅からはタクシーで8分、

フラノ寶亭留_0070
フラノ寶亭留に到着です。

フラノ寶亭留_0068
玄関を入ると、十勝岳連邦が正面に広がるロビー。

フラノ寶亭留_0067
チェックインは、ロビーの長いカウンターテーブルで行われます。

フラノ寶亭留_0071
カウンターに吊るされた照明をよく見ると、
ただのガラスでなく、ふらの牛乳の牛乳瓶でした。

フラノ寶亭留_0367
カウンターで、宿帳に記入と、宿の説明をされます。
案内の書面も渡されます。食事の時間や場所と、

フラノ寶亭留_0368
滞在の過ごし方の提案が書かれていました。

では、部屋に案内されます。

フラノ寶亭留_0072
今日の部屋は、ロビーと同じ3階のこちら。
305。ラグジュアリーツイン。

フラノ寶亭留_0073
ドアを入り、

フラノ寶亭留_0074
2ベッドの洋室。

フラノ寶亭留_0075
ソファーもある余裕のある空間です。

フラノ寶亭留_0089
バスルームは、洋室から丸見え。

ラグジュアリーツインは、最上階の3階であるために、
天井が高く作られていることが、デラックスツインとの違いになっています。

フラノ寶亭留_0077
バルコニーに出ると、

フラノ寶亭留_0078
目の前は、ホテルの敷地であるお花畑。
季節ごとの花があり、特に7月頃はラベンダーがすばらしいそうです。

フラノ寶亭留_0079
バスルームには、

フラノ寶亭留_0081
洗面台と、

フラノ寶亭留_0082
お手洗いに、

フラノ寶亭留_0084
シャワーブース。

フラノ寶亭留_0086
館内着は、作務衣に、

フラノ寶亭留_0085
丹前です。
タオル、バスタオルは、大浴場に持参です。

フラノ寶亭留_0092
足元は、「洗い立て」スリッパ。

フラノ寶亭留_0087
冷蔵庫の飲み物は、全てフリー。
追加もフリーとのこと。オールインクルーシブに近い宿ですね。

フラノ寶亭留_0126
サッポロ黒ラベルを一杯。
ビール、トマトジュース、にんじんジュース、ガラナ、ラベンダーティー、水が無料セットになっています。

フラノ寶亭留_0088
コーヒーメーカーの用意もありました。
コーヒーパックはたくさん置いてあり、緑茶パックもあり。

フラノ寶亭留_0090
それでは、鍵を手に取り、部屋を出ます。

フラノ寶亭留_0094
ロビー横のラウンジでは、15~17時にティータイムの用意がありました。

フラノ寶亭留_0093
パティシエ手作りの小菓子と、

フラノ寶亭留_0096
コーヒーがセルフで用意されています。

フラノ寶亭留_0112
なかでも、ふらの牛乳プリンが名物になっています。

フラノ寶亭留_0111
館内には、エレベーターもありますが、

フラノ寶亭留_0108
吹き抜けになっている階段がメインの導線。

フラノ寶亭留_0157
階段の踊り場には、宿のコンセプトである「藝(わざ)」の書。

フラノ寶亭留_0097
芸術品の展示が多く、

フラノ寶亭留_0124
セミナールームもあります。
団体で利用されているケースは少ないので、

フラノ寶亭留_0104
宿泊客の滞在スペースに解放されています。
このあたりだけ、装飾の無い、機能的な空間です。

フラノ寶亭留_0105
なぜかクリスタルピアノがありました。
X JAPANのYOSHIKIのものと同じ型で、日本に3台しかないのだとか。

フラノ寶亭留_0106
書の展示。

フラノ寶亭留_0107
筆と半紙が置いてあり、好きに書道を楽しむことを勧められています。

フラノ寶亭留_0103
大浴場は1階。

宿泊部屋の並びを通り抜けます。
廊下は、ヒーリングBGMが流れていました。

フラノ寶亭留_0113
エステティックサロンの先に、

フラノ寶亭留_0121
1階大浴場。

フラノ寶亭留_0114
脱衣場。

フラノ寶亭留_0115
洗面台。

フラノ寶亭留_0116
内風呂に、

フラノ寶亭留_0119
洗い場。

フラノ寶亭留_0117
ミストサウナもあります。

フラノ寶亭留_0118
露天風呂。

温泉は、少ししょっぱい泉質です。
地下深くから掘った古代の温泉のようなにおいがしました。

温泉に入っていたらすっかり暗くなり、夕食の時間となりました。

フラノ寶亭留_0135
夕食会場は、3階レストラン。

フラノ寶亭留_0136
カウンターで部屋番号を伝え、席に案内されます。

フラノ寶亭留_0138
今日の席はこちらです。

フラノ寶亭留_0139
シックな雰囲気のフレンチレストラン。

作務衣に羽織を着ての、フレンチです。
BGMはクラシック。

フラノ寶亭留_0140
テーブルのセット。

フラノ寶亭留_0141
お品書き。

フラノ寶亭留_0142
飲物は、勧められたスパークリングワインからはじめます。
ふらのワインのスパークリングワイン「ぺルル・ド・バッカス2015」。

フラノ寶亭留_0143
熟成により琥珀色になった、まろやかなスパークリングワインです。

フラノ寶亭留_0144
Amuse-Bouche
お食事の前のお楽しみ・・・

鴨ペースト、ハム、キッシュ。

フラノ寶亭留_0145
Sawara
鰆・紅玉・黒オリーブ

鰆のマリネとリンゴ(紅玉)のペースト。
リンゴの味の主張が強いです。
メインの魚料理ではありませんが、鰆のマリネが身がしっかりしていて美味しい。

フラノ寶亭留_0148
パンは、バターをたっぷり付けて頂きます。

フラノ寶亭留_0146
Poulpe
噴火湾産水ダコ・540・レッドペッパー

噴火湾産水ダコとパプリカ、じゃがいものソテー。
じゃがいもは、倶知安産540。-5℃の場所に540日間熟成した、甘みの強いもの。
ソースはレッドペッパー。

フラノ寶亭留_0150
おかわりのパン。2種類目。
以降のおかわりは、この2種のリピートでした。

フラノ寶亭留_0151
Daurade
真鯛・時季の根菜・押麦

真鯛のポアレと2種類の大根と大葉を上にのせている。スープがブイヨン。
押麦が、スープリゾットのような感じでした。

フラノ寶亭留_0153
Granite
お口直し

ライムのシャーベット。

フラノ寶亭留_0152
続いての飲物は、白は飛ばして、富良野ワイン(赤)を注文。

フラノ寶亭留_0149
フラノ寶亭留のドリンクメニューは、こちらのリストのほか、
ワインセラーにある何十種のワインが対応可とのことでした。
かなり立派なラインナップがありました。

フラノ寶亭留_0154
Canard
滝川産鴨肉・ビーツ・白玉葱

ローズマリーのソースと、ビーツのピューレ。
鴨肉は、鴨らしさ全開の味でした。

フラノ寶亭留_0155
Mont-blanc
栗・カシス・ブルーベリー

モンブラン。カシスのムースに栗のクリームを掛け。
ブルーベリーのソルベ。

フラノ寶亭留_0156
Cafe et mignardises
食後のお飲み物とお菓子

クッキーとフィナンシェでした。

フラノ寶亭留_0173
夕食後は1階ロビー横の、GLASS BARへ。

フラノ寶亭留_0171
ここでは、ホテルスタッフがバーテンになります。

フラノ寶亭留_0164
GLASS BARのドリンクメニューは、

フラノ寶亭留_0165
一部のものを除きフリードリンク。
GLASS BARドリンクメニュー1/5。

フラノ寶亭留_0166
GLASS BARドリンクメニュー2/5。
本当に9割以上が無料サービス。

フラノ寶亭留_0167
GLASS BARドリンクメニュー3/5。
地酒や、

フラノ寶亭留_0168
GLASS BARドリンクメニュー4/5。
焼酎、ウィスキーまで。

フラノ寶亭留_0169
GLASS BARドリンクメニュー5/5。

フラノ寶亭留_0174
頂いたのは、ジントニックと、

フラノ寶亭留_0175
旭川の地酒、男山。
水のようにスイスイと飲めて危険な日本酒でした。

フラノ寶亭留_0163
バーでは2杯頂き、辞去しました。

フラノ寶亭留_0176
部屋に戻って21時過ぎ。ドアをノックする音が。

ホテルスタッフより、夜食が届けられました。

フラノ寶亭留_0177
中身は、ちまき。
夕食がフレンチなので、ご飯を希望されることが多いということで始めたサービスなのだとか。

フラノ寶亭留_0180
2口くらいの大きさで、ペロリと食べてしまいました。

お酒も十分に飲んだので、すっかり眠くなり、
そのまま就寝。



翌朝。
フラノ寶亭留_0181
雪のちらつく富良野の朝です。

フラノ寶亭留_0187
部屋の前には、新聞が届けられていました。

フラノ寶亭留_0186
朝風呂に大浴場へ。
男女入れ替わりとなり、朝は3階大浴場。

フラノ寶亭留_0199
脱衣場から、

フラノ寶亭留_0200
内風呂。
大浴場もヒーリングBGMが流れていました。

フラノ寶亭留_0202
二つ目の内風呂。
3階大浴場には、露天風呂はありません。

フラノ寶亭留_0203
代わりに、岩盤浴がありました。
バスタオルを敷いて寝っ転がる形です。

フラノ寶亭留_0185
風呂上がりには、
ふらの牛乳が用意されていました。

腰に手をあてて、ゴクゴクと頂きました。

フラノ寶亭留_0188
朝食へと向かいます。
会場は、夕食と同じレストランです。

フラノ寶亭留_0195
テーブルはレイアウトが変えられており、朝食は全席窓向きに配置されていました。

フラノ寶亭留_0189
私は、窓辺の席に案内されます。

フラノ寶亭留_0194
ドリンクはカウンターから自由に取るスタイル。

フラノ寶亭留_0191
グリーンスムージーに、トマトジュース、ふらの牛乳。
オレンジジュースや、ヨーグルトとグラノーラもありました。

フラノ寶亭留_0196
朝食がセットで運ばれてきました。
フラノチーズ工房のチーズなど、地元のものが入った洋食です。

フラノ寶亭留_0197
パンは、チョコとクランベリーのパンと、クロワッサン。

フラノ寶亭留_0193
パンに付けるのは、バターと特製ジャム。

フラノ寶亭留_0198
御飯も一緒にお願いできました。

フラノ寶亭留_0204
朝食後は、ホテルの敷地内を散歩。

35,000坪の広大な敷地は、歩きまわれないくらい広いです。
夏期間はカートの貸出がありますが、冬期間は路面凍結のためありません。

フラノ寶亭留_0206
外からのフラノ寶亭留の全景です。

フラノ寶亭留_0211
部屋に戻り、支度をして、チェックアウトに進みます。
ロビーからは、朝の十勝岳方面の景色。

フラノ寶亭留_0210
フロントにて、チェックアウト。

フラノ寶亭留_0212
タクシーで富良野駅へ。

フラノ寶亭留_0225
富良野駅から、次の訪問地 支笏湖第一寶亭留 翠山亭 に向かいました。


フラノ寶亭留
旅館にカテゴライズされていますが、
ホテル、だなと思いました。リゾートホテル。
サービスの形式、食事内容がフレンチであること、レストランのワインラインナップの豊富さ。

で、リゾートホテルと捉えたとき、リッツ・カールトンとかには勝てないわけですが、
むしろそのホテル要素を極めていないという部分が、肩の力を抜いてリラックスできる要素になっていると思いました。
作務衣に丹前で過ごすのもその一つです。

そして、ほぼオールインクルーシブを志向した宿であることも、リラックスのポイント。
冷蔵庫のビール・ジュースから、ティータイムのスイーツから、バータイムまでもフリー。
支払うのは、夕食時の飲物代くらいです。

なかなかレベルの高い宿。第一寶亭留グループの中でも1ランク上の宿でした。

★フラノ寶亭留(北海道/富良野) ブログ
★フラノ寶亭留が好きなら、この旅館もおすすめ
 「竹泉荘 Mt.Zao Onsen Resort & Spa」(東北/遠刈田温泉)
 「明神館」(信州/扉温泉)
 「鬼怒川金谷ホテル」(栃木/鬼怒川温泉)


旅館・ホテルランキング