いい旅館訪問記 旅館マニアによる高級旅館のおすすめブログ

東京在住の旅館マニアが、口コミ・ランキングに頼らない現地情報を紹介するブログ。 「その旅館が好きなら、この旅館もおすすめ」というリンクも紹介中。 住まいから関東の温泉宿が中心になると思います。

カテゴリ: 東海(愛知・岐阜・三重)

飛騨高山にある 本陣平野屋花兆庵 に行ってきました。
本陣平野屋花兆庵_0263
飛騨の小京都、高山の街中にある高級旅館への訪問です。

本陣平野屋花兆庵_0207
前日の下呂温泉水明館からの続き。
今日は下呂駅からスタートです。

本陣平野屋花兆庵_0209
高山方面へは、9時の便の後は、5時間ほど普通列車がありませんので、

本陣平野屋花兆庵_0211
特急ひだに乗り込みます。

本陣平野屋花兆庵_0214
利用する乗車券は、東京駅から高山駅までの切符。
昨日は岐阜駅と下呂駅での途中下車をしました。

本陣平野屋花兆庵_0215
下呂駅から約45分で、高山駅に到着です。

本陣平野屋花兆庵_0216
数年前に新駅舎となったらしく、お洒落な駅になっていました。
お迎えの看板を持った宿のスタッフとミートして、送迎車に案内されます。

本陣平野屋花兆庵_0218
駅前で待っていたのは、黒塗りの車、センチュリー。

本陣平野屋花兆庵_0220
駅から3分ほどで、本陣平野屋花兆庵に到着です。
まだ午前でしたので、荷物だけを預けて高山散策に出発します。

本陣平野屋花兆庵は、観光には最高の立地で、
本陣平野屋花兆庵_0221
100m先には、入場施設としては高山で最もメジャーな、高山陣屋。

本陣平野屋花兆庵_0222
全国で唯一現存する、郡代役所なのだとか。

本陣平野屋花兆庵_0223
陣屋前の交差点には、道端に小さな小屋の店。
有名店、陣屋だんご。

本陣平野屋花兆庵_0224
高山名物"みだらし"だんご。
もちもちとした、よく伸びるだんご。食べ歩きにちょうど良いです。

本陣平野屋花兆庵_0225
陣屋前から、赤い欄干の中橋越しに見える小高い丘が、高山城跡です。
早速、本丸目指して歩きだします。

本陣平野屋花兆庵_0237
車道の突き当り、駐車場の横の歩道を上りはじめます。

本陣平野屋花兆庵_0229
民家の横の石段を進むと、

本陣平野屋花兆庵_0231
高山城址の碑のある、山道入口となります。

本陣平野屋花兆庵_0236
入口から入ってすぐ右手には、軍人の胸像がありました。
「杉野はいずこ~」で知られる戦前の軍歌『廣瀬中佐』の広瀬武夫中佐。
豊後竹田生まれながら、高山で小学校時代を過ごしたとのことです。

本陣平野屋花兆庵_0232
更に山道を登って、少し開けた場所が、号砲平。

本陣平野屋花兆庵_0235
山道は更に奥まで進み、

本陣平野屋花兆庵_0234
山頂が本丸になります。
ここまで、約20分の山登りでした。

本陣平野屋花兆庵_0233
復元建物などはなく、高山城址の説明板だけがあります。

復路は、山道を駆け下りて、昼食に向かいます。
中橋を渡って、陣屋前に戻り、
本陣平野屋花兆庵_0238
キッチン飛騨 に到着。
場所は、本陣平野屋花兆庵の裏手に立地します。

本陣平野屋花兆庵_0240
店内は、テーブル席とカウンター席。
サーロインステーキが5千円超からと、ランチとしては高級店。

しかし、ランチ限定・数量限定でリーズナブルな、
グリルカットステーキ2,640円があります。
本陣平野屋花兆庵_0241
パンとサラダのAセットも注文して、

本陣平野屋花兆庵_0242
飛騨牛グリルカットステーキ。
脂身の少ないさっぱりとして、かつやわらかいステーキ。
食べる価値ありです。

本陣平野屋花兆庵_0243
サービスで、店頭販売をしているカレーも試食として少しついてきます。
販促に怠りがありません。

本陣平野屋花兆庵_0244
昼食後は、高山の町を散策へ。
ふたたび中橋を渡って、古い町並みに向かいます。
上三之町の通りへ。

本陣平野屋花兆庵_0226
上三之町の通りの入口すぐ横手に、立ち寄りたかった店を発見。
わらび餅 いわき。

本陣平野屋花兆庵_0346
ここの名物が、いわきの早蕨。わらび餅です。
店員に「冷蔵庫に入れると固くなるから、常温で」と繰り返し言われて渡されます。

本陣平野屋花兆庵_0347
本物のわらび粉を使った、黒みがかった茶色の餅です。

本陣平野屋花兆庵_0349
箸で持ち上げると、とろりと伸びるやわらかさ。

賞味期限は3日と短いですが、
ここでしか買えないもので、心を込めた土産には好適品です。

本陣平野屋花兆庵_0246
上三之町は、伝統的な建物が左右に並んでおり、
酒蔵などもあります。左手は高山の山車(さんしゃ)の原田酒造場、

本陣平野屋花兆庵_0245
右手は、深山菊の舩坂酒造店。
こちらは、本陣平野屋花兆庵と同じ経営の酒蔵です。

本陣平野屋花兆庵_0247
コロナでインバウンドの外国人も蒸発し、平日でもあるのでまばらながら、
それなりに観光客はいます。

その中でも、行列になっている店がこちら。

本陣平野屋花兆庵_0249
飛騨 こって牛。
飛騨牛にぎり寿司の店です。

本陣平野屋花兆庵_0251
三種盛り1,000円。食べ歩きには高めの値段設定ですが、5等級の飛騨牛で納得。

皿も、えびせんとなっており、そのまま食べれます。
食べ歩きのゴミ問題解決の策なのでしょう。

含めて、外国人や女性に親和性のある町造りになっていると感じました。
食べ歩き・牛肉をスーシーにしてしまう、など。

本陣平野屋花兆庵_0252
ちなみにこの辺りは、正式名称がそのものズバリ「古い町並」です。

本陣平野屋花兆庵_0253
古い町並 上三之町 の北側の入口は、このような感じです。

本陣平野屋花兆庵_0254
一本隣の通りも、同じく町並保存区域ではありますが、
店や観光客の数は少なめです。やはり中心は上三之町なのでしょう。

本陣平野屋花兆庵_0262
古い町並から、徒歩10分くらいで来れるのが、
櫻山八幡宮。
秋の高山祭の神社です。

本陣平野屋花兆庵_0257
境内にあるのが、高山祭屋台会館。

本陣平野屋花兆庵_0258
高山市内の案内パンフレットは、9か国語で用意されており、

本陣平野屋花兆庵_0259
館内の案内も、ボイスガイドが無料で渡されます。
こちらも、日本語と英語の対応。

本陣平野屋花兆庵_0261
飛騨の小京都と言われる高山の、高山祭で引き出される屋台。
祇園祭の山鉾に似ていますね。

しかし、高山祭屋台会館では観光客に一人も会いませんでした。
古い町並にいる観光客は、ここまでは足を延ばしていいないようです。

いまの観光客と、旧来の観光客の客層の違いを実感。。

本陣平野屋花兆庵_0263
高山祭屋台会館からは徒歩15分、
本陣平野屋花兆庵に戻りました。

本陣平野屋花兆庵_0264
玄関で靴を脱ぎ、進みます。

本陣平野屋花兆庵_0265
到着時に、歓迎の太鼓が打ち鳴らされます。

本陣平野屋花兆庵_0294
ロビーを通り、

本陣平野屋花兆庵_0296
エレベーターに乗り込みます。

本陣平野屋花兆庵_0297
4階に向かいます。

本陣平野屋花兆庵_0319
詠み人知らずのポエム。

本陣平野屋花兆庵_0298
4階に到着。

本陣平野屋花兆庵_0299
廊下の調度品は、和風ですが、

本陣平野屋花兆庵_0316
施設の雰囲気は、市中のホテルのような廊下を進み、

本陣平野屋花兆庵_0345
本日の部屋、452。

本陣平野屋花兆庵_0301
踏込を進み、

本陣平野屋花兆庵_0311
飾りは、吊るされた毬。

本陣平野屋花兆庵_0302
和室12畳。

本陣平野屋花兆庵_0303
部屋を反対側から。

本陣平野屋花兆庵_0304
床の間には、桶に大きめの花が活けてあります。

本陣平野屋花兆庵_0306
高山の街中にあるので、窓は高山市内ビュー。

本陣平野屋花兆庵_0315
広縁のあかりは、和紙包み。

本陣平野屋花兆庵_0308
冷蔵庫は空で、

本陣平野屋花兆庵_0307
水とコーヒーが用意されています。

本陣平野屋花兆庵_0309
水回り、内風呂に、

本陣平野屋花兆庵_0310
お手洗い。

本陣平野屋花兆庵_0314
浴衣の用意。
タオルとバスタオルは、部屋から持参です。

本陣平野屋花兆庵_0267
部屋にて宿帳を記入。
バインダーにありもののボールペン。

本陣平野屋花兆庵_0268
抹茶とお茶菓子も提供されます。

本陣平野屋花兆庵_0269
お茶菓子は、本陣平野屋花兆庵オリジナルのまんじゅうでした。

本陣平野屋花兆庵_0312
部屋を出ます。
メッセージ板は、すき和紙作り。


本陣平野屋花兆庵の他の部屋も見せてもらいました。
本陣平野屋花兆庵_0277
【ジュニアスイートルーム】556 静の間。

本陣平野屋花兆庵_0271
【ジュニアスイートルーム】踏込から、

本陣平野屋花兆庵_0272
【ジュニアスイートルーム】和室の居間。

本陣平野屋花兆庵_0273
【ジュニアスイートルーム】ベッドルーム。

本陣平野屋花兆庵_0274
【ジュニアスイートルーム】水回りの先には、

本陣平野屋花兆庵_0275
【ジュニアスイートルーム】ジャグジーバスルーム。

本陣平野屋花兆庵_0276
【ジュニアスイートルーム】お手洗い。

本陣平野屋花兆庵_0284
【貴賓室】670 華やぎの間。

本陣平野屋花兆庵_0278
リビングルームに、

本陣平野屋花兆庵_0280
和室12.5畳。

本陣平野屋花兆庵_0279
寝室と、

本陣平野屋花兆庵_0282
水回りに、

本陣平野屋花兆庵_0281
【貴賓室】檜風呂。

本陣平野屋花兆庵_0283
【貴賓室】お手洗い。

本陣平野屋花兆庵_0288
館内には、宴会場もあります。

本陣平野屋花兆庵_0318
建物中央の吹き抜けからは、プレハブ風の壁が見えますが、

本陣平野屋花兆庵_0289
2階には、水滴が伝って落ちる芸術品、

本陣平野屋花兆庵_0295
1階から見ると、天から水滴が落ちてくるような作品になっています。

本陣平野屋花兆庵_0320
売店には、一般的なお土産が置いてあります。

本陣平野屋花兆庵_0344
1階の外には、寿司処 すし兆。
わざわざ東京から食べにくる人がいるくらい美味しいそうです。

本陣平野屋花兆庵_0321
本陣平野屋花兆庵の大浴場は1階にあります。

本陣平野屋花兆庵_0322
脱衣場。

本陣平野屋花兆庵_0323
洗面台。

本陣平野屋花兆庵_0324
内風呂。

本陣平野屋花兆庵_0325
洗い場。

本陣平野屋花兆庵_0326
温泉は、別館の大浴場も利用ができます。
玄関から屋外に出ます。

本陣平野屋花兆庵_0403
タオル持ち運び用の籐の籠も用意されています。

本陣平野屋花兆庵_0340
玄関で雪駄を借りて、

本陣平野屋花兆庵_0343
玄関を出て、通りを挟んで正面右手の建物が、
本陣平野屋別館です。

本陣平野屋花兆庵_0290
途中には、女性専用の大浴場、
りらっくす蔵 があります。

本陣平野屋花兆庵_0291
本陣平野屋別館。
本陣平野屋花兆庵ができる前の、もともとの旅館です。

本陣平野屋花兆庵_0342
1階ロビーの奥のテラスは、

本陣平野屋花兆庵_0339
宮川にかかる中橋ビュー。
高山祭の時は、最高のビューポイントになるそうです。

本陣平野屋花兆庵_0328
本陣平野屋別館の最上階7階 月あかりの湯。

本陣平野屋花兆庵_0333
脱衣場。

本陣平野屋花兆庵_0329
内風呂。

本陣平野屋花兆庵_0330
洗い場。

本陣平野屋花兆庵_0331
露天風呂。

本陣平野屋花兆庵_0334
露天風呂にはサウナもあります。

本陣平野屋花兆庵_0335
露天風呂からは、高山市街の景色で、

本陣平野屋花兆庵_0336
右手には、宮川と古い町並。

本陣平野屋花兆庵_0337
左手には、高山駅方面の中心街。
左端の建物が、本陣平野屋花兆庵です。


本陣平野屋花兆庵に戻り、夕食の時間となりました。
本陣平野屋花兆庵_0350
会場は、2階 料亭曙。

本陣平野屋花兆庵_0351
シックな個室食事処です。

本陣平野屋花兆庵_0352
今日の会場はこちら。

本陣平野屋花兆庵_0360
膝掛けと、さるぼぼ柄のマスク袋が用意されていました。

本陣平野屋花兆庵_0361
膝掛けは、本陣平野屋オリジナルの図柄。持ち帰りOKです。

本陣平野屋花兆庵_0354
照明にスポットライトと、

本陣平野屋花兆庵_0356
呼び出しボタン。

本陣平野屋花兆庵_0357
かたわらには、折り鶴。

本陣平野屋花兆庵_0355
最初のセットは、A3用紙のお品書きが載せられていました。

本陣平野屋花兆庵_0358
お品書き。

本陣平野屋花兆庵_0359
最初のセット。

本陣平野屋花兆庵_0374
ドリンクメニューを見ながら、飲物はどうしようかと考えて、

本陣平野屋花兆庵_0368
飛騨高山トリオセットを注文しました。
飛騨高山の地酒、甚五郎(舩坂酒造)・山車上澄・久寿玉生。

本陣平野屋花兆庵_0367
はじめに、食前酒と、

本陣平野屋花兆庵_0362
先付 焼松茸束ね水菜
   美味ぽん酢

この時点で、食事のレベルが高そう、と期待させます。

本陣平野屋花兆庵_0363
花柄の和紙に包まれているのは、

本陣平野屋花兆庵_0364
珍味 調理長手作り からすみ

本陣平野屋花兆庵_0365
清涼なガラスの器で出てきたのが、

本陣平野屋花兆庵_0366
小鉢 〆天然あら
   蛇腹胡瓜昆布押
    美味酢

本陣平野屋花兆庵_0371
続いて出てきたのが、

本陣平野屋花兆庵_0372
椀もの 酒汐仕立て
     天然くえ骨蒸し
     千枚冬瓜・団扇人参
     早松茸・すだち

大きな椀に、二品目の松茸登場、くえもでっぷりと入っていて、
メインのような満足感があります。

本陣平野屋花兆庵_0373
造り 天然小豆ハタ
   黒潮鮪・天然車海老
   つまもの

本陣平野屋花兆庵_0376
追加の飲物は、舩坂酒造の梅酒 梅子。ソーダ割で。

本陣平野屋花兆庵_0377
続いて出されたのが、

本陣平野屋花兆庵_0380
焼きもの 天然金喜蓼焼き
     丸十檸檬煮・黒皮茸

これまた高級魚であるキンキが品のある形で提供されます。

本陣平野屋花兆庵_0383
続いて、ポン酢・郡上八幡わさびみそ・黒塩とともに、

本陣平野屋花兆庵_0382
葉に包まれて出されたのは、

本陣平野屋花兆庵_0384
本日の飛騨牛 ひれ肉

本陣平野屋花兆庵_0369
毬柄の箸袋の割りばしで、鉄板にのせていきます。

本陣平野屋花兆庵_0385
鉄板で、ジュ―っと焼いていただきます。
やわらかうまうま。

本陣平野屋花兆庵_0386
白飯 飛騨産いのちのいち
    銀の朏(みかづき)
汁 飛騨味噌仕立て
香のもの と 本日の惣菜

本陣平野屋花兆庵_0388
銀シャリのご飯に、

本陣平野屋花兆庵_0389
飛騨味噌仕立て。

本陣平野屋花兆庵_0391
本日の水もの

夕食のレベルは高かったです。
松茸、くえ、キンキ、飛騨牛と、一つだけでメニューの中心になるような食材が、
次々と惜しみなく出てきます。
高級でありかつ、ボリューム十分な食事でした。

本陣平野屋花兆庵_0394
食後には、せっかく高山市内の宿ですので、
夜食を求めて街に出ました。

本陣平野屋花兆庵_0400
宿から徒歩5分ほどで、高山の繁華街、朝日町に着けます。

本陣平野屋花兆庵_0395
路地の中にある、中華そば桔梗屋。

本陣平野屋花兆庵_0397
昔ながらのラーメン屋です。

本陣平野屋花兆庵_0398
名物、高山ラーメンを一杯。

本陣平野屋花兆庵_0399
朝日町のエリアには、地方都市らしいスナックなどの飲み屋と、
訪日外国人観光客向けのおしゃれなバーが混在する場所でした。

地方都市はシャッター商店街となっている街が多いですが、
高山は、営業している店も多く、元気な印象でした。
インバウンドが流入している結果なのでしょう。

本陣平野屋花兆庵_0392
ふたたび徒歩で宿に戻り、
おなかいっぱいで布団に入り込みます。

本陣平野屋花兆庵_0393
おやすみなさい。


本陣平野屋花兆庵_0401
翌朝。

本陣平野屋花兆庵_0402
新聞は部屋の前の籠に届いていました。

本陣平野屋花兆庵_0405
朝食は、夕食と同じ、料亭曙。
夕食とは別の、イステーブル個室への案内でした。

本陣平野屋花兆庵_0406
最初のセット。
A3用紙のお品書きが載せられています。

本陣平野屋花兆庵_0419
お品書きには、食べ方の説明書き。

本陣平野屋花兆庵_0407
朝食全体。

本陣平野屋花兆庵_0408
自家調整とまとジュースと、飛騨酪農組合牛乳。

本陣平野屋花兆庵_0409
5種のねばねば食材は、小鉢に入れてかきまぜて頂きます。

本陣平野屋花兆庵_0412
飛騨名物朴葉みそ
温まったら、コンロから下ろして、

本陣平野屋花兆庵_0413
今度は、岩魚一夜干しを焼き上げます。

本陣平野屋花兆庵_0410
ほうれん草と、

本陣平野屋花兆庵_0414
ふるさとの煮もの
神岡町寒干し大根 桑ノ木豆 里芋

本陣平野屋花兆庵_0415
調理長特製かささのしょうが煮
おつけもの

本陣平野屋花兆庵_0416
ごはん おみそしる 玉蒸し

本陣平野屋花兆庵_0417
ごはんは釜炊きの提供で、

本陣平野屋花兆庵_0418
たくさんで炊いてありましたが、

本陣平野屋花兆庵_0420
全部頂きました。ごちそうさまでした。

本陣平野屋花兆庵_0421
デザートにヨーグルトと、コーヒー。

本陣平野屋花兆庵_0422
砂糖とミルクの什器も、丸みを帯びたものでした。

本陣平野屋花兆庵_0423
朝食後は、浴衣で高山名物の朝市へ散策にでます。

本陣平野屋花兆庵_0424
宮川を渡り、徒歩で7-8分ほど。

本陣平野屋花兆庵_0425
宮川朝市に到着です。

本陣平野屋花兆庵_0426
横断幕で存在感を表していますが、
この日は平日であったからか、地元民向けの野菜などの出店がポツポツとで、
観光客向けの出店は少なかったです。

本陣平野屋花兆庵_0427
宮川朝市の真ん中あたりにある看板。

本陣平野屋花兆庵_0428
観光客向けには、常設の右衛門横町があり、
土産物屋が複数テナント出店しています。

本陣平野屋花兆庵_0429
右衛門横町の表の売店で、飛騨牛まんを購入。

本陣平野屋花兆庵_0430
食べ歩きにはちょうど良いものでした。

本陣平野屋花兆庵_0431
ふたたび徒歩で、本陣平野屋花兆庵に戻り、
出発の準備を整え、フロントでチェックアウト。

本陣平野屋花兆庵_0434
送りも、センチュリーで高山駅へ送ってもらいました。
ここから、白川郷観光と庄川温泉風流味道座敷ゆめつづり に続きます。

本陣平野屋花兆庵
女性向けの旅館です。
女性向けと感じさせる要素とは何かなと、滞在中に見えたものを列挙すると下記の通り。
毬、手漉き和紙、細い筆文字、籐の籠、詠み人知らずのポエム、折り鶴、花の図柄、毬柄、丸い什器、ピンク、薄紫、BPMはジブリのオルゴール

施設は、市中のホテルみたいで高級旅館という感じはありませんが、
食事は、とてもおいしくレベルの高いものであり、女性向けながらボリュームも十分です。

サービスは、洗練ではありませんが、
下足番に洗練サービスに優れているスタッフを配置しているのは、
実は高級旅館の傾向であり、良いことだと感じました。


★「本陣平野屋花兆庵」(東海/飛騨高山温泉) ブログ
★「本陣平野屋花兆庵」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「おとぎの宿米屋」(東北/須賀川温泉)
 「ホテル洲の崎 風の抄」(房総/たてやま温泉郷)
 「奈良偲の里玉翠」(伊豆/熱川温泉)
 「和心亭豊月」(箱根/芦ノ湖温泉)
 「匠の宿佳松」(箱根/芦ノ湖温泉)
 「びわ湖花街道」(関西/おごと温泉)


旅館・ホテルランキング

大河ドラマ『麒麟がくる』の舞台で盛り上がる岐阜県。
その飛騨にある 下呂温泉 水明館 に行ってきました。
水明館_0078
下呂温泉は、林羅山の詩文集において、日本三名泉として、草津・有馬と並び称させる温泉です。

水明館_0021
東京駅から東海道新幹線で出発します。

水明館_0022
1時間半余りで名古屋駅に到着。

水明館_0023
東海道本線に乗り換えて、約20分。

水明館_0027
岐阜駅に到着です。地方都市としては大きい駅。
駅前ロータリーには、黄金の信長像。

水明館_0024
いたるところに大河ドラマ館のバナーがはためいていて、
街全体でのアピールがすごいです。

水明館_0030
そのアピールに従って、大河ドラマ館のある岐阜公園に向かいます。
岐阜駅からは路線バスで。
多くの路線が通る区間にあるので、数分に1本のペースでバスが来ます。

水明館_0031
バスに乗って約15分。岐阜公園歴史博物館前バス停に到着です。
麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館 のある岐阜市歴史博物館。
2階が大河ドラマ館になっています。

水明館_0033
例年の大河ドラマ館は、ドラマで利用された衣装やセットなどの展示だけで、
刀剣や書状などの史料の展示はないのですが、
1階の岐阜市歴史博物館にもそのまま入れるので、史料の展示も見ることができ補完されていました。
来客はパラパラ。それに対するドラマ館の案内スタッフの多いこと。
大河ドラマ特需を想定した配置が、新型コロナで客足鈍った現在では過剰の様子。
仮設の出店も、閑散としていました。

水明館_0035
岐阜公園は金華山、つまり岐阜城跡なので山麓には信長居館跡もあるのですが、

水明館_0034
板垣退助の銅像もありました。
かの有名な「板垣死すとも自由は死せず」の由来となった岐阜事件は、
かつてこの場所にあった、神道中教院が舞台であったとのこと。

水明館_0036
山麓から、金華山ロープウェーで山頂に向かいます。

水明館_0038
小さめのロープウェー。3分程度の空中散歩です。

水明館_0039
山頂駅からも、天守閣へは、山道の徒歩でした。
途中でようやく見えてきた天守閣。

水明館_0040
天守閣まで山頂駅から徒歩7分程度ですが、
夏の山道。汗が噴き出ました。

水明館_0041
天守閣はコンクリートの城型博物館ながら、山の上からの景色は一望。
西向き。昔の城下町と長良川、鷺山城を望みます。

水明館_0042
北向き。長良川が天然の濠となっています。

水明館_0043
東向き。山が連なっている方角ですが、金華山(稲葉山)が一番高く、
先が見渡せます。ここに本丸が置かれるわけですね。

水明館_0044
南向き。右前方が岐阜駅方面。
4階建ての天守閣は、滞在10分余りといったところでした。

水明館_0045
天守閣の近くにある岐阜城資料館。
1部屋の展示空間で滞在は5分程度です。

水明館_0049
再び山道を下り、山頂駅からロープウェーで下りました。
往路に山麓駅で、岐阜城盛り上げ隊の武将がうちわを配っていましたが、
山頂に上がってから理由がよくわかりました。夏の山道行軍に大変助かりました。

水明館_0054
岐阜城天守閣とロープウェーの全景を山麓から見ます。
徒歩でも40分ほどで山頂まで行けるらしいのですが、夏には厳しいですね。

水明館_0055
帰りのバスに乗り込みます。

水明館_0056
岐阜駅までは乗らず、途中の柳ケ瀬バス停で下車。
『柳ケ瀬ブルース』という昔の歌もありますが、岐阜の中心繁華街です。
地方都市らしい、アーケード街。

水明館_0062
このアーケードの先にあるのが、岐阜の有名ラーメン店。
中華そば 丸デブ総本店。

水明館_0059
大正六年創業の老舗中華そば店です。

水明館_0061
中華そば。

わかりにくいのですが、小さめの器(箸との比較でみてください)に、
黒めの透き通ったツユ。細くて白い、少し粉っぽいストレート麺。
食べた印象としては、ラーメンというより、ひやむぎに近いと感じました。
するっと軽く完食できる中華そばです。

水明館_0064
柳ケ瀬から岐阜駅までは1kmくらいなので徒歩で移動しました。
写真は、岐阜駅前の黄金の織田信長像。

水明館_0066
岐阜駅から下呂にむけて、特急ひだに乗り込みます。

水明館_0068
途中、鵜沼駅手前では遠く丘の上に、国宝犬山城を望み、

水明館_0072
だんだんと、渓谷沿いの景色となっていきます。

高山本線一番の景勝地、飛水峡。
特急ひだではビューポイントで、自動放送の観光案内が日本語・英語で入ります。
観光客、特にインバウンド需要が多いことがうかがえます。
水明館_0073
岐阜駅から約1時間15分。下呂駅に到着です。

水明館_0075
駅では、各旅館の送迎スタッフの持ち看板が勢ぞろい。

駅舎の後ろから頭を出している建物が、目的地の水明館です。
水明館_0074
水明館の送迎バスに乗り込みます。

水明館_0076
送迎バスで、わずか1分ほど。
水明館に到着です。

水明館_0079
ロビーに入ります。
ザ・大型旅館のおもむき。

水明館_0080
フロントにてチェックイン手続き。宿帳に記入。
部屋の案内まで、ロビーで待ちます。

水明館_0081
ロビー横のラウンジの先は、

水明館_0082
日本庭園の景色です。

水明館_0115
それでは、部屋に案内されます。
ロビーのある棟の飛泉閣から、吹き抜けのエスカレーターを上がり、

水明館_0114
臨川閣の棟に入ります。
雰囲気が一段高級な空間になります。


水明館_0113
臨川閣のエレベーターに乗り込みます。

水明館_0112
エレベーターで、7階へ。

水明館_0083
7階に到着。

水明館_0084
本日の部屋、751。
臨川閣和室12.5畳+バルコニー。

水明館_0085
踏込から、

水明館_0086
和室12.5畳。

水明館_0089
部屋を反対側から。

水明館_0087
部屋の生け花。

水明館_0091
広縁からの景色は、

水明館_0146
飛騨川をはさんで、下呂温泉街。
眼下には、館内施設のプールも見えます。

水明館_0092
広縁の横には、小さなバルコニー空間。
下呂駅ビューです。

水明館_0094
水回り。

水明館_0095
内風呂は、檜風呂。お湯は温泉です。

水明館_0097
お手洗い。

水明館_0099
金庫と、

水明館_0098
浴衣に羽織。

水明館_0164
タオルは部屋から持参。
バスタオルは大浴場に用意があります。

水明館_0093
冷蔵庫の中には、フリーのミネラルウォーターが用意されていました。

水明館_0101
お茶菓子は、

水明館_0103
一般的な土産菓子です。水まんじゅうは、冷蔵庫に用意されていました。

水明館_0147
各種の案内は、鍵と一緒に渡される案内カードにて。

水明館_0100
ルームキーは、こんな感じです。


他の棟の部屋も見させてもらいました。
水明館_0134
最初は、山水閣。

水明館_0138
山水閣のエレベーター。

水明館_0122
【山水閣】廊下。

水明館_0121
【山水閣 和室】。

水明館_0116
【山水閣 和室】踏込から、

水明館_0117
【山水閣 和室】和室10畳。

水明館_0118
【山水閣 和室】水回り。

水明館_0119
【山水閣 和室】内風呂。

水明館_0141
続いて、飛泉閣。
エレベーターから。

水明館_0123
【飛泉閣 和洋室】和室部分。

水明館_0124
【飛泉閣 和洋室】洋室部分。

水明館_0125
【飛泉閣 和洋室】水回り。

水明館_0126
【飛泉閣 和洋室】内風呂。

水明館_0128
飛泉閣の廊下。

水明館では、山水閣と飛泉閣が同グレード、臨川閣が上位グレードになっていますが、
山水閣と飛泉閣は、高級と言う運用はされていません。
高級旅館を求める場合は、臨川閣、もしくは離れ青巒荘を指定しましょう。

水明館_0131
大きな宴会場もあり、

水明館_0129
春秋の間500畳。
ほか、1080㎡の洋宴会場である朝陽の間があります。

水明館_0132
能舞台付きの宴会場もあります。

水明館_0133
この会場では、本物の能楽も行われているそうです。

水明館_0137
レストランの種類には特徴があり、
温泉旅館にも関わらず、和食のほか中華レストランもあり、

水明館_0139
欧風レストランもあります。

水明館_0144
また、今夜の夕食会場であるダイニング、
そして部屋食という、夕食会場に5パターンもあるのが水明館の特徴です。

また、大きなクラブ空間やカラオケルームもあり、全方位対応の大型旅館です。

大浴場も、3カ所あり、
水明館_0136
山水閣1階のぼたん風呂と、唯一の露天風呂である野天風呂「龍神の湯」。

水明館_0142
飛泉閣9階の展望大浴場。

水明館_0145
臨川閣3階の下留の湯。

大浴場のグレード感も、棟に比例しており、
おすすめは、臨川閣3階の下留の湯です。

水明館_0148
風呂上がりには、下呂温泉街に散策に向かいました。
外の出る際は、玄関横で下駄を借ります。

水明館_0149
水明館の横にある橋で、飛騨川を渡ります。

水明館_0152
渡った先からの水明館の全景。
左から、臨川閣・飛泉閣・山水閣。
離れ青巒荘は、臨川閣のさらに左側にあります。

水明館_0153
下呂温泉街の入り口。
川沿いに、柳と散策用の歩道が整備されています。

水明館_0154
川沿いにも、いくつかの飲食店があります。

水明館_0157
しかし、従来の下呂温泉街は、川沿いでなく、
川に対して直角方向に道が延びています。

水明館_0158
こちらには、日本三名泉発祥の碑があったり、

水明館_0163
足湯があったり、

水明館_0160
飲食店があったり。
下呂プリンというお店のマスコットはカエル。きっと音の響きからでしょう。

水明館_0159
顔ハメ看板などもありました。
看板にも書いてある通り、下呂温泉はもともと湯之島と呼ばれており、
林羅山も、日本三名泉を草津・有馬・湯島 と記していたとのことです。

水明館_0155
ところで、温泉街の辻々には、
このようなもの設置されており、そこからBGMが流されていました。
閑散としているときでも、安心感を演出するためでしょうか。

さて、水明館に戻れば、夕食の時間となりました。
水明館_0166
今日の夕食会場は、ダイニング常磐です。

水明館_0168
朝食にも利用されるダイニング空間のレストランです。

水明館_0167
席はこちら。
日本庭園に面した窓辺の席。

水明館_0170
最初のセット。

水明館_0171
御献立。
下に説明文付きです。

水明館_0172
飲物は、下呂の地酒 飛切り ではじめます。

水明館_0175
前菜 三味豆富 クコの実
   蛇の目花丸胡瓜 蒸し雲丹
   山葵 美味出汁ジュレ

   穴子小袖寿司 太刀魚利久焼き
   蛇籠玉蜀黍 丸十檸檬煮
   枝豆カステラと海老松葉刺し
   山海月梅肉和え 酢取茗荷

   蛸柔か煮 小芋土佐煮
   南京旨煮 蓮根 針人参
   スナップエンドウ 木の芽

水明館_0176
椀替り 青竹に鶏つくね
    笹打ち葱 冬瓜 青便菜
    蕎麦素麺 柚子胡椒卸し

水明館_0177
ぐつぐつと煮込んで鍋をいただきます。

水明館_0178
造里 鯛 縞鯵 焼き霜帆立 レモン
   薬味剣(貝割れ 茗荷 大葉)
   花穂紫蘇 ラディッシュ 山葵
刺身は、乾いている感じです。

水明館_0179
焼肴 地天子の朴葉味噌焼き
   椎茸 占地 舞茸 青唐 白髪葱
   骨煎餅

水明館_0180
続いて、ダイニングキッチンから運ばれてきたのが、
強肴 和牛ロースステーキ
   和風おろしソース
   ポムデュセス パプリカ クレソン

水明館_0181
御飯 飛騨こしひかり
汁  赤出汁
   厚揚げ 榎茸 三つ葉
香の物 根菜漬 胡瓜

水明館_0182
水物 桃とライチのゼリー
   プチケーキ

ザ・大型旅館の食事、という感じです。
前菜や造里の乾き具合や、席のコンロで加熱するメニューが多いことから、
多客を対応できるように、一気に作り置いている感じがします。
一方、ロースステーキは焼き立てで、ダイニングレストランの特徴を生かしたものではないでしょうか。

水明館_0183
食後は、お酒をもう一杯求めて、
バー マローネ へ。

水明館_0184
シティホテルのバーのような、シックな空間。

水明館_0186
バーテンがいるので、フルーツを使ったカクテルをリクエストしました。

水明館_0185
マローネスペシャルカクテル。
さらりとした飲み口でした。

水明館_0187
バーの後は、小腹が空いたので、
中華レストラン 龍遊里 へ。

水明館_0190
ここは、ディナーが終わると、
ミッドナイト営業として、夜食処になっています。

水明館_0191
名物と案内された、
飛騨納豆喰豚坦々麺 をいただきました。


夕食、バーから夜食まで満喫して、おなか一杯になりましたので、
部屋に戻り就寝。


翌朝。
水明館_0192
山には朝もやがかかりながら、晴れた日となりました。

水明館_0193
早々に朝食に向かいます。
朝食の会場も、ダイニングレストラン常磐。

水明館_0194
朝食はバイキングです。
取り分けされた小鉢を、思いつくままに手に取ります。

水明館_0196
和食のカウンターコーナーや、

水明館_0198
目の前でコックが調理するフレンチトーストなどの洋食コーナー、

水明館_0195
デザートコーナーを含めて、種類は多彩。

水明館_0201
ほぼ全種類を取って、モリモリの朝食になりました。
種類の多いバイキングは、大型旅館での楽しみの一つですね。

水明館_0202
窓辺の席を陣取り、食事を頂きました。

水明館_0203
食後は、フロントでチェックアウト。

水明館_0206
下呂駅まで送迎車も出ていますが、

水明館_0205
駅まですぐ近くなので、歩いて水明館を後にしました。

水明館_0207
水明館から徒歩3分。
下呂駅から、次の目的地高山へと向かいました。

水明館
何でもそろう大型旅館です。
食事も大型旅館的ですが、楽しく滞在できます。

一方、高級旅館と言えるとすれば、臨川閣、そして離れ青巒荘のみ。
山水閣と飛泉閣はリーズナブルな旅館と心得ましょう。

★「水明館」(東海/下呂温泉) ブログ
★「水明館」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「鐘山苑」(山梨/富士山温泉)
 「稲取銀水荘」(伊豆/稲取温泉)
 「堂ヶ島ニュー銀水」(伊豆/堂ヶ島温泉)
 「福一」(群馬/伊香保温泉)
 「鴨川館」(房総/鴨川温泉)
 「ホテル翔峰」(長野/美ヶ原温泉)
 「白玉の湯華鳳」(新潟/月岡温泉)
 「佐勘」(東北/秋保温泉)
 「古窯」(東北/かみのやま温泉)
 「ホテル九重」(静岡/舘山寺温泉)
 「ホテル花水木」(東海/長島温泉)
 「賢島宝生苑」(東海/伊勢志摩)
 「加賀屋」(北陸/和倉温泉)
 「有馬グランドホテル」(関西/有馬温泉)
 「佳翠苑皆美」(中部/玉造温泉)
 「大谷山荘」(中国/長門湯本温泉)
 「指宿白水館」(九州/指宿温泉)


旅館・ホテルランキング

伊勢長島にある、長島温泉 ホテル花水木に行ってきました。
F2BEB7AC-F5E2-47E4-8B4B-3B03ADFFDA61

伊勢長島は、木曽三川の河口、木曽川と揖斐川に挟まれた土地の突端にあり、
名古屋からは木曽川を渡った先にあります。

伊勢長島の一向一揆でも、有名な土地ですね。

交通は、名古屋駅からの直通バスで50分。
電車なら、近鉄名古屋駅から30分の桑名駅から、バスで20分です。

F2BEB7AC-F5E2-47E4-8B4B-3B03ADFFDA61
The大型高級旅館です。

68546416-B932-4BA9-B942-E2AA0189D4C6
正面玄関。

94FCC003-CA65-4ADD-8B64-9E5CDC441BCF
玄関を入り、

7A185DDA-B555-4323-91BC-E65A994393A7
ロビー。

やはり、The大型高級旅館ですね。
好きです。

客室にすすみます。
7C722F38-23DA-4A6A-818C-5848A143242D
本館の客室廊下です。
本館 和室次の間付き 標準タイプ。

D1736DE6-5D72-4AEA-9C95-19FC8FC5CF0B
踏込から

E5A8356F-938B-412C-9810-0E211F273FA7
本間10畳

A9D52701-23BF-4F02-90FA-3FE7DB1351BB
本間 反対側から

835B794A-B5E6-4F95-A53C-249261E06E8E
次の間6畳

E43F3E54-1EC2-43CB-9E7B-47DB6AC9934F
水回りと、

8E386C9D-93E1-499F-9BE9-641C1C67F57A
客室内風呂。
ユニットバスですが、源泉100%です。

A972CE84-C42C-4575-8857-DDEA8F5CF05A
お手洗い。

1CC07C73-A209-4A74-91E7-CCF5E2C3CDFF
広縁。
景色は、ナガシマスパーランド。

続いて、
BA04B993-BDEE-46ED-9AE1-14FDE9767052
本館 和室次の間付き 石風呂タイプ。

136E2065-59C2-4156-A5F0-4A55F369ABA0
踏込から、

886EFC8C-D254-48D1-8D42-DB661CA7126F
本間10畳。

FF193A10-6738-4612-8D21-0ABC9C4018D1
次の間6畳。

F8E465D4-328B-4E32-8D04-1FC2755998D6
水回りから、

B3AD4CF3-7972-4BAC-A393-4DEB4F8C85BE
露天風呂。
ナガシマスパーランド ビューです。

3160817C-DF8F-46EC-A69F-74610BDCA80B
広縁、
やはりナガシマスパーランドビュー。

A323A96F-7E9A-4C55-8CEB-EF7F2314D5F1
全面ナガシマスパーランドビューです。

なお、反対側の客室からのビューは、こんな感じ。
FAD05551-5313-498A-8F0E-E0EFBED36D42
伊勢湾ビュー。

ファミリー層向けであれば、ナガシマスパーランド ビューでもいいかもしれませんが、
高級旅館を求めて、という層には、伊勢湾ビューの部屋がベターです。

そのほか、ホテル花水木には、別館がありますが、
別館客室は、本館と違い高級旅館とは言えないかな、というレベルですので割愛。

212CC351-D07F-45D0-A46B-CDC151869A00
大浴場は、まず、花水木の大浴場を利用できます。

44389337-74B7-44AF-B038-FF855BF05984
お茶のサービスも用意されています。

D9597139-902A-41F8-BCC9-68F69595A7C3
また、隣接の「湯あみの島」の利用も可能です。
連絡通路を通り抜け、

230C208E-6F37-481B-BBD8-F0450850A8E8
ここから「湯あみの島」です。
内風呂・露天風呂あわせて17ものお風呂があり、
散策しながらの入浴をするレベルの広さになっています。

利用には、宿泊時に渡される「通行証」にて、
何度でも利用可能です。

宴会場もあり、
D90063B5-35A3-46F4-AC63-60193C6B061E
和宴会場大河の入り口。

BlogPaint
和宴会場大河400畳。大きめです。

1AE45141-E067-4055-B22A-C87FC22EE641
洋宴会場もあります。
コンベンションホール1,536㎡。

7F7E03AA-5191-442C-A97B-E1E188916084
二次会場もあります。

362A1784-2A91-4351-B2CD-A06590F541F5
20人くらい入れるカラオケルームです。

夕食は、いわゆる大型高級旅館の食事、といった感じです。
特徴としては、地元のものの表現ができる素材があることかと。

伊勢長島は、今は桑名市になっているため、「桑名の蛤」、
伊勢といえば「伊勢海老」「松坂牛」。
このような料理が出てきます。

B2429265-29A1-417C-92A5-F9CAAFD1E00D
朝食会場は、ダイニングルーム くすの木。
朝食も、普通の大型旅館食事、といったところですね。

B3CC6AC0-D423-4778-BB5D-E5A71A874AAC
ホテル花水木の2階からは、
ナガシマスパーランドへのエントランスがあり、
こちらも「通行証」を見せるだけで、何度でも利用可能です。

30249D86-FE62-43E2-9B52-F7B02BEB956A
扉を出れば、もうそこが、ナガシマスパーランドです。

9C4496B1-639C-4AAF-8C53-1C4643511397
遊園地と、高級旅館。
異質な組み合わせです。

また、ナガシマスパーランドを突き抜けると、
三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島 があります。

ホテル花水木
もともとは、富山の大谷天然瓦斯という会社が、
天然ガス採掘を狙って、長島での採掘を始めたのだとか。
結果的に温泉が出てきたため、活用して旅館を始め、
現在のような、ナガシマスパーランド・旅館ホテル・日帰り温泉・なばなの里・アウトレット、
という総合的なレジャー施設になっていったとのことです。

株主は、名鉄・近鉄に、大谷天然瓦斯の順。
経営は、現在も大谷家がオーナーとしているとのことです。

ホテル花水木、東京からの訪問を考えると、
ナガシマスパーランド隣接という点からも、ファミリーが中心かと。
静かな滞在というより、多様な施設で楽しむというイメージです。

一方、伊勢湾ビューの部屋を選べば、
宿滞在中にナガシマスパーランドが目に入るのは、ガラス張りのエレベーターでだけ、くらいであり、
温泉の大型高級旅館での滞在を楽しむ、という形も可能と思います。

ホテル九重に似ているな、と感じましたが、
やはり、ホテル九重を参考にして、設計したとのことでした。

★「ホテル花水木」(東海/長島温泉) ブログ
★「ホテル花水木」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「鐘山苑」(山梨/富士山温泉)
 「稲取銀水荘」(伊豆/稲取温泉)
 「堂ヶ島ニュー銀水」(伊豆/堂ヶ島温泉)
 「福一」(群馬/伊香保温泉)
 「鴨川館」(房総/鴨川温泉)
 「ホテル翔峰」(長野/美ヶ原温泉)
 「白玉の湯華鳳」(新潟/月岡温泉)
 「佐勘」(東北/秋保温泉)
 「古窯」(東北/かみのやま温泉)
 「ホテル九重」(静岡/舘山寺温泉)
 「賢島宝生苑」(東海/伊勢志摩)
 「加賀屋」(北陸/和倉温泉)
 「有馬グランドホテル」(関西/有馬温泉)
 「佳翠苑皆美」(中部/玉造温泉)
 「大谷山荘」(中国/長門湯本温泉)
 「指宿白水館」(九州/指宿温泉)


旅館・ホテルランキング

長良川の鵜飼で名高い、岐阜長良川温泉 十八楼 に行ってきました。

岐阜駅からバスで20分。
バス停から歩いてすぐなのですが、入口の向きがよくわからず、迷いながら、
十八楼_0175
十八楼に到着。
大きな旅館の割には、小ぶりの入り口です。裏口かと思いました。

十八楼_0176
入ればすぐにフロントがあります。
やはりここが正面玄関でした。

十八楼_0178
ロビーはモダンな作りになっています。

十八楼_0183
ロビーの窓からは、長良川が一望。

十八楼_0199
十八楼の歴史の紹介も展示されています。

十八楼_0198
隣には、土産屋コーナー、

十八楼_0182
女性には、色浴衣を選べるコーナーも(有料)。

十八楼_0179
では、部屋に向かいます。
エレベーターで案内され、

十八楼_0200
廊下を通り、


十八楼_0209
本日の部屋、613。

十八楼_0202
和室10畳+広縁のベーシックな部屋です。
高級旅館としては、少し狭い・古めかな。


十八楼_0204
水周り。

十八楼_0205
洗面台。

十八楼_0206
お手洗い。

十八楼_0207
内風呂。

十八楼_0203
お茶菓子をいただき、

十八楼_0211
浴衣に着替えて、大浴場へ。

十八楼_0189
大浴場。
長良川温泉は、赤いお湯の温泉です。
湯量が限られるのか、温泉の浴槽が一つと、沸かし湯の浴槽が二つでした。

十八楼_0212
脱衣場。

十八楼_0216
風呂上りには、川原町文庫という、読書コーナーもありました。

なお、館内の宴会場なども見てみました。
十八楼_0184
コンベンションホール。洋宴会も対応。

十八楼_0187
宴会場。宿泊フロアにあるため、天井は低いです。

十八楼_0186
増築を繰り返したことによる、くねくね道を進むと、

十八楼_0193
別の宴会場。

十八楼_0196
このような宴会場もあります。(壱の蔵)

宿泊の建物内にあるので、全体的に天井は低めです。

なお、鵜飼の時期になると、館内から直接、長良川の乗船場に行けるように
なっており、
十八楼_0197
この時期は、秘密の扉で閉じられていましたが、
ここから、川岸に直接出ることができます。

では、部屋に戻り、部屋食の夕食を頂くことにします。
十八楼_0222
セット完了。

十八楼_0226
お品書き

十八楼_0224
食前酒 
食前酒は クエン酸入り紀州南高梅の白梅酒

器は何のしゃれっ気もない、おちょこでしょうか。

十八楼_0223
お通し 蓬豆腐 花びら百合根 小豆美味だしジュレ
前菜  浅蜊・分葱の芥子酢味噌掛け
     河豚一夜干しのおかき揚げ
      岐阜若鶏の昆布巻き 足長蛸の柔らか煮
      筍土佐煮 玉椿・蚕豆甘煮の串打ち
      花びら人参 花びら大根
口代り あん肝 数の子昆布 海老艶煮
     サーモン昆布〆 うるい

十八楼_0227
吸物 あおさのり真薯の流し汁仕立て
    蕗 鍵蕨 海老 花びら人参 葛衣

十八楼_0228
向付 本日のお造り盛り合わせ

刺身は乾いている感じ。

十八楼_0229
焼物 鰈の蕗味噌焼き 蓮根煎餅

宴会食によくある感じですね。

十八楼_0230
蓋物 道明寺まんじゅう
    こぼみ 巻湯葉 色紙人参 花麩

こちらも同様。

十八楼_0225
焜炉【十八楼名物】
 飛騨牛・美濃ヘルシーポークの味しゃぶ

十八楼_0231
食事 鮎雑炊
香の物 守口漬 真仙小なす塩漬 白菜浅漬 日野菜さくら漬け

十八楼_0232
デザート グラスデザート

うーん、正直、食事は、特に高級感は感じませんでした。
一般的な宴会旅館の食事くらい、と捉えたほうが良いと思います。
高級旅館と期待してきたので、少し残念です。

この日は遅くなりましたので、そのまま就寝。


翌朝、
十八楼_0233
部屋からは、長良川の景色が広がります。
長良川からの清冽な風が吹き込んできます。

十八楼_0235
朝食は、バイキング。

十八楼_0234
朝食のメニュー内容も、普通の宴会旅館くらいです。

十八楼、宿泊部屋も、高級旅館というほどではなく、
夕食も普通、朝食も一般的なバイキングです。
宿泊滞在のみを切り取れば、老舗名門旅館、という位置づけですね。

何よりも、鵜飼船を出せることがこの宿のポイント、
それができることで、滞在の満足度を高め、高級旅館に数えられているのだと思います。

鵜飼の時期は、毎年5月11日~10月15日、
この期間中に来て、鵜飼を楽しみましょう。

★「十八楼」(東海/岐阜長良川温泉) ブログ
★「十八楼」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「鐘山苑」(山梨/富士山温泉)
 「稲取銀水荘」(伊豆/稲取温泉)
 「堂ヶ島ニュー銀水」(伊豆/堂ヶ島温泉)
 「福一」(群馬/伊香保温泉)
 「鴨川館」(房総/鴨川温泉)
 「ホテル翔峰」(長野/美ヶ原温泉)
 「白玉の湯華鳳」(新潟/月岡温泉)
 「佐勘」(東北/秋保温泉)
 「古窯」(東北/かみのやま温泉)
 「ホテル九重」(静岡/舘山寺温泉)
 「ホテル花水木」(東海/長島温泉)
 「賢島宝生苑」(東海/伊勢志摩)
 「加賀屋」(北陸/和倉温泉)
 「有馬グランドホテル」(関西/有馬温泉)
 「佳翠苑皆美」(中部/玉造温泉)
 「大谷山荘」(中国/長門湯本温泉)
 「指宿白水館」(九州/指宿温泉)


旅館・ホテルランキング

来年2016年のサミット会場になるかもしれないといわれている志摩賢島にある、
賢島宝生苑 に行ってきました。
賢島宝生苑_3027
賢島へは、名古屋から近鉄特急で約2時間10分。

賢島宝生苑_2936
終着駅の賢島駅。
名古屋からと、大阪からの特急が到着しています。

賢島宝生苑_2937
観光客がたくさん。

賢島宝生苑_2938
送迎のバスにて、約3分の移動で、

賢島宝生苑_2939
賢島宝生苑に到着です。

賢島宝生苑_2940
入口を抜けると、

賢島宝生苑_2941
広いロビー。

賢島宝生苑_2942
フロントに並んで順次チェックイン待ち。
スタッフが一人で対応で、人手が足りていません。

賢島宝生苑_2943
入口外部の作りと、ロビー周り、
なんとなく、舘山寺温泉の ホテル九重 に作りが似ているように感じます。

賢島宝生苑_3026
吹き抜け空間には屋内の滝があります。

BlogPaint
お迎えの並びがありますが、ちょっとだらっとした感じ。洗練ではないですね。

賢島宝生苑_3001
案内の先導で、華陽棟に進みます。

賢島宝生苑_2957
エレベーターで上がり、

賢島宝生苑_2944
今日のお部屋は 華陽棟のこちら

賢島宝生苑_2946
踏込から

賢島宝生苑_2949
和室12.5畳のお部屋。

賢島宝生苑_2950
窓は、海ビュー。

賢島宝生苑_2951
志摩の島々が見えます。
八百八島といわれる海のおかげか、波は立っておらず、
波の音もなく、静かです。

賢島宝生苑_2947
水回り。

賢島宝生苑_2948
お手洗い。

賢島宝生苑_2953
煎茶と、せんべい、

賢島宝生苑_2955
そして、宝生苑の水まんじゅう が用意されています。

賢島宝生苑_2952
高級かといわれると、普通の大型旅館の延長線上くらいのグレード感です。

賢島宝生苑_2945
では、他の部屋も見させてもらいましょう。華陽の廊下を通り、

賢島宝生苑_2967
賢島宝生苑の全景を見ながら、

賢島宝生苑_2968
燦陽棟のお部屋。 華陽棟より一つ下のグレードです。

賢島宝生苑_2970
踏込から。

賢島宝生苑_2971
和室10畳。

賢島宝生苑_2972
水周り。

燦陽棟となると、高級旅館とは言い難いですね。
普通の団体旅行では使いやすいでしょう。

賢島宝生苑_2974
続いて、特別室貴賓室のある、燦陽棟10階へ。

賢島宝生苑_2975
廊下の足元・壁から、雰囲気が異なります。

賢島宝生苑_2977
特別室102。

賢島宝生苑_2978
入ると、正面にダイニングスペース、

賢島宝生苑_2979
左には和室スペース、

賢島宝生苑_2980
右にはベッドスペースとなっています。

賢島宝生苑_2981
部屋付き露天風呂。

賢島宝生苑_2982
海と島々を臨みます。

賢島宝生苑_2983
露天風呂のほか、内風呂もあります。

賢島宝生苑_2984
お手洗い。

賢島宝生苑_2989
1階には宴会場。

賢島宝生苑_2990
宝生の間。600畳の大宴会場です。

賢島宝生苑_2991
ボーリングもあり、10レーンあります。

賢島宝生苑_2992
こちらはバー空間。

賢島宝生苑_2993
ちゃんとしたバーです。

賢島宝生苑_2994
バーには、ソファー席もあります。

賢島宝生苑_2995
カラオケルームもあり、

賢島宝生苑_2996
9部屋ほど個室が存在します。

賢島宝生苑_2997
シアター型のカラオケスペースもあります。

賢島宝生苑_2998
洋宴会場 華陽の間は、

賢島宝生苑_2999
600㎡の会場。個人用の夕食にも利用されます。

部屋数も多く、大きな宴会場もあり、パブリックで遊べる施設も多くあります。
The・大型旅館といったところでしょうか。


続いては、大浴場へ。
賢島宝生苑_3002
部屋に戻り、浴衣に着替えて、

賢島宝生苑_3003
大浴場。
数年前に掘り当て、今は温泉です。
露天風呂の浴槽には真珠が埋め込まれていたりして、伊勢志摩らしい風の演出になっています。


入浴後は、夕食へ。
賢島宝生苑_3004
今日の会場指定は、「英虞のうみ」。

賢島宝生苑_3005
庭園を臨む景色の席にご案内頂きます。

賢島宝生苑_3006
明るいレストランです

賢島宝生苑_3007
おしながき。

賢島宝生苑_3008
食前酒 さんざし酒
前菜 酒肴三種盛り

賢島宝生苑_3009
座付 鯛と帆立のスープ

賢島宝生苑_3010
底には鯛と帆立の身が入っています。

賢島宝生苑_3012
お造り 魚介盛り合わせ

賢島宝生苑_3011
温物 蒸し鮑うに陶板焼き 敷きトマト 野菜付け合わせ

賢島宝生苑_3013
お凌ぎ 穴子赤飯蒸し 山葵餡掛け
これはもちっとした食感で美味しいです。

賢島宝生苑_3014
中皿 牛フィレ肉冷造製 山椒漬け 生野菜添え

賢島宝生苑_3015
蓋物 海老黄身揚げ 小芋素揚げ 姫皮博多煮 野菜炊き合わせ みぞれ出汁

賢島宝生苑_3016
御飯 伊賀米コシヒカリ
御飯の器は、積み上げられるプラスチックのもの

賢島宝生苑_3017
おかわりのときは、茶碗でしたが。

賢島宝生苑_3018
デザート 嶺丘豆腐 フルーツ添え ヒアルロンゼリー掛け

以上で夕食は終了です。

鮑や牛フィレなど、メインがあるようなボリューム感はあるものの、
華がなく、団体用の宴会料理の延長線上の感があります。
器の配慮がないことをはじめ、効率化された感が強いです。


賢島宝生苑_3019
部屋に戻り、就寝。


翌朝。
賢島宝生苑_3020
朝食は、「英虞のうみ」。

賢島宝生苑_3021
提供はバイキングです。

賢島宝生苑_3024
内容は、子供向けを含めた、ファミリー向けの感じです。

賢島宝生苑_3023
子連れ客も多く、だいぶ騒がしい朝食会場です。

賢島宝生苑_3029
チェックアウトして、志摩の海ともお別れです。

また送迎バスで賢島駅へ。
賢島宝生苑_3096
近鉄特急で、名古屋に向かいます。

名古屋駅では立ち寄りで、名古屋飯を。
賢島宝生苑_3097
駅前にある、稲生エスカ店。

賢島宝生苑_3099
名古屋名物 ひつまぶし。

そして、帰りの新幹線ホームでは、
賢島宝生苑_3100
新幹線ホームにある「住よし」

賢島宝生苑_3101
名古屋名物 きしめん
駅そばならぬ「駅きしめん」が美味い、として有名です。


賢島宝生苑
各種設備がそろっていることは使いやすいので、、
団体などではとてもおすすめ。

サービスは普通の旅館ほどですね。
フロントは人手が足りず待たされますし、入口の女中も整列はバラバラです。
翌日午前に部屋にいると、掃除係りが2回も間違えてドアを開けてきたり。

The・大型旅館として、ご利用されることがおすすめです。

但し、10階特別室貴賓室の設備は満足度充分です。
目的に応じて、適切に利用しましょう。

★「賢島宝生苑」(東海/伊勢志摩) ブログ
★「賢島宝生苑」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「鐘山苑」(山梨/富士山温泉)
 「稲取銀水荘」(伊豆/稲取温泉)
 「堂ヶ島ニュー銀水」(伊豆/堂ヶ島温泉)
 「福一」(群馬/伊香保温泉)
 「鴨川館」(房総/鴨川温泉)
 「ホテル翔峰」(長野/美ヶ原温泉)
 「白玉の湯華鳳」(新潟/月岡温泉)
 「佐勘」(東北/秋保温泉)
 「古窯」(東北/かみのやま温泉)
 「ホテル九重」(静岡/舘山寺温泉)
 「ホテル花水木」(東海/長島温泉)
 「加賀屋」(北陸/和倉温泉)
 「有馬グランドホテル」(関西/有馬温泉)
 「佳翠苑皆美」(中部/玉造温泉)
 「大谷山荘」(中国/長門湯本温泉)
 「指宿白水館」(九州/指宿温泉)


旅館・ホテルランキング

↑このページのトップヘ