2016年の安倍・プーチン会談の会場として有名になった、
山口県、長門湯本温泉の 大谷山荘 に行ってきました。
宿泊は、大谷山荘別邸音信です。
大谷山荘別邸音信_4882

山口県へは、羽田空港から約1時間半。
大谷山荘別邸音信_4689
山口宇部空港に到着です。

まずは、山口県の代表的な観光地、萩に向かいます。
大谷山荘別邸音信_4690
萩へは、山口宇部空港から鉄道もバスも無く、
唯一存在する、乗合タクシーで向かいます。
右手のカウンター集合にて、タクシーへ。

大谷山荘別邸音信_4691
前日までも予約制となっており、
乗合タクシーといえども、この日は、乗客は私1名でした。

大谷山荘別邸音信_4692
おおよそ70分で、萩に到着です。
萩市内の指定した場所まで送ってくれるので、
市中心にある、明倫学舎で降ろしてもらいました。

明倫学舎。
萩藩校明倫館の跡地にあった小学校が、
観光施設にリニューアルされオープンしました。

ここからは徒歩にて。
大谷山荘別邸音信_4737
萩には、広い城下町が残り、
長い白壁群と、その中に、歴史的人物の所縁の地が存在します。
こちらは、木戸孝允誕生地。

大谷山荘別邸音信_4734
そして、城跡は、指月公園として整備されています。
駐車場から、歩いて向かいます。

大谷山荘別邸音信_4733
徒歩道の途中には、萩焼の店が並んでおり、
一部には萩焼の窯元も存在します。

大谷山荘別邸音信_4728
萩城跡。指月公園。
入り口で入場料を払います。

大谷山荘別邸音信_4729
萩城跡の説明版です。
関ヶ原の役後、毛利輝元により着工。

大谷山荘別邸音信_4730
城郭内のメインは、志都岐山神社。しづきやま と読みます。

大谷山荘別邸音信_4731
建物はこのような感じ。日々の管理はされていなそうな雰囲気です。

大谷山荘別邸音信_4732
天守閣跡はこちら。
石垣のみ残っています。

大谷山荘別邸音信_4735
駐車場に戻り、駐車場横にも、有料入場設備があります。
旧厚狭毛利家萩屋敷長屋。

大谷山荘別邸音信_4736
見渡す範囲だけが敷地内の、小さな長屋です。

指月公園から、タクシーを呼んで、一路向かったのが、
大谷山荘別邸音信_4738
松陰神社。
萩市街郊外にあり、指月公園からは約15分でした。

大谷山荘別邸音信_4741
境内にある、松下村塾。
想像よりも小さく、小部屋一つという感じです。

大谷山荘別邸音信_4739
吉田松陰幽閉部屋。
3畳半の空間にいたそうです。

松陰神社境内には、宝物殿と歴史館がありますが、見るほどではないかと。
特に、歴史館は、再現のろう人形があるだけで、歴史的遺物は一つもありません。

松陰神社から、待たせていたタクシーに再び乗り込みます。
萩市内には、流しのタクシーも、観光施設での客待ちタクシーもいませんので、ご注意を。

松陰神社から10分弱。
大谷山荘別邸音信_4762
東萩駅に到着です。
萩には、萩駅と東萩駅があり、東萩駅の方が市街地に近く、中心駅であるとのことです。
中心駅でも、普通列車が2時間に一本程度、特急は存在しないですが・・・

大谷山荘別邸音信_4766
来た列車も、気動車の1両編成でした。
東萩駅14:49-15:17長門市駅を山陰本線に揺られ、
更に美祢線に乗り換え、長門市駅15:22-15:29長門湯本駅。

大谷山荘別邸音信_4770
長門湯本駅に到着です。

宿の送迎車にお迎え頂き、約5分。
大谷山荘別邸音信_4883
大谷山荘 別邸音信 に到着です。
大谷山荘とは入り口から異なります。

大谷山荘別邸音信_4884
スタッフに迎え入れられ、

大谷山荘別邸音信_4887
水盤を横目に、回廊を進むと、

大谷山荘別邸音信_4888
畳のエントランスホールになります。

庭園に面した側は、オープンエアー。
それなのに、虫一匹見当たらない、清冽とした空間。
最高ですね。

何でも、木々に殺虫剤を注し、毎日日中クローズして、従業員総出で清掃しているとのことです。
努力によって、空間が維持されているのですね。

大谷山荘別邸音信_4831
通常は、到着したら右手の茶室へ、

大谷山荘別邸音信_4834
茶室 一峰庵。

大谷山荘別邸音信_4833
待合空間。

大谷山荘別邸音信_4832
茶室。
ここでお茶がふるまわれるとのことです。

では、お部屋にご案内いただきます。
大谷山荘別邸音信_4848
フロントロビーを通り抜け、

大谷山荘別邸音信_4846
ライブラリー「おとづれ文庫」を通り、

大谷山荘別邸音信_4945
エレベーターにて部屋へ。

大谷山荘別邸音信_4950
2階の廊下を進み、

大谷山荘別邸音信_4858
今日の部屋、203。
TYPE B 和室10畳 ツインベッド メゾネット 露天風呂。

大谷山荘別邸音信_4859
扉を開け、

大谷山荘別邸音信_4860
お部屋空間に入ると、
ソファースペースに和室、左にダイニングカウンター。
はい、もう最高。

大谷山荘別邸音信_4861
お部屋空間全体。
ソファースペース+和室10畳+ベッドルーム。

大谷山荘別邸音信_4862
ツインベッドルーム。

大谷山荘別邸音信_4864
お部屋空間全体、逆側から。

大谷山荘別邸音信_4863
浴衣や金庫。

大谷山荘別邸音信_4866
何より、部屋に入った時から、
クラシックのBGMが流れていて居心地がいいです。

大谷山荘別邸音信_4868
水回りから、露天風呂に進みます。

大谷山荘別邸音信_4869
屋内洗い場の先に、

大谷山荘別邸音信_4870
露天風呂。
足を延ばせる広さです。

大谷山荘別邸音信_4959
バスローブの用意もあります。

大谷山荘別邸音信_4871
お手洗いは2つあります。

大谷山荘別邸音信_4872
両方とも同じ形にて。

大谷山荘別邸音信_4873
テラス。小さな庭園の林に面しており、
鈴虫の音色が心地よいです。

隣室との仕切りも、しっかりとした石壁で、隣室が気にならない空間作りです。

大谷山荘別邸音信_4865
茶菓子も用意されています。
大谷山荘別邸音信_4867
カウンターには、お茶各種と、

大谷山荘別邸音信_4874
カウンター奥には冷蔵庫があり、
ビール・ジュース・お茶・ミネラルウォーターのほか、ゼリーまで入っており、
全部フリー(無料)となっています。

BlogPaint
ルームキーも、良い感じのカードキー。

大谷山荘別邸音信。これは、別格に居心地がいいです。
13歳以下の子供が宿泊不可なのも、空間づくりのためと納得です。

別邸音信の別の部屋ものぞかせてもらいました。
大谷山荘別邸音信_4845
3階の廊下です。
吹き抜けのある、広々とした空間づかいです。
旅館の廊下は、WEBサイトには載らない分、
その旅館の実力が現れると考えています。
この廊下の広さは、高級感の印象に大きく影響を与えますね。

大谷山荘別邸音信_4844
303。
TYPE D 和室10畳 ツインベッド メゾネット 露天風呂。

大谷山荘別邸音信_4836
ソファースペース+和室。右手にダイニングカウンター。

大谷山荘別邸音信_4835
奥にツインベッドルーム。

大谷山荘別邸音信_4837
テラス。

大谷山荘別邸音信_4838
メゾネットになっており、
(階段は急め)

大谷山荘別邸音信_4840
2階は、ホームシアター空間になっています。

大谷山荘別邸音信_4841
水回りから、

大谷山荘別邸音信_4839
露天風呂です。

大谷山荘別邸音信_4842
お手洗いは2つ。

大谷山荘別邸音信_4843
いずれも同じ形です。

別邸音信の2階には、宿泊者用のフィットネスジムがありました。
大谷山荘別邸音信_4878
フィットネスジム入口。

大谷山荘別邸音信_4879
マシンも豊富で、

大谷山荘別邸音信_4880
エアロビックスタジオもあり、充実の空間です。

大谷山荘別邸音信_4881
ジムから直接、大浴場にも行くこともできるようです。

では、部屋に戻り、浴衣に着替えて、
大浴場に向かいます。
大谷山荘別邸音信_4918
別邸音信の大浴場へ、

大谷山荘別邸音信_4917
男湯。
特に男女入れ替えはありません。

大谷山荘別邸音信_4909
脱衣場。

大谷山荘別邸音信_4910
ロッカーもしっかりとあります。

大谷山荘別邸音信_4916
ひげそりなどのアメニティは、
高級品ではありませんが、別邸音信専用のパッケージになっています。

大谷山荘別邸音信_4911
タオル、バスタオルも当然用意されているのですが、

大谷山荘別邸音信_4912
ガウンもある!
岩盤浴があるようです。これは入らねば。

大谷山荘別邸音信_4907
内風呂、
そして露天風呂にむけて、窓無しのオープンエア。

大谷山荘別邸音信_4908
洗い場。

大谷山荘別邸音信_4914
岩盤浴。
座るスペースのほか、完全に寝そべる形もあり。室内の清潔さを保つためのガウンなのでしょう。
ガウンを着て寝そべっていれば、汗びっしょりになりました。

次に、
音信の宿泊者は、大谷山荘の施設も利用できるので、
大谷山荘の大浴場に向かってみました。
大谷山荘別邸音信_4901
大谷山荘の大浴場への道を進み、

大谷山荘別邸音信_4898
大浴場 せせらぎの湯。
夜と朝で、男女入れ替えです。
タオルのみあり、バスタオルは持参となります。
内風呂3つに露天風呂2つあり、充分に広いです。
大人数が入り込んでも問題なさそうです。

大谷山荘別邸音信_4899
風呂上りには、黒豆茶の用意。

大谷山荘別邸音信_4900
音信川に面したテラス席も用意されており、
風呂上がりの涼みに良いです。

では、音信に戻ります。
大谷山荘と別邸音信は、隣り合った建物で、
1階と2階で、渡り廊下でつながっていります。
大谷山荘別邸音信_4903

雰囲気の違う、重厚感のある渡り廊下を進むと、
別邸音信の看板が。

大谷山荘別邸音信_4890
カードキーでロックされた扉。
大谷山荘の宿泊者はここまでです。

大谷山荘別邸音信_4905
別邸音信の宿泊者は、
ルームキーで、ピッと。

大谷山荘別邸音信_4906
別邸音信への世界が開きます。

大谷山荘別邸音信_4852
別邸音信のバーでは、
夕方に、ドリンクのサービスが提供されていました。

大谷山荘別邸音信_4919
ジュースもありましたが、ビールを一つ頂きました。
ちゃんとしたバーテンさんがいる、いい空間です。

大谷山荘別邸音信_4849
バーの隣にある、別邸音信のお土産屋は、
高級感のあるものばかりです。

そうこうしているうちに、夕食の時間になりました。

今回の宿泊予約は、少し特殊で、
宿泊部屋は「大谷山荘 別邸音信」にて、
内容食事は「大谷山荘」となっています。

私は、大谷山荘の「風光」での夕食となります。
大谷山荘別邸音信_4937
プールガーデンレストラン 風光。

大谷山荘別邸音信_4925
個室 福 での用意です。

大谷山荘別邸音信_4924
高級感のある空間づくりです。

大谷山荘別邸音信_4921
最初のセット。

大谷山荘別邸音信_4922
お献立。

大谷山荘別邸音信_4923
飲物は、山口の地酒「獺祭」にて始めます。

大谷山荘別邸音信_4926
前菜
胡桃和へ
 しめじ 柿 紅葉人参
 いちょう丸十 松葉そば
子持昆布 海老 銀杏
胡麻豆腐

大谷山荘別邸音信_4927
造里 鯛 縞あじ イカ サザエ
刺身もみずみずしい。器もしっかりとしています。

大谷山荘別邸音信_4928
合肴 とらふぐ刺し
山口名物、ふぐ刺しです。
ポン酢でさらさらと食べれて美味い。

大谷山荘別邸音信_4929
鍋 すき焼き
 笹搔き牛蒡 人参 椎茸
 春菊 焼目湯葉 白葱
 温泉玉子

大谷山荘別邸音信_4931
焼物 蒸し焼き
 鮑酒蒸し 甘鯛 ホタテ
 絹かつぎ 紅葉人参
 大黒しめじ 百合根
 ポン酢 大根おろし 葱

大谷山荘別邸音信_4930
温物 炊き合せ
 穴子の飛龍頭 海老芋
 大黒しめじ 松葉柚子 銀あん

大谷山荘別邸音信_4932
揚物
 とらふぐの唐揚げ
 蓮根チップス
ふぐの唐揚げは、骨の周りをしゃぶるように噛り付きます。
唐揚げにすると、ふぐの脂の濃厚を強く感じます。

大谷山荘別邸音信_4934
飯 のど黒釜飯
  (山口県産コシヒカリ)
汁 赤みそ仕立て
   油揚げ なめ子 粉山椒
香の物 三種盛り

大谷山荘別邸音信_4933
ご飯は、釜炊きでの提供です。

大谷山荘別邸音信_4935
水物
ほうじ茶プリン 黒みつ
 梨 ぶどう

大谷山荘の食事、とても良いものでした。
山口名物のふぐを、刺身・唐揚げで押し出してきて、
料理全体の印象に残ります。


大谷山荘の夕食は、3段階+音信の4段階であるらしく、今回は大谷山荘最上の3段目とのこと。
曙=2段、芙蓉=3段、大谷山荘露天風呂付=音信 の段階の食事を提供してるとのことです。

ちなみに、別邸音信の宿泊の場合の食事は、大谷山荘別邸音信_4853
日本料理「雲遊」となります。

大谷山荘別邸音信_4857
別邸音信 雲遊 のお品書き。
大谷山荘とは、料理長も違うので、内容も全く違います。

こちらも次回、食べてみたいですね。

食後は、大谷山荘の館内をもう少し楽しみます。
大谷山荘別邸音信_4938
8階へ。

大谷山荘別邸音信_4940
8階天体ドーム。
20分ごと開催・10人くらいずつで、宿泊者は無料です。

大谷山荘別邸音信_4941
望遠鏡設備があり、星空観測ができます。

大谷山荘別邸音信_4942
この日は曇天であったため、画像での紹介でした。

大谷山荘別邸音信_4939
8階ギャラリー。
維新にかかわる書などが展示されています。

大谷山荘別邸音信_4944
ロビーラウンジでは、ジャズの演奏がありました。

大谷山荘別邸音信_4943
演奏は無料。
飲み物代だけで、お酒を飲みながら、ゆっくりと楽しむことができます。

では、別邸音信の部屋に戻り。
大谷山荘別邸音信_4948
テラスにて夜風にあたります。
秋の夜の、鈴虫の音が心地よく。フラットチェアでゆっくりと。

大谷山荘別邸音信_4946
しばらくして、ベッドルームに入り、

大谷山荘別邸音信_4947
今日は就寝。


翌朝
大谷山荘別邸音信_4961
さわやかな朝です。

大谷山荘別邸音信_4963
曇っていますが、これから晴れそうな明るさです。

大谷山荘別邸音信_4956
まずは、部屋の露天風呂にて、朝風呂を。

大谷山荘別邸音信_4958
露天風呂も、スポットライトで照明が確保されています。

大谷山荘別邸音信_4949
次に、大谷山荘の大浴場にも。
夜間に男女の入れ替えがありますので、朝はこもれびの湯。
こちらも広い大浴場です。

大谷山荘別邸音信_4964
今回の宿泊は、食事は大谷山荘なので、
朝食は、バイキングになります。会場は、瑞雲。
(別邸音信は、雲遊で和食です。)

大谷山荘別邸音信_4966
ワインセラーのあるおしゃれなエントランスを進み、

大谷山荘別邸音信_4967
中もおしゃれな、ダイニングレストランです。

大谷山荘別邸音信_4968
バイキング各種。

大谷山荘別邸音信_4969
シェフの調理コーナーも。

大谷山荘別邸音信_4970
ホテルベーカリー自家製のパンが自慢とのことです。
クロワッサンは美味しかった。他は普通かな。

種類は豊富なバイキングです。
ただし大谷山荘別邸音信の期待値からすると、朝食は和食のほうがよかったかなと。

食後は、すぐにチェックアウトをして、
送迎車で駅まで送って頂き、
東京に向かいます。
午後から仕事があるため、急ぎ目での移動方法を使います。

大谷山荘別邸音信_4971
長門湯本駅から美祢線で厚狭駅へ。
小さい1両編成の気動車です。
長門湯本駅8:00-厚狭駅9:01。

大谷山荘別邸音信_4973
厚狭駅は、新幹線がとまるといえど、寂れた駅です。

大谷山荘別邸音信_4974
厚狭駅から山陽本線で宇部駅へ。
厚狭駅9:22-宇部駅9:32。

大谷山荘別邸音信_4975
宇部駅からは、宇部線で草江駅へ23分、草江駅から徒歩10分で山口宇部空港という方法も
あるのですが、今回はそれでは、飛行機に間に合わないので、タクシーで向かいます。

宇部駅は、降車の人数も数十人と多く、駅前にタクシーも数台停まっています。
タクシーに乗り込み、約20分。10時前に、山口宇部空港に到着です。

10:30発のJAL便で約一時間半。12時に羽田空港に到着。
午後から東京での仕事に取りかかれました。

大谷山荘 別邸音信
施設も、サービスも、山口県の中で、一軒だけ違うレベルです。
経営者がしっかりしているのでしょうね。
団体旅行用の棟を、別邸音信という個人向けに建て替え。人材難を見越して、先手で人事コンサルを入れて採用・育成を続けていて、良い循環に繋がっているのだと思います。
大谷山荘の情報も書きましたので、ご参照頂けたら幸いです。