長野は北信にある 山田温泉 藤井荘 に行ってきました。
藤井荘_1927

東京から新幹線で長野へ。
藤井荘_1906
北陸新幹線はくたか。

藤井荘_1907
車内販売で、高崎駅の駅弁 だるま弁当 にて昼食。

長野駅にて新幹線を下りた後、路線バスにて松代に向かいました。
今年の大河ドラマが真田氏ですから、真田松代藩も注目されています。
藤井荘_1909
松代城跡。ここ数年で、石垣や門が復元されました。

藤井荘_1910
松代城本丸跡。構造物は残っていません。無料の公園になっています。


藤井荘_1911
旧真田邸。

藤井荘_1912
石畳の道路が整備され、歩ける街づくりの試みがされています。

藤井荘_1913
松代藩文武学校。

藤井荘_1914
松代象山地下壕。
先の大戦末期に計画された「松代大本営」の跡です。
中は壕らしく、ひんやりとしています。約500mと、意外と長い距離が公開されています。

松代の観光の跡は、
旧松代駅から、路線バスで須坂駅へ向かいます。
藤井荘_1908
松代から須坂は、長野電鉄が走っていたのですが、数年前に廃線となりました。
須坂駅からは、車にて約20分にて、山田温泉へ。

藤井荘_1927
藤井荘に到着です。

藤井荘_1926
藤井荘外観。

藤井荘_1925
玄関先。

藤井荘_1924
提灯の明かりがお出迎え。

藤井荘_1923
エントランス。

藤井荘_1922
畳敷きの入り口です。

藤井荘_1921
先に進むと。

藤井荘_1918
ロビーラウンジに案内されます。

藤井荘_1920
谷を挟んで、向かいの山を臨む席で、ウェルカムドリンク。
窓もなく、オープンエアーで、蝉の声が聞こえます。

それでは、部屋にご案内。
藤井荘_1975
エレベータを降り、

藤井荘_1974
廊下を歩いて、

藤井荘_1929
今日の部屋はこちら。 萩野の五。

藤井荘_1930
踏込をすすむと、

藤井荘_1932
谷に面した和室です。

藤井荘_1933
和室。

藤井荘_1934
月見台付き。

藤井荘_1931
別室の洋室も付いています。

藤井荘_1936
水周りと内風呂。

藤井荘_1937
アメニティは普通のもの。

藤井荘_1935
お手洗い。

藤井荘_1942
何でも、オールインクルーシブの宿 として今年からリニューアルオープンしたとのことです。
昨年から経営が、ご主人から現女将になり、従業員とのコンセプト設定のなかから、
サービスを含め、リニューアルしたとか。

現在は、夕食朝食時及び冷蔵庫の飲み物が宿泊料金に含まれる、という点が中心ですが、
今後、料金に含まれるオプショナルツアー等も設定していく方針とのこと。

ちなみに、飲み物のお品書きは下記の通り。
フリードリンクとしてはきわめて豊富です。
藤井荘_1943
ドリンクメニュー1/6。

藤井荘_1944
ドリンクメニュー2/6。

藤井荘_1945
ドリンクメニュー3/6。

藤井荘_1946
ドリンクメニュー4/6。

藤井荘_1947
ドリンクメニュー5/6。

藤井荘_1948
ドリンクメニュー6/6。

藤井荘_1939
オールインクルーシブの冷蔵庫。
フリードリンクです。

藤井荘_1940
では、浴衣に着替えて、館内を見て回ります。

藤井荘_1952
大宴会場の周り。

藤井荘_1955
宴会場。今日は個人向けの設営ですね。

次の間付の部屋 鳳山亭「横笛」。
藤井荘_1956

藤井荘_1957
踏込から。

藤井荘_1959
本間。

藤井荘_1960
水周りとお手洗い。

特別洋室 三喬亭「如霞」。
藤井荘_1965
藤井荘_1964
玄関から。

藤井荘_1961
木を基調とした、ベッドルームです。

藤井荘_1962
リニューアルされた、洋風のバスルーム・お手洗い。

スタンダード洋室 三喬亭「笹野の二」
藤井荘_1970
藤井荘_1966
もともとの和室の空間がベッドルームにリニューアル。

藤井荘_1967
水周りと内風呂。

藤井荘_1969
お手洗い。

藤井荘_1968
別に小さな部屋も付いています。

では続いて、大浴場へ。
藤井荘_1983
大浴場。

藤井荘_1984
脱衣所。この時間は誰もいません。

藤井荘_1985
大浴場。

藤井荘_1986
露天風呂。谷からの風が心地よいです。

藤井荘_1987
脱衣場には、ヒーリングミュージックが流れています。

藤井荘_1988
風呂上りには、館内のサービスがあるとの案内があったので、「利き酒」コーナーへ。

たちべりカフェ。 兼お土産コーナーです。
藤井荘_1982

藤井荘_1976
ラインナップのカウンター。

藤井荘_1978
利き酒。5種類の日本酒が用意されています。

藤井荘_1977
ソフトドリンクは、デトックス向けのウォーター。

藤井荘_1981
休憩スペース。

藤井荘_1980
横には小さめのお土産コーナーがあります。

続いては、夕食へ。
藤井荘_1951
夕食会場、東兵衛茶屋。

藤井荘_1989
個室に案内されます。

藤井荘_1998
床の間もあり、広めの空間作り。

藤井荘_1990
セットされたお席。

藤井荘_1993
お品書き。


藤井荘_1996
前菜 蕎麦豆腐 蕎麦の実 滑子
    信州サーモン手毬寿司
    根曲り竹 きの子の金平 胡桃味噌

藤井荘_1997
土瓶蒸し 焼鮎土瓶蒸し
       蕎麦米ふかし やなぎ松茸 実山椒 酢橘

藤井荘_2000
お造り 大岩魚
     鱸の昆布〆 山葵醤油
     しゃぶしゃぶ 高原野菜

藤井荘_2001
しゃぶしゃぶ鍋。
出汁用の昆布は、六文銭に模られています。

藤井荘_2002
続いて用意されるのが、藤井荘名物「ぽんぽん鍋」。
名前の由来は、「狸」「たくさんぽんぽんと入れる」「油がはねる様子」と諸説あるようです。

藤井荘_1994
ぽんぽん鍋のお品書き。

藤井荘_2003
つまりは串揚げです。

藤井荘_2004
合肴 信州そば 蕎麦の芽

藤井荘_2005
小鍋仕立て 本日の一品
         高山村の夏野菜
         お出汁と辛味大根と共に

藤井荘_2006
食事 鮎と生姜の釜炊き御飯
    信州鮎 生姜

藤井荘_2007
釜のまま提供され、おかわりし放題。
夕食は上品な量でしたので、このくらいの御飯があることがちょうど良いです。

藤井荘_2034
オールインクルーシブの一つとして
オプショナルツアー「スターナイトツアー」が設定されています。
この日も申込をしましたが、残念ながら雲天で中止になりました。

藤井荘_2008
となると何もない場所ですので、早々におやすみなさい。


翌朝。朝風呂と、大浴場に向かいました。
藤井荘_2009
更衣室に、ヤクルトが置いてありました。
補充はされていなかったので、早い者勝ちですね。

藤井荘_2011
朝のトラベルラウンジでは、軽食ありとの案内を聞いていましたが、

藤井荘_2013
信州のリンゴジュース・ぶどうジュースと、

藤井荘_2012
信州産とれたて野菜。

軽食と聞いて、おにぎりを想像していましたが、
さわやかな野菜の提供とは意外でした。

少し、館外に出て、山田温泉を散策に出ます。
藤井荘_1973
山田温泉のマップ。

藤井荘_2015
藤井荘の前。
向こうに見えるバスが、バス停のある中心です。

藤井荘_2016
中心にある、共同浴場「大湯」。


藤井荘_2018
大湯の前の公園。足湯があります。



藤井荘_2017
大湯の周り。奥に土産店があります。
山田温泉は、ここから見える範囲でほぼ収まる、小さな温泉地です。

藤井荘_2019
藤井荘に戻り、館内の散策路へ。

藤井荘_2020
山道レベルの散策路をずっと下って行くと、

藤井荘_2021
谷底の川辺に至ります。
川底は茶褐色になっているのは、このあたりの温泉の成分によるものと思われます。

藤井荘_2010
館内の談話室。

少し体を動かしたのちに、朝食へ。
藤井荘_2022
場所は、夕食と同じ個室です。

藤井荘_2024
セットされた席。

藤井荘_2025
朝食のお品書き。

藤井荘_2028
先出し 胡麻のお浸し 鯖なめこおろし くらかけ豆
     丸なす揚げ出し 信州サーモン幽庵焼き 蕗の薹海苔

藤井荘_2027
せいろ蒸し。
とっても雰囲気があります。但し、蒸気で部屋が暑くてかないません。

藤井荘_2031
季節の地場野菜と、鳥朴葉蒸し。
とってもジューシーです。

藤井荘_2029
炭火炙り 有明海苔
       五平餅
       季節の地場野菜

藤井荘_2030
リンゴジュース

藤井荘_2032
食事 信州木島平村 白米
汁物 野菜たくさん根菜味噌汁

藤井荘_2033
水物 おれんじ キウイ

食事が終わり、チェックアウト。送迎車で須坂駅へ。
藤井荘_1916
須坂は、蔵のまち として町作りをして、散策の出来るエリアが作られています。
この日も、観光バスが数台来ていました。

藤井荘_2035
豪商の館 田中本家。
蔵の街並みとは、少し離れています。

須坂から、
最近「外国人が日本で最も訪れたい場所」といわれているらしい、
地獄谷野猿公苑(スノーモンキーパークという二つ名がついたそうです)
に行ってみようと、
藤井荘_2036
須坂駅からは、湯田中駅まで長野電鉄にて移動。
特急料金100円の特急で。

BlogPaint
湯田中駅。路線バスで、地獄谷野猿公苑を目指します。

藤井荘_2156
車が入れるのは途中まで。

藤井荘_2155
その先は、徒歩で向かいます。約25分の表示。

藤井荘_2154
整備された徒歩ルート。

藤井荘_2153
飽きないようにか、途中途中で、案内板が設置されています。


藤井荘_2146
山を通り抜け、

藤井荘_2147
間欠泉。

藤井荘_2148
公苑入口。

藤井荘_2151
公苑内部。そこここに猿がいます。

来ている人は、半分以上は外国人でした。

藤井荘_2149
夏なので、温泉の中には猿は入っていませんでした。
公苑スタッフによると、餌付けで温泉に誘導しているとのこと。

藤井荘_2150
人間が通っても、全く気にせずリラックスしている猿たちです。

また、徒歩でバス停まで戻り、湯田中駅に戻ります。
電車まで少し時間がありましたので、駅前のお店でちょっと食事。
藤井荘_2158
GOEN
外人スタッフのいるオシャレなお店です。

藤井荘_2157
地ビール 志賀高原IPA と、

藤井荘_2159
唐揚げで、一杯。

帰り道では、長野駅前で、信州そば。
藤井荘_2162
信州戸隠そば味処ぼっち

藤井荘_2160
夜は居酒屋にもなる空間です。

藤井荘_2161
さるそば。
信州ですからもちろん七味は、八幡屋礒五郎です。

長野駅から鈍行に乗り、姨捨駅を立ち寄りました
藤井荘_2164
最近は「日本三大車窓」といわれているようです。
スイッチバックの駅としても知られますが、
善光寺平を一望する景色から、夜景スポットとして注目されています。


藤井荘は、食事は、夕食も朝食も、
盛り付けに工夫があり、雰囲気の良い食事でした。

建物は外観からすると年月は経っていますが、
内部はリニューアルされていてきれいです。

スタッフは、ホテル系のサービスを提供する旅館ではあるのですが、
まだ洗練されていない感があります。
何となく気づかないという感じで、
飲み物に気が回らなかったり、食事をお代わりしているときに溶けるシャーベットを持って来たり、
スターナイトツアーの中止もこちらから聞かないと案内されなかったり。

しかしながら、この旅館、
一族経営であるものの、昨年から女将にかわり、
従業員の声に基づいて、経営の工夫をしているそうです。
オールインクルーシブにしたり、チェックインの景色の見える席を作ったり。
これからの進化に期待ですね。

★「藤井荘」(信州/山田温泉) ブログ
★「藤井荘」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「明神館」(信州/扉温泉)
 「箱根吟遊」(箱根/宮ノ下温泉)


旅館・ホテルランキング