伊勢長島にある、長島温泉 ホテル花水木に行ってきました。
F2BEB7AC-F5E2-47E4-8B4B-3B03ADFFDA61

伊勢長島は、木曽三川の河口、木曽川と揖斐川に挟まれた土地の突端にあり、
名古屋からは木曽川を渡った先にあります。

伊勢長島の一向一揆でも、有名な土地ですね。

交通は、名古屋駅からの直通バスで50分。
電車なら、近鉄名古屋駅から30分の桑名駅から、バスで20分です。

F2BEB7AC-F5E2-47E4-8B4B-3B03ADFFDA61
The大型高級旅館です。

68546416-B932-4BA9-B942-E2AA0189D4C6
正面玄関。

94FCC003-CA65-4ADD-8B64-9E5CDC441BCF
玄関を入り、

7A185DDA-B555-4323-91BC-E65A994393A7
ロビー。

やはり、The大型高級旅館ですね。
好きです。

客室にすすみます。
7C722F38-23DA-4A6A-818C-5848A143242D
本館の客室廊下です。
本館 和室次の間付き 標準タイプ。

D1736DE6-5D72-4AEA-9C95-19FC8FC5CF0B
踏込から

E5A8356F-938B-412C-9810-0E211F273FA7
本間10畳

A9D52701-23BF-4F02-90FA-3FE7DB1351BB
本間 反対側から

835B794A-B5E6-4F95-A53C-249261E06E8E
次の間6畳

E43F3E54-1EC2-43CB-9E7B-47DB6AC9934F
水回りと、

8E386C9D-93E1-499F-9BE9-641C1C67F57A
客室内風呂。
ユニットバスですが、源泉100%です。

A972CE84-C42C-4575-8857-DDEA8F5CF05A
お手洗い。

1CC07C73-A209-4A74-91E7-CCF5E2C3CDFF
広縁。
景色は、ナガシマスパーランド。

続いて、
BA04B993-BDEE-46ED-9AE1-14FDE9767052
本館 和室次の間付き 石風呂タイプ。

136E2065-59C2-4156-A5F0-4A55F369ABA0
踏込から、

886EFC8C-D254-48D1-8D42-DB661CA7126F
本間10畳。

FF193A10-6738-4612-8D21-0ABC9C4018D1
次の間6畳。

F8E465D4-328B-4E32-8D04-1FC2755998D6
水回りから、

B3AD4CF3-7972-4BAC-A393-4DEB4F8C85BE
露天風呂。
ナガシマスパーランド ビューです。

3160817C-DF8F-46EC-A69F-74610BDCA80B
広縁、
やはりナガシマスパーランドビュー。

A323A96F-7E9A-4C55-8CEB-EF7F2314D5F1
全面ナガシマスパーランドビューです。

なお、反対側の客室からのビューは、こんな感じ。
FAD05551-5313-498A-8F0E-E0EFBED36D42
伊勢湾ビュー。

ファミリー層向けであれば、ナガシマスパーランド ビューでもいいかもしれませんが、
高級旅館を求めて、という層には、伊勢湾ビューの部屋がベターです。

そのほか、ホテル花水木には、別館がありますが、
別館客室は、本館と違い高級旅館とは言えないかな、というレベルですので割愛。

212CC351-D07F-45D0-A46B-CDC151869A00
大浴場は、まず、花水木の大浴場を利用できます。

44389337-74B7-44AF-B038-FF855BF05984
お茶のサービスも用意されています。

D9597139-902A-41F8-BCC9-68F69595A7C3
また、隣接の「湯あみの島」の利用も可能です。
連絡通路を通り抜け、

230C208E-6F37-481B-BBD8-F0450850A8E8
ここから「湯あみの島」です。
内風呂・露天風呂あわせて17ものお風呂があり、
散策しながらの入浴をするレベルの広さになっています。

利用には、宿泊時に渡される「通行証」にて、
何度でも利用可能です。

宴会場もあり、
D90063B5-35A3-46F4-AC63-60193C6B061E
和宴会場大河の入り口。

BlogPaint
和宴会場大河400畳。大きめです。

1AE45141-E067-4055-B22A-C87FC22EE641
洋宴会場もあります。
コンベンションホール1,536㎡。

7F7E03AA-5191-442C-A97B-E1E188916084
二次会場もあります。

362A1784-2A91-4351-B2CD-A06590F541F5
20人くらい入れるカラオケルームです。

夕食は、いわゆる大型高級旅館の食事、といった感じです。
特徴としては、地元のものの表現ができる素材があることかと。

伊勢長島は、今は桑名市になっているため、「桑名の蛤」、
伊勢といえば「伊勢海老」「松坂牛」。
このような料理が出てきます。

B2429265-29A1-417C-92A5-F9CAAFD1E00D
朝食会場は、ダイニングルーム くすの木。
朝食も、普通の大型旅館食事、といったところですね。

B3CC6AC0-D423-4778-BB5D-E5A71A874AAC
ホテル花水木の2階からは、
ナガシマスパーランドへのエントランスがあり、
こちらも「通行証」を見せるだけで、何度でも利用可能です。

30249D86-FE62-43E2-9B52-F7B02BEB956A
扉を出れば、もうそこが、ナガシマスパーランドです。

9C4496B1-639C-4AAF-8C53-1C4643511397
遊園地と、高級旅館。
異質な組み合わせです。

また、ナガシマスパーランドを突き抜けると、
三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島 があります。

ホテル花水木
もともとは、富山の大谷天然瓦斯という会社が、
天然ガス採掘を狙って、長島での採掘を始めたのだとか。
結果的に温泉が出てきたため、活用して旅館を始め、
現在のような、ナガシマスパーランド・旅館ホテル・日帰り温泉・なばなの里・アウトレット、
という総合的なレジャー施設になっていったとのことです。

株主は、名鉄・近鉄に、大谷天然瓦斯の順。
経営は、現在も大谷家がオーナーとしているとのことです。

ホテル花水木、東京からの訪問を考えると、
ナガシマスパーランド隣接という点からも、ファミリーが中心かと。
静かな滞在というより、多様な施設で楽しむというイメージです。

一方、伊勢湾ビューの部屋を選べば、
宿滞在中にナガシマスパーランドが目に入るのは、ガラス張りのエレベーターでだけ、くらいであり、
温泉の大型高級旅館での滞在を楽しむ、という形も可能と思います。

ホテル九重に似ているな、と感じましたが、
やはり、ホテル九重を参考にして、設計したとのことでした。

★「ホテル花水木」(東海/長島温泉) ブログ
★「ホテル花水木」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「鐘山苑」(山梨/富士山温泉)
 「稲取銀水荘」(伊豆/稲取温泉)
 「堂ヶ島ニュー銀水」(伊豆/堂ヶ島温泉)
 「福一」(群馬/伊香保温泉)
 「鴨川館」(房総/鴨川温泉)
 「ホテル翔峰」(長野/美ヶ原温泉)
 「白玉の湯華鳳」(新潟/月岡温泉)
 「佐勘」(東北/秋保温泉)
 「古窯」(東北/かみのやま温泉)
 「ホテル九重」(静岡/舘山寺温泉)
 「賢島宝生苑」(東海/伊勢志摩)
 「加賀屋」(北陸/和倉温泉)
 「有馬グランドホテル」(関西/有馬温泉)
 「佳翠苑皆美」(中部/玉造温泉)
 「大谷山荘」(中国/長門湯本温泉)
 「指宿白水館」(九州/指宿温泉)


旅館・ホテルランキング