群馬県 谷川温泉の 金盛館せせらぎ に行ってきました。
金盛館せせらぎ_0088
東京駅からは、上越新幹線で上毛高原駅まで1時間強+路線バスで23分で、
水上駅に行くのが最短です。
別邸 仙寿庵のページ参照)

今回は、高崎駅から上越線で水上駅まで向かってみました。
金盛館せせらぎ_0006
JRには、途中下車という制度があります。
101km以上の場合、途中の駅で降りれるというものです。
但し、大都市近郊区間は除く、となっていますので、今回の目的地である水上駅までの切符だと、途中下車ができません。
そこで、水上駅の一駅先の湯檜曽駅までの切符を買うことで、値段は変わらず、途中下車できる形となります。

金盛館せせらぎ_0009
というわけで、高崎駅で途中下車。

金盛館せせらぎ_0001
お目当ては、改札出てすぐ左手の駅ビル イーサイト高崎の中にある、

金盛館せせらぎ_0003
群馬の台所。
おぎのやの経営です。

金盛館せせらぎ_0004
おぎのやといえば、峠の釜めし。
なので、もちろん、

金盛館せせらぎ_0008
峠の釜めし定食。

群馬の台所では、一回り小さい釜での提供となっているとのこと。
わかりづらいと思いますが、漬物ケースや箸との比較でサイズを見立てて下さい。

普通のサイズの7~8割の量でしょうか。
むしろこのくらいが、昼食はちょうどいい分量です。

続いて、高崎駅から上越線に乗り、約一時間。
金盛館せせらぎPDC_0001_BURST20181111130838822_COVER
水上駅に到着です。

水上駅から宿の送迎にて、約5分。
金盛館せせらぎ_0088
金盛館せせらぎに到着です。

金盛館せせらぎ_0089
玄関を入り、

金盛館せせらぎ_0090
靴を脱いで、

金盛館せせらぎ_0092
ロビーへ。

晩秋の紅葉に、小川の景色です。

金盛館せせらぎ_0093
ここで、枕を選びます。
今日は、そばがらをチョイス。

金盛館せせらぎ_0095
エレベーターで、ロビーのある4階から、部屋の階へと降ります。

金盛館せせらぎ_0137
2階の廊下を進み、

金盛館せせらぎ_0018
本日のお部屋は、こちら。
212 こぶし。
10畳と8畳フローリングリビング付き客室 です。

金盛館せせらぎ_0019
踏込から、

金盛館せせらぎ_0020
10畳の本間とリビング。

金盛館せせらぎ_0080
窓からは、紅葉の木々と、谷川のせせらぎです。

金盛館せせらぎ_0021
本間、別アングルから。

金盛館せせらぎ_0022
リビングには、暖炉風のストーブと、

金盛館せせらぎ_0023
マッサージチェア。

金盛館せせらぎ_0026
冷蔵庫には、ビール、日本酒など。

金盛館せせらぎ_0024
お手洗い。

金盛館せせらぎ_0025
ガラスの洗面台。
調度品は、全体的に女性向きでしょうか。

内風呂はありません。

金盛館せせらぎ_0017
部屋にて、宿帳を記入します。

金盛館せせらぎ_0069
お茶と、お茶菓子 抹茶のムース。
家庭でも使われる、普通の器ですね。

金盛館せせらぎ_0070
お茶請けに、昆布、チョコ、牛蒡せんべい。
こちらも、ありもの感です。

館内のほかの部屋も見学させてもらいました。
金盛館せせらぎ_0010
【10畳と3畳 小さなテラスのある客室】。

金盛館せせらぎ_0011
【10畳と3畳 小さなテラスのある客室】踏込から、

金盛館せせらぎ_0012
【10畳と3畳 小さなテラスのある客室】本間空間。

金盛館せせらぎ_0014
【10畳と3畳 小さなテラスのある客室】テラスからの眺め。

金盛館せせらぎ_0015
【10畳と3畳 小さなテラスのある客室】水回り。

金盛館せせらぎ_0016
【10畳と3畳 小さなテラスのある客室】お手洗い。

フローリングリビング付き客室の方が、建物は新しくグレードは上ですが、
小さなテラスのある客室がリニューアルは新しく、
滞在にはどちらでも問題ないかと。

金盛館せせらぎ_0047
【続き間の広々とした客室。

金盛館せせらぎ_0048
本間10畳と、続き間6畳、

金盛館せせらぎ_0049
広縁フローリング、

金盛館せせらぎ_0050
そしてテラス。

金盛館せせらぎ_0051
水回りと、

金盛館せせらぎ_0052
内風呂。
まあ、普通は内風呂には入りませんからね。

金盛館せせらぎ_0053
【続き間の広々とした客室】お手洗い。

金盛館せせらぎ_0046
ちなみに、同間取りで、【ベッドのある客室】もあります。

金盛館せせらぎ_0054
【檜の露天風呂付き客室】。

金盛館せせらぎ_0055
【檜の露天風呂付き客室】本間12.5畳+6畳。

金盛館せせらぎ_0056
【檜の露天風呂付き客室】本間を、反対アングルから。

金盛館せせらぎ_0057
【檜の露天風呂付き客室】水回りから、

金盛館せせらぎ_0058
【檜の露天風呂付き客室】シャワーブースに、

金盛館せせらぎ_0059
【檜の露天風呂付き客室】檜の露天風呂。
湯船、景色ともに狭め。

金盛館せせらぎ_0060
【檜の露天風呂付き客室】お手洗い。

金盛館せせらぎ_0066
1階には、宴会場もあり。

金盛館せせらぎ_0094
4階から、階段を上がると、

金盛館せせらぎ_0067
カラオケルームもあります。

金盛館せせらぎ_0027
2階には、貸切風呂 さくら姫の湯 があります。

金盛館せせらぎ_0029
脱衣場から、

金盛館せせらぎ_0028
内風呂です。
古さと、暗さと、何よりシャンプー類が多過ぎにより雑然としていて、
使うにはちょっとですかね。

以上で、館内見学は終了です。

それでは、再度部屋に戻り、
金盛館せせらぎ_0068
浴衣に着替えて、大浴場に向かいます。
(作務衣もありました)

金盛館せせらぎ_0071
鍵を手に取り、

金盛館せせらぎ_0081
バスタオル、タオル、部屋から持参です。

金盛館せせらぎ_0082
1階大浴場 文殊の湯。
湯上りスペースには、谷川の湧水が用意されています。

金盛館せせらぎ_0083
脱衣場。

金盛館せせらぎ_0084
脱衣場、反対から。

金盛館せせらぎ_0085
内風呂。

金盛館せせらぎ_0086
洗い場。

金盛館せせらぎ_0087
露天風呂。
眼下には、混浴露天風呂 せせらぎの湯 の建屋が見えています。

せせらぎの湯にも向かってみました。
金盛館せせらぎ_0032
1階から草履に履き替え、

金盛館せせらぎ_0033
木々の間を歩いていきます。

金盛館せせらぎ_0037
左手には、金盛館せせらぎの客室と男性大浴場から丸見え。

金盛館せせらぎ_0034
谷川のほとりにある露天風呂 せせらぎの湯。
混浴のため、一つです。

横にある脱衣場で、さっと浴衣を脱いだら、
金盛館せせらぎ_0035
さぶんと入浴。
野趣あふれる露天風呂です。

金盛館せせらぎ_0036
せせらぎの音を聞きながら。
向こうに見える橋は通行禁止なので人は通りません。
混浴のため、女性は二の足を踏むこともあるのか、
入浴中は、一人きりで貸切状態でした。

0~5時は、入口の鍵をかけることで貸切可。
7~10時は、女性専用になります。


風呂から上がり、部屋でゆっくりしたのち。
夕食の準備が整ったむね、電話がありましたので、
食事処へ。
金盛館せせらぎ_0031
食事処は、1階の廊下に面してあります。

金盛館せせらぎ_0098
ダイニング風の空間。

金盛館せせらぎ_0108
スポットライトで雰囲気を演出しています。

金盛館せせらぎPDC_0003_BURST20181111180335203_COVER
電話での呼び出し式は頂けませんが。

金盛館せせらぎ_0099
最初のセット。

金盛館せせらぎ_0100
お品書き。

金盛館せせらぎ_0101
先に飲み物の注文がありましたので、
飲み比べセットを注文しました。
5種のおちょこでの飲み比べ。

金盛館せせらぎ_0102
私は八海山が合いました。次点、越乃景虎。
宿の場所は群馬の北端ですが、やはり酒は越後新潟ですね。

金盛館せせらぎ_0104
食前酒 巨峰酒

金盛館せせらぎ_0105
前菜 枝豆・蓮の実・鴨燻製・月見の栗・石川芋
   エリンギムース
   黄身寿司のアミ笠蓮根
   青紅葉・銀杏
   谷川の雪(サラミ)
黄身寿司は、程よい甘みが好きです。

金盛館せせらぎ_0106
お造り 紅葉鱒・鯛・ボタン海老
いずれもみずみすしい。
山の群馬らしく、まぐろでなく紅葉鱒というのがいいですね。
赤身とトロの間のような味です。

金盛館せせらぎ_0107
肉料理 上州牛ヒレステーキカリフラワー・男爵
分厚い牛肉です。自分の加減で焼き始めます。

金盛館せせらぎ_0116
焼きあがりました。
肉汁たっぷり。

金盛館せせらぎ_0109
煮物 お好み揚げ蓮根・海老芋栗麩・青み

金盛館せせらぎ_0110
焼き物 子持ち鮎の塩焼き
小ぶりで柔らかい鮎なので、食べやすい。

金盛館せせらぎ_0111
蒸し物 りんごグラタン
金盛館せせらぎの人気メニュー。りんごの紅玉に、中身はマッシュルーム。
グラタンに、ほのかにりんごの甘味が加わり、面白い味。
器も崩して食べてしまいます。

金盛館せせらぎ_0115
飲み物の追加。
サントリーのマスターズドリーム。
群馬の工場で生産されているとのことで。

金盛館せせらぎ_0113
チェイサーに、ぐんまちゃんサイダー。
ゆるキャラのはしり、ぐんまちゃんです。

金盛館せせらぎ_0117
揚げ物 海老のカダイフ揚げ
    アスパラ・舞茸フライ
カダイフとはトルコの麺とのこと。糸状の巻き揚げは、素麺揚げに近く、サクサク。

金盛館せせらぎ_0118
酢の物 糸瓜・胡瓜
    白きくらげ・柿
    菊花蕪

金盛館せせらぎ_0119
お食事 ご飯・味噌汁・香の物

金盛館せせらぎ_0120
水菓子 メロン
    ジェラート
ジェラートは、もなかに載せて頂きます。

夕食は、ボリュームにある上州牛に、鮎。
りんごグラタンや、カダイフ揚げと、印象に残る料理がちりばめられていました。

金盛館せせらぎ_0121
食後にもうひと風呂と、露天風呂へ。

金盛館せせらぎ_0122
暗闇のせせらぎをききながらの入浴。

金盛館せせらぎ_0123
部屋に戻ると、夜食に、

金盛館せせらぎ_0124
おいなりさんが用意されていました。
ひとくちぱくっと頂きました。

金盛館せせらぎ_0125
布団も敷いてありましたので、そのまま就寝へ。

金盛館せせらぎ_0127(1)
山の朝は冷えますので、
ストーブに火を入れて。
ガスストーブのにおいが、どことなく懐かしさを感じさせます。

金盛館せせらぎ_0126
電気を消して、おやすみなさい。


翌朝。
金盛館せせらぎ_0127
6時過ぎに目が覚めてしまいましたので、露天風呂へ。

金盛館せせらぎ_0128
さわやかな、静かな朝風呂です。

金盛館せせらぎ_0136
風呂上りは、ロビーにて。

金盛館せせらぎ_0134
7:30~8:30には、ロビーにて、りんごジュースと牛乳 が提供されています。

一息をついたら、朝食へ。
金盛館せせらぎ_0129
朝食場所は、昨日と同じ食事処です。

金盛館せせらぎ_0130
旅館らしい、軽めの和食です。

金盛館せせらぎ_0131
味噌汁は、自分で味噌を溶くスタイルでした。
じゃがいも入りの田舎らしい味噌汁。
群馬は味付けが濃いですから、それぞれの好みに合わせるためのスタイルと思います。

金盛館せせらぎ_0132
ご飯はおひつでの提供。
茶碗3杯頂きました。

金盛館せせらぎ_0133
名物 鮎の一夜干。
かぶりつく形で頂きました。

食後はそのままチェックアウトへ。
金盛館せせらぎ_0138
ロビーでは、8:30~10:00はコーヒーと紅茶の提供がありました。

フロントにて支払いをしたところ、
金盛館せせらぎ_0140
おつりは、新品の硬貨でした。
そして、なぜかガムを1粒お土産に。

金盛館せせらぎ
群馬の山間にあり、サービスは洗練でなく極めて家庭的。田舎のおばちゃんです。
建物も普通の旅館。
食事は、高級かと云われれば悩ましいところですが、
田舎の実家に帰ってもてなされるような、
気楽な気分で行きゆっくり過ごすには良い宿だと思います。
調度品や細かい部分で女将の趣味を感じさせるので、女性向きかな。

★「金盛館せせらぎ」(群馬/谷川温泉) ブログ
★「金盛館せせらぎ」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「四季彩一力」(福島/磐梯熱海温泉)
 「旬彩の宿 緑水亭」(房総/安房小湊温泉)

人気ブログランキング