島根県松江の名門旅館、皆美館に行ってきました。
皆美館_0098
今回は、松江の皆美館と、玉造温泉の佳翠苑皆美と、
出雲の名門旅館に2泊3日での旅行です。

皆美館_0020
出雲へは、羽田空港からJALで向かいます。
JALグローバルクラブの会員なので、専用エントランスを通ります。

皆美館_0022
羽田空港のサクララウンジに立ち寄ります。

皆美館_0023
まだガラガラのサクララウンジで、

皆美館_0025
飛行機ビューで、朝から生ビールを一杯。
贅沢な休日のはじまりです。

皆美館_0026
ギリギリまでラウンジで過ごしたのち、搭乗口に進み、

皆美館_0028
JAL出雲空港行きに乗り込みます。


皆美館_0029
窓側の席からは景色がよく見え、
山陰の海岸線から、

皆美館_0032
米子空港の上空を通り、

皆美館_0033
下降しながら、松江市内の上空を通過。
右が宍道湖、左下の緑が松江城。皆美館はその間にある橋の付け根あたり。

皆美館_0034
宍道湖の先に、玉造温泉の温泉街も見えながら、

皆美館_0037
宍道湖西岸にある出雲空港を一度通り抜け、

皆美館_0038
旋回して、西側から滑走路に進入します。

皆美館_0040
出雲空港へ到着。

皆美館_0042
小さなサイズの地方空港です。

皆美館_0043
松江へは、松江駅経由・松江しんじ湖温泉駅行きの空港連絡バスを利用します。
松江しんじ湖温泉の皆美館は意外にも、松江駅からも松江しんじ湖温泉駅からも、
同じくらいの徒歩10分余り、ということなので、

皆美館_0044
松江駅で下車しました。
駅前の街をとぼとぼと歩いていくと、

皆美館_0046
10分ほどで、大橋川を渡る松江大橋に至ります。
もうここから、中央に見える4階建ての建物が、皆美館です。

宿に入る前に少し昼食をと、立ち寄ったのが右隣にある、

皆美館_0052
味処なにわ本店。
旅館なにわ一水と同じ経営の食事処です。

皆美館_0048
宍道湖を臨む、きれいな和ダイニングで、

皆美館_0049
手おけ御膳をいただきました。

皆美館_0050
小籠包、茶碗蒸しや、

皆美館_0051
デザート、コーヒーまで付いて、リーズナブルでしたなランチでした。

皆美館_0100
なにわ本店から、京町商店街の道を進むと、
すぐに皆美館に到着です。

皆美館_0099
街中に突然現れる、高級な和の空間です。

皆美館_0098
名門旅館の佇まい。

皆美館_0096
年季の入った木の看板も歴史を感じさせます。

皆美館_0095
小さな中庭を通り、

皆美館_0055
こちらも小さなロビーへ。
全16室の小さな旅館です。

皆美館_0054
ロビーで、おしぼりの提供と、宿帳の記入。

皆美館_0090
エレベーターで部屋に進みます。

皆美館_0089
3階に到着。

皆美館_0088
廊下を進み、

皆美館_0064
本日の部屋、末次(すえつぐ)。和洋室63.4㎡。

皆美館_0087
玄関も、スポットライトで雰囲気を演出しています。

皆美館_0065
踏込から、

皆美館_0067
和室と(掘りごたつ)。

皆美館_0069
反対側から。

皆美館_0073
窓からの景色は、瓦屋根越しの宍道湖ビュー。

皆美館_0068
洋室(ツイン)。

皆美館_0075
水回り。

皆美館_0076
アメニティ類。

皆美館_0077
内風呂。

皆美館_0074
お手洗い。

皆美館_0083
クローゼットには、

皆美館_0081
浴衣に、

皆美館_0080
羽織。

皆美館_0079
館内着と、

皆美館_0082
パジャマまで用意がありました。

皆美館_0078
冷蔵庫。

皆美館_0085
"おいしいアルカリイオン水"。
アルファ線の作用でイオン化うんぬんと書いてありました。

皆美館_0071
お茶菓子は、漆塗り小箱と懐紙と黒文字でセットされていました。
高級旅館の雰囲気を演出しています。

皆美館_0072
さくらんぼ形の大福と、落雁。
品のあるお茶菓子です。

皆美館_0070
お茶とのセットでいただきました。

皆美館_0084
それでは、館内を少し散策へ。
鍵を手に取り、

皆美館_0086
草履を履いて、部屋を出ます。

皆美館_0062
宍道湖を借景とした日本庭園。
日本庭園のランキングで上位に入る有名な庭園なのだそうです。

皆美館_0094
こちらが、宍道湖を向いた庭園の景色。

皆美館_0093
庭園は、低い堤防を挟んで、水に接しています。

皆美館_0092
多くの部屋が、日本庭園側を向いて並んでいます。

皆美館_0061
温泉は、2階にあります。
男性用の浮殿。

皆美館_0059
脱衣場。

皆美館_0060
タオル、バスタオルの用意があります。

皆美館_0057
公共浴場。
大浴場とは呼んでない様で、4~5人が入れば一杯の温泉です。

末次にはありませんでしたが、ほとんどの部屋には温泉風呂がついているので、
全16室の旅館としては、十分な大きさなのでしょう。

皆美館_0058
洗い場。

それでは、靴に履き替えて、松江観光に出発したいと思います。
皆美館_0101
皆美館から散策の出発です。

皆美館_0102
松江城。
皆美館から徒歩で10分弱です。

皆美館_0103
松江開府の祖、堀尾吉晴像。
月山富田城から松江に城地を移した戦国武将です。

皆美館_0104
松江城天守。
平成27年に、天守として5番目の国宝に指定されました。

皆美館_0106
天守に登り最上部から、宍道湖、皆美館の方向を望みます。

皆美館_0105
県庁など、松江市の中心部を望みます。
観光施設も、松江城の周りを囲んで点在しており、
写真左端にあるのが、次に訪問した、

皆美館_0109
松江歴史館。
松平松江藩初代の松平直正が大坂冬の陣で、
真田幸村からその勇を讃えて投げ与えられた軍扇などの展示があります。

また、展示の解説文を通じて、
松平松江藩7代藩主の松平不昧公が、藩政を立て直し、茶の湯など文化を保護したとして、
地元から慕われている人物であるということを感じました。

皆美館_0110
城の堀端を進むと、さらに観光施設がいくつかあり、
こちらは、武家屋敷。

皆美館_0111
小泉八雲旧居。
もう一人の松江ゆかりの偉人、小泉八雲(ラフガディオ・ハーン)の施設です。

皆美館_0114
旧居の小さな庭先。

皆美館_0115
小泉八雲記念館。
旧居に隣接する資料館です。

皆美館_0112
武家屋敷から、小泉八雲旧居・小泉八雲記念館まで徒歩で来ましたが、
散策のできる道が整備されています。

皆美館_0117
松江城の堀端を散策する形となります。
そういえば、松江城の堀端といえば、志賀直哉の『濠端の住まひ』の舞台です。
城崎温泉西村屋本館に行った際に読んだ、新潮文庫『城の崎にて』に収録されており、
そのリアリズムというような表現に衝撃を受けた記憶があります。
「住まひ」は、もう少し先の、城の西側にあったとのことです。

帰りは、ぐるっと松江レイクラインバスを利用して、皆美館の方へ戻りました。
20分間隔で運行されている、便利なバスです。

皆美館_0118
皆美館に着いた頃は、だいぶ日も傾き、日影が長くなっていました。

皆美館_0119
部屋に戻り、窓から宍道湖側の夕暮れを眺めました。

もう夕食の時間です。

皆美館_0121
夕食は、1階 庭園茶寮みな美 での提供です。

皆美館_0122
個室に案内されます。

皆美館_0147
スポットライトに照らされた、おしゃれな空間です。

皆美館_0123
席のセット。

皆美館_0125
おしながきと、

皆美館_0124
一句が添えられています。

皆美館_0126
飲物は、出雲の日本酒のみくらべセットから始めます。
月山・出雲富士・奥出雲。

皆美館_0127
食前酒 抹茶ワイン。
珍しい、島根ワイナリー産の抹茶で作ったワインとのこと。

皆美館_0128
先付 鮎煮浸し

皆美館_0129
前菜 季節の味覚盛込み

皆美館_0131
鍋物は、焜炉に火が入り、

皆美館_0132
小鍋立て 石州穴子とあごつみれ鍋

皆美館_0130
造り 三種盛り

皆美館_0134
次は、楽盛り。蓋を開けると、

皆美館_0135
楽盛り 鱸木の芽焼
    冷し梅茶碗蒸し
    ピーマンとしらす浸し

皆美館_0138
焚だし いさき煮付け

皆美館_0140
強肴 和牛冷しゃぶ

皆美館_0143
食事 雲丹釜めし
   小吸物

皆美館_0144
釜めしは、釜のままで提供。
おかわり用ですが、食べる作法があるとのことです。

皆美館_0145
1杯目は、わさびを少しだけつけて、そのまま頂きます。

皆美館_0146
2杯目は、わさびに加え、あんを掛けて、頂きます。

皆美館_0148
デザート 季節のもの
夕張メロンとデラウエア、プリンでした。


食事は、なかなか高級感のあるものでした。
最後の釜めしまで、楽しく食べさせる工夫がされていると感じました。

皆美館_0149
すっかり夜も暗くなり、
日本庭園もライトアップの時間です。

皆美館_0150
宍道湖方面を望んで。

皆美館_0151
部屋に戻ると、部屋係のおやすみなさいのメッセージと明日の天気が置いてありました。

小さい旅館ですので、夜食処も無いので、そのまま就寝しました。


皆美館_0152
翌朝。
松江市街の方角から、朝日が出てきます。

皆美館_0153
ホテルのように、ドアノブに新聞が掛けられていました。

皆美館_0154
朝食は、昨晩同様、庭園茶寮みな美。

皆美館_0155
庭園の見える席に案内されます。

皆美館_0156
席のセット。

皆美館_0157
お品書き。
皆美館の朝食は、和定食も選べますが、
今朝はもちろん、皆美館名物の鯛めしでお願いしました。

皆美館_0159
食事が全部そろいました。
真ん中上部の扇形に載せられているのが、鯛めしの具材です。

皆美館_0160
釜めしでの御飯も出てきました。

皆美館_0161
湯気の立つほかほか御飯です。

皆美館_0158
鯛めしの食べ方はこちら。

皆美館_0162
自分で具をのせて、だし汁を掛けて、鯛めしの完成です。
さらさらと掻き込んで頂きました。

皆美館_0163
朝の日本庭園も、宍道湖の先まで透き通った景色でした。

皆美館_0164
朝食後は、ラウンジ古都里で、

皆美館_0056
セルフでコーヒーのサービスを頂き、ひと息。

皆美館_0055
そうこうしているうちに、出発の時間となりましたので、
フロントでチェックアウト。

徒歩で駅に向かいました。

皆美館_0165
皆美館からトコトコと歩き始め、

皆美館_0166
10分余りで、一畑電車の松江しんじ湖温泉駅に到着です。

皆美館_0169
土日の日中は、普通列車が出雲大社前駅行きの直通列車になります。

皆美館_0170
たまたま、車内がボックスシートの形になっている電車が来たので、
宍道湖側の、左側に陣取ります。

皆美館_0189
一畑電車は、しばらく宍道湖を左手に、出雲大社に向かって進みます。
宍道湖の車窓が続く、この景色を体験できるのは、
皆美館のある松江しんじ湖温泉に泊まるメリットではないでしょうか。

皆美館_0195
途中、一畑口駅では、スイッチバックで進行方向が逆になります。
ここを過ぎるともう、宍道湖の景色も終わり、田園風景を進みます。

皆美館_0198
松江しんじ湖温泉駅から、ちょうど1時間ほどで、出雲大社前駅に到着です。

皆美館_0199
駅前は参道。
観光地らしいお店が並んでいますが、
比較的新しいお店も多く、観光客も入っており、活気があります。

皆美館_0200
駅から5分ほどで、出雲大社に到着。
大きな境内を進みます。

皆美館_0201
拝殿。

皆美館_0202
御本殿。

皆美館_0203
境内には多くの摂末社。
一番奥に立地しているのは、素鵞社(そがのやしろ)です。

皆美館_0204
宝物殿も立ち寄り。
奉納の太刀などが展示されていました。

皆美館_0205
境内で翻る、どデカい日の丸が目に入りますが、
これが建っているのは、庁舎の裏にある、

皆美館_0206
神楽殿です。

皆美館_0209
神楽殿側から境内を出ると、大駐車場のエリアで、そこにあるのが、こちら。
そば処八雲。
今日はここで昼食です。

皆美館_0211
昔ながらの、出雲そば屋です。

皆美館_0212
名物の出雲そば。
五色割子を注文しました。
割子に入ったそばは小盛で、するっと食べれてしまい、5分ほどで、

皆美館_0214
ごちそうさまでした。

皆美館_0216
食後は、ふたたび出雲大社を横切って、
古代出雲歴史博物館へ。
出雲大社境内遺跡出土の宇豆柱 がメインの博物館です。

皆美館_0222
出雲大社エリアの観光を終え、ふたたび、出雲大社前駅に戻りますが、
出雲大社から離れて、駅より更に5分ほど先まで歩くと、宇迦橋(うがばし)の大鳥居。
ここが表参道の入り口です。

皆美館_0198
では、出雲大社駅前から、次の訪問先、
玉造温泉 佳翠苑皆美 に向かいます。


皆美館
松江の街の中にある、老舗高級旅館です。
後に街外れに温泉が発掘されたので、松江しんじ湖温泉となっていますが、温泉浴場は小さく、
温泉旅館というよりは、文人墨客に愛された、地方都市の旅籠という側面が強いです。

施設、サービスは洗練されており、食事は美味しい。朝食には鯛めしという名物あり。
皆美館に泊まることが旅行の目的とすることができる旅館です。

★「皆美館」(中国/松江しんじ湖温泉) ブログ
★「皆美館」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「料亭旅館やす井」(関西/彦根)


旅館・ホテルランキング