一度は訪れたいといわれる山間の温泉地、
黒川温泉 の 山みず木 に行ってきました。
山みず木_0303
山みず木は、黒川温泉をブランドにした観光カリスマ・後藤哲也氏が作った旅館で、
滞在を楽しみにしての訪問です。

山みず木_0194
この日は、田乃倉から続き、由布院が旅のスタートです。

山みず木_0198
由布院バスセンターから。九州横断バス熊本駅行きに乗り込みます。

山みず木_0201
くじゅうの山間と高原を、やまなみハイウェイで抜けて、

山みず木_0202
1時間半で黒川温泉バス停に到着。
山みず木_0203
バス停は、黒川温泉の中心へは少し離れているからと、送迎の山みず木の車が待っていてくれていました。

車に乗り込み、さっと谷間に下って行き、
山みず木_0204
黒川温泉散策のスタート地点、黒川温泉観光旅館協同組合風の舎へ。

山みず木_0321
山みず木のタオルとマップをもらい、送迎と別れます。

山みず木_0322
黒川温泉の特徴は、旅館によって泉質の違うこと。
隣り合った源泉でも、掘ってみると全く違う温泉が出たりするそうです。

山みず木_0205
風の舎では、黒川温泉入湯手形を購入。

山みず木_0206
黒川温泉入湯手形は、1200円で3つの旅館の温泉に入ることができます。

山みず木_0207
黒川温泉散策に出ます。風の舎から、急坂を下りると、
山みず木_0210
川沿いの黒川温泉街に出ます。小さな小さな、谷間の温泉地です。

山みず木_0217
最初に立ち寄ったのは、新明館。
山みず木と同じ経営なので、宿泊者は無料で立ち寄り湯することができます。

山みず木_0212
黒川温泉をブランドにした観光カリスマ・後藤哲也氏の祖業の旅館。
有名なのが、自ら岩山を掘り抜いたという、洞窟風呂で、

山みず木_0215
こちらは混浴の穴風呂。
瞑想に適しているような、音の響く閉じられた空間です。

山みず木_0213
もう一つは、川沿いにある、

山みず木_0216
露天風呂、岩戸風呂です。

山みず木_0220
新明館から、黒川温泉街をさらに進んでいくと、
辺りからいい匂いが。
パティスリー麓(ロク)というスイーツ屋さん。

山みず木_0219
いい匂いの元である、名物のシュークリームを頂きました。
山みず木_0221
次は、入湯手形での1軒目として、湯本館へ。ここは、黒川温泉で唯一の鉄泉です。旅館名や景色だけでなく、泉質で選ぶという選択肢を与えているのもよいですね。
山みず木_0224
ここは、鉄泉よろしく、茶褐色のお湯。
山みず木_0225
川沿いでなかなか良いです。

山みず木_0226
さて、山みず木は、黒川温泉街からは1.7km離れており、
山みず木運行湯めぐり無料巡回バスが用意されています。
ここ、つけものや の前で待っていると、
山みず木_0227
ワゴン車の無料巡回バスが来ました。
途中下車も対応してくれるので、

山みず木_0228
山みず木の手前にある、樹やしき で途中下車。
入湯手形の2軒目にします。

山みず木_0229
ここも高級旅館です。

山みず木_0230
露天風呂は、宿泊の建物とは別の階段を下りていきます。

山みず木_0233
内風呂に、

山みず木_0232
露天風呂。
立ち湯は、深さがあるなかで、
寄りかかれる竹が通してあり、浮いているようで楽しい。

山みず木_0231
混浴露天風呂 満天の湯。

山みず木_0240
続いては、樹やしき から歩いて、山みず木 の入口も通過して、お宿野の花 を入湯手形の3軒目にします。
ここも高級旅館です。

山みず木_0241
こちらも、立ち寄り湯は屋外に。
ぎんねずの湯。
山みず木_0242
川辺の露天風呂は昨年の令和2年7月豪雨で設備が流されてしまい、内石風呂のみの利用となっていました。

山みず木_0418
黒川温泉入湯手形には、
♨シールが取られる代わりに、宿のスタンプが押されます。
旅の記念にちょうど良いものになります。

お宿野の花 から道を少し戻り、
山みず木_0234
山みず木 の入口に到着です。

山みず木_0243
林に囲まれた車道を歩いて進みます。

山みず木_0246
途中から、左側には、
山みず木別邸 深山山荘 の離れ建物が点在するのを見ながら、

山みず木_0313
山みず木 に到着です。

山みず木_0303
提灯に火の入った玄関をくぐり、

山みず木_0304
玄関で靴を預け、スリッパに履き替えます。

山みず木_0305
ロビーを進み、

山みず木_0307
囲炉裏端でチェックイン。宿帳に記入します。

山みず木_0310
ロビーは、古民家調の木材の建物に、古時計や、

山みず木_0311
古いタイプのストーブや、暖色の照明。
全体的に、レトロ感が演出されています。
山みず木_0306
フロントは立ち寄らず、
そのまま部屋へ案内されます。

山みず木_0287
階段を上り、
山みず木_0286
廊下を進み、
山みず木_0273
本日の部屋、夕陽(せきよう)212。和室10畳。
山みず木_0274
踏切から、

山みず木_0275
和室10畳。
山みず木_0276
和室を反対から。
山みず木_0277
部屋は玄関の真上に立地しており、

山みず木_0327
縁側からは、玄関横にある色づいた紅葉。
山みず木_0282
水回りとお手洗い。

山みず木_0279
水屋には、コーヒーマシーンが用意されています。

山みず木_0328
豆から挽くタイプの本格派。
山みず木_0280
冷蔵庫には、水だけの用意。

山みず木_0329
水道水も、筑後川の水源からの美味しい水。

山みず木_0278
浴衣と足袋の用意。
バスタオルは持参です。

山みず木_0283
お茶菓子は、羊羹でした。

山みず木_0325
それでは、鍵を手に取り、温泉に向かいます。
山みず木_0288
温泉に向かうには、母屋を出て、
下駄に履き替えるわけですが、

山みず木_0289
下駄箱には、暖房が入っていました。
手に取る下駄は、常に温かい。秀吉装置、といったところでしょうか。

山みず木_0290
下駄を履いて屋外へ。

山みず木_0291
男性内風呂の ますら男 と、

山みず木_0292
男性露天風呂の 幽谷の湯。

山みず木_0293
幽谷の湯は、脱衣場を通らなくても露天風呂が丸見えです。

山みず木_0294
宿泊者は、宿泊者専用である、ますら男の脱衣場に入ります。ここには、タオルが用意されています。

山みず木_0295
洗面台。

山みず木_0296
ますら男石風呂。
山みず木_0297
その奥に、ますら男桧風呂。さらに奥の扉を開けると。
山みず木_0298
露天風呂 幽谷の湯。川の音と、赤い紅葉に囲まれた、贅沢な空間です。
秋風の涼しさとあわせて、ゆっくりと入浴出来ました。

山みず木_0300
風呂上がりには、茶房井野家へ。

山みず木_0301
山みず木の敷地内にある、シックな建物の、コーヒー屋さんです。

山みず木_0317
猫がいました。
人馴れしていて、逃げずにいます。

山みず木_0314
ケーキセットで一服。

山みず木_0323
一服のあとは、山みず木の館内を見せてもらいました。

山みず木_0264
風月101。Fタイプ 和室(10畳・10畳)+洋室+お風呂。

山みず木_0263
踏込から、

山みず木_0256
和室10畳、

山みず木_0258

もう一つの和室10畳、

山みず木_0257
洋室。

山みず木_0259
水回り。

山みず木_0260
部屋の風呂。

山みず木_0262
お手洗い。

山みず木_0271
花水305。Dタイプ 和室(12.畳+次の間)+お風呂。

山みず木_0265
和室12畳と、

山みず木_0266
次の間。

山みず木_0267
ソファーチェアも用意されています。

山みず木_0268
水回りと、

山みず木_0269
お風呂。

山みず木_0270
お手洗い。

山みず木_0320
館内施設として、宴会場もあり、

山みず木_0330
みず木の間。

山みず木_0331
掘りごたつの食事会場。

山みず木_0383
大広間は、

山みず木_0382
畳にイステーブルの会場。

山みず木_0368
食事処 花辺々。

山みず木_0367
個室食事処になっています。
サービススタッフは、エプロンでの給仕です。

山みず木_0312
続いて、山みず木の玄関から出て、

山みず木_0251
深山山荘へ。

山みず木_0255
山みず木の宿泊者は、深山山荘の温泉も、利用できます。
村中の湯たゆたゆ。

山みず木_0272
新しい建物で、湯上り処もきれいです。

山みず木_0254
脱衣場。

山みず木_0252
内風呂と、
その先には、

山みず木_0253
露天風呂。
こちらも広々としており、ゆっくりと入浴できました。

そうしているうちに、夕食の時間となりました。
山みず木_0333
食事処 花辺々へ。
2階の廊下から、2階の食事処へ向かいます。

山みず木_0334
個室食事処卯の花 に案内されます。

山みず木_0335
本日の食事会場はこちら。

山みず木_0352
ガラスの照明器具で照らされています。

山みず木_0336
最初のセット。この時点でもう高級。これは期待感が高まります。

山みず木_0337
御献立。立て掛けられていました。一工夫が印象良いです。

山みず木_0341
スタッフは、和装にエプロン。
女給、という感じの格好です。

山みず木_0342
飲み物は生ビールではじめます。有田焼のグラスでの提供。キメが細かくなるのだそうです。
確かにクリーミー。

山みず木_0338
秋の白和え 月見団子秋刀魚鮨 馬肉信農フライ 木の子ふくさ
辛子蓮根 長茄子山葵漬け 川海老

山みず木_0339
柿型の器の中に、秋の白和え

山みず木_0340
土瓶蒸し 菊花つみれ 銀杏 海老 大黒湿地 三つ葉 かぼす

山みず木_0343
海老の尻尾も丁寧に除かれて、全部食べれるようになっています。
山みず木_0350
続いて、二段の器で提供されたのが、
山みず木_0351
みやび鯛 川鱒 自家製蒟蒻妻一式

お造りの端緒を、蒟蒻酢味噌で出してくるのもなかなか攻めています。

山みず木_0353
次の器が出てきたところで、手元に目をやると、

山みず木_0354
手元の割りばしも、
よく見れば、焼き印でデザインが入れられています。
丁寧な仕事をする旅館です。

山みず木_0355
蓋付きの器で提供されたのが、
山みず木_0356
松茸里芋 菊南京 ひすい茄子 精進揚げ麩 信田巻 オクラ

松茸も菊も、そのものでなく、芋と南瓜に飾り包丁を入れたものです。

山みず木_0344
続いての飲み物はと、ドリンクメニューを見ます。
ラインナップは普通です。
山みず木 ドリンクメニュー1/4

山みず木_0345
ドリンクメニュー2/4

山みず木_0346
ドリンクメニュー3/4

山みず木_0347
ドリンクメニュー4/4

山みず木_0358
飲み物は、熊本の地酒、瑞鷹を選びました。  
山みず木_0357
山女魚串焼 焼き銀杏 焼き栗 松茸 南京豚挟み揚げ かぼす

山女魚は、ちゃんと、外からは分からないようにはらわたは抜いてありました。骨まで柔らかく、ばりばり食べれます。

山みず木_0359
揚げ物の下には、熱した小石。
心遣いを感じます。
山みず木_0360
肥後牛ステーキ インカのめざめ 玉蜀黍 大根 青唐 スティック野菜
肥後牛は、とろけるように柔らかい。スティック野菜も、酢漬けになっていて一工程入っています。
山みず木_0361
団子汁(郷土料理) ずいき 里芋 人参 牛蒡 椎茸 豚ばら 葱
団子汁は熊本名物ながら、
団子には、小麦粉に蕪を練り込んであり、汁には、バターが入れられている、工夫のある一品でした。
山みず木_0362
小国米 香の物

香の物も、器から中身まで手を抜いていません。団子汁を味噌汁代わりに。
山みず木_0363
おひつのご飯はもちろん、
山みず木_0364
残さず頂きました。

山みず木_0366
アールグレイアイスクリーム 梨 ブルーベリー 蜜柑 ミント

デザートは、アイスクリームとプリンのチョイスメニュー。
アイスクリームを選びました。

山みず木の食事は別格。手元の箸の焼印から、器までこだわられています。
出てくる料理も、一つ一つが丁寧な仕事を感じさせます。
次から次へと心が躍るものでした。
山みず木_0369
食後は、もうひと風呂をと、温泉へ。

山みず木_0370
湯けむり立つ、闇夜の露天風呂です。

山みず木_0373
川は、ライトアップされていました。

山みず木_0372
昼には気付きませんでしたが、
露天風呂の脱衣場は、床暖房が入っていました。
こういった配慮も丁寧ですね。

山みず木_0375
山奥で夜食処もありませんので、
部屋に戻り、布団に潜り込み、そのまま就寝。

山みず木_0376
おやすみなさい。


翌朝。
山みず木_0377
雨上がりの晴れた朝です。

山みず木_0378
散策がてら、

山みず木_0379
深山山荘の温泉 村中の湯たゆたゆ に朝風呂へ。

山みず木_0384
風呂上がりには、朝食へ。
食事処 花辺々。

山みず木_0385
昨晩と同じ、卯の花に案内され、

山みず木_0387
テーブルに着席します。

山みず木_0390
朝食の最初には、温めたジャージー牛乳。甘いです。

山みず木_0392
サラダと、

山みず木_0393
豆乳鍋。

山みず木_0399
稚鮎の一夜干し 温泉卵 いもの炊き合わせ
山みず木_0391
ご飯と味噌汁をよそってもらいます。

山みず木_0396
味噌汁は、食事処にコンロを持ち込んでの加熱。

山みず木_0397
おひつのご飯は、

山みず木_0398
全部頂きました。


山みず木_0400
朝食後は、デザート代わりをと、
茶房井野家へ。
山みず木_0401
今朝も猫のお出迎え。

山みず木_0402
近寄ってきて、
山みず木_0406
なでろと催促の目をしてきます。かわいい。

山みず木_0409
茶房井野屋の名物、プリンソフトを頂きました。
山みず木_0411
デザート後は、露天風呂へ。
山みず木_0412
よく晴れた日の露天風呂も良く、
山みず木_0413
寝っ転がると、青い空に、
それを遮るように枝を伸ばしてきている木々。
露天風呂が自然に包まれているように感じさせます。
山みず木_0380
風呂上がりには身支度をして、
フロントでチェックアウト。

山みず木_0381
玄関で靴が出されて、辞去します。
靴を履くと、温かい。ここでも、温めて客に提供する配慮がされていました。

山みず木_0415
送迎車に乗り込む前に周りを見渡せば、
山みず木の玄関周りには、秋の紅葉。
山みず木の背後には、くじゅう連山。

山みず木_0416
送迎車に乗り込み、黒川温泉バス停へ。

山みず木_0419
黒川温泉バス停から、福岡行きの高速バスに乗りました。

山みず木_0420
2時間15分で、福岡空港国際線ターミナルに到着。

山みず木_0421
国内線・国際線無料連絡バスに乗り、

山みず木_0422
15分で国内線ターミナルに到着。

山みず木_0423
昼食をと、国内線ターミナル3階にある、ラーメン滑走路へ。
山みず木_0425
各地のラーメン店が集まっていますが、選んだのは、
ラーメン海鳴。

山みず木_0426
福岡名物、とんこつラーメンを頂きました。

山みず木_0427
食後はチェックインをして、

山みず木_0430
サクララウンジに向かい、

山みず木_0428
サクララウンジでビールを一杯。
JAL便で羽田への帰路につきました。

山みず木
まずは黒川温泉という環境。
鄙びた温泉街を演出されており、
黒川温泉の街全体が「一つの宿 通りは廊下 旅館は客室」という考えのもと、
入湯手形によって、湯めぐりが楽しめるようになっています。
その陣頭指揮が、山みず木の創業者である後藤哲夫氏(観光カリスマ)。
黒川温泉の内で、旅館によって泉質が違うとは、知りませんでしたが、
これも湯めぐりが楽しくなるポイントのひとつです。
山みず木は、夕食が絶品。
一品一品が丁寧な仕事を感じさせ、心が躍りました。
大浴場の露天風呂も一等。
後藤哲也氏の書物に、露天風呂は視界が開けるのではなく、
自然に包まれたようにするのが良い、と読んだことがありますが、その通りでした。

施設は新しくはありませんが、不足なく快適に過ごせます。
サービススタッフも地元感がありますが、洗練の教育をしようという意思は感じます。下駄や下足を温めるのはその一つ。
湯めぐりの制度があるため、一方としては、宿泊客以外の入浴客がいるので、
高級旅館に泊まっても、宿の占有感はありませんが、
むしろ、黒川温泉を回って、すみずみまで楽しむ、という過ごし方が良い土地でしょう。

★山みず木(九州/黒川温泉) ブログ
★山みず木 が好きなら、この旅館もおすすめ
 「西村屋本館」(関西/城崎温泉)
 「かしわや本店」(信州/別所温泉)


旅館・ホテルランキング