栃木県の 鬼怒川温泉 山楽 に行ってきました。
鬼怒川山楽_0085
鬼怒川山楽は、全室が74㎡以上という贅沢な設備の旅館です。

鬼怒川山楽_0020
東京からは、北千住駅より東武特急で約2時間。

鬼怒川山楽_0026
鬼怒川温泉駅に到着です。
到着前に宿に電話をして、送迎をお願いしました。
改札前には、お迎えの宿のスタッフはおらず、

鬼怒川山楽_0027
ロータリーのはじに、鬼怒川山楽のスーツ姿のスタッフを発見。
送迎車に乗り込みます。

鬼怒川山楽_0080
2分ほどで、鬼怒川山楽に到着。

鬼怒川山楽_0109
仲居さんに案内されて、玄関を入ります。

鬼怒川山楽_0076
自動ドアを通り、

鬼怒川山楽_0074
鬼怒川山楽のシンボルであるエントランスを進みます。

鬼怒川山楽_0072
フロントにてチェックイン。

鬼怒川山楽_0028
はじめに、ロビーに案内されます。
館内にはオルゴールのBGM。

鬼怒川山楽_0029
ここで、干菓子と抹茶の提供。
サービススタッフは、典型的な着物の中居さん。
若いスタッフが中心の様です。

鬼怒川山楽_0087
女性には、おしゃれ浴衣&はんてんの無料レンタルがあります。

鬼怒川山楽_0069
それでは部屋に案内されます。
ロビー階(3階)から、エレベーターに乗り込み、

鬼怒川山楽_0056
最上階の11階へ。

鬼怒川山楽_0054
廊下を進み、

鬼怒川山楽_0053
本日の部屋、1102。
和室 本間10畳+前室6畳+次の間6畳 74㎡。

鬼怒川山楽_0032
踏込から、

鬼怒川山楽_0033
前室。

鬼怒川山楽_0034
本間10畳。

鬼怒川山楽_0048
部屋でも、煎茶と菓子が提供されます。

鬼怒川山楽_0035
本間を反対から。
輪島塗の家具が洗練さを感じさせます。

鬼怒川山楽_0036
隣は、次の間6畳。
あらかじめ布団が敷かれていました。

鬼怒川山楽_0051
縁側からの景色は、鬼怒川と鬼怒川温泉街。

鬼怒川山楽_0045
冷蔵庫は空で、インスタントコーヒーの用意。

鬼怒川山楽_0037
水回りと内風呂。

鬼怒川山楽_0043
お手洗い。

鬼怒川山楽_0046
それでは、浴衣に着替えて、

鬼怒川山楽_0049
鍵を手に取り、大浴場に向かいます。

鬼怒川山楽_0066
大浴場は1階。

鬼怒川山楽_0065
男女の入れ替えは無しです。

鬼怒川山楽_0058
脱衣場。
タオル、バスタオル完備。

鬼怒川山楽_0060
内風呂。

鬼怒川山楽_0064
洗い場。

鬼怒川山楽_0061
サウナもあります。

鬼怒川山楽_0062
露天風呂は、鬼怒川ビュー。

鬼怒川山楽_0115
湯上がりには、ワンドリンクのサービスがあります。
普段は、1階大浴場前の湯上がり処での提供ですが、

鬼怒川山楽_0107
コロナ対策で、いまは3階ロビーでの提供。

鬼怒川山楽_0106
ドリンクは、ビール・ゆずジュース・ウーロン茶から選べます。
ビールを、お茶請けとともに頂きました。

鬼怒川山楽_0090
2階のコーヒーラウンジでは、
午後と朝に、セルフサービスでコーヒー紅茶の用意。

鬼怒川山楽_0089
紅茶を一杯頂きました。

鬼怒川山楽_0113
館内は大型・中型旅館らしく、88畳の宴会場と、

鬼怒川山楽_0104
二次会処としてのバー&カラオケがあります。

鬼怒川山楽_0075
外に散策するときは、玄関で下駄に履き替えます。

鬼怒川山楽_0077
鬼怒川山楽のレンタサイクル。
玄関に置いてある自転車は、空いていれば自由に借りることができます。


ちなみに、鬼怒川山楽の他の部屋タイプは、
鬼怒川山楽_0100
【和洋室】広さは和室と同じ74㎡。洋室空間と、

鬼怒川山楽_0101
【和洋室】和室空間。
鬼怒川山楽は、和室=11~7階、和洋室=6,5階になっています。

鬼怒川山楽_0121
【貴賓室】本間15畳+次の間10畳+前室6畳+眺望檜風呂 130㎡。

鬼怒川山楽_0092
【貴賓室】本間15畳。

鬼怒川山楽_0094
【貴賓室】次の間10畳。

鬼怒川山楽_0097
【貴賓室】水回り。

鬼怒川山楽_0095
【貴賓室】貴賓室は、眺望檜風呂(沸かし湯)がある他は、
部屋数が多くて広いだけで、設備グレードは基本的に和室と同じです。

鬼怒川温泉山楽の部屋タイプは、
 和室 本間10畳+前室6畳+次の間6畳 74㎡
 和洋室 洋間ツイン+和室8畳 74㎡
 貴賓室 本間15畳+次の間10畳+前室6畳+眺望露天風呂 130㎡
 ロイヤルスイート 洋間×2 130㎡
の4タイプと、部屋タイプは少なくシンプルです。


さて、夕食の時間となりました。
鬼怒川山楽_0110
夕食会場は、お食事処 桜燻楽(おぐら) の場合もありますが、
今日は部屋食での提供でした。

鬼怒川山楽_0125
最初の料理がセットされます。

鬼怒川山楽_0128
お品書き。

鬼怒川山楽_0126
飲物はビールで始めます。
おしゃれな陶器のグラスでの提供です。

鬼怒川山楽_0116
鬼怒川山楽のドリンクメニュー1/6。

鬼怒川山楽_0117
ドリンクメニュー2/6。

鬼怒川山楽_0118
ドリンクメニュー3/6。

鬼怒川山楽_0119
ドリンクメニュー4/6。

鬼怒川山楽_0120
ドリンクメニュー5/6。

鬼怒川山楽_0129
食前酒

鬼怒川山楽_0130
前菜 胡麻ういろう
   芹浸し
   鳥チーズ
   穴子寿司
   烏賊塩辛
   むかご石垣

中型大型高級旅館らしい前菜です。

鬼怒川山楽_0131
碗 桜海老土瓶蒸し

椀ではなく、石へんの碗。火にかけた土瓶蒸しでの提供。

鬼怒川山楽_0133
煮立った土瓶には、桜海老が舞います。

鬼怒川山楽_0134
続いて竹筒で出てきたのは、

鬼怒川山楽_0135
差味 三種盛り
   本鮪 鮃 他あしらい一式

山あいの鬼怒川温泉でありながら、みずみずしい刺身の提供です。

鬼怒川山楽_0136
台物 栃木産牛陶板焼
    丸十 白美人 ブロッコリー

鬼怒川山楽_0137
白美人とは、那須で取れる、市場に出回らない貴重なネギ。
肉はやわらかくてうまうま。

鬼怒川山楽_0139
蓋物 百合根万頭
    蟹あんかけ

鬼怒川山楽_0140
あたたかい百合根万頭に添えられているのは、
炭蓮根。鉄と一緒に煮込むことで酸化させた黒いレンコンです。

鬼怒川山楽_0142
続いて、台に載せられて提供されたのが、

鬼怒川山楽_0143
焼物 鰆金山寺味噌

鬼怒川山楽_0144
留肴 鮟鱇竜田揚物
   海老唐揚
   若芽麺

あんこうは、鬼怒川温泉のある栃木県の隣、茨城県が名産地。
竜田揚げが美味しいです。

鬼怒川山楽_0145
最後は、お食事。

鬼怒川山楽_0146
留椀 赤出汁
食事 白飯 香の物 飯の供

鬼怒川山楽_0147
御飯は、一人前の釜炊きでの提供。

鬼怒川山楽_0148
もちろん、残さず頂きました。

鬼怒川山楽_0149
水菓子旬の果実と甘味

鬼怒川山楽の夕食は、大型・中型高級旅館らしい食事内容でした。
品数も多く、美味しくて満足です。

鬼怒川山楽_0153
夕食後は、もみほぐし処で足つぼマッサージ。

鬼怒川山楽_0150
部屋に戻れば、そのまま布団にもぐりこみました。

鬼怒川山楽_0152
おやすみなさい。


翌朝。
鬼怒川山楽_0154
曇り空の鬼怒川温泉街です。
部屋には、ドアの下を通して、朝日新聞が届いていました。

鬼怒川山楽_0166
朝食も部屋食です。
指定した時間の少し前に、中居さんが準備に来て、セッティング完了。

鬼怒川山楽_0167
長芋を摺り下ろして揚げた、黄金揚げ。焼鮭。

鬼怒川山楽_0168
籠には、サラダ、玉子焼き、納豆、なめたけ。

少し華やかさのある、旅館の朝食らしい和食でした。

鬼怒川山楽_0179
朝食後には、
2階コーヒーラウンジで、鬼怒川温泉ふれあい橋をみながら、
オレンジジュースを一杯頂きました。

鬼怒川山楽_0086
3階ロビー横にある、お土産処 苑楽 にてお土産を調達し、

鬼怒川山楽_0178
フロントでチェックアウト。

鬼怒川山楽_0176
鬼怒川温泉駅まで送迎してもらいました。

鬼怒川山楽_0180
鬼怒川温泉からは、復活した東武の蒸気機関車、SL大樹に乗りました。

鬼怒川山楽_0186
鬼怒川温泉駅前の転車台は観光スポット。

鬼怒川山楽_0188
入線したSLが、半周まわって方向転換します。

鬼怒川山楽_0190
鬼怒川温泉駅のホームからSL大樹に乗り込みます。
3両の客車は、定員約200席。

鬼怒川山楽_0204
SL大樹は、35分ほどで終点下今市駅に到着。
下今市駅からは、東武特急けごんで、東京への帰路につきました。


鬼怒川温泉 山楽
快適な中型高級旅館です。
フロントスタッフはスーツ、中居さんは着物で、
昔ながらの旅館のようなサービスが行き届いていて、
食事も大型・中型高級旅館らしい内容。
どの層にも好まれやすい旅館です。

鬼怒川山楽の経営は、ケン・コーポレーション。
那須温泉 山楽 も経営が一緒なので、一度行ってみたいと思いました。


★「鬼怒川温泉 山楽」(栃木/鬼怒川温泉) ブログ