いい旅館訪問記 旅館マニアによる高級旅館のおすすめブログ

東京在住の旅館マニアが、口コミ・ランキングに頼らない現地情報を紹介するブログ。 「その旅館が好きなら、この旅館もおすすめ」というリンクも紹介中。 住まいから関東の温泉宿が中心になると思います。

カテゴリ: 山梨(富士五湖・石和・西山)

日本最古のワイナリーが経営する旅館、山梨県の笛吹川温泉 別邸 坐忘 に行ってきました。
別邸坐忘_0087
豪華寝台列車、TRAIN SUITE 四季島にも採用されているくらい食事が評判の宿で、
期待しての訪問です。

別邸坐忘_0022
新宿から特急かいじで80分。
塩山駅に到着です。

別邸坐忘_0037
改札で、作務衣のスタッフとミートし、送迎車に乗り込みます。

別邸坐忘_0145
塩山駅から約10分で、別邸 坐忘 に到着。

別邸坐忘_0088
送迎車をおりて、

別邸坐忘_0089
玄関を進みます。

別邸坐忘_0163
ワインボトルがディスプレイされているロビーに入り、

別邸坐忘_0157
琴のBGMが流れる、日本庭園に面した席に案内されます。

別邸坐忘_0086
窓辺は、鯉の泳ぐ池です。

別邸坐忘_0084
ここで、お茶菓子の提供と、

別邸坐忘_0085
宿帳に記入します。

別邸坐忘_0305
ロビーには、JR東日本のクルーズトレイン、TRAIN SUITE 四季島 に食事が採用されている展示。
このあとの夕食が楽しみです。

別邸坐忘_0126
それでは、部屋に案内されます。
本館の廊下を通り、

別邸坐忘_0117
別邸離れに向けて、扉を出ます。

別邸坐忘_0115
屋外に出るので、

別邸坐忘_0116
傘も用意されています。

別邸坐忘_0139
別邸離れは、建物が点在しており、

別邸坐忘_0091
石畳を進んでいくと、

別邸坐忘_0092
本日の部屋に到着。

別邸坐忘_0093
別邸露天風呂付き離れ 小紫。

別邸坐忘_0094
扉を開け、

別邸坐忘_0096
和室12畳。

別邸坐忘_0143
和室を反対から。

別邸坐忘_0111
仲居から食事の時間などの案内を渡されます。

別邸坐忘_0110
お菓子はフルーツケーキ。

別邸坐忘_0113
部屋の備品などは、小紫色に統一されています。

別邸坐忘_0141
茶器もおしゃれ。

別邸坐忘_0098
ベッドルーム。

別邸坐忘_0099
枕元には、Bluetoothスピーカー。

別邸坐忘_0142
ベッドルームには、スペースがあり。

別邸坐忘_0108
引き戸には、浴衣、丹前に、ブランケット。

別邸坐忘_0109
パジャマもあります。

別邸坐忘_0102
お手洗いに、

別邸坐忘_0103
水回り。

別邸坐忘_0266
タオルなどは棚に収納されており、

別邸坐忘_0267
アメニティも入っています。

別邸坐忘_0104
シャワーブースの先が、

別邸坐忘_0105
部屋露天風呂。
足を伸ばせる広さで、

別邸坐忘_0106
景色は竹林です。

別邸坐忘_0114
部屋を出て、大浴場にも向かってみます。


別邸坐忘_0118
大浴場は、夜間に男女入れ替え。

別邸坐忘_0119
脱衣場。
タオル、バスタオルは完備です。
脱衣場まで琴のBGM。

別邸坐忘_0120
内風呂。
かすかに硫黄のにおいがしますが、アルカリ性泉です。

別邸坐忘_0121
洗い場。

別邸坐忘_0123
サウナもあります。

別邸坐忘_0124
露天風呂。
奥には、

別邸坐忘_0159
洞窟風呂になっています。

別邸坐忘_0128
風呂上がりには、ライブラリーラウンジへ。

別邸坐忘_0133
大広間のような空間が、おしゃれにディスプレイされています。
ここだけクラシックのBGM。

別邸坐忘_0130
ライブラリーラウンジは、飲み物が用意が用意されており、

別邸坐忘_0131
当日14時~24時まで、まるき葡萄酒のワインがフリードリンク。

別邸坐忘_0132
和紅茶なども美味しいです。
コーヒー、紅茶は、当日と翌朝7時~11時まで用意されています。

別邸坐忘_0134
ライブラリーラウンジにある本は、
書店が時節にあわせて入れ替えしているとのことで、

別邸坐忘_0167
購入することもできます。

別邸坐忘_0136
窓辺で優雅に、ワインを一杯。

別邸坐忘_0156
敷地内の日本庭園にはたくさんの鯉がいて、

別邸坐忘_0153
フロントでは、鯉のエサがもらうことができます。

別邸坐忘_0154
ばらばらと撒けば、
わさわさと鯉が寄ってきます。

別邸坐忘_0151
フロントから外に出れば、

別邸坐忘_0146
駐車場横からは、遠くに富士山を望むことができます。

別邸坐忘_0165
館内のショップは、ワイン中心のラインナップ。

別邸坐忘_0160
ロビー周りにも、ワインが並んでいます。


さて、辺りも暗くなりはじめ、夕食の時間となりました。
夕食は、部屋にお迎えが来ます。
別邸坐忘_0172
扉をノックする音。
全部屋ともに、スタッフの先導で、あんどんの灯った石畳を進む形になります。
食事に向けた期待感をふくらませる演出です。

別邸坐忘_0173
ペンライトを持った仲居さんの先導で、

別邸坐忘_0174
夕食会場、懐石まる喜 へ。

別邸坐忘_0175
今日の会場の建物はこちら。

別邸坐忘_0237
食事処の個室は、宿泊部屋固有の会場になっています。
ふすまを開けて入ります。

別邸坐忘_0177
個室は、充分に広い空間。
スタッフは、反対側の障子から入ってきます。
食事の提供導線は、裏側にあるようです。

別邸坐忘_0188
個室を反対から。

別邸坐忘_0187
照明は、スポットライトでも。
BGMはジャズ風。

別邸坐忘_0178
お品書きは、達筆です。

別邸坐忘_0190
最初のお膳が運ばれてきました。
はい、もう高級です。

別邸坐忘_0191
一汁三菜
飯 武川四八米
汁 白みそ仕立て うすい豆富
   薄揚げ 春芽(ふきのとう) 辛子(からし)
向付 魚味放香 煎り酒

茶料理(懐石)ということで、最後に抹茶とともに御飯が出てきますが、
まずは、炊き立ての御飯をお腹に入れます。

刺身は鯛。醤油の代わりに、煎り酒につけて頂きます。
汁も、豆のうまみが強く、美味い。

素晴らしい食事のはじまりです。

別邸坐忘_0192
御飯がつかないようにと、箸は濡らしての用意です。

別邸坐忘_0218
坐忘のドリンクメニューは、ワインのラインナップが豊富ながら、
ほとんどが1杯1,000円未満とリーズナブルです。
ワイナリー直営のらしさでしょうか。

別邸坐忘_0227
お任せのワインペアリング3種 2,200円 でお願いしてみました。

別邸坐忘_0193
1つ目は、コリエ ドゥ ペルル ブランムスー。

別邸坐忘_0194
やや辛口の白ワインです。

別邸坐忘_0195
続いての椀は、

別邸坐忘_0196
煮もの椀
 鈴真丈 潮仕立て
 雪割り大根
 菜の花梅人参
 牛蒡 柚子 

真丈を崩しながら、すする幸せを感じる汁です。

別邸坐忘_0198
焼もの
 乾徳山の天子炭焼き
 山椒みそ 丸十 椎茸

ここまでが一汁三菜。
やわらかくほくほくした身が食べやすい炭焼きです。

付け合わせは山椒みそ。めし三杯はいける味です。

別邸坐忘_0199
2杯目は、ラフィーユ トレゾワ 樽勝沼甲州。

別邸坐忘_0200
川魚に合う、辛口の白ワイン。

別邸坐忘_0201
続いては、

別邸坐忘_0202
陶板
 甲州味めぐり
  甲州牛 ワイン豚 信玄鶏
   クレソン 柚子こしょう

別邸坐忘_0203
陶板で軽くあぶって、蓋を取り皿にして頂きます。

別邸坐忘_0204
3杯目は、いろ ベーリーA。

別邸坐忘_0205
ライトな赤ワインです。

別邸坐忘_0206
強肴
 卯の花和え
  小肌と
   紅生姜 三ツ葉


別邸坐忘_0207
続いては、

別邸坐忘_0208
箸洗い 季節のもの

薄い昆布出汁に、独活と湯葉。

別邸坐忘_0210
八寸 立春大吉
 鰯の梅煮 手綱寿し
  升盛り
 煮大豆 あらめ昆布
  ふきのとう のし梅

別邸坐忘_0211
湯斗
 焦がし湯
 菜めし 帆立 しらす 胡麻
 香の物

別邸坐忘_0212
湯桶のなかには、

別邸坐忘_0213
焦がし湯。
お米を煎ったものが入り、薄い塩味のついた湯です。

別邸坐忘_0214
焦がし湯は、お汁代りに一杯。
そして、御飯にかけてお茶漬としてもう一杯。
強いうまみを感じます。

別邸坐忘_0215
お干菓子 お薄 水菓子

最後のデザート。
水菓子に添えたアイスは、羽二重餅にきな粉に黒蜜で信玄餅風でした。

別邸坐忘_0216
最後に、夜食用として、手渡されたのは、

別邸坐忘_0217
小ぶりの稲荷寿司でした。

夕食は美味しかったです。
さすが、TRAIN SUITE 四季島に食事が採用されている宿。
懐石料理風の内容というのが、品を感じさせました。
そして、ワイナリーが経営しているため、ワインが種類豊富・リーズナブルでした。

別邸坐忘_0238
夕食会場 懐石まる喜 を出れば、外はすっかり暗くなり、
南向きの石畳の道の先には、星空のロケーション。

別邸坐忘_0255
坐忘では、滞在中のアクティビティがいくつか用意されています。
夕食後は、坐忘のアクティビティ「笛吹川フルーツ公園から望む新日本三大夜景」ツアーへ。

別邸坐忘_0241
ロビーに集合し、

別邸坐忘_0247
坐忘のバンに乗り込みます。
洋楽の流れる車内に揺られ、約15分。

別邸坐忘_0249
笛吹川フルーツ公園に到着。
新日本三大夜景に指定された、甲府盆地の夜景です。

別邸坐忘_0251
星もよく見えました。
滞在は10分ほどで、再び15分で戻る約40分の夜景ツアーでした。

別邸坐忘_0243
坐忘に戻り、ライブラリーラウンジへ。

別邸坐忘_0244
ワインも置いてありますが、
就寝前に、紅茶を一杯いただきました。

別邸坐忘_0262
部屋に戻れば、ベッドにもぐりこみ、

別邸坐忘_0263
すぐに就寝しました。
おやすみなさい。


翌朝。
別邸坐忘_0264
快晴の朝です。

別邸坐忘_0268
まずは、部屋露天風呂で朝風呂を。
湯けむりが心地よいです。

別邸坐忘_0270
朝食は、部屋へのお迎えは無いので、自分で会場に向かいます。
朝食も会場は、懐石まる喜。

別邸坐忘_0271
個室は昨日と同じです。
BGMは琴。

別邸坐忘_0274
朝食にも、達筆のお品書き。

別邸坐忘_0275
朝食のみ、翻訳もありました。

別邸坐忘_0276
はじまりの一品は、

別邸坐忘_0277
お坐付
 手作り豆富の葛煮
  もぐさ生姜 青葱

器まであつあつでの提供。
とろみが旨い葛煮です。

別邸坐忘_0278
一の膳

別邸坐忘_0282
折敷(大徳寺縁高)
  飯 武川四八米
  汁 甲州麹みそ
     なめこ汁 三つ葉
  香の物 沢あん 甲州小梅
      野沢菜

 大徳寺縁高
  蓮花小鉢
   まぐろ叩き う玉
  雪小鉢
   鶏丸べっこうあん 刻み生姜 ごま
  青竹小鉢
   紅白なます
  特選塩鮭 レモン
  半熟玉子
  たらこ昆布巻き
  法蓮草ごまよごし
  かまぼこ山葵漬け
  焼海老旨煮 つくだ煮昆布

別邸坐忘_0283
冷製預鉢
 冬野菜と手作りポテトサラダ
  三種のドレッシング

別邸坐忘_0284
二の膳
 信玄箱 瓢箪
  甲州名物おざら
   根野菜 甘みそつゆ 薬味

別邸坐忘_0285
瓢箪を分解すると、
甲州名物おざら。

冷しほうとうのようなものです。

別邸坐忘_0286
湯桶 湯の子

別邸坐忘_0287
水菓子
 リンゴのタルト
 オレンジ 柚子ゼリー
 苺 キウイ

別邸坐忘_0296
朝食後には、ライブラリーラウンジで一息。

別邸坐忘_0298
朝は、ワインの用意はありませんが、コーヒー、紅茶をいただきます。

別邸坐忘_0304
朝の散策がてら、甲斐の古刹、恵林寺へ。
坐忘からは、徒歩20分余りの距離です。
事前にお願いすれば、坐忘の車で送迎もしてくれます。

別邸坐忘_0301
恵林寺は、武田氏の菩提寺で、
「心頭滅却すれば火もまた涼し」で有名な、快川紹喜の寺です。

別邸坐忘_0302
境内には、信玄公宝物館もあります。
風林火山の旗をはじめ、武田信玄関連の有名な展示がありました。

別邸坐忘_0289
再び徒歩で坐忘に戻り、大浴場へ。
大浴場は夜間に男女入れ替え。

別邸坐忘_0291
脱衣場。
タオル、バスタオル完備。

別邸坐忘_0292
内風呂。

別邸坐忘_0293
洗い場。

別邸坐忘_0294
サウナ。

別邸坐忘_0295
露天風呂。

別邸坐忘_0164
朝食、ロビーラウンジ、恵林寺、大浴場と過ごしていれば、すっかり11時となり、
フロントでチェックアウト。

別邸坐忘_0306
そのまま、坐忘のアクティビティ「日本最古のワイナリーを訪れる」にバンで出発します。

別邸坐忘_0260
まるき葡萄酒のテイスティングツアーは通常有料ですが、
坐忘宿泊者用のアクティビティ「日本最古のワイナリーを訪れる」は無料です。

別邸坐忘_0307
坐忘から15分ほどで、まるき葡萄酒に到着。

別邸坐忘_0309
坐忘のスタッフによる案内で進みます。
ブドウを搾る機械。

別邸坐忘_0314
敷地のワイン畑。下草取りのために羊が飼われています。

別邸坐忘_0312
ワイン樽貯蔵庫。

別邸坐忘_0315
地下貯蔵庫。

別邸坐忘_0316
30分ほどの見学の後は、
2階まるきライブラリーで、試飲スタート。

別邸坐忘_0318
小さなグラスですが、7種類を試飲。
昼から酔っ払ってしまいました。

別邸坐忘_0320
帰り際に、1階の売店で、土産のワインを調達。

別邸坐忘_0324
塩山駅から特急かいじで東京への帰路につきました。


別邸 坐忘
居心地の良い宿です。
サービスが親しみやすさながら洗練。スタッフの人材がしっかりしています。
ワイナリーと経営が一緒だからでしょうか。

大浴場に入り、部屋の露天風呂に入り、
ライブラリーでワインを楽しみ、
夕食後は、新日本三大夜景ツアー。
朝食後は、恵林寺まで散策して、
チェックアウト後は、ワイナリーツアー。

滞在中ずっと、手持ち無沙汰になる暇がありません。
もともと周囲に何もない一軒宿。滞在中を楽しませる工夫を積み重ねてきたのでしょう。

夕食は、懐石料理風の料理で、品があり、心が躍ります。
朝食は、料理は普通ですが、演出はおしゃれ。

別邸坐忘_0261
坐忘の経営は、最初は笛吹川の採石場から温泉が湧いたことから建設会社から始まり、
別の会社を挟んで、今の経営になっているとのことです。
今の経営は、まるき葡萄酒を傘下に収めた、尼崎の建設会社を祖業とする株式会社レゾンディレクション。
企業再生を商いとしており、旅館経営はまだ坐忘の1軒のみのようです。
今後、別の旅館の経営を始めたら、行ってみたいと思いました。


★「別邸 坐忘」(山梨/笛吹川温泉) ブログ
★「別邸 坐忘」が好きなら、この宿もおすすめ
 「奈良偲の里 玉翠」(伊豆/熱川温泉)
 「游泉志だて」(東北/志戸平温泉)
 「おとぎの宿米屋」(東北/須賀川温泉)
 「庄川温泉風流味道座敷ゆめつづり」(北陸/庄川温泉)


旅館・ホテルランキング

山梨県は富士吉田にある、 ホテル鐘山苑 に行って来ました。ホテル鐘山苑_0158
数年ぶりの訪問ですが、鐘山苑は大型高級旅館のモデルタイプとして好きなので、
いまどうなっているか楽しみにしての訪問です。

ホテル鐘山苑_0023
新宿駅から、特急富士回遊に乗り込みます。

ホテル鐘山苑_0030
途中、大月駅で、

ホテル鐘山苑_0034
特急かいじと切り離し、富士急行線に入ります。

ホテル鐘山苑_0037
富士急行線では、だんだんと富士山が近づいてきて、

ホテル鐘山苑_0049
新宿駅から100分、下吉田駅に到着です。鐘山苑最寄りの富士山駅の一つ手前の停車駅で、
今年2020年から特急の停車駅となりました。
ホテル鐘山苑_0050
下吉田駅から、特急停車駅になった理由である、新倉山浅間公園(あらくらやませんげんこうえん)に向かいます。

ホテル鐘山苑_0051
駅前の案内板に従い、

ホテル鐘山苑_0053
整備された歩道を進むと、
ホテル鐘山苑_0055
徒歩5分で、新倉富士浅間神社の参道に到着。

ホテル鐘山苑_0056
ここから登っていく道となります。

ホテル鐘山苑_0057
中腹にある新倉富士浅間神社。

ホテル鐘山苑_0071
富士吉田市の観光案内所が移動式で置かれていました。
これ、建屋建築の時間もコストもかからずいいですね。

ホテル鐘山苑_0058
ここから398段の階段を上り、
更に展望デッキにあがると、

ホテル鐘山苑_0063
お目当ての景色がこちら。
富士山と五重塔、そして春には桜が、
日本を象徴する景色として、海外から注目されて、逆輸入で日本でも有名となりました。
ホテル鐘山苑_0069
展望デッキは観光客がいっぱいです。
現在の情勢にもかかわらず外国人も多い。日本在住の方でしょうね。

ホテル鐘山苑_0068
もう少し上にある、富士パノラマ台まで足を伸ばす人は少なく、

ホテル鐘山苑_0067
富士山ビューをゆっくりと堪能するにはこちらがおすすめです。

ホテル鐘山苑_0072
昼食は、下吉田駅から新倉山浅間公園と反対方向へ徒歩9分。みうらうどん へ。吉田のうどんの有名店で、この日も行列ができていました。

ホテル鐘山苑_0074
店内は、民家の中のような感じです。
ホテル鐘山苑_0075
肉うどん450円。吉田のうどんらしい、ポキポキした麺のうどんでした。

ホテル鐘山苑_0077
下吉田駅に戻り、富士急行の鈍行に乗り込みます。

ホテル鐘山苑_0079
2駅5分。富士山駅に到着です。

ホテル鐘山苑_0080
富士山駅は、むかしの富士吉田駅で、小さな駅ビルがあり、

ホテル鐘山苑_0081
駅ビルの6階には富士山展望デッキがあります。周囲では一番高い建物なので、富士山が正面に一望です。

ホテル鐘山苑_0082
送迎は富士山駅に到着後に電話にて依頼する形です。10分後には駅に来てくれます。待ち合わせは、バスターミナルとは反対側の出口で。

ホテル鐘山苑_0083
送迎ワゴン車が来ました。

ホテル鐘山苑_0116
車で10分、ホテル鐘山苑に到着です。

ホテル鐘山苑_0143
玄関から入ると、

ホテル鐘山苑_0139
大型旅館らしくロビーは広々としており、

ホテル鐘山苑_0159
仲居さんがずらっと並ぶタイプの旅館です。

ホテル鐘山苑_0141
フロントでチェックイン。宿帳を記入します。
ホテル鐘山苑_0155
鍵を受け取り、仲居さんの案内で、部屋に進みます。

ホテル鐘山苑_0147
細流亭、ゆらく山彦亭、深山亭、桂亭という棟がある、100室超の大型旅館なので、
導線は長く広がっています。

ホテル鐘山苑_0154
細流亭を抜けて、

ホテル鐘山苑_0153
ゆらく山彦亭を通り抜け、

ホテル鐘山苑_0152
深山亭に入り、部屋に到着。

ホテル鐘山苑_0118
本日の部屋、252。
深山亭 和室12.5畳+4.5畳。

ホテル鐘山苑_0119
踏込から、

ホテル鐘山苑_0120
和室。

ホテル鐘山苑_0121
部屋を反対側から。

ホテル鐘山苑_0122
こたつ間4.5畳。

ホテル鐘山苑_0123
冷蔵庫は、課金式。

ホテル鐘山苑_0133
金庫は団体客を想定して、人数分の箱になっています。

ホテル鐘山苑_0126
水回りと、

ホテル鐘山苑_0128
内風呂。

ホテル鐘山苑_0231
お手洗い。

ホテル鐘山苑_0130
浴衣は各サイズが用意されており、

ホテル鐘山苑_0132
タオルは持参、バスタオルは大浴場に用意です。

ホテル鐘山苑_0125
テーブルには、ワッフルクッキーと、生姜のべっこう漬け。

ホテル鐘山苑_0134
先ほどフロントにて、食事時間などの案内、朝食券とともに、
茶室抹茶サービス券が渡されました。
さっそく、茶室に行きたいと思います。

ホテル鐘山苑_0135
鍵を手に取り、部屋を出ます。

ホテル鐘山苑_0089
ホテルの敷地内は、日本庭園になっており、

ホテル鐘山苑_0088
広大な和の空間が広がっています。

ホテル鐘山苑_0090
日本庭園の中にある茶室 清流庵。

ホテル鐘山苑_0091
緑に囲まれた和空間の茶室は、

ホテル鐘山苑_0098
川に面しており、せせらぎの音が心地よいです。

ホテル鐘山苑_0095
この空間で、茶菓子と抹茶が供されます。

ホテル鐘山苑_0105
敷地内を流れている川は、桂川。
桂川が神奈川県に入ると、相模川に名前を変えます。

ホテル鐘山苑_0102
新緑、紅葉いずれの季節にも鮮やかな色彩の空間です。

ホテル鐘山苑_0151
桂川を越えた先まで敷地内となっており、

ホテル鐘山苑_0099
階段を上った先には、富士山が見える 富士のてらす。

ホテル鐘山苑_0101
この日は雲で隠れていましたが、
ソファーに座ってぼーっと富士山を眺められる空間です。

ホテル鐘山苑_0106
日本庭園の中には足湯や、

ホテル鐘山苑_0112
夏営業のガーデンプールもあります。

ホテル鐘山苑_0114
曇り空でしたが、晴れていれば富士山が見える方角です。

ホテル鐘山苑_0115
売店も大規模です。

ホテル鐘山苑_0137
そのまま大浴場に向かいます。
1階大浴場赤富士。露天風呂の寝湯は、見上げるように富士山が見える立地です。

ホテル鐘山苑_0138
湯上り処も広く空間がとられています。

ホテル鐘山苑_0157
夕方となって、雲が晴れて、富士山が顔を出しました。
急いで日本庭園に見に行きました。

富士山が見えるかどうかも、山の変わりやすい天候に左右されるので、
見えた時は、宝くじに当たったような高揚感があります。
急いで見に行かなければ、という気持ちになります。

ホテル鐘山苑_0167
そして、エレベーターに乗り込み、
ホテル鐘山苑_0222
10階へ急ぎます。

ホテル鐘山苑_0136
10階露天風呂富士山へ。本当に、富士山の山頂が正面になるように作られてる露天風呂です。

ホテル鐘山苑_0161
露天風呂富士山と、同じ方向の景色を地上から。

ホテル鐘山苑_0160
10階からは、周りに鐘山苑より高い建物がないので、これよりデーンと富士山を望みます。

ホテル鐘山苑_0163
ホテル正面玄関。
左奥が深山亭、低い棟がゆらく山彦亭、細流亭。
ホテル鐘山苑_0117
大型旅館なので団体も得意の様で、
団体用に、多くのバスが横付けできるように、軒の廊下が設けられていました。

こうやって館内をうろうろしている間に、
あっというまに夕食の時間になりました。

ホテル鐘山苑_0208
今日の夕食会場はこちら。
旬菜ダイニング夢寿美(むすび)。

ホテル鐘山苑_0170
入口にダイニングがあり、

ホテル鐘山苑_0206
案内される場所は個室。

ホテル鐘山苑_0171
食事会場はこちらです。

ホテル鐘山苑_0174
照明はスポットライトと間接照明。
BGMはジャズ。

ホテル鐘山苑_0172
最初のセット。
空間が広くとられているので、呼び出し電話があっても気になりません。

ホテル鐘山苑_0173
御献立。

ホテル鐘山苑_0175
飲物は山梨の地酒、七賢ではじめます。
ホテル鐘山苑_0176
長月の食前酒
ゆず酒でした。

ホテル鐘山苑_0177
前菜は蓋付き重箱での提供。料理が乾いてしまわない工夫ですね。

ホテル鐘山苑_0178
重箱 前菜
 鮎梅煮 鮑煮 モロキュウ
 穴子寿司 里芋きのこ田楽
 牛肉八幡巻
 南瓜豆腐 豆乳 クコの実
 モロコシ摺り流し
 フォアグラ西京漬け
  コンソメジュレ
 鉄皮煮凝り
 サーモン絹田巻 加減酢

ホテル鐘山苑_0184
続いて、富士山の絵柄の黒椀が出てきました。

ホテル鐘山苑_0185
御椀 鱧 栗麩
    海老 あわび茸
     三つ葉 酢橘
黒い椀に鱧がきれいです。

ホテル鐘山苑_0182
赤塗りの漆器で提供されたのは、

ホテル鐘山苑_0183
御造り 料理長源泉御造り

ホテル鐘山苑_0186
ふたたび富士山の絵柄である陶器で出てきたのは、

ホテル鐘山苑_0187
焼き物 鱸諸味焼
     いちじく田楽
      オクラ海老新丈

ホテル鐘山苑_0188
続いてタレと一緒に出てきたのが、

ホテル鐘山苑_0189
台の物 国産牛ロースト夏野菜朴葉蒸し
     新玉葱 インカ ズッキーニ
      富士山南瓜 胡麻ポン酢
底から煙か蒸気が出てきていたので、炭火かと思ったら、

ホテル鐘山苑_0203
ヒートパックからの蒸気でした。

ホテル鐘山苑_0179
鍋に火が入り、

ホテル鐘山苑_0181
鍋物 鮭 帆立 チーズ豆乳鍋
    水菜 椎茸

ホテル鐘山苑_0204
食事 真鯛炊き込み御飯
   赤出汁 きのこ飛龍頭 青さ
   漬物 盛り合わせ

ホテル鐘山苑_0205
水菓子 柿ゼリーカクテル
     季果物 甲州白ワインゼリー掛け

夕食は、大型旅館で大量に調理しなければならないなかで、そのなかでの工夫を感じます。
料理は蓋付きでの提供がほとんどで、料理が乾かないようにする工夫、
また、台の物と鍋物はテーブルでの加熱で、
いずれも、盛り付けと提供の時間差を補う工夫なのだと思います。
全体として、大型旅館の中では、美味しい料理なのではないでしょうか。

ホテル鐘山苑_0209
なお、夕食会場は他に、
四季彩ダイニング美厨。

ホテル鐘山苑_0168
個室料亭。
また、団体には宴会場。

ホテル鐘山苑_0210
燦里専用の夕食会場、
燦々ダイニング咲くや があります。


ホテル鐘山苑_0212
夕食後は、ロビーで行われる霊峰太鼓ショーへ。

ホテル鐘山苑_0213
鐘山苑の従業員による太鼓ショーです。

ホテル鐘山苑_0215
全部で3曲ほど演奏され、

ホテル鐘山苑_0216
最後は、観客を手拍子で巻き込んで。
今回は情勢により無しでしたが、客席を回って、客に叩かせて巻き込むコーナーです。

ホテル鐘山苑_0227
通常であれば、太鼓ショーの後は、ビンゴ大会なのですが、
今日のような2部制のときは無し。ビンゴでは、鐘山苑は甲州織物つまり布団屋が祖業として、枕が当たったりするので、
結構楽しみなものです。

ところで、この太鼓ショー。ホテルの従業員の「太鼓部」によって運営されているとのことですが、企業経営の観点からなかなか素晴らしいものだと思います。

・社員の健康維持、福利厚生はもちろんですが、
・太鼓部による組織の仲間意識の向上、コミュニケーション促進、業務と違う強みの発揮
 →ロイヤリティ向上離職率減少対策。
・業務の繁忙が落ち着く、夕食後の時間を利用。
・普段はサービスや調理といった裏方のホテルマンが、
 表舞台でスポットライトを浴びることでのモチベーション向上。
・それを、自社の提供サービスの一つとして、客の満足向上に利用していること。
・ビンゴ含めて通じて、客参加型で、客も鐘山苑の一員的に巻き込むこと。
・客を部屋から引っ張ら出し、バーや夜食処の付帯売上に繋げる。

どこまで狙って始めたのかはわかりませんが、優秀な経営者がいるのだと思います。

ホテル鐘山苑_0228
というわけで、鐘山苑の戦略に乗せられて、ナイトバーラウンジへ。

ホテル鐘山苑_0229
日本庭園に面したラウンジで、

ホテル鐘山苑_0230
山梨のウイスキー、白州。ソーダ割りで1杯。

ホテル鐘山苑_0223
続いて、夜食処へ。

ホテル鐘山苑_0224
ラーメンを求めて来たのですが、山梨名物ほうとうとのミックスである、「ラーほう」なるものがあったので、注文。

ホテル鐘山苑_0226
ラーほうは、ラーメンのスープに、ほうとうの麺を投入な感じ。
極太ちぢれ麺の醤油ラーメンの様で、これはこれでアリです。
ホテル鐘山苑_0232
満腹となりましたので、布団の敷かれた部屋に戻り、
ホテル鐘山苑_0235
就寝。おやすみなさい。


翌朝。ホテル鐘山苑_0237
この日は雨模様です。

ホテル鐘山苑_0239
早速に朝食へ。
朝食会場は1階ガーデンテラス。
ホテル鐘山苑_0240
席に案内されます。
ホテル鐘山苑_0241
普段は朝食バイキングですが、今の情勢により、和朝食重での提供。

ホテル鐘山苑_0247
ウインナー、焼売、笹かまなど、バイキングの食材を詰め込んだ感じ。情勢により仕方ないですが、バイキングで選ぶ楽しさの復活が、待ち遠しいですね。
ホテル鐘山苑_0251
食後はふたたびゆっくり過ごし、
10時にフロントでチェックアウト。

ホテル鐘山苑_0253
送迎バスで送ってもらいます。

ホテル鐘山苑_0254
10分で富士山駅に到着。

ホテル鐘山苑_0255
高速バスのバスタ新宿行きで、約2時間の帰路につきました。

高速バスは平日ながら半数以上の席が埋まっていました。
若い人が多く、富士五湖周辺の客層をよく表していました。


ホテル鐘山苑
ずっと楽しい。暇な時間がない。という旅館でした。
広い庭園を散策し、茶室で抹茶を頂き、大浴場に入り。
富士山が顔を出したら見に行き、再び10階展望大浴場にも富士山を見に行き。
気付いたら夕食の時間。夕食のあとは太鼓ショー。更にバーラウンジに夜食。通常は朝食バイキング、また庭園散策と。
もちろん大型旅館なので、個別対応的なきめ細やかさではありませんが、こういった滞在のさせ方は、大型高級旅館の生き残り術として適当であり、
そのトップクラスの宿だと思うのです。
鐘山苑には、今回宿泊した深山亭の他に、細流亭があり、また、細流亭の棟のリニューアルながら、燦里・別墅然然(べっしょささ)があります。
燦里は、明るい部屋作りでファミリー向け、食事は専用ダイニング咲くや。
別墅然然は、暗めの部屋作りで滞在型。食事は部屋食。燦里、別墅然然ともに、クラブラウンジが利用可能です。
こういった違いがあることも、
また、別のタイプでも泊まりにきたいなあと思わせるわけです。

★「ホテル鐘山苑」(山梨/富士山温泉) ブログ
★「ホテル鐘山苑」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「白玉の湯華鳳」(新潟/月岡温泉)
 「稲取銀水荘」(伊豆/稲取温泉)
 「加賀屋」(北陸/和倉温泉) 
 「大谷山荘」(中国/長門湯本温泉)
 「指宿白水館」(九州/指宿温泉)


旅館・ホテルランキング

石和温泉 銘石の宿 かげつ に行ってきました。
かげつ_2582


東京からは電車での移動、
かげつ_2554
ほとんどが新宿駅からの「かいじ」ですが、
東京駅から出る夕方の「かいじ」にて向かいます。
石和温泉駅へは100分余りで到着です。

石和温泉駅からは、送迎で5分。
かげつ_2583
銘石の宿 かげつ に到着です。

川を挟んでの温泉街になっており、
川辺は散策路が整備されています。
あまり人は歩いていませんでした。

かげつ_2579
玄関を入ると、巨石がお出迎え。

かげつ_2580
フロントでの手続きもなく、
そのまま部屋に案内されます。

かげつ_2577
鯉のぼりのある中庭を通り、
(左端は、甲州らしく、武田菱です)

かげつ_2576
石に彫られた案内を其処此処に見ながら、

かげつ_2575
名物の巨石を配した庭園の先に見える、西殿に案内されます。

かげつ_2573
西殿の廊下を通り、

かげつ_2630
本日のお部屋 恵林 に到着。

かげつ_2558
踏込の先に、

かげつ_2559
10畳+広縁のお部屋です。

かげつ_2560
反対から。

かげつ_2570
庭園に面した、1階のお部屋です。

かげつ_2566
洗面所。

かげつ_2564
お手洗い。

かげつ_2565
内風呂。

かげつ_2563
水周りは、建物は新しいわけではありませんが、
清潔に保たれています。

かげつ_2567
冷蔵庫は、ドリンク常備。



かげつ_2561
お茶と、野沢菜を頂いて、

かげつ_2572
鍵を手に取り、

かげつ_2562
浴衣に着替えて、大浴場に向かいます。
タオルは持参にて。

かげつ_2589
湯上り処から、

かげつ_2591
脱衣所。

かげつ_2592
洗面台。
アメニティ含めて、至って普通です。

かげつ_2593
バスタオルは常備。

かげつ_2597
大浴場。

かげつ_2598
こちらには洗い場がありますが、

かげつ_2599
外に向けて増設の洗い場も設置されています。

かげつ_2603
露天風呂。
よくパンフレット等の写真に出てくるところですね。

かげつ_2604
奥には大きな水風呂が。
温泉を、内風呂→露天風呂→水風呂と段々に流しているようで、
温度が少しずづ下がっていくイメージです。

かげつ_2606
サウナも併設されています。

さぶっと入った後は、夕食に部屋に戻ります。
かげつ_2588
戻りしなに、散策路のある庭園側から部屋を覗きます。
丸見えは覚悟ですね。

夕食は、部屋食での提供。
かげつ_2609
早速にセットして頂きます。
おしぼりが紙おしぼり・・・

かげつ_2610
御献立は、丸められておしゃれな形での提供。

かげつ_2611
中は、普通の印刷型のお品書きです。

かげつ_2612
食前酒 梅酒日本酒仕込み

かげつ_2613
御通し もろこ南蛮漬け 浅葱

かげつ_2614
前菜 油坊主山椒焼き
     蓮根煎餅 よもぎ麩田楽
     筍粉節和え 黒豆松葉串
     胡桃豆富 蟹の共和え
麩田楽、もちもとのものが好物なのですが、食べてみるとちょっと固めでした。

かげつ_2615
造り
大根の桂剥きが、被されていました。
宴会食のように、紙をかぶせるよりは良いですね。

かげつ_2616
造り
鮮魚盛り合せ 妻色々
海無しの山梨県ですが、瑞々しい刺身が出てきました。

かげつ_2620
煮物 頬落鶏の治部煮
     生麩 焼餅 里芋 茄子
     スナック豌豆 卸し生姜

かげつ_2619
焜炉 甲州牛の溶岩焼き
     野菜一式 岩塩 醤油ソース
バターを溶かした溶岩板の上でじゅーっと。
牛肉はもにょもにょしていました。

かげつ_2617
酢物 五色野菜の胡麻酢和え
     長芋 人参 椎茸 胡瓜
     北寄貝 酢取り茗荷

かげつ_2621
洋皿 馬鈴薯オランダ揚げ
     山菜 赤ピーマン レモン

かげつ_2622
蒸鉢 空也蒸し鱶鰭あんかけ
     絹ごし豆腐 山葵

それにしても、とにもかくにも提供が早い。
開始20分で、ここまでのすべて提が供されました。

ご飯はちょっと時間を空けてもらいました。
かげつ_2623
留椀 福箕汁 みみ 椎茸 海苔
食事 御飯 縮緬雑魚
香の物 三種盛り
福箕汁には、短く切ったほうとうがはいっていました。

かげつ_2624
袋の中身は、縮緬雑魚。
自分でふりかけます。

かげつ_2625
水菓子 白桃プリン 季節の果物

夕食は、普通かな、と。
決して安い感じというわけではありませんが、
高級旅館と期待していくと、比較的普通です。

また、紙おしぼりだったり、袋入りの縮緬雑魚だったりと、
もう一歩の配慮がほしいとことです。

食事を終え、ちょっと物足りないかな、という腹具合。
そこで、お部屋係に方に、夜食処の有無を訊ねたところ、ないとのこと。
代わりに、外の居酒屋が美味しいと、紹介いただきました。

かげつ_2628
ではそこに行こうと、
浴衣に雪駄で外出します。

かげつ_2631
ライトアップされた日本庭園を見ながら、宿の外へ。

宿を出て、川を挟んだ真向かいにあったのが、
かげつ_2632
こちら「割烹居酒屋愛作」。

かげつ_2633
中は、ほぼ満員。
恐らくみなさん地元の人の様子。
浴衣に雪駄は、私だけ、、、

ひるまず入店します。

かげつ_2634
まず頼んだのが、「当店一番の人気メニュー」と書いてあった、
「こんにゃくの唐揚」。

最初の口当たりは、鶏のから揚げと瓜二つ、そしてヘルシーという優れものです。
噛んでみると、こんにゃくらしい、むにゅっとした食感にはなりますが。

かげつ_2635
そして、甲州名物「鳥もつ煮」。
初めて食べましたが、なかなか箸が止まらなくなる味です。

かげつ_2636
最後に、〆のラーメン。
温泉街によくある、昔ながらの醤油ラーメンです。

夜食を終え、部屋に戻れば、布団が敷かれていました。
かげつ_2637
至って普通です。
庭に面していることにより、蚊が飛んでいるので、
蚊取りマットを焚きながら、

かげつ_2638
床に入り。
おやすみなさい。

かげつ_2639

翌朝。さわやかな朝です。

かげつ_2640
部屋に面する庭園の池には、鯉が優雅に泳いでいます。

かげつ_2585
ちなみに、フロント横では、鯉のエサを有料販売していました。
「あさば」とは違うスタンスです。

かげつ_2641
庭園を右に見ながら、

かげつ_2642
2階の朝食会場に向かいます。

かげつ_2643
朝食会場 グリルくじゃく。

かげつ_2649
The・旅館の和朝食 に、

かげつ_2644
サラダと卵、

かげつ_2645
ドリンクが、バイキング形式で用意されています。

旅館の普通の朝食ですね。

食後には、パブリックの見学案内をさせてもらいました。
かげつ_2650
宴会場 大広間。

かげつ_2651
二次会処 クラブ石。
90席のホールに加え、
奥に20席カラオケBOX。手前には10席カラオケBOX。

というわけで、10時にチェックアウト。

帰り道に、お土産を求めて寄ったのが
かげつ_2659
ケーキハウスミサワ。
石和温泉の路地入ったところにあります。

かげつ_2660
TVチャンピオンで優勝した店主が創るスイーツ店。

かげつ_2662
ケーキ各種の中から、
「ナポレオン」というパイ生地にカスタードクリームが挟まれ、
生クリームとイチゴが乗ったケーキを。
クリームが香り高く美味。

かげつ_2661
そして、なまなまプディング、バナナクレープ を購入しました。
プディングは、生クリームの下に、固めのプリン、
一方クレープは、少し置いておいただけで、とろけてしまうほどやわらかかったです。

私は持ち帰りをしましたが、店内のカフェでイートインも可能のようで、
隣にいた2組の客は、両者とも、イートインに進んで行っていました。


銘石の宿 かげつ、
石和温泉のなかでは、間違いなく一番の旅館です。
日本庭園に面した各部屋では、
のんびりと風を感じながら、滞在ができると思います。

一方、食事とサービスは、高級旅館として期待していくと、
厳しいかもしれません。
石和温泉という、宴会旅館群に囲まれ、
そちらに引っ張られてしまっているのでしょうか。
それでも、食事に関しても、石和温泉のなかでは、一番なのだと思います。

ぜひ、立地にかかわらず、長きにわたって気高く、
高いレベルをキープしていってもらいたい宿です。

★「銘石の宿 かげつ」(山梨/石和温泉) ブログ
★「銘石の宿 かげつ」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「正平荘」(伊豆/伊豆長岡温泉)
 「龍言」(新潟/六日町温泉)
 「おとぎの宿米屋」(東北/須賀川温泉)


旅館・ホテルランキング

山梨の山奥にある、
西山温泉 慶雲館に行ってきました。
慶雲館_0409

新宿からあずさで1時間半で甲府へ、
甲府からワイドビューふじかわで1時間で身延へ到着です。
慶雲館_0370
宿の送迎バスまで時間があるので、
身延山に行こうと思います。

慶雲館_0373
身延駅からバスで12分、身延山の門前町へ到着です。

慶雲館_0371
バス停から門前町を抜け、

慶雲館_0374
身延山の山門に到着です。
ここから急な階段を登って行きます。

慶雲館_0375
登り切った上からの写真。
結構、体力が必要です。

慶雲館_0376
身延山の本堂。

慶雲館_0377
裏には、無料の斜行エレベーターがあります。

慶雲館_0378
体力に自信のない方は、駐車場横から出ているこちらで登りましょう。

さて、身延駅に戻り、
慶雲館_0379
慶雲館の送迎バスに乗り込みます。

山間の川沿いの道を約1時間、
慶雲館_0404
西山温泉 慶雲館に到着です。
本当に山奥、何もない道沿いに、
突然現れる、現代風の高級旅館の建物です。

慶雲館_0410
エントランスで靴を脱ぎ、

慶雲館_0411
ロビーへの案内。

慶雲館_0382
深山幽谷といった土地にあります。

慶雲館_0380
ウェルカムドリンクの柚子ジュース。
グラスに氷でからりと頂きます。

慶雲館_0381
台帳記入。
バインダーというのは如何なものでしょうか。

さて、部屋に案内されます。
慶雲館_0393
今日の部屋は、くすのき。

慶雲館_0392
踏込を進みます。


慶雲館_0383
源泉掛け流し総檜内風呂付特別客室。12畳+6畳+広縁。
谷に面した、みどりが目に入る明るい部屋です。

慶雲館_0384
広縁。

慶雲館_0388
早川の流れと、山のみどりが映えます。

慶雲館_0385
お茶菓子。

慶雲館_0389
水周り。

慶雲館_0390
内風呂の檜風呂。

慶雲館_0391
お手洗い。

慶雲館_0394
冷蔵庫など。

慶雲館_0396
浴衣に着替えて、大浴場に向かいます。

慶雲館_0400
大浴場 桧香の湯。
バスタオル完備。

慶雲館_0399
脱衣所。

慶雲館_0397
総檜の大浴場。眼前に早川渓谷を望みます。

慶雲館_0398
洗い場。

慶雲館_0402
湯上り処。

慶雲館_0403
最下階には、渓谷の近くとなる、白鳳の湯があります。

入浴後、付近を散策します。
慶雲館_0407
糸魚川ー静岡構造線断層(フォッサマグナ)が、
すぐそこにあるようです。

慶雲館_0405
案内の方面に進めば、
昔ながらの吊り橋がありました。

慶雲館_0406
吊り橋から慶雲館を見ます。

続いて、夕食に進みます。
慶雲館_0412
エレベーターを降りて、

慶雲館_0413
慶雲の間へ。

慶雲館_0417
宴会場にて、食事処に設置されています。

BlogPaint
お品書き。

慶雲館_0415
食前酒 かりん酒

慶雲館_0418
先付け 蓬豆腐 銀餡

慶雲館_0419
前菜
蕎麦蒸し 紫芋菖蒲見立て 稚鮎素揚げ 天豆生春巻き こごみ 独活 黄身酢

慶雲館_0420
吸い物
甲州地鶏つみれ玉地寄せ すまし仕立て

慶雲館_0421
造り
茜鱒重ね造り 五月鱒 身延湯葉色々 妻色々

慶雲館_0422
温物
トマト釜牛筋射込み パプリカ ミニアスパラ 蕪

慶雲館_0424
しのぎ
どんぐり麺

慶雲館_0423
焼物
山女魚幽庵焼き 胡桃土佐和え

慶雲館_0425
名物
甲州牛の溶岩焼 特選甲州黒毛和牛(A5)
付け野菜 焼タレ胡麻風味 塩 胡椒

慶雲館_0426
止め椀 赤出し汁 宝刀 あみ茸 浅葱
香の物 べったら漬け ワインらっきょう きゅうり漬け
御飯 蓮根御飯

慶雲館_0427
デザート 抹茶のプリン 茹で小豆

夕食も終わり、
館内にも近隣にもラーメン屋もないので、もう少し何かほしいと思いながら、
部屋に戻ったところ、

慶雲館_0428
部屋に、芋が用意されていました。

再度、大浴場に向かいます。
慶雲館_0429
男女が入れ替わった、石風の湯。

慶雲館_0431
石風の湯の脱衣所。

慶雲館_0430
望渓の湯。

大浴場に入った後、部屋に戻りすぐに就寝。

翌朝。
慶雲館_0432
貸切風呂に向かいました。

慶雲館_0433
貸切野天風呂 瀬音。
予約はありません、空いていれば入れる形です。

慶雲館_0434
川に近い、石造りの温泉です。


慶雲館_0435
貸切野天風呂 川音。

慶雲館_0436
同様に、川の音が心地よいです。

慶雲館_0437
早川が眼前です。

続いて、朝食。
慶雲館_0439
和朝食です。

慶雲館_0440

朝食後、館内の見学をさせてもらいました。
慶雲館_0443
数寄屋造り月見台付客室。

慶雲館_0444
月見台から、川のせせらぎが聞こえます。

慶雲館_0445
標準客室。

西山温泉は本当に山奥。
山間の川沿いの、人家の全くない道を進んでいくと、
突然現れる、現代風の建物。
都会の喧騒から離れ、深山幽谷で静かにゆっくり過ごしたいときにいい宿です。

食事は、十分に高級ですが、普通の物の延長線上です。

びっくりするようなサービスはありませんが、
この山奥で、高級のサービスレベルを維持していることは、
相当な努力を費やしていることと思います。

★「慶雲館」(山梨/西山温泉) ブログ
★「慶雲館」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「藤井荘」(信州/山田温泉)


旅館・ホテルランキング

↑このページのトップヘ