いい旅館訪問記 旅館マニアによる高級旅館のおすすめブログ

東京在住の旅館マニアが、口コミ・ランキングに頼らない現地情報を紹介するブログ。 「その旅館が好きなら、この旅館もおすすめ」というリンクも紹介中。 住まいから関東の温泉宿が中心になると思います。

カテゴリ: 関西(彦根・おごと・城崎)

滋賀県彦根にある、料亭旅館やす井に行ってきました。
やす井_0463

やす井_0397
東京駅から東海道新幹線ひかりで2時間余り。

やす井_0398
米原駅で新幹線から乗り換えます。

やす井_0399
米原駅から東海道線で5分。

やす井_0400
彦根駅に到着です。

やす井_0403
メインの西口ロータリーには、

やす井_0402
彦根藩初代藩主の井伊直政の銅像があります。

やす井_0404
送迎は、反対の東口から。

やす井_0405
ワゴンでのお迎えです。

駅から宿の送迎で3分。

やす井_0408
料亭旅館やす井に到着です。

趣のあるのれんの門ですね。期待値が上がります。

やす井_0440
庭をすすみ、

やす井_0439
館内へ。

やす井_0438
靴を脱ぎ、そのまま部屋に案内されます。

やす井_0425
和の琴のBGMが流れています。

やす井_0424
今日の部屋は、廊下を曲がり、一番奥の、

やす井_0411
本館 紅葉(もみじ)の間。

やす井_0436
部屋の前の突き当たりにも、香が焚かれていて、いい匂いです。

やす井_0412
踏込から、

やす井_0413
本間10畳。

やす井_0414
本間を反対から。

やす井_0422
窓の向こうは、つつましい庭園。

やす井_0423
町中の民家に隣り合っていますが、高い建物はありません。
左隣に見えるのは、囲炉裏の間。

やす井_0415
控え2畳。

やす井_0416
浴衣を用意頂いています。

やす井_0417
冷蔵庫の中は何もなし。

やす井_0420
水回りは、

やす井_0418
洗面所。

やす井_0491
アメニティは、ありものであり、こだわりは感じません。

やす井_0419
内風呂。

お手洗いも、設備は新しくはありませんが、
掃除は行き届いており、清潔です。

やす井PDC_0002
宿帳は部屋での記入です。
ありもののバインダーにありもののボールペン。趣は無いかな。

やす井_0409
お茶も部屋での提供。

やす井_0410
お茶菓子は、彦根の餡菓子 埋れ木。

やす井_0437
では鍵をとり、早速、大浴場へ。

やす井_0426
本館の廊下をすすみ、

やす井_0427
大浴場 紫陽花。

やす井_0489
手前には、麦茶が用意されました。

やす井_0428
脱衣場。

やす井_0429
もちろん、タオル・バスタオル完備です。

やす井_0430
内風呂。
温泉ではありません。地下水の沸かし湯。

やす井_0434
木造の湯屋になっています。

やす井_0431
洗い場。

やす井_0432
露天風呂。

やす井_0433
小さな庭園に、景色はありませんが、
風が抜けるつくりになっています。

風呂の後には、再度外出しました。
やす井_0466
玄関で靴を出してもらいました。

やす井_0467
この下足箱、工夫あり。
紙に部屋名と客名が書いてあるのですが、
閉じると客名が挟まり、見えなくなるすぐれものでした。

宿から、散策しながら彦根城に向かいました。
徒歩で20分余りの距離です。
やす井_0442
やす井の駐車場に隣接した場所に、
やす井直営店のお食事処 しる万 があります。
しっかりとした幕の内弁当から、うどん・唐揚げ定食まである、
料理で有名なやす井なのに、不思議なお店です。

やす井_0446
彦根城の堀端に近づくと、
おしゃれな店構えが目に入りました。

やす井_0443
たねや。
東京の百貨店にも入っている、近江八幡の最中の有名店です。

やす井_0444
最近は、洋菓子も作っているとのことで、隣のクラブハリエ。

やす井_0445
バームクーヘンが有名です。

やす井_0448
堀の内に進み、

やす井PDC_0003
彦根城の入口。

やす井_0449
料金所を抜け、坂をのぼり、

やす井_0450
太鼓門櫓を抜けると、

やす井_0452
本丸、国宝彦根城天守です。

やす井_0453
天守をのぼると、
琵琶湖を一望の立地です。

やす井_0454
本丸の反対側の展望台からは、
佐和山城跡を望みます。
中央の手前の山が佐和山城です。

やす井_0456
ちなみに、彦根といえば、ひこにゃん。
初代ゆるキャラグランプリです。
所定の時間になると、着ぐるみが登場するのだとか。
パネルは、いつでもいます。

やす井_0447
彦根城からの帰り道は、
夢京橋キャッスルロードを通って。

城下町をイメージした、町屋風の建物と、散策に適した街並みが作られています。和菓子、洋菓子から近江牛の店まで、軒を連ねています。
やはり、こういう散策できる道があるかどうかが、元気な観光地になるか否かの前提だと思うのです。

やす井_0457
横道も一部は散策の道に開発されています。

やす井_0458
四番町スクエア。
大正モダン風のエリアのようです。

そのまま宿に向かって歩き、
やす井_0459
やす井の脇玄関に到着。
夕暮れで明かりが灯り、よりいい雰囲気に。

やす井_0463
明かりが灯った正面玄関も写真に撮ってみました。

やす井_0465
庭の途もいい感じ。


宿に戻ったら、館内を見させてもらいました。
やす井_0435
売店。
自家製のお土産が中心です。

やす井_0468
お茶菓子であった、埋れ木 も置いてありました。

やす井_0480
【本館特別室 囲炉裏の間】。

やす井_0470
【本館特別室 囲炉裏の間】廊下から、

やす井_0469
【本館特別室 囲炉裏の間】本間10畳。

やす井_0471
【本館特別室 囲炉裏の間】寝室8畳。ベッドです。
足が悪いのでと、ベッド希望されることがあるとのことですが、

やす井_0472
【本館特別室 囲炉裏の間】部屋の中を見て回ると、

やす井_0476
【本館特別室 囲炉裏の間】部屋の中には段差多く、
足が悪い方におすすめというわけではありません。

やす井_0478
【本館特別室 囲炉裏の間】次の間8畳。

やす井_0477
【本館特別室 囲炉裏の間】部屋のメインの 囲炉裏 です。

やす井_0479
【本館特別室 囲炉裏の間】部屋に合わせて、民芸も飾られています。

やす井_0474
【本館特別室 囲炉裏の間】水回り。

やす井_0475
【本館特別室 囲炉裏の間】内風呂。

続いては、新館へ。
やす井_0487
新館の廊下を進み、

やす井_0481
【新館 雲母(きらら)の間】。
本間12.5畳。

やす井_0483
【新館 雲母の間】庭に面する広縁。

やす井_0482
【新館 雲母の間】次の間10畳。

やす井_0485
【新館 雲母の間】水回り。

やす井_0490
【新館 雲母の間】アメニティは、本館同様ありものにて。

やす井_0484
【新館 雲母の間】内風呂。

以上で館内の見学は終了です。


では、お楽しみの夕食へ。
やす井_0492
食事処は、常盤の間です。

やす井_0494
簀戸と襖で区切られた中の、一席。

やす井_0493
重厚な雰囲気の椅子テーブルです。

やす井_0508
テーブルは、スポットライトに照らされて。

やす井PDC_0003-2
最初のセット。
はい、もう満足確定。
とても期待値が高まります。

やす井_0495
やす井の膝掛け。利用後はお土産となります。

やす井_0497
御献立。

やす井_0531
アルコールは、良い値段のするものがラインナップ。

やす井_0532
ビールは普通ですが、

やす井_0533
ワインが多種です。

やす井_0498
食前酒 福のしずく
近江高島の酒です。

やす井_0500
先付 鯖へしこ 湯葉
    林檎 香味野菜
   甘鯛薯蕷蒸し
    銀杏 占地 木耳

蒸しの器を持って、とても温かい。この時点で、もう高級です。

やす井_0501
造里 本日のお造りあしらい一式
    鮒の子付き まぐろ まぐろの皮

少し食べてしまってからの写真です。
近江といったら、やはり鮒ですね。
まぐろの皮というのも珍しい。
もちろんわさびは、本わさびをすりたて。

やす井_0502
椀盛 冬瓜すり流し仕立て
    天然鰤 海老芋 壬生菜

椀でありながら、身がしっかりとした鰤が入っていて、
すり流しと相まってうまみが強い。美味。

やす井_0503
強肴 特選近江牛逸品

しゃぶしゃぶとローストビーフから選べるところ、
ローストビーフを選びました。

やす井_0504
口直し みぞれ酢
     貝柱 柿 もって菊

やす井_0505
焼物 かます 飯 杉板焼
    日野菜 揚げの炒め煮

やす井_0506
葉を取ると、
竹皮の紐で結ばれています。

ほどいて杉板を取ると、

やす井_0507
かますが二枚。
間の飯も、餅米で、良い感じに味が染みてて美味!

やす井_0509
留肴 手打ち蕎麦
    穴子天ぷら

おろしは伊吹大根。辛めです。

やす井_0510
食事 新近江米
   香の物 赤だし

自家製のちりめん山椒が美味い。

やす井_0511
ごはんは釜炊き。おかわりをし続けましたが、なお残り。

そうしたら、余ったご飯を「おにぎりにしましょうか?」
と声をかけてくれました。
もちろんお願いしました。

やす井_0514
水菓子 本日のデザート
    メロン、みかん、キウイ、わらび餅、あんこ

食事内容は、盛り付けの演出から目に鮮やか、味良く、
最高級の内容です。
料亭旅館の名前に違わない食事でした。
大満足。

食事処、普通のレストラン同様、他のお客様がいるのは構わないのですが、
客室サイズの閉じられた空間で隣の声が通るのはちょっと過ごしつらい。
BGMでも入れてもらえると、よりありがたいです。

やす井_0515
食後には、玄宮園のライトアップに案内いただきました。

やす井_0516
草履を履き替えようとしたところ、
わざわざ足袋をご用意いただき。

ワゴン送迎車にて、玄宮園へ。

やす井_0517
錦秋の玄宮園ライトアップです。

やす井_0518
玄宮園は、井伊家の旧大名庭園です。

やす井_0519
ライトアップされた彦根城天守を望みます。

やす井_0520
錦秋の玄宮園ライトアップは、
通常日中のみ公開の玄宮園を、11月のみ夜間公開しているものとのことです。

帰りも送迎車にて送っていただき、
やす井_0522
部屋に戻れば、布団も敷かれており、

やす井_0521
釜に残ったご飯でのおにぎりが部屋入れされていました。
散策後にちょうど良いです。

やす井_0530
用意されていた寝巻用の浴衣に着替え、

やす井_0523
おやすみなさい。


翌朝。
やす井_0525
朝一で朝風呂に向かいます。
前夜と男女入れ替えとなっています。

やす井_0526
脱衣場。

やす井_0527
こちらは、内風呂のみ。

やす井_0529
部屋には朝刊が届いていました。

やす井_0534
朝食は、夕食と同じ、常盤の間。

やす井_0535
朝食が全部セットされました。
魚は、前夜に選択した かれい にて。

やす井_0536
食後は、紅茶の提供でした。

やす井_0537
チェックアウトして、
送迎車にて彦根駅まで送って頂きました。
朝の光と、晩秋の清冽な空気で、改めてきれいな庭の景色でした。

料亭旅館やす井
食事が別格のものでした。盛り付けの演出から目に鮮やか、味良く、最高級の内容です。
実際に、地元では、料亭として認識されており、食事での利用が多いとのこと。

一方、宿泊をする必要があるかというと、
設備の優位性が強いわけでなく、温泉でもないですから、必須ではないかなと。

近隣のホテルに泊まって、夕食をやす井にて、とした方が、
費用的にはぐっと抑えられるかな。

ところで、やす井の支配人は、全国の旅館を数百件泊まり歩いたとのことで、
旅館についての知見が極めて深いです。
近頃、伊豆のお宿うち山の支配人から、やす井に移ってきたとのこと。
これからの宿の進化に期待です。

★「料亭旅館やす井」(関西/彦根)
★「料亭旅館やす井」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「金城樓」(北陸/金沢)
 「あさば」(伊豆/修善寺温泉)
 「石葉」(箱根・湯河原/湯河原温泉)
 「御宿かわせみ」(東北/飯坂温泉)
 「匠の宿佳松」(箱根/芦ノ湖温泉)

料亭旅館やす井
料金・基本情報はこちら ▶ 料亭旅館やす井


旅館・ホテルランキング

兵庫県の日本海側 城崎温泉にある名門、西村屋本館に行ってきました。
西村屋本館_198
大阪から昼過ぎに東京に帰る予定でしたが、
翌日も休みのため、思い立って当日予約しました。
新大阪から特急こうのとりで2時間45分。
城崎温泉駅からは、旅館組合の送迎バスで、玄関前に到着です。

雨天であったため、バスまで傘を持ったスタッフがお迎えに来てくれていました。
傘の差し出し方(車の上まで差し出す)、受け取り方(軒先に着いたら、閉じる前にパッと受け取る)、
洗練されたサービスです。

西村屋本館_171
到着は、日が落ちてからとなりましたので、
そのまま部屋にご案内頂きます。
昭和の建物で、趣がありますが、
すきま風もなく、ほこり一つない、清廉な空間です。
歴史ある建物は、廊下に不安を感じることがありますが、
空気の動きを断絶することで、不安感を感じることがありません。

西村屋本館_204
廊下には、お香が焚いてあります。
古い建物は、一歩間違えば不快となり、
清潔に保って初めてスタートラインとなります。
相当洗練られないと(スタッフも)、高いレベルの綱渡りです。

西村屋本館_137
本日の部屋。音羽。
2階のお部屋です。

西村屋本館_140
縁側は、日本庭園に面します。
暗くて見えませんね。景色は翌朝の写真で。

西村屋本館_139
煎茶とお茶菓子。

西村屋本館_142
洗面台、水回り。

西村屋本館_143
部屋の風呂場。

西村屋本館_145
部屋の玄関。

西村屋本館_148
お手洗い。

西村屋本館_144
浴衣に着替えて、大浴場へ。

西村屋本館_151
階段を下りて、大浴場に向かいます。
内風呂はいずれも小さめですが、3つ存在します。

部屋に戻って、部屋食の夕食。
西村屋本館_173
左の手ぬぐいは、お土産にもなります。

西村屋本館_174
御献立

西村屋本館_176
前菜
菊菜と菊花 烏賊 とんぶり浸し
舞茸唐すみよごし
いくらみぞれ酢 岩茸
黒枝豆山椒煮 八幡巻
鰤の小袖寿司
銀杏 零余子

西村屋本館_177
椀物替わり
松茸と鱧の土びん蒸し
おちょこでちびちびと。

御向附
旬の朝市もの取り合わせ

西村屋本館_180
サザエ型の器。

西村屋本館_179
ここで、御釜に火が入ります。


西村屋本館_181
煮物
早蕪のスープ煮
磯煮黄金煮秋なす

箸休
無花果の向煮
白酢胡麻クリーム掛け

西村屋本館_182
焼肴
海鮮朴葉味噌麹焼
鮑 赤えび いか 万願寺

西村屋本館_183
朴葉の中から。

西村屋本館_184
台物
但馬牛のすき鍋
水菜 牛蒡 白菜 他

西村屋本館_185
お食事
但馬新米釜飯

留椀
赤出汁

香物
三種盛り

西村屋本館_186
水菓子
季節の果物

食事は、食材自体が、松茸・鮑・但馬牛といった高級食材で構成されており、
調理ももちろん一流。
The高級旅館といったイメージで満足度高いです。

冬になると、ここにカニがメインとなるのでしょう。


食事が終わったらそのまま就寝。
西村屋本館_187
お休みのメッセージ

西村屋本館_149
消灯。おやすみなさい。
古い旅館なので壁は厚くなく、ちょっと横の部屋の音が聞こえます。


翌朝。
西村屋本館_189
さわやかな朝です。

西村屋本館_190
窓からは敷地内の日本庭園。

西村屋本館_192
お部屋係りが、新聞とお茶、梅干しを持ってきてくれました。
新聞にはわざわざ、「おはようございます 本日のご多幸をお祈りします」とのスタンプ。
丁寧な対応ですね。

西村屋本館_194
朝食
おかゆと焼き魚。旅館らしい朝食です。

朝食後は、温泉街の散策に出ます。
西村屋本館_195
玄関。

西村屋本館_197
外観。
和旅館の建物、松、羽織の従業員。そして黒塗りの車。
一流のたたずまいです。

西村屋本館_199
西村屋本館の前は、車道。
昔ながらのパチンコセンターがあります。

西村屋本館_200
駅の方に進むと、大谿川(おおたにがわ)沿いの街並み。
石橋に柳の雰囲気は、散策に適しています。

城崎温泉は、外湯(共同浴場)は23時迄。街の店は22時迄。夜まで散策できる街づくりをしています。
現に、散策している人も多いです。

外湯に入り放題の、湯めぐりパスは宿泊者全員に渡され、外湯入場時にバーコード提示。

きっとバーコード認識の件数を取り、その実績に基づいて経済的メリットを享受されているのでしょう。
それによって経済原理が働いているためか、係員の対応も良いです。
ゆかた・下駄で客を識別しており、傘などを取ってくれます。

城崎温泉は、宿泊客を町散策させることで、温泉全体のブランドを向上できているのだと思います。
街全体で取り組めており(西村屋が町長だから?)、
かつ、経済原理を導入していることがポイントなのだと感じました。

川沿いの旅館は、2階建て程度の旅籠風。入ると下足を脱ぎ、帳場があり、横に急な階段がある感じ。
城崎温泉は、本流は西村屋本館、団体は西村屋ホテル招月庭として、
ほか個人は、どこの川沿いの旅館でも雰囲気がありOKと思います。
折角なら街歩くからと、温泉は共同浴場がありどこに泊まっても利用できます。食事は不明ですが。



西村屋本館_201
大谿川を渡る山陰本線。
柵もなくむき出しが地方路線らしい雰囲気です。


西村屋本館_202
『城の崎にて』の志賀直哉が逗留したのは三木屋。
西村屋の斜向かいにあります。
せっかくなので新大阪で『城の崎にて』を購入して特急内で読みました。
志賀直哉のリアリズムな描写に、エグさと無常、そしてそれを受け入れる心を学びました。

西村屋本館_205
部屋に戻り、縁側にて日本庭園を臨みます。
縁側のソファーに座り、木の手すりと、木枠のガラス窓の先の庭園。
建物は2階建て前後で、借景が山と空のみとなり、庭園景色が守られています。
ふわっとした風が入ってきて、
文豪がこういう宿に逗留した理由がなんとなく分かったような気がしました。

西村屋本館_207
11時にチェックアウト。
靴を履く玄関先では、座布団が用意される配慮がありました。

チェックアウト後は、出石(いずし)に向かいました。
城崎温泉駅から2駅豊岡駅へ、そこから路線バスで30分です。
西村屋本館_208
出石城の城下町。但馬の小京都と云われます。

西村屋本館_209
出石城跡。
西村屋本館_210
本丸西隅櫓

西村屋本館_211
二の丸跡

西村屋本館_212
出石城碑

西村屋本館_213
本丸跡

西村屋本館_214
有子山城跡碑
1604年に小出吉政が有子山城から、山麓にのみを出石城と命名し移ったとのこと。

西村屋本館_215
本丸跡から望む出石の町。
右側の山に隠れた先の山が、山名家の本拠、此隅山城とのことです。


西村屋本館_217
出石の町マップ。

西村屋本館_220
辰鼓楼

昼食は、名物の「出石そば」。
信州上田藩の仙石氏が移封されるに当たり、信州そば職人を連れてきたことが始まりとか。
西村屋本館_222
名物「出石そば」の近又。

西村屋本館_224
老舗風の佇まいです。

西村屋本館_225
出石そばとは、小さめのお皿で出されるもの。1人前は5皿。
男性大人30皿以上食べると、店内の番付表に掲示されるとのこと。
これはチャレンジしなければなりません。

西村屋本館_226
注文は5皿づつ提供されます。
もりもり、もそもそ。途中で味に飽きたら、卵で味を変えながら、、、

西村屋本館_229
30皿完食しました。
皿そばの証をもらうとともに、店内の番付表に掲示されることとなりました。
自分としては満足感です。

ただ、良く考えたら、上手い商売です。
大食い無料でなく、30皿分の売上が立ち、
番付表を見に、再訪の可能性があるのですから。

西村屋本館_235
ちなみに、町のマップには、「出石皿そば巡り」として、
永楽通宝3枚で、3件の皿蕎麦が食べれる、クーポンのようなものが紹介されていました。

複数の店を回らすことで、町の回遊を促進するとともに、
永楽通宝を利用することで、歴史ある街の雰囲気を醸成している、
良い施策です。

出石という町は、
古来城下町でありながら、国鉄が通らなかったことにより、
街が現代的に発展しなかったのでしょう。

それを未開の劣等とせず、
むしろ、近代以前の街並みが残っていることに着目して、
城下町の街並みをコンセプトに、町づくりをしてきたのだと思います。

主導した優秀な方が居たんだろうな、と感じましたが、
やはり、国土交通省の観光カリスマにも選定されているようです。

いい雰囲気の町ですので、一度訪問することをお勧めします。
西村屋本館_221
この日も、出石には、路線バスしかない町にしては、多くの人が訪れていました。

西村屋本館は、名門の伝統旅館。
サービス面も伝統的旅館らしい一流さ。
食事も食材からTHE最高級という感じです。
城崎温泉の街並み自体、散策に適しており優位性あり、
東京の方には行きづらいかもしれませんが、オススメ上位の宿です。

★「西村屋本館」(関西/城崎温泉) ブログ
★「西村屋本館」が好きなら、この旅館もおすすめ
 「御宿かわせみ」(東北/飯坂温泉)
 「あさば」(伊豆/修善寺温泉)

西村屋本館
料金・基本情報はこちら ▶ 西村屋本館


旅館・ホテルランキング

↑このページのトップヘ